FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

TV春アニメ「今、ふたりの道」…Arika

kage

2015/03/09 (Mon)

ジャンル:ドラマ
 今、ふたりの道



最速放送日…2015年3月8日(日)18:00~18:55[※ウィークリーニュースONZE内で放送](BS11)

■キャスト
我妻淳、安室夏、佐藤薫平、島﨑信長、佐藤芳雄、山寺宏一

■スタッフ
監督:西澤晋、製作:宮城県、脚本・絵コンテ・演出:西澤晋

■制作会社
旭プロダクション/宮城白石スタジオ

■あらすじ
医者を父に持つ我妻淳(16)は将来について悩んでいた。一方、漁師の父を持つ佐藤薫平(16)は当然のように父親の後を継ぐことを決めていた。ある日突然、彼らの住む町に東日本大震災が襲いかかる。震災から立ち直り復興していく宮城県を背景に、二人が選んだ将来の道とは
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3 宮城県が3.11にアニメ公開 山寺宏一ら宮城県出身者がキャストに !
東日本大震災から4年となる2015年3月11日(水)、宮城県が制作した短編アニメーション『今、ふたりの道』が、ニコニコ動画とバンダイチャンネルで公開された。

この作品は、復興の途上である被災地の現実を描き、これまでの復興支援に対する感謝の意の表明と、記憶の風化をとどめることを目的に製作。

声優には、ミュージカルを中心に活動する女優・安室夏さん、アニメ『寄生獣 セイの格率』の泉新一役などで知られる声優・島崎信長さん、「七色の声を持つ男」と称されるベテラン声優・山寺宏一さんといった、宮城県出身者を起用している。

『今、ふたりの道』は、2月に仙台で開催された「アニメ業界セミナー」で、お披露目された作品。多くの人にとって親しみやすいアニメーションという形で、被災地の現実を表現したという。

作品では、冒頭で「被災された方にはつらい場面が含まれてる」と注意喚起。東日本大震災当日の津波の様子や、復興に向けて奮闘する街の人々の姿を随所に描いており、震災を経験した若い男女の視点から、4年間の復興の足跡をたどることができる。震災を経て再会を果たした若者たちが、自らの仕事に打ち込み、地域の人々と関わる姿は、被災地の希望のようにも受け取れる。

ニコニコ動画とバンダイチャンネルでは、3月11日から1ヶ月間限定で配信。こういった取り組みは、震災からの4年間を振り返る、いいきっかけとなるだろう。



放送日:2015年3月8日

Arika報告書v
ひとこと感想。

復興支援感謝のために宮城県が作成した5分ほどのショートアニメ

----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★☆2.9  
物語:2.7 作画:3.5 声優:2.7 音楽:2.9 キャラ:2.7

----------------------------------------------------------------------------------------
物語は良い 。

漁師になるものと思ってた男の子。
医者になりたいと思ってた女の子。

だが、あの震災に飲み込まれた。

時は経ち・・・。

農業に精を出す男性。
医者の卵として働く女性。

あの震災で、将来の夢がガラッっと変わってしまった人もいるし、それを貫き突き進んでいる人もいるそれぞれの人生。

けれど、様々な状況ではあるが、みんな、邁進しているんだよ。というのを、学生の2人の抱いた将来と、実際に就いた職業を使って描いているのはよく分かる。

また、男の子の父親が出てこなくなる意味も・・・。

コンセプトとしてはわかりますが、場面転換が断片過ぎて何を見せたいのかが伝わらなかった。

絵は綺麗ですが、BGMがいただけませんでした。





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック