FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

2015年春、日曜ドラマ『プレミアムドラマ ボクの妻と結婚してください。』

kage

2015/06/14 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★5月10日スタート 

NHK BSプレミアム 日曜 午後10:00~午後10:50

 プレミアムドラマ ボクの妻と結婚してください。

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:樋口卓治「ボクの妻と結婚してください。」(講談社)/脚本:岡田惠和/監督:深川栄洋/制作統括:後藤高久/制作統括:黒沢淳/プロデューサー:金澤友也

主題歌:槇原敬之「5 minutes」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•三村修治(内村光良)
テレビ局の営業マン。子供のころからの夢だったバラエティー番組のディレクター一筋で生きてきたが、45歳にして営業部に異動。時を同じくしてすい臓がんを患っていることが発覚し、余命半年を宣告される。残される家族のために、妻の再婚相手を探すことを思いつく。

•三村彩子(木村多江)
修治の妻で専業主婦。修治とは高校時代の同級生。マネジャーをしていた野球部で万年補欠だった修治と知り合い、当時から優しく見守っている。夫や息子が生き生きと頑張れるように的確に行動する、三村家のムードメーカー。

•斉藤光信(小泉孝太郎)
修治の主治医。余命宣告をした修治から、妻の再婚相手を探す計画を打ち明けられる。

•沖秀樹(吉田栄作)
建設会社に勤めるサラリーマン。彩子の初恋の相手。余命宣告を受けた修治に偶然出会い、彩子の再婚相手になって欲しいと頼まれる。

•立木宏(筧利夫)
修治の同期で親友。テレビ局のバラエティー制作部に籍を置く。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
内村光良主演、余命宣告から“妻の婚活”に奔走する男の汗と涙と笑いのドラマ!
放送作家・樋口卓治による同名小説を、映画「神様のカルテ」「トワイライト ささらさや」で知られる深川栄洋監督で連続ドラマ化。何よりも人を笑わせることが好きな男が、余命6カ月を宣告され、自分の代わりに家族を守ってくれる人を探すべく、“妻の婚活”を始める姿を描く。愛する妻の再婚相手探しに奔走する主人公・三村修治を、2002年夏放送の「ぼくが地球を救う」(TBS系)以来13年ぶりの連続ドラマ主演となる内村光良が演じ、その妻・彩子を木村多江が務めるほか、小泉孝太郎、吉田栄作、筧利夫らが脇を固める。



----------------------------------------------------------------------------------------
【5月6日更新】
■ あらすじ(第1話 5/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
テレビ局のバラエティー番組の現場から営業部に異動した修治(内村光良)。ある日、人間ドックの検査を受けた病院から呼び出され「膵臓(すいぞう)がんで余命半年」の宣告を受ける。妻・彩子(木村多江)には言えず平静を装う修治だが、彩子は怪しげな夫の様子に隠し事を疑う。残される彩子と息子・陽一郎(伊澤柾樹)がどうなるだろうと心配する中、修治はある男に出会い…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月13日更新】
■ あらすじ(第2話 5/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
修治(内村光良)は診断の結果を言えないまま、勝手に彩子(木村多江)の再婚計画を始動させる。相手に選んだのは彩子の初恋の人・沖(吉田栄作)だった。修治は偶然を装って2人を再会させるが、彩子は夫の妙な行動に不審を抱く。修治は計画がばれるのを防ぐため、同僚の立木(筧利夫)に頼んで彩子の誕生日にサプライズパーティーを行う。それは修治にとって、最後の妻の誕生日だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月20日更新】
■ あらすじ(第3話 5/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
修治(内村光良)が進める彩子(木村多江)の再婚計画に、沖(吉田栄作)が乗り気に。修治はもう一度、偶然を装って2人を会わせ、デートさせようとするが、沖は彩子に断られてしまう。計画が頓挫して、やけになった修治は酒に酔って町をさまよう。そんな姿を親友の立木(筧利夫)に見とがめられ、家まで送ってもらった修治は、翌朝、彩子の作った朝食をうまそうに食べる立木を見て…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月27日更新】
■ あらすじ(第4話 5/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
彩子(木村多江)の再婚相手に立木(筧利夫)がふさわしいと気付いた修治(内村光良)は、彩子と結婚してほしいと頼み込む。そんな中、家族水入らずで旅行に出掛けた修治は、旅先ではしゃぎ過ぎて寝込んでしまう。深夜、声を潜めて泣く修治を見た彩子は、不安になるが声を掛けられない。そしてある日、彩子は修治が知らない女性(酒井若菜)とデートする姿を目撃して衝撃を受ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月3日更新】
■ あらすじ(第5話 6/7放送 ※午後10:00~午後10:55)
----------------------------------------------------------------------------------------
修治(内村光良)は、葉子(酒井若菜)との‘浮気現場’をわざと彩子(木村多江)に見せつけたが、何の反応も得られず不安になる。だが、立木(筧利夫)から彩子が泣いていたと聞き、嫌われることに成功したと確信する。一方、父がけがをしたという連絡を受け、病院に行った彩子は、そこで看護師の葉子と医師の斉藤(小泉孝太郎)を偶然見てしまう。その夜、彩子は修治を問い詰める。
----------------------------------------------------------------------------------------
【6月10日更新】
■ あらすじ(第6話 6/14放送 ※午後10:00~午後11:00)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
彩子(木村多江)は、修治(内村光良)が亡くなった後に立木(筧利夫)と再婚することを了承した。安心した修治は、斉藤(小泉孝太郎)と葉子(酒井若菜)に報告し、本格的な治療を始めてほしいと申し出る。だが、修治にはもう一つ、息子の陽一郎(伊澤柾樹)に自分の病状と、立木を父親に迎えることを伝えるという大きな仕事が残されていた。彩子に背中を押された修治は、陽一郎の部屋に向かう。その一方、修治は出社最終日を迎える。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック