FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

TV月曜アニメ「ミカグラ学園組曲」

kage

2015/07/07 (Tue)

ジャンル:学園
 ミカグラ学園組曲

ミカグラ学園組曲 vol.1 [DVD]ミカグラ学園組曲 vol.1 [DVD]
(2015/06/24)
木村珠莉、大西沙織 他

商品詳細を見る


最速放送日…2015年4月6日(月)26:35~(テレビ愛知)

■キャスト
一宮エルナ:木村珠莉
御神楽星鎖:大西沙織
藤白おとね:小澤亜李
八坂ひみ:諏訪彩花
二宮シグレ:島﨑信長
赤間遊兎:花江夏樹
九頭竜京摩:細谷佳正
湊川貞松:古川慎
射水アスヒ:加隈亜衣
ビミィ:松岡禎丞
にゃみりん:戸松遥
熊野さん:久保ユリカ
うさ丸:山下大輝
トンきゅん:寺島拓篤
花袋めいか:上田麗奈
鳴海クルミ:茅野愛衣
離宮ルミナ:高橋未奈美
百合子:西明日香

■スタッフ
原作:Last Note.(MF文庫J 『ミカグラ学園組曲』/KADOKAWA メディアファクトリー刊)、キャラクター原案:明菜、監督:岩崎太郎、シリーズ構成:横谷昌宏、キャラクターデザイン・総作画監督:天﨑まなむ、美術監督:望月卓磨、美術設定:高橋麻穂、色彩設計:真壁源太、撮影監督:塩川智幸、3D:渡邉悦啓、編集:今井大介、音響監督:明田川仁、音楽:藤澤慶昌、 音楽制作:KADOKAWA

■主題歌
OP:放課後楽園部「放課後革命」
ED:放課後楽園部「楽園ファンファーレ」

■制作会社…動画工房

■あらすじ
志望校が決まらず、怠惰な毎日を送る中学3年生の一宮エルナ。ある日、従兄である二宮シグレから私立ミカグラ学園のパンフレットを渡されたエルナは、そのパンフレットに写っていた女子生徒である御神楽星鎖の姿に目を奪われる。彼女に運命めいたものを感じ、ミカグラ学園への進学を決意するエルナ。しかし、文化系の部活しか存在しないという珍しい学園であるミカグラ学園にやってきたエルナが見たものは、必殺技を駆使して戦いを繰り広げる生徒たちの姿だった。不思議に無敵! 決して色褪せることのない物語が今、幕を開ける!
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3Last Note.さん原作のMF文庫Jライトノベルのアニメ化!
ニコニコ動画で活躍するLast Note.さんがMF文庫Jで刊行中のライトノベルが原作。文化系の部活しか存在しないミカグラ学園に入学した主人公が、各部活の代表者が特殊な能力でバトルするという慣習に巻き込まれていくというストーリーだ。Last Note.さんによるボーカロイド楽曲シリーズ「ミカグラ学園組曲」の世界観をもとにしており、その音楽性の高さも話題となっている。



----------------------------------------------------------------------------------------
1話「青春プレリュード」★
----------------------------------------------------------------------------------------
ある日、従兄である二宮シグレから私立ミカグラ学園のパンフレットを渡された一宮エルナは、そのパンフレットに写っていた御神楽星鎖の姿に目を奪われる。彼女に運命を感じたエルナはミカグラ学園への進学を決意する。しかし、文化系の部活しか存在しないというミカグラ学園にやってきたエルナが見たものは、必殺技を駆使して戦いを繰り広げる生徒たちの姿だった。

脚本:横谷昌宏/絵コンテ:岩崎太郎/演出:岩崎太郎/作画監督:天﨑まなむ、尾尻進矢
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3冒頭シーンにどうつながるのか? 
この学園の目的は? 
能力の正体は? 
そして、先輩には何か秘密がありそう。
そして従兄弟のお兄さんにも。
ビミィが松岡さんなのはいいけど、語尾の「りゅい」をなんとかしてほしいw

----------------------------------------------------------------------------------------
2話「放課後ストライド」★
----------------------------------------------------------------------------------------
星鎖に誘われ、帰宅部へ仮入部を果たしたエルナは、帰宅部の代表である星鎖の代わりに対抗戦に出場することになる。初めての対抗戦に加えて、必殺技も何も使うことのできないエルナは、ランキング上位の部活を見学して回ることに。書道部、美術部、演劇部、天文部と様々な部活を見て回るエルナだったが、必殺技の糸口さえも掴めぬまま対抗戦を迎える。

脚本:横谷昌宏/絵コンテ:吉川博明/演出:則座誠/作画監督:伊藤大翼、丸山修二/総作画監督:尾尻進矢
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3展開が気になる!展開がちょっと唐突すぎる? 2人目のアイテム無しに技を出せる人物? つまり特殊能力者? 帰宅部の活動や血筋の話も中途半端な状況。何話くらいで説明されるかな? エルナちゃんが努力で覚醒ってのも違和感あるからこれでいいのか?でもどうせならもう少しエルナちゃんらしい能力にしても良かったんじゃないのかな。途中であった二次キャラ召喚でもいいし、ありきたりだけど妄想具現化でもいい。前半うーんって感じだったけど、戦闘シーンで引きこまれた!うーん、また努力しないで覚醒する主人公アニメか...いや動画工房を信じよう。とりあえず主人公のみゃーもりと黒髪ロングの子が可愛いくて好き。

----------------------------------------------------------------------------------------
3話「ヒロイン未満」★
----------------------------------------------------------------------------------------
謎の少女から授かった必殺技「オモチャの銃」の力で対抗戦に見事勝利したエルナ。星鎖に褒めてもらうために彼女の住むお屋敷に押しかけたエルナだったが、相手が油断していなければ勝つことは難しかったと告げられてしまう。売り言葉に買い言葉と星鎖とだって良い勝負ができると宣言してしまうエルナに対し、星鎖は帰宅部への正式入部をかけた模擬戦を持ちかける。

脚本:福田裕子/絵コンテ:博多正寿/演出:土屋浩幸/作画監督:須川康太、市原圭子/総作画監督:高橋瑞香
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3エルナちゃん再び無所属へ。部員3人で文化部であれば好きに創部可と言われて「なんかすごい部」を作って、部員集めのためのルキ戦でトップとると言える辺り、自分に自信があるというか理想を抱きすぎてるというか、とにかくエルナはすごい。にしてもこの子の百合度やばいっすね…。えのやん先輩はいい人だなぁ。古城くん声で余計にそう感じる。女神こと星鎖先輩も何だかんだ甘いなー。演劇部の彼は何を企んでるんだ?若い芽を早めに詰むのが生きがいなのか? エルナちゃん悪い子じゃないし憎めない性格よね。私的には今期上位の部類かも。なんだかよくわからないまま終了。モブとか戦闘作画にイライラしてきたところにシナリオも微妙と来たらあとは何が残るやら…。バトルシーンは毎回この絵柄になるのかな? 1話の「なにか始まる予感」みたいなのがどんどんなくなってきてるんだけどテコ入れできるのかな?

----------------------------------------------------------------------------------------
4話「無気力クーデター」★
----------------------------------------------------------------------------------------
星鎖に負けてしまったエルナは、帰宅部への仮入部を解かれ、無所属へと戻ってしまう。しかし、入れる部活がないのなら、自分で作ってしまえばいいと新しい部活を創部することを決意するエルナ。部員を集めるために新入生たちが競い合うルーキー戦での優勝を目指すエルナは、演劇部の面々が開いてくれた対抗戦のための初心者講座で特訓を開始する。

脚本:福田裕子/絵コンテ:博多正寿/演出:直谷たかし/作画監督:小野和美/沓澤洋子
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3これでエレナは1回戦突破か!? 赤間君掘り下げ回。唐突感はありつつも前回の謎を回収した形に。エルナちゃんのポジティブぶりは凄いね…。あと思考回路がおっさん入ってる。星鎖先輩は未だよく分からない感じだけどこれは回収されるのかな。あとおとねちゃんはそろそろだろうか?そのうちおもちゃの銃を連射して撃てなくエピソードが出てくるんじゃないかと心配になる。主人公エルナのキャラが無かったら大人が見るにはつらいんじゃないかな… 赤間くんの背景(原作見てないけど多分)はしょりすぎてて中二病っぽい印象しか残らないし。まあエルナとバトルがあれば結構楽しんで見れるからまあいいけど。


----------------------------------------------------------------------------------------
5話「学園ファンタジア」★
----------------------------------------------------------------------------------------
ルーキー戦が幕を開け、お祭り騒ぎとなっているミカグラ学園。所狭しと立ち並ぶ模擬店で買い食いを続けるエルナは、途中で出会った星鎖と共に湊川が呼び込みをしていた射的屋を訪れる。湊川の代わりに射的屋の呼び込みをすることになったエルナはハチマキを締めて店先に立つ。そこへエルナの声を聞きつけた遊兎がやってきて、景品のスーパーミラクルマン人形に目をつける。

脚本:竹内利光/絵コンテ:山下英美/演出:山下英美/作画監督:伊藤大翼、丸山修二
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3すごい量のたこ焼きが…大阪人でも胸焼けするレベルの量ですねの謎のたこ焼き押し。頭が残念系主人公ことエルナちゃんは今回も絶好調。ノリはいいのよねこのアニメ。星鎖先輩のキャラ好き。でも闇というかトラウマ深そうね。1話のアレだろうけども。5話ではついに吹奏楽部が登場!響け!ユーフォニアムを連想してしまいいましたが…。こちらはまさかの腹黒ドS吹部だったwwわかりやすい方向に展開もおもしろくなってきたわー、はたして相良は粛清されるのだろうか? エルナと関わる先輩たちがみんな孤独なんだなと思ったし、えのやん先輩が集まるのを避けている理由も気になるな・・・。赤間先輩のキャラ早くも崩れてきた、前回のキャラ設定どこにいったw。7位の料理部?の子がかわいいけど、今後出番はありますか? 次は星鎖先輩の掘り下げあるかな?

----------------------------------------------------------------------------------------
6話「我楽多イノセンス」★
----------------------------------------------------------------------------------------
エルナのルーキー戦での健闘を祝してパーティーを開いたシグレたち。エルナを激励するために一堂に会したメンバーたちだったが、その中に星鎖と九頭竜の姿はなかった。パーティーが一段落した頃、エルナはシグレからシグレと九頭竜が過去にミカグラ学園の姉妹校から転校してきたことや 、そのときに九頭竜の身に起きた出来事などを聞くのだが……。

脚本:竹内利光/絵コンテ:吉川博明/演出:浅見松雄/作画監督:菊永千里、菊池政芳、海保仁美
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3エノヤン先輩の回かな。体育会系から何で美術部に転向したのか気になる。どっちも出来るとは才能に溢れてるなあ。意外とあっさりルーキー戦を終わらせて(しかもエルナも途中であっさり脱落して)、藤白おとねちゃんの登場を優先させる辺り、ここからが本番かな?エルナ対トンキュン、2人ともすごく楽しそうだった。そこには2人の友情とライバル心が見えた。そこに九頭竜先輩は心動かされたんだろうな。演奏の敵キャラの異能はMAP攻撃じゃなく極地攻撃とか欠陥ありすぎだ。エルナのおオモチャの銃剣もFFⅨのスコールのガンブレード感ある。とりあえず唐突な当たり前のシリアスはやめてほしい。ラストでおとねちゃん初登場!決勝を難なく勝ってしまったあの実力…何者なのだろうか…。 そしてやっとツインテ娘出て来たー!

----------------------------------------------------------------------------------------
7話「十六夜シーイング」★
----------------------------------------------------------------------------------------
誰もが前評判の通り、ルーキー戦を制するのはアスヒであると信じて疑わなかった決勝戦で起きた大番狂わせ。アスヒを倒したのはエルナと同じ無所属の1年生である藤白おとねだった。ヒーローインタビュー受けたおとねは準備運動程度のことしかしていないので何も話すことはないとステージを降りてしまう。そんなおとねに興味を持ったエルナは彼女に会うため寮へと向かう。

脚本:横谷昌宏/絵コンテ:博多正寿/演出:則座誠/作画監督:市原圭子
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3藤白おとね登場。人見知りだからこそのツンツンした態度、その後の後悔って感じ。エルナ達と関わって、この性格がどうなっていくのかな。キツイ言葉浴びせるわ、極端に人見知りだわ、発音が微妙にネイティブだわでことねが面倒。奇人変人だらけだ。エルナを昔の自分に重ねる星鎖が印象的。アスヒ準優勝パーティ時にキリングアートで雨模様を星空に変える等心憎い一面も見せてくれるなぁ。アスヒ君はおとねの実力を認めて、自分の未熟さも認めてるのに、6等星なんて書いてやるなよ…どこのゴシップ誌だよ…。「シグレに眼鏡無かったら魅力が半減するだろー!」湊川先輩可愛いなあ(*´∀`)おとねの台詞説明的だなwエルナは女の子座りに熱過ぎ!星鎖は随分デレたなあ。産まれたまま=血まみれでへその緒…そう来るか!おとね英語の発音だけイイの笑ってしまうww疲れきった先生の声笑ったwww。松岡くんすごい。加工もしてるのかな?

----------------------------------------------------------------------------------------
8話「未確認トレジャー」
----------------------------------------------------------------------------------------
新しい部を作るために新入部員を勧誘するエルナだったが入ってくれそうな生徒はおらず、おとねからも拒絶されてしまう。そんなとき端末に新入生のオリエンテーリングとしてトレジャーハントの情報が入ってくる。このイベントで活躍すれば、きっと新入部員がたくさん集まるはずと意気込むエルナ。しかしエルナはエルナを毛嫌いしているおとねとペアを組むことになり……。

脚本:福田裕子/絵コンテ:三原武憲/演出:徳本善信/作画監督:清水博幸
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3今回はおとね回でした。うさ丸と吹奏楽部の組み合わせに悪意を感じるwにゃみりんの乳揺れ過ぎぃ!おとね学校の敷地内に勝手に住み着いてるのかなー。メカビミィ巨大化w何故かゴジラ姿でシュール…。おとねがデレて来た事で星鎖と三角関係に?EDがおとねバージョンだった(*゚ロ゚) 遅かれ早かれ、おとねが落ちるのは時間の問題だと思っていましたが、エルナが軽くおとねを攻略してしまいました。モブが手抜きな分、おとねの描写に力が入ってました。可愛く見せようと必死でした。そして、百合百合しさとバカっぽさが全開でした。松岡くんの酷使がヤバいwwwww

----------------------------------------------------------------------------------------
9話「脱線スキャンダル」★
----------------------------------------------------------------------------------------
新しい部におとねを勧誘することに成功したエルナだったが、創部には最低でも3人の部員を集めなくてはならない。エルナたちは残り1人の部員を探して勧誘を続けるが誰も入ってくれそうな人はいない。そんなとき新しい部にぴったりの空き部屋を見つけたエルナたちは、その部屋を新しい部の部室にしようとするが、そこへ新聞部のルミナがやって来て……。

脚本:福田裕子/絵コンテ:そえたかずひろ/演出:高林久弥/作画監督:川島尚
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3遊兎達といつもツルんでるんだから演劇部に入ればいいのにー(^^;)おとねが百合特有の嫉妬を(違)。エルナが初め星鎖先輩に迫ってた事知ったらどう思うのかな。昔シグレとエルナはラブラブだったのね(゚ロ゚)ビミィ人間の姿になれるのかwおとねが嫉妬心から新入部員を本気で追っ払いながら、真実と本音をエルナに暴露する時に見せる別の貌が面白い。まあ、エルナは可愛い子を見かけたらすぐそっちに行っちゃうし、自分から離れていくのは面白くないしね。まあ、あれはやりすぎ感も確かにあるけどね…。でもおとねとエルナは似た者同士だな。いじける星鎖先輩の心が読めない。何考えているのやら。しかし心の傷を抉る新聞部がガチで怖かった。対抗戦のシーン、新聞部の攻撃が陰湿すぎるwwwまさかビミィにあんなことができるとはwwそれはそうと後で考える部」設立!って、早く考えろww!!!あまりに部の名前が適当すぎるwww

----------------------------------------------------------------------------------------
10話「寝袋ホーンティング」★
----------------------------------------------------------------------------------------
新しい部を立ち上げ、さらに新しい部室も手に入れたエルナは、居候をしていた星鎖の屋敷を出て寝袋を部室へと移す。部室にはエルナの新しい部の創立を祝うため、たくさんの人たちが集まっていた。そこへ学園に潜む幽霊という記事を手にしたルミナがやって来る。エルナたちはこの記事の真相を究明するため、ルミナに協力することになるのだが……。

脚本:竹内利光/絵コンテ:原口浩/演出:則座誠/作画監督:菊永千里
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3エルナのことで戦いになるとは…星鎖先輩の真意が気になる。ビミィって元は人間だったのか、そこら辺の謎は明かされなさそうだが・・・。エルナじゃない方のあの幽霊はなんだったんだろう…。ビミィが人間に戻る時のアレが完全にアイアンメイデン…!幽霊を手込めにするって高度過ぎw新しい部活作っても結局他の部とつるんでて、これまでと何も変わらんような~。エルナと星鎖とおとねの三角関係かな?おとねの○○的なアレですか?の畳みかけ面白いwまさか、次回に続く形になるとは思わなかったwいい引きです。まさしく、エルナをめぐる修羅場展開!星鎖先輩とおとねちゃんの闘いの行方と、エルナは一体どうするのか!?一方のビミィもどうなってしまったのか!? 残り後2話か…どう展開して一区切りつけるのか気になります。

----------------------------------------------------------------------------------------
11話「追憶トライアングル」★
----------------------------------------------------------------------------------------
クリスタルを破壊され座り込む星鎖と、そんな星鎖を冷たく見下ろすおとね。そこで何が起きたのかわからないエルナは、二人に声をかけようとするが、おとねは何も言わずに走り去ってしまい、星鎖もエルナを遮りこれ以上私に構わないでと告げる。そんな中、ミカグラ学園ではルーキー戦に続く大きな対抗戦である中間試戦が始まろうとしていた。

脚本:横谷昌宏/絵コンテ:吉川博明/演出:江副仁美/作画監督:伊藤大翼、丸山修二
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3久々に楽しいバトル。楽しいバトル見たいなあ・・・久々にと思っていたらエルナが急に強くなって驚きです。人ごみの中でエルナ達と九頭竜がすれ違う時、人が壁のようになっているのが妙に可笑しかったです。なんでそんなに綺麗に並んでるの?ってww「藤白は黒も白もなく純白だと何度言えばわかるんですかー?」じゃあ白じゃん、というツッコミは野暮なのでやめておきます。星鎖は先輩との思い出を守るのではなく「消し去る」ために部室を能力で封じ込めたそうですが、そんなことしたら引きずるだけのような気がしました。その辺のことはクルミが代弁してくれましたが、星鎖の本心は分からずじまいです。結局、このアニメはどういうオチに向かってるんだろうか? これは星鎖先輩救って終わりだね…(>人<;)ところでEDの太極旗や中国の国旗を思わせるデザインは何なのでしょうか。

----------------------------------------------------------------------------------------
12話「無限大フィナーレ」★ 最終回
----------------------------------------------------------------------------------------
ついに幕を明けた中間試戦。そして徐々に弱まっていく星鎖の力。崩れ行くミカグラ学園で、エルナはシグレからミカグラ学園の成り立ちを聞く。大切なことは楽しいという想い。その気持ちこそが能力を発揮する源になる。星鎖先輩の笑顔が見たいと星鎖の元を訪れたエルナは、中間試戦で優勝したらエルナが立ち上げた部に入って欲しいと告げる。

脚本:横谷昌宏/絵コンテ:岩崎太郎/演出:岩崎太郎/作画監督:市原圭子
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3やっとお待ちかねの超絶アクションが見られました。やっぱり気持ちいいです。
エルナ「チカラが戻ったようですね」
星鎖「どうやらそのようね」
の後、エルナが一瞬静止したかのように見える。
きっとそのあと加速するためのタメなのだろうけど、一瞬画像が乱れたのかと思ってしまいました。切ろうかと思ったことも何度かありましたがとにかく戦闘シーンは色んな意味で爆笑しました。 結局はこういうオチになったかw ご先祖時代からの縁って奴なのか?www

----------------------------------------------------------------------------------------

★放送日:2015年4月7日~2015年6月23日

Arika報告書v
感想。

部活必須な異能学園に入学したおばか女子高生。

個人的にはかなり好きな「ノンストレスアニメ」型の作品です。

作品の雰囲気的には

キャラのテンションは「まりあほりっく」系+バトル要素の緊張感は「DOG DAYS」系!?


----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★★☆ 3.1  
物語:2.9 作画:3.1 声優:3.4 音楽:3.2 キャラ:3.2

----------------------------------------------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック