FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

TV土曜アニメ「ガンスリンガー ストラトス -THE ANIMATION-」

kage

2015/07/01 (Wed)

ジャンル:アクション
 ガンスリンガー ストラトス -THE ANIMATION-

ガンスリンガー ストラトス 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]ガンスリンガー ストラトス 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]
(2015/05/27)
阿部敦、金元寿子 他

商品詳細を見る


最速放送日…2015年4月4日(土)23:30~(TOKYO MX)

■キャスト
阿部敦、金元寿子、西田雅一、沢城みゆき、植田佳奈、保志総一朗、小山力也、大原さやか、子安武人、小林由美子、藤田咲、秋元羊介、早見沙織、伊瀬茉莉也、大川透、水樹奈々

■スタッフ
原作:スクウェア・エニックス、原案:虚淵玄、監督:江崎慎平、脚本プロデュース:ニトロプラス、シリーズ構成:海法紀光、キャラクターデザイン:横田晋一、音楽:小林哲也

■主題歌
OP:綾野ましろ「vanilla sky」
ED:GARNiDELiA「MIRAI」

■制作会社・・・A-1 Pictures

■あらすじ
二十二世紀。かつて日本という国が存在した列島は、「第十七極東帝都管理区」と呼ばれていた。 少しばかりの窮屈さと引き替えに、安楽な生活を保障された世界。明日が今日と同じであると誰もが信じる社会。しかし、その社会は人知れず大きな危機を迎えていた。 「デグレイション」――生きた人間が砂のように崩れ消える奇病は、少しずつ、しかし着実に世界を侵食してゆく……。 平凡な学生「風澄徹」は、もう一つの世界「フロンティアS(ストラトス)」との争いに巻き込まれる。 それは、もう一人の自分との対決を意味していた。 衝突する二つの未来。 交錯する少年たち。 二つの世界に救いはあるか?
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3スクウェア・エニックスが手がける
同名アクションシューティングゲームの世界をそのままアニメ化!

22世紀のかつて日本と呼ばれていた土地を舞台に、激しいガンバトルが繰り広げられる。原案は虚淵玄(ニトロプラス)。一度PV用にセルルックのショートアニメが造られたこともあり、セルルックのアニメとしてはこれで二度目となる。ゲーム本編でスタッフとして携わったニトロプラスのメンバーが、本作でも製作スタッフとして参加する。ストーリー基盤は管理区視点で物語が進み、大筋はゲーム原作に沿うものであるが、テレビアニメオリジナルの要素を盛りこむ予定。エンディングアニメーションの絵コンテ・演出は梅津泰臣が担当する




放送日:2015年4月4日~2015年6月20日

Arika報告書v
ひとこと感想。

試みは面白いとは思うけれど、作品にそこまでの魅力を感じなかった。

----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★ 2.0  
物語:3.5 作画:2.0 声優:3・5音楽:3.0 キャラ:2・5

----------------------------------------------------------------------------------------

まとめて12.5話まで見終わった。

ガンアクションもいまいちだし、いまいち戦う理由が無理矢理すぎる。

なんかもっと別の解決策あったんじゃないかと思った。

もう途中からダレてデッドエンドとか、誰が敵だとかもうどうでもよくなってた。

…酷評しておりますが、

SFとしては悪くない面もあり、意外と嫌いでは無かったです。


物語
・物語の構造や設定は割と分かり易く、「砂化現象」は「デットエンド」という「未来がもう無い終末迎えたから」二つの並行世界あって、双方ともにデットエンド回避したいのでチーム組んで「タイムキーパー」という超越者が主催するバトルに参加、「エネルギーキューブ」という力を奪い合う…等々。これらは自然と伝わるので、全くワケが分からん!というほどではなかった。
・僕徹と謎の少女(未来、ミク)との交流が薄いのが残念。
・ニトロプラスの脚本は、こういう「パラレルワールド半分夢」みたいのが多すぎるうえ、だんだん複雑化しすぎる。
・もっと単純にバトルアクションを見せてくれればよかった。

作画
・キャラデザは悪くは無かった。
・割と可愛いキャラは居たので許容範囲。
・本作の見せ場であろう銃撃戦が雑なのが痛い。
・メリハリを付けて見せ場を作ってほしかった。
・漫然と長々と低クオリティーのバトルではなく、非戦闘シーンでの交流増やせばもっと全体的にスッキリまとまった気がする。

声優
・徹の阿部敦さんは好演していた。
・全般に声優陣は豪華かつ優秀でしたが、キャラの薄さ故に豪華な声優陣の無駄遣い感があった。

音楽
・OP「vanilla sky」→主題である「未来は僕たちが作る!」的な主張がしっかり明確だっら。
・ED「MIRAI」→余韻あった。
・BGM→イマイチ盛り上がりに欠けました。

キャラ
・そこそこ個性的なキャラは居るのだがキャラ多い上に二組で混乱するのに全く掘り下げず、あれ?こいつどっち世界のヤツだっけ?状態で顔と名前が一致しないのでほぼモブ同然だった。
・もっとキャラ同士の交流や掘り下げが欲しかった。
・ボルガ博士っぽい反乱した博士二人がネタ的には一番面白かったw
・兄貴はそこそこキャラ立ってました。

追記
・12.5話という公式が解説しちゃう動画もどうかと思う。






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック