FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

*TV金曜アニメ「食戟のソーマ 」

kage

2015/06/26 (Fri)

ジャンル:料理
 食戟のソーマ

食戟のソーマ 1 (ジャンプコミックス)

最速放送日…2015年4月3日(金)26:25~(毎日放送)

■キャスト
松岡禎丞、種田梨沙、高橋未奈美、石上静香、花江夏樹、小野友樹、櫻井孝宏、茅野愛衣、内田真礼、村田太志、小林裕介、大西沙織、加隈亜衣、日高里菜、銀河万丈、小山力也、中村悠一、能登麻美子、子安武人

■スタッフ
原作:附田祐斗、作画佐伯俊、協力:森崎友紀、監督:米たにヨシトモ、シリーズ構成:ヤスカワショウゴ、キャラクターデザイン:下谷智之、音響監督:明田川仁、音楽:加藤達也

■主題歌
OP:ウルトラタワー「希望の唄」
ED:東京カランコロン「スパイス」

■制作会社・・J.C.STAFF

■あらすじ
下町の定食屋の息子・幸平創真は、家業を手伝いながら、父・城一郎を越えるべく料理修業に励む日々を過ごしていた。中学校卒業後は家業を継ごうと考えていたが、城一郎は店を数年閉めると宣言し、海外へ行ってしまう。そして創真は、城一郎の命により、超名門料理学校「遠月茶寮料理學園」の高等部に入学する。そこから創真は持ち前の料理のノウハウを駆使して料理人として成長していく。
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3グルメ・料理をテーマにしたアニメ作品!
週刊少年ジャンプにて連載中のコミックを原作とする、グルメ・料理をテーマにしたアニメ作品。名門料理学校を舞台に、大衆食堂の息子である主人公・幸平創真が奮闘する姿を描く。女性キャラたちのセクシーな試食リアクションも特徴で、それを演じる声優陣も豪華な顔ぶれだ!



放送日:2015年4月3日~

Arika報告書v
ひとこと感想。

料理のアニメの王道を行く。

そして、おいしさをエロで表現するのは流行なのか?

料理とリアクションにも目が離せない!


----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★★☆ 3・4  
物語 : 3.0  作画 : 3.5  声優 : 3.5  音楽 : 3.5  キャラ : 3.5

----------------------------------------------------------------------------------------
料理を題材にするアニメは数は多くないものの、時代を問わずに定期的に出現する息の長いジャンルといえます。

今年は偶然にも冬クールに『幸腹グラフティ』が放送されたばかり。テイストはかなり違うものの、このジャンル特有の「いかに見ている者のおなかを鳴らせるか」が成功のカギだと思っております。

作品の内容は、食材を庶民でも十分に手に入れられる ものを中心に、知識と工夫で美味しい料理を提供していく点や、頻繁に料理対決を行うシナリオなど、料理アニメの草分け的存在『ミスター味っ子』との共通点も多く、彷彿とさせる。

ただ、時代を反映しているのかおいしさを伝える描写がエロに振り切っている点なのは萌え文化の隆盛を極めている今ならではかもしれません。幸腹グラの主人公を男の料理人にしてエロ成分を足した感じです。

ただし、『幸腹グラフィティ』に足りなかった料理にちゃんと焦点を合わせているてんはとても良かった。

もっともっと視聴者が使えそうな知識を教えてくれたらと個人的には思う。

私としては、どう締めるのかがとても興味のあるところです。

上手く締めることさえできれば後々「料理アニメ」としてかなりの記憶に残る名作になると思います。


----------------------------------------------------------------------------------------
第1話 果て無き荒野
----------------------------------------------------------------------------------------
下町で人気の定食屋「ゆきひら」。
店主の息子である中学3年生の幸平創真は、父を越える料理人になろうと店を手伝いながら修行に励んでいた。
ある日、「ゆきひら」の土地を狙う地上げ屋たちに、創真は「客が求める料理を出せなかったら店をたたむ」と宣言してしまう。
地上げ屋たちは卑劣な方法で冷蔵庫の肉をダメにし、その上で創真に「肉料理」をオーダーした……。

Arikaアイコン(小)1「なんちゃってローストポーク」凄く美味しそう♪
お父さんがいないときに食堂「ゆきひら」に地上げ屋さんたちが来て創真がお料理対決でバチバチ! ジューシーなお肉料理を出したら地上げ屋さんたちが引き上げるって、どういうことだろう? せっかく勝ったのにお店2~3年お休みにするってw? その間にソーマはお料理学校で修行。つまらないって思ったらほんとはキビシイ学校みたいで、これからどんなお料理対決が見れるのかが楽しみ。ばかばかしいくらい料理に感動する描写で笑ってしまったw

評価=★★

----------------------------------------------------------------------------------------
第2話 神の舌(ゴッドタン)
----------------------------------------------------------------------------------------
父・城一郎に言われて創真が向かった先は、日本屈指の料理学園「遠月茶寮料理學園」。編入試験の審査員・薙切えりなは、内部進学の学園生。彼女は人類最高の味覚「神の舌(ゴッドタン)」を持ち、幼い頃から日本中の有名店の味見役を務めていた。えりなに「才能なし」と言われたら、料理業界では生きていけない。編入希望者は恐れるあまり、試験から逃げ出すのだが…!?

Arikaアイコン(小)1編入試験は玉子料理!
試験官がゴッドタンってよばれてる薙切えりなだって知って受験生はみんな逃げちゃったけどソーマは1人だけ残って化けるふりかけご飯を作った。はじめからバカにしたみたいに食べてもいないのにダメ出ししてくるえりなにイラつきながら見た。この試験ってぜったいソーマは合格だったよねと思ってたら不合格にしちゃうって…えりなってふつうに中3女子だよね、それなのに何故? 最後にえりなのおじいちゃんだと思うけど残りを味見してたけど、やっぱり合格かな? あと創真が作ったふりかけご飯がどんな味だったのかが気になる。何となく具の入ってない天津飯みたいかもって思ったけど・・・?

評価=

----------------------------------------------------------------------------------------
第3話 その料理人は笑わない
----------------------------------------------------------------------------------------
なんとか遠月学園の編入試験に合格した創真。だが始業式の編入生挨拶でいきなり豪胆な宣言をし、生徒達から嵐のようなブーイングを受けてしまう。創真のような悪目立ちはしまいと決心する女生徒・田所恵。あと1回でも不可もしくはE評価を取ったら即退学なのだった。ところが最初の授業で創真とペアを組むことに。さらに運悪く、この授業の講師・シャペルは評価が厳しいことで有名な「笑わない料理人」だった……!

Arikaアイコン(小)1授業はローラン・シャペル先生の調理実習!
作るのはブッフ・ブルギニョン(牛の煮込み)判定でAをとれなかったらぜんぶEだって、あと1回E判定をもらったら退学になっちゃう。田所恵ちゃんが創真のペアになる。恵はできるだけ目だないようにって思ってたのに創真ったら始業式のあいさつでみんなから反感買うようなこと言っちゃうから恵が煮込んでた鍋にイジワルで塩をたくさん入れた人たちがいて、創真はそのことに気がついて新しく作り始めたんだけどあと30分・・・。解決策としては「蜂蜜」でお肉を柔らかくしていた。蜂蜜がお肉をやわらかくするってはじめて聞いた。 今度作ってみようかな?料理の勧善懲悪みたいで、それはそれで楽しいwいまのとことは面白いです♪

評価=

----------------------------------------------------------------------------------------
第4話 極星のマリア
----------------------------------------------------------------------------------------
学生寮への入寮を希望していた創真は、期待に胸を膨らませて「極星寮」へ向かった。 たどり着いたそこは、荒れ果てた外観の不気味な洋館。そして怒号とともに、寮母である大御堂ふみ緒が現れる。料理を作り、ふみ緒にその味を認められた者のみ入寮が許される――。創真は入寮をかけ、極星名物「入寮腕試し」に挑む!!

Arikaアイコン(小)1「さばバーグ」おいしそうだったね♪
寮母のおばあさん、若いときはすごい美人さんだったんだはわかるんだけど、でも、あのシーンっていらないよねw そのあと恵のお風呂とかも・・・・。歓迎会は楽しそうだった☆一色先輩登場!お料理もすごい上手なんだよねw どうしてみんな行きたがらないのかな? 次回はソウマが料理だす番か。

評価=★★

----------------------------------------------------------------------------------------
第5話 氷の女王と春の嵐
----------------------------------------------------------------------------------------
極星寮に住む唯一の2年生・一色慧。彼は遠月十傑の1人だった。十傑入りを目指し、創真はさっそく料理勝負を挑むが、そこで初めて遠月学園伝統の料理対決「食戟」のルールを知る。一方その頃、えりなは自分専用の調理棟の建設のためちゃんこ鍋研究会の主将と「食戟」を繰り広げていた……。

Arikaアイコン(小)1「さわらのお茶漬け」おいしそうだったね♪ 
作り方よく分からなかったけど、ポワレしたさわらをおにぎりの中に入れたみたいだった。でも、おにぎり崩して食べてないみたいだったから・・・?あとアニメだと焼いてるとき皮が下になってたけど魚を焼くときって皮を下にするとくっついちゃいそうと少々心配になった。前に北京ダックの焼き方で皮に油をかけながら焼くと皮がパリってするって言ってたのを思い出して、皮がおいしいんだったら上にして油をかけて焼いたほうがいいんじゃないのかな?いつも思うんだけど男子サービス(女子サービスもw)いらないから作るところをもっと見せてほしい☆観てて飽きない面白さがありますが、料理の感動の表現は、徹底して裸サービスには笑えるw遠月学園の仕組みもわかってきて、今後の料理対決が楽しみだ!!  

評価=★★

----------------------------------------------------------------------------------------
第6話 肉の侵略者
----------------------------------------------------------------------------------------
学園内の料理研究会に興味を持った創真は、恵を連れて「丼物研究会」へ見学に行く。出迎えたのは意気消沈した主将・小西ただ1人。丼研はもうじき、えりなの手で潰される運命にあると言う。丼研を潰すのが惜しいと感じた創真は、小西に代わって初めての「食戟」に挑む!!

Arikaアイコン(小)1いよいよ「食戟」の始まりで楽しみです!!
三色おにぎりもいいカンジ♪ねぎ塩ダレってフレンチドレッシングの油をごま油にして酢をレモン汁にしてネギとにんにくのみじん切りをあえただけみたい。うん、メモメモwφ(ー..-)メモメモ昆布の佃煮って、おにぎりの定番だけどチーズとも合うんだな。これも簡単に作れそう☆豚肉のにんにく漬けもネットでチェックした!お魚焼くときの西京漬けをみりんと砂糖とかの代わりに多目のハチミツ入れてにんにくを加えたみたいな感じも勉強になった。あと肉魅と丼対決することになったから試しに作ったいろんな丼のレシピとかなかったけどおいしそうだった♪シャリアピン・ステーキってゆうのがあるんだも初めて知った。玉ネギもお肉をやわらかくするんだは納得!肉魅のA5(1番いいお肉みたい)のステーキに勝てるのかな?来週も楽しみだなぁ。今日は対決はなかったけどおいしそうなもの(お料理だけじゃなくって)いっぱ~い出てきたね♪テンポ悪いけど展開は面白い・・・。 

評価=★★

----------------------------------------------------------------------------------------
第7話 静かなる丼、雄弁な丼
----------------------------------------------------------------------------------------
水戸郁魅VS幸平創真の「食戟」開戦!えりなを含め会場の誰もが、ミートマスターこと郁魅の勝利を確信していた。一方の創真は、登場しただけでブーイングの嵐……。「食戟」のテーマは丼、メイン食材は肉。果たして創真は丼研を守ることができるのか!?

Arikaアイコン(小)1ついに「食戟」はじまったね♪
肉魅は「A5和牛のロティー丼」。検索したらロティーってフランス語でローストのことだって、 いいお肉をきちんと調理したおいしそうなお料理です。それに対して創真のはスーパーの特売で買ったお肉を使った「幸平流シャリアピンステーキ丼」。お肉、玉ネギ、たれ、どれもとってもおいしけど、それだけじゃなくって練り梅を混ぜ込んだごはん!をプラス。 肉魅のはお肉がおいしいだけだったから、みんなご飯を残してたけど創真のは食材が引き立てあっててまとまっておいしくなってるみたいです。安いお肉でも(いちお国産サーロインだからそんなに悪くない)アイデアで高いお肉料理に勝っちゃうのって見てて気持ちいいよね☆今回は作ってるところもけっこう映ってたので私的にも満足。痛快アニメって感じで簡単で気楽に楽しめますねw

評価=★★★

----------------------------------------------------------------------------------------
第8話 発想と創造の協奏曲
----------------------------------------------------------------------------------------
遠月学園高等部、最初の地獄と言われる「宿泊研修」。この合宿では連日何十人もの生徒が強制送還・退学となり、生徒数が半分以下まで減るという噂もある。研修場所は、「遠月リゾート」が経営する豪華ホテル。創真たちはそれぞれの想いを胸に、生き残りをかけた地獄の合宿へ!!

Arikaアイコン(小)1ライバル「タクミとイサミ」いよいよ登場♪
遠月の宿泊研修の話です。5泊6日で林間学校みたいな感じなんだけど、毎日お料理の課題を出されてクリアできなかったら退学になるみたい。 はじめの課題は日本料理店「霧のや」の乾日向子さんの和食。 材料は宿泊所のまわりの自然!?つまり魚とか鳥とか山菜とか自分でとってきて調理する。会場で創真にヘンな双子のアルディーニ兄弟がからんできたりして、この兄弟ってイタリアンの大衆料理店で働いてたらしい。ソーマのライバルになるのかもね。作ったお料理は「合鴨の香り焼き~みどりのソースを添えて」イタリアンのレシピを和風にアレンジした1品です。合鴨を捕まえてスパイスになる野菜をさがして料理しても1時間もかからない!ってすごいよね☆外に出て食材集めてくるだけでも1時間くらいかかっちゃうんじゃないかな?一方、創真はのんびりしてるみたいだけど、次回どんなお料理を作るのか?

評価=★★

----------------------------------------------------------------------------------------
第9話 山を彩る衣
----------------------------------------------------------------------------------------
遠月OG・乾日向子の課題は「ここにある食材で日本料理を作る」こと。調味料以外は建物の周囲で確保しなければならない。合鴨を見事に捌き、一発で合格したアルディーニ兄弟。創真をライバル視するタクミは、まだ調理に入らない創真たちを挑発する。創真は「ここにある食材」という言葉である秘策を思いつき、恵とともにフィールドへ駆け出す!!

Arikaアイコン(小)1料理は奥が深い(*´◇`*) 
創真の作ったお料理は乾さんの食べてた柿の種を使った「イワナの変わり揚げ」「玉子の素のふわふわソース」「山菜の素揚げ」。色もきれいでおいしそうだった。でもアルディーニ兄弟との勝負はいつかやる食戟までおあずけらしい。そのあと、ステーキ御膳50食1時間で作った人から自由時間や自分たちの食事は自分で作ることなど、ほんとに地獄の研修みたいだけど 創真は全然余裕で、きっと「ゆきひら」だったらこんなの当たり前だったんだろう。最後はえりなとお風呂の前でぶつかっちゃったシーンがあったが
これって恋愛フラグじゃないのかな?w原作通り、タクミがかっこ良かった。まさかEDの鼻歌やるとは思わなかった。創真がのりのりで笑う。そのまま2番までつなげるのナイス見てて飽きない!

評価=★★

----------------------------------------------------------------------------------------
第10話 至上のルセット
----------------------------------------------------------------------------------------
なんとか合宿1日目を乗り切った極星寮メンバー。恵は創真のサポートをちゃんとできたことで手ごたえを感じ、少しだけ自信を持ち始めていた。迎えた合宿2日目。創真と恵は、昨日1日で30人以上を退学にしたと言われる、フランス料理の天才・四宮の課題に取り組む……。

Arikaアイコン(小)1創真カッコいいぜ~!!次週、田所のために頑張れ!!
前半は、そんなに大事じゃない話が多かった。 ただ、お風呂で会った総料理長の堂島先輩が「 ゆきひら」って聞いて覚えがあったみたい… 創真のお父さんって有名人?それとも卒業生だったりして・・・? 後半は四ノ宮シェフのフレンチの課題「 9種の野菜のテリーヌ」を作るんだけど、恵は遅くなって いいカリフラワーがなくなっちゃったからイタミかけたのをビネガーでカバーして退学。四ノ宮さんってイジワルっていうかうぜえええ・・・。でも、この学校ってそうゆう人多そうというか、性格が悪くってもおいしいものって作れる人が多そうだよね。性格が 味がに出てツンツンしてそうだけど、不思議。それで反対した創真が退学取り消す条件で食戟を申し込む、どうなっちゃうんだろう!?次回、あつい展開になりそうな予感!?

評価=★★

----------------------------------------------------------------------------------------
第11話 東から来た魔術師
----------------------------------------------------------------------------------------
恵の退学を取り消すため、無謀にも四宮へ「食戟」を申し出た創真。四宮は創真との「食戟」を拒むが、堂島の命令で半ば強制的にこの勝負を受ける。四宮に挑む創真&恵、しかもメイン調理は恵という条件付き!創真たちが勝てば恵の退学は取り消し。だが負ければ、恵だけでなく創真も退学することに。地下の厨房で、密かに「非公式の食戟」が始まる――!

Arikaアイコン(小)1創真の気風の良さが素敵だ!
四ノ宮シェフは食戟断ったけど、堂島さんと乾さんが押してくれて野試合の食戟することになった。創真が恵を助けようってしたのは恵の料理を信じたせい。だからなのか堂島さんは食戟の条件に恵がメインでレシピも恵のもの、創真は料理を助けるだけ!?
でも創真ってどんな難しいこと言われても平気でかえって「私なんか・・・。」って緊張してる恵のこと落ち着かせて「田所らしい料理を作ればいいんだ!」って、惚れるで!調理がはじまって創真は自分の下ごしらえをしながら恵のペースを先読みして渡す。でも余計なことはしないしジャマにならないようにサポートにまわる。それって全神経を張りめぐらせないと出来ないことだと思う。創真って自分がメインじゃなくったってサポートだって完璧なんだね☆四ノ宮さんのお料理はみんなの期待を裏切ってフランスの田舎料理 「シューファルシ」って日本のロールキャベツみたいなもの。でも中に鳥の胸肉とフォアグラとかモリーユ茸とかの高級食材も入れて高級レストランでも出せるような料理。そして恵の料理はテリーヌ。それって四ノ宮さんが出した課題と同じなのか?でも、こっちも肩肉とか鳥レバーとか仕込んでたけどどんなふうに使うのか?次回、お料理バトルがさらに面白くなりそうだ!

評価=★★★

----------------------------------------------------------------------------------------
第12話 ひと皿の記憶
----------------------------------------------------------------------------------------
四宮VS恵・創真の「非公式の食戟」開戦!懸けるのは、恵と創真の退学――。四宮の料理に続き、恵の料理の審査が始まる。初めて恵がメインシェフとなって作った料理。それは、四宮の課題「9種の野菜のテリーヌ」を意識した、7種の野菜の層による「虹のテリーヌ」だった!

Arikaアイコン(小)1うんうん、いい話だった(T_T)
恵のテリーヌおいしかったけど食戟は負けちゃった。負けたのは創真のせいじゃないのに「ごめんな…力になれなかった…。でも お前は胸をはれよな」って笑顔☆恵といっしょに泣いちゃったよ。ふつうに考えたらパリの1流シェフに敵うわけないよね。堂島さんもたぶんそんなことは分ってたって思うんだ。でも、結局2人のシェフを助けられた。食べる人に優しいお料理、四ノ宮さんが忘れてたこと恵はちゃんとやってた。だから、四ノ宮さんも泣きながらコインを置いてくれたんだよね。恵には笑って見せたけど、 あとで創真は本気でくやしがってた、本気で勝とうってしてた☆今のところ一番胸をアツくした展開だった。

評価=★★

----------------------------------------------------------------------------------------
第13話  夜明け前の卵たち
----------------------------------------------------------------------------------------
合宿3日目の夜。創真たち極星寮のメンバーは、過酷な課題をクリアして、何とか全員生き残っていた。研修のしおりには、今日の就寝時間が書かれていない。極星寮メンバーが不思議に思っていると、召集のアナウンスが入る。堂島が疲労でボロボロの生徒たちに与えた新しい課題、それは明日の朝までに「卵を使った朝食メニュー」を考えること――!

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック