FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

TV金曜アニメ「ニセコイ:」

kage

2015/07/10 (Fri)

ジャンル:ラブコメ
 ニセコイ:

ニセコイ: 3【完全生産限定版】 [Blu-ray]/アニプレックス

¥7,560
Amazon.co.jp


最速放送日…2015年4月10日(金)23:30~(TOKYO MX)

■キャスト
内山昂輝、東山奈央、花澤香菜、小松未可子、阿澄佳奈、内山夕実、佐倉綾音、小岩井ことり、沼倉愛美、梶裕貴、子安武人

■スタッフ
原作:古味直志(「週刊少年ジャンプ」連載)、総監督:新房昭之、監督:龍輪直征、シリーズ構成:東冨耶子/新房昭之、キャラクターデザイン・総作画監督:杉山延寛、ビジュアルエフェクト:高野慎也、色彩設計:滝沢いづみ、撮影監督:江上怜、編集:松原理恵、音楽:菊谷知樹、音響監督:亀山俊樹

■主題歌
OP:LiSA「Rally Go Round」

■制作会社
シャフト

■あらすじ
極道一家「集英組」のひとり息子だが、ごく普通の高校生・一条楽。 彼は、10年前、仲良くなった女の子と「再会したら結婚する」という約束をし、その時に貰ったペンダントを肌身離さずに持っていた。 そんなある日、楽のクラスにやって来た転校生の美少女・桐崎千棘。 最初の出会いから相性最悪で、事ある毎にケンカを繰り返す楽と千棘だが、とある事情から二人は恋人を演じることに。 恋心を抱く、クラスメイトの小野寺小咲の事を気にしつつも恋人のフリを続ける楽。 「偽恋物語」の行く末やいかに!?
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3人気コミック「ニセコイ」アニメ化2期目に注目!
週刊少年ジャンプにて連載中の人気コミック「ニセコイ」。2014年の冬~春にかけて2クール放映された第1期に続く、第2期シリーズとなる。とある事情から、偽の恋人を演じなくてはならなくなった主人公の一条楽と桐崎千棘。そこに、ひそかに楽を思う小野寺小咲らの気持ちがからみあって・・・。シャフトによるキラキラ感あふれる作画や演出も見どころのひとつ。


----------------------------------------------------------------------------------------
第1話「コレカラ/キヅイテ」
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:木澤行人
絵コンテ:横山彰利
演出:宮本幸裕
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3鈍感な主人公+気が強いヒロイン=安定のラブコメ!

Aパート「コレカラ 」
楽のこと好きって気がついた千棘だけど、これから楽とどうなりたいかがよくわからないでいる。はたして、これからの“ニセコイ”関係はいかに…?まずは、思い切って一緒にデートに誘ってみるかももいいけどやっぱり楽が千棘のことだけ見てく れるようになるのが先だよね。

Bパート「キヅイテ」
友達に勧められて、プルプルになるリップをつけ始めた千棘。「あいつ…かわいいって思うかな…」とドキドキ。しかし楽は、そんな千棘の変化に気づいていない様子。鈍感な楽に気づいてもらうべく、千棘はあの手この手でアピールをしかけてみる。気づいてないなぁって思ってたらほんとはちゃんと気がついてた模様♪男子ってそうゆうところほめちゃいけないとかって思ってるのかしらね?それとも楽だけなのかな?


顔文字メモ

少年漫画のラブコメはやっぱいい!

もうこれだけ恋してたらそろそろニセ恋でもなくなりそうなものだけどね!

たぶん恋愛の進展はないんだろうなぁと思いつつ1話完結のオムニバス的なものを楽しみたい......((φ(・д・。)ホォホォ +。゚



CLICK(期間生産限定アニメ盤)/ClariS

¥1,337
Amazon.co.jp




----------------------------------------------------------------------------------------
第2話 「 インネン/ショウブ」
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:大嶋実句
絵コンテ・演出:岡田堅二朗
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3ブラックタイガー…エビかな?
*今週は誠士郎の話。

Aパート「インネン」
ギャング組織「ビーハイブ」の優秀なヒットマンである鶫誠士郎は、ビーハイブのボスの娘である千棘を守るため、共に高校生活を送っていた。ある日いつものように帰宅しようとすると、突然の銃弾に狙われる。 攻撃をしかけてきたのは、かつての仕事仲間・ポーラだった。誠士郎のほうがあとからビーハイブに入ったのにいつも負けてばっかりだったポーラ・マッコイは誠士郎に勝負を申し込んだんだけど先に楽にキスしたほうが勝ち。唇を奪う勝負?なんでそーなる巻き込まれ体質の主人公。アメリカで育ったはずの誠士郎の肉じゃががおいしいw男は肉じゃがに弱いという定説。楽が「すげー美味いな!良いお嫁さんになりそうだな」の言葉に鶫、デレデレ(//∇//) 嫁力がぐんぐん高まっていくブラックタイガー♪ 

Bパート「ショウブ」
誠士郎とポーラの因縁に、不運にも巻き込まれてしまった楽。誠士郎は、楽が千棘の恋人であることをポーラに告げるが、聞く耳を持たない。ビーハイブトップのヒットマンである2人の銃口を前に、楽は無事このピンチを切り抜けられるのか……!?なんだその昭和のギャグマンガみたいな集中線は、理想のファーストキスについて語り始める主人公わろたwポーラに先に楽の唇を奪われたくない鶫は魔女化しエヴァ以上に暴走しとる。ブラックタイガーこえぇぇぇぇ完全に魔女ヒイィィィ!!(>ω<ノ)ノ !!!! ニセコイも由緒正しいジャンプ漫画だったね。最後はキスしそうでしないのがニセコイだよね。鶫の話はいつもラストこそばゆい、、、、だが、そこが良い!!!ポーラも、急につぐみがいなくなって寂しかったんやろな。これまで一緒にやってきて、仕事仲間以上の感情もあったのかも。勝負を通じて、つぐみに成長を認めてもらって、すごく嬉しそうだった。最後のカットを見て、ポーラも近々転校してきて準レギュラー化するんじゃね?と思った。


顔文字メモ

鶫に関係する新キャラのポーラ登場回であり、鶫のターンでもあったお話だったねぇ。

決闘することになっての唇の奪い合いが(・∀・)ニヤニヤポイントw!

暴走してるエヴァのようなブラックタイガーこえぇぇぇぇ、ヽ(ヽ>ω<)ヒイィィィ!! 

最後、本当にするのかな…と思わせてのドキドキ演出がうまかったし、特別EDもいい。



ニセコイ: 誠士郎 コミック風メモ帳/アトリエ・マギ

¥540
Amazon.co.jp



----------------------------------------------------------------------------------------
第3話 「ヒツヨウ」
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:中本宗応
絵コンテ:数井浩子
演出:尋田耕輔
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3千棘ママ、70時間勤務で休みは何秒取れるんですか(震え声)
*千棘と千棘の母:華さんの話。

もうすぐクリスマス。皆でクリスマスの予定を話していたが、千棘は怯えた表情で震えていた。その理由を聞かれ、「お母さんが帰ってくるから」と答えた千棘。久しぶりの再会だというのにどこかぎこちない千棘の様子を、楽は不思議に思う。さらに、恋人として母親に楽を紹介するように言われた千棘はますます戦慄……!千棘の母親とは…?そして2人のクリスマスは一体どうなる!?千棘「ある人は、日経平均株価はその日の彼女の機嫌で決まるとまで言ったらしいわ。」世界的なビジネスウーマンの千棘のママは若くて美人、でも仕事にはとってもきびしくってコワイ人…。今週はあんまりラブコメしてなかったwママの超すごいところにツッコミしながら見るアニメだった。母怖すぎる・・・。恐怖でしかないわ、あんなもん。最後かわいそうやなあ、なんとかならんのか。千棘はあのママにもらったリボンをほどいちゃったけど楽は何ができるかな? 


顔文字メモ

クリスマスを前に、千棘の母親・華さんが襲来する。

敏腕女社長である彼女は、楽を連れ去り自らの秘書として酷使する。千棘の母親、華さんの仕事に付き合わされる楽、そして今編で一番の注目は千棘のあのリボン。

原作第58話を除けば全く同じのをずっと使っているようですが、何があるのでしょう?またビル飛び移りシーンも見所。

この話の楽は有能でかっこよかった。少ない休憩時間も人の心配をするとか流石イケメン。

この話、千棘が楽のことを余計に好きになったひとつの要因です。

千棘の母親・華は仕事する能力あるかもしれないけど、家庭放って仕事だけで手いっぱいの人が万能なのかは不明だね。

明日の楽君の頑張りに期待したい!!

そして、ニセコイの感想いつも遅くてごめん、、.,φ(´・ω・`)ポキッ 、.



STEP(期間生産限定アニメ盤)/ClariS

¥1,350
Amazon.co.jp




----------------------------------------------------------------------------------------
第4話 ハハオヤ
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:中本宗応
絵コンテ:金崎貴臣
演出:久保太郎
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3「ナッツリターン」に次ぐ「千棘リターン」
これで親子からの楽の評価爆上げやろなあww

*前回、千棘と千棘の母:華さんの話の続き。

勇気を出して「イブを一緒に過ごしたい」と母・華にお願いした千棘だったが、あっけなく断られてしまった。千棘にまるで興味を示そうとしない華の態度に苛立つ楽は、自分が働くことでできた時間を使って千棘に会いに行ってほしいと華に提案する。そして、死にものぐるいで仕事をこなしていく。 楽「このままじゃ千棘がかわいそ過ぎんだろ!!」と思ったら「クリスマスプレゼントよ?毎年毎年、用意はするものの渡せないのよね」と華さんクリスマスプレゼントちゃんと用意しているじゃん! 娘の前だと、つい緊張しちゃってつい歳の話から…になるらしい。いやーさすがに不器用すぎるんだよねww楽は自分の事は鈍感だが人のことには敏感なうえに世話を焼く性格であるため千棘を迎えに行き「どこに行くの…!?」と聞く千棘に「高級ホテルのスイートルームだよ!!」爆弾発言である。誤解を生む言い方過ぎるよなwwまあ、確かに行く場所は間違ってないww高級ホテルのスイートルームだよ!(二人で泊まるとは言ってない)。親子で滑走路で泣いてるの寒そう。やっぱり似た者親子じゃねーかww奇跡的な展開だ!!「俺は会社に戻って、出来る限りの後始末をしておきますから、華さんはそいつとゆっくりイヴを過ごしてください」楽が大人の人より仕事できるみたいでかっこよかった♪最後、小咲のへやの絵本に赤いリボンの少女・・・・あれって何だったのかな? 小咲もその本持ってるのか? さて来週は待望のマリー様の話っぽい!! ついに春ちゃん来ねぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!


顔文字メモ

意外性には欠ける素直な展開ではあったけども感極まった千棘が涙を必死にこらえる表情にやられためちゃくちゃ良い話だったなぁ~´・ω・ 2話にわたってやっただけある!!

母を前にしているだけあって対面的な美をかなぐり捨てた子供らしくくしゃくしゃな涙のこらえ方がたまらん。

ハチャメチャなエピソードの中で一際印象的なシーンだった。

なるほど、親子どっちも天然だったのか・・・。さすが親子だな、不器用なのも似たんだろうな…。

この話は「ナッツリターン」に次ぐ「千棘リターン」な話でした。みごと千棘のリボン復活、めでたしめでたし。

主人公がかっこよすぎ。行動力もあるからすごいわ。ここまで千棘のためにできる楽さんさすが。千棘のために秘書業を頑張る。流石楽さん、マジでこの回は有能すぎる。

問題のペンダントについては千棘母が微妙に覚えている様子。

最後のなんか嫌な伏線がアレはいったいどういうことだ?........〆(・ω・。) 絵本の中身が気になるぞ?



ニセコイ第17巻アニメDVD付予約限定版 ([特装版コミック])ニセコイ第17巻アニメDVD付予約限定版 ([特装版コミック])
(2015/04/03)
古味 直志

商品詳細を見る





----------------------------------------------------------------------------------------
第5話 オシエテ/ラクサマ
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:木澤行人
絵コンテ:川畑喬
演出:吉澤翠
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3前回の格好良さどこ行った?
マリーの策士に引っ掻き回されハートフルボコ
楽くん世間の評価終了wマリー様のオウム有能!

*今週は「万里花」の回。

Aパート「オシエテ」
テストの順位が貼りだされ、それぞれの結果を確認する楽・千棘・小咲・鶫・るり・集。しかし、万里花の名前がなかなか見つからない!?実は万里花は、花嫁修業はバッチリでも、勉強の方はまるでダメだった。次のテストの結果も悪ければ追試だと言われてしまった万里花がとった行動とは……?楽は中間で成績悪かった万里花のお家に行って勉強教えてあげることになったんだけど心配な千棘もいっしょについてくことにした。万里花は楽が好きで何かあればすぐそばに近寄って「楽サマ~」ってwウザ可愛いさはニャル子さんのノリに類するものがある。万里花は楽が「頭のいい子の方が良い」みたいに言ったら猛勉強するんだろうな そこがまたウザ可愛いがられる要素でもある。「勉強出来ないんじゃなくて、やらなかっただけじゃないのか?」という台詞だけど前回の有能秘書っぷりを見る限り物凄いブーメラン(オウム返し)を投げてる気がする63位の楽くんでした。

Bパート「ラクサマ」
父と旅行に出かけるという万里花の代わりに、ペットのオウムを1日だけ預かって欲しいと依頼された楽。普段から動物好きな楽は二つ返事でOKしたものの、万里花がつけたオウムの名前ととんでもない“しつけ方”のせいで、お世話は一苦労!? 楽は万里花のペットのオウムを1日だけ預かることになったんだけど「楽サマ愛してるゥ~♡」みたいなヘンな言葉ばっかりいっぱい覚えてて楽が恥ずかしい思いをする。「ラクサマーそこはダメですわーえっちー」って「とらドラ」のインコちゃんみたいww楽への評判がどんどん悪くなくシステムwwつまりは社会的評価公  開  処  刑 !このためにインコ預けていたのか、万里花は思惑通りにいったようで大満足嬉しそうww


顔文字メモ

今回は万里花メインのエピソード2本立て。

前話との雰囲気とは打って変わって全体的にコミカルな内容でした。

一条楽に好かれるために、勉強そっちのけで幼少期から女を磨くことばかりしてきた万里花の健気さに心を打たれる。

恋する時間もそれにかける情熱も、万里花は他のヒロインより頭一つ抜けてる私欲のためなら要領のいい子だわw

オウムの話は万里花が全部仕込んでたって凄いよなぁ愛の重さが半端ない。

完全な万里花回だったな…ドヤ顔も再現度高かった!!

オウムに敬称つきの名前って・・・ この人の内面の世界には、本当に自分と楽しかいないのか!?www

楽くんに対して一番積極的なのがマリーなのに対して、楽くんにとっては一番恋愛の対象として見てない感じがする。

そうそう、さりげなく春ちゃんが今回フライング(?)で登場してたけど正式な出番まだかなー!!



万里花回だから万里花のキャラソンで特殊ED。

橘万里花(阿澄佳奈さん)が歌う『またどーらぶ』、なんだこのラテンっぽさはww!!

マリーのグイグイを考えつつスパニッシュな闘牛やフラメンコのエッセンス入れたカオスさはww!!

EDふざけてるようで実際マリーにはそういう存在なんだろうな、方言設定も活かせてて面白い曲。

さりげなくオウム「小林ゆう」って字面だけで大草原www

オウムのCVに小林ゆうさんを起用したのは大正解w

ちなみに前半と後半で季節感が全く違うのは原作だと50話以上吹っ飛ばしてるから。



ニセコイ: 万里花 コミック風メモ帳/アトリエ・マギ

¥540
Amazon.co.jp




----------------------------------------------------------------------------------------
第6話 オイシイ
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:大嶋実句
絵コンテ:藤澤俊幸
演出:江福仁美
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3恋と友情となんやかやで食べつくす楽
上手いチョコ、不味いチョコ、チロルチョコ、ダビデ像的なチョコ…。

*バレンタイン回、ついに神(小野寺神)回・・・

2月14日、バレンタインデー。 今まで一度も女の子からチョコを貰ったことがない楽だったが、やはり少しは期待してしまう。一方そんな楽の気持ちは知らず、それぞれ思い思いに手作りチョコを用意していた千棘・万里花・小咲。はたして、無事に楽に手渡すことはできるのか!? いろんなチョコがあったけど、みんなそれぞれ思いがこもったチョコだったね☆逃げちゃってもおいしくなくってもそのこと思い出して食べてくれる楽ってやさしいなぁ.......


顔文字メモ

バレンタイン回。千棘、小咲、万里花の3人が絡んでニセコイらしくなってきた!

千棘と鶫は安定のツンデレでマリーは予想の斜め上のアプローチで笑わしてくれたwww

マリーの巨大彫刻ダビデチョコは現実離れし過ぎててアレだったけど…

チョコ→ちょこ→ちょこく→彫刻?

楽くんが女子から貰った人生初が鶫のチロルチョコっていうのもいい。

そう考えると4人の中では小野寺が1番年相応の乙女に思える。

集とるりちゃんの掛け合いも面白かった。

砂糖と塩を間違えた人、学校を一部破損するほどの大きさを作る人、家庭科室で作り直しする人、あとチロルチョコw 

なんやかんやで楽くんは食べつくすのだった。

4人のそれぞれの個性がよく出たチョコと、渡し方だったと思う。

次回は誰回だろう? 春ちゃんの正式な登場まだかなあ・・・。


本命アンサー/ニセコイ

¥1,028
Amazon.co.jp




----------------------------------------------------------------------------------------
第7話 イモウト
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:中本宗応
絵コンテ:金崎貴臣
演出:大橋一輝
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3 春ちゃん回一話目からパンツの柄情報解禁…
【速報】 春ちゃんのパンツは熊さん春風と共に恋の嵐が吹き荒れる!

*春ちゃん回

「イモウト」
季節は春。晴れて凡矢理高校の1年生になった小咲の妹・春は、新しい生活への期待に胸をふくらませていた。しかし、登校初日からヤンキーに絡まれてしまい大ピンチ! 恐怖に意識が遠のいていく春が最後に見たのは、自分をかばう、同じ凡矢理高校の制服を着た男の子の姿。名前も顔もわからない「王子様」との出会いに運命を感じる春だったが、その王子様ともう一人、絶対に探さなくてはいけない男の人がいて……? いつの間にかみんな進級してて新入生が入ってきてた。小咲の妹の春ちゃんもその1人で恋の予感とか感じながら登校してたらコワイ人にたちにからまれて助けてくれた人が…。OADには先に出てたけど天然の春ちゃんは楽の悪いうわさ信じてて頭の中で妄想が暴走してたみたい。新しいヒロインはカン違いキャラかもね? あと春のクラスメートに誠四郎のライバルのポーラ・マッコイもいたね。 楽は風呂でペンダントなくしたの気づき、春ちゃんは結局、誤解をとけずにクール終わった。正直、小野寺姉妹の入浴シーンはちょっとドキッとした。


顔文字メモ

春ちゃん回(あの人も再び登場・・・)キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

ついに神風春ぴょん1話目から大胆!に解禁じゃん!!

その中でシャフト久々の?黒板ネタの背景が面白かった。”青春”の習字がやたら上手かったり、或いは”了解”、”納得”だったり。部活紹介の掲示板でも書道ってあったし、あの学校は書道が強い可能性も?w後、その掲示板で囲碁とサッカー部が隣接して囲碁サッカーになってたのもいい。やはり時代は日常なんや…。

一条楽との出会いは運命的でも、第一印象は最悪なんだけど、自分が探してた王子様は楽だと気づくのはいつだろうか。

楽に対する評が酷いが言ってることはあながち間違ってないほとんど正論ww。

下着の件は理不尽だけれどもまあお約束だから仕方ない、けど2度見た楽はもうギルティ。

お姉ちゃんと違って騒がしいコメディよりのキャラだなw

もうちょい勘違いは進むのか…?それともすぐペンダント返してもらって気付くか…てかもうペンダントいらなくない?

クマありヘソあり風呂ありクマありの春ちゃん回。(;゚∀゚)=3ハァハァ

もうこの際、小野寺姉妹二人とも嫁に貰っちゃえば・・・・楽くんのハーレムはどこまで拡大を続けるのか。

春風と共に恋の嵐が吹き荒れる! 次回も小野寺姉妹回だから楽しみですわー。

ヒロインたちが“魔法少女”に変身!? 第8話は、スピンオフ作品『マジカルパティシエ小咲ちゃん!!』を放送らしい。




ニセコイ: 春 コミック風メモ帳/アトリエ・マギ

¥540
Amazon.co.jp



----------------------------------------------------------------------------------------
第8話 マジカルパティシエ小咲ちゃん!!/ハタラケ
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:大嶋実句
絵コンテ・演出:八瀬祐樹
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3シャフト特有の契約制魔法少女もの始まった
*引き続き、小野寺姉妹回。

Aパート 「マジカルパティシエ小咲ちゃん!!」
魔法ねずみ・ルーリンと契約を交わし、魔法少女「マジカルパティシエ」になった小咲ちゃん。変身はちょっぴり恥ずかしいけれど、世界の平和を守るために戦います!ある日、となり町から2人の魔法少女がやってきました。魔法フェレット・ホンダーソンとマジカルポリス万里花ちゃん、そして、魔法ネコ・ツグミャーとマジカルゴリラ千棘ちゃん! 凡矢理市に集まった3人の魔法少女はチームを組んで、悪の手先に立ち向かう――! 前半は番外編みたいだった。魔法少女者のパロディで小咲、千棘、万里花が魔法少女に変身するのバトルより使い魔(?)のボケがおかしかったw

<テーマソング>
「マジカル☆スタイリング」
♪マジカルパティシエ小咲ちゃん(CV:花澤香菜)

【登場人物紹介】
・マジカルパティシエ小咲ちゃん/小野寺小咲(CV:花澤香菜)
魔法ねずみ・ルーリンと契約した魔法少女。
変身するのがとっても恥ずかしい。

・ルーリン(CV:内山 夕実)
小野寺小咲と魔法少女の契約を交わした魔法ねずみ。
ちょっぴり強引。

・マジカルゴリラ千棘/桐崎 千棘(CV:東山 奈央)
魔法ネコ・ツグミャーと契約した魔法少女。
変身後の姿には納得していない。

・ツグミャー(CV:小松 未可子)
桐崎千棘と魔法少女の契約を交わした魔法ネコ。
人間に変身すると結構かわいい。

・マジカルポリス万里花/橘 万里花(CV:阿澄 佳奈)
魔法フェレット・ホンダーソンと契約した魔法少女。
変身にまったく恥じらいがない。

Bパート「ハタラケ」
後半は楽が小野寺さん家の和菓子屋さんのお手伝いに来たんだけど春ちゃんと2人でお店番することになった。どう見ても2人は話しが合ってて仲よさそうなのに春ちゃんがそれを認めたくなくってツンってw何となくはじめのころの千棘みたいかも。


顔文字メモ

Aパート「魔法少女」回。
OPまでスピンオフ仕様でびっくり!? 単行本のおまけがアニメになった、あ…ありのまま 今 起こった事を話すね!しょっぱなキュウベエに似たねずみが「僕と契約して魔法少女になってよ」と契約で「まどマギ」が始まったと思ったら「ガオガイガー」が戦い出して、確定申告の辺りだけ、ちょっとだけ、「はたらく魔王さま」っぽかった!ただ小野寺さんのすっぽんぽんは違うイメージというかニセコイに肌色は合わないってのが正確かな? 元ネタはどう見てもアレですけど、アニメ制作が同じところだし、あまり違和感はないが、見てて本編をしっかり進めろよ、と思ったが、どうせ一条楽と他女子との進展など望むべくもないのだから、むしろずっと番外編継続でも良い。

Bパート「小野寺家のお手伝い」回。
通常営業だったのも驚き。やっぱ楽くんのスペックで惚れない方がおかしな世界だった。多少は春ちゃんとの距離も縮まったかもだけど、素直になれない春ちゃんかわいい!! 春との新密度が少し上がったが、事情を知らない春が一条楽を煙たがるのはごく自然であり、不誠実な一条楽が諸悪の根源である見方は間違いではない。ツンツンのまま結構続くのかと思いきやすぐデレる陥落寸前ですな・・・。これからツンデレ全開しつつ争奪戦線に参戦していくのかなあ!!

小説の二巻で表紙飾ったりしてたしあるのは知ってたけど…それがスピンオフ連載にアニメ化とは、ほんと出世したよ。そして結果は8話が神回との声も高い大成功!! 春ちゃん派の人に取っては後半の妙に話は合うし、楽に密着されて男として意識する春ちゃんがチョロくて可愛ゆく見えたんじゃないだろうか…。



ニセコイ第21巻アニメDVD同梱版/集英社

¥3,672
Amazon.co.jp



----------------------------------------------------------------------------------------
第9話 オソウジ/オミマウ
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:木澤行人
絵コンテ:数井浩子
演出:吉澤翠
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3姉妹平等に攻略するのが紳士の務めです。
*Aパート=プール掃除回
*Bパート=小咲のお見舞い回

Aパート「オソウジ」
キョーコ先生のお願いで、プール掃除をすることになった楽たち。プールサイドに集まったのは、千棘・小咲・鶫・万里花・るり・集に、春と風、そしてポーラ。水着に着替えて早速掃除を始めるが、ポーラは離れたところからこちらを眺めるばかりで…? 先生にプール掃除をたのまれた楽は集くんといつもの女子たちと掃除をしてプールで遊ぶ 男子お待たせ~の水着回。日常系でオチもなかったけど癒された。 風(ふう)ちゃんってゆう春のお友だちが出てきたね。あとプールのカナアミがレース模様でおしゃれだ。

Bパート「オミマウ」
るりの計らいで、風邪を引いた小咲のお見舞いに一人で向かった楽。小咲の母は旅行で留守にしていると聞いて、もしかして二人きり…!?とドキドキする楽だったが、そこには春の姿も。楽を警戒する春をなんとかなだめ、一緒に小咲の看病をすることになったのだが…?  楽はるりに頼まれて小咲のお見舞いに行ったんだけど春がジャマしてなかなか近づけない。春が楽を見る目ちょっとは良くなったみたいだね。


顔文字メモ

AパートもBパートもツンデレキャラたちによる話。

Aパートは、プール掃除を頼まれた楽たち!ツインテの千棘可愛かった。風ちゃんもちゃんと登場!つまるところプール掃除という名の水着回なわけだけど、みんな作業用の恰好としては危ないと思う(汗)。プールの底ってガラスの破片やら空き缶やらケガしかねないものが落ちてたりするから・・・。ポーラのくだりとかはカットされてていまいちアニメ組には伝わらないとこがあった。キョーコ先生の言う通り青春だなぁという感じ。

Bパートでは私も大好きな看病回で小野寺姉妹可愛い。小咲回かと思いきや春回wwいや、春ちゃんもすっっごいかわいい・・・正直いまニセコイの中で登場すると一番テンションあがる。小咲の看病をするはずが春ちゃんの看病もすることに!ペンダントと春ちゃんの気持ちを回収!ペンダントの件、違和感あると思ったらやっぱり省略されていたのね。7話8話も見直したけどペンダント関連の絡み無かったし、いきなり楽くんに返す展開になって、”なぜ、春ちゃんがペンダントを拾ったのを知ってる?”と頭の中、疑問符だらけになった、謎が解けて良かったよ。大事なはずの鍵の扱いが楽もスタッフも適当すぎやしませんか?



NISEKOI BEST SONGS(DVD付)/ニセコイ

¥3,780
Amazon.co.jp




----------------------------------------------------------------------------------------
第10話 オウエン
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:木澤行人
絵コンテ:数井浩子
演出:吉澤翠
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3女の愛には鈍い癖に男の嘘には鋭い。
悪友・集回かと思わせた巧妙なるり&鶫回もあり!


「オウエン」
楽の親友・集は、女の子好きで明るい性格。いつもおちゃらけていて、ふざけて鶫やるり達を怒らせることはもう日常茶飯事。 恋とはあまり関係なさそうに見える集だったが、実は好きな人がいることが明らかに!楽はその相手が誰なのかを尋ねるが、はぐらかされてしまう。「手の届かない高嶺の花」という、その意外な相手とは…?なんだけど、集の片思いの相手キョー子先生が結婚で辞めることに・・・。 「気持ちを伝えても迷惑なだけ。悔いが残らないようにというのはただの自己満足」という集。普段ふざけたキャラのマジ話良い…。悔いの残らないようになんてのは自分の勝手という出来過ぎた高校生だわ。今回、集の話みたいだったけどほとんど楽と誠四郎が話ししてただけみたいで、集の気持ちあんまり伝わってこなかった。。結局、最後は、想像するだけで( ゚∀゚)・∵. グハッ!!っとなった楽が小咲にコクりたいってゆう話に・・・・? いや、何だかちょっとちがうみたいな・・・。この話普通にいいんだけど、楽の主体性の無さだけは納得いかんwww 手のひらグルングルンしてるでwwまた終わっちゃいねぇ!始まってすらいねぇ!ちょっとくらい長いプロローグ切ないよぉ(;ω;`)いい意味で「どうしちゃったの? こんなアニメだったっけ?」感あふれる話と演出だったけど、楽がアレだからこういう回の方が印象に残るなぁ。原作でも印象の強い回であった。


顔文字メモ

今回は集がメインのストーリーの神回。

キョーコ先生が好きだった集。

まあ気が合っていた気がしたな。

でも、突然の結婚そして退職・・・集も落ち込んでいた。

そして楽が話し相手になってアドバイスをするという友情っていいな、そしてスッキリした集。

まさかこんなにシリアスで感傷的な気持ちになるとは…。

今まで「ニセコイ」見てきた中では予想外なエピソードでしたけど、とても良かったです。

青春の1ページって感じだな。

先生がタクシーの中から集にかけた最後の言葉が印象的でした。

本筋が行ったり来たりしながらラブコメやる話だから最終話でも来ない限りこういうちゃんとケリ付ける展開出来ないだろうし、いつもと毛色が違う話で面白かった。

あぁ、てか先生もう出てこないのかよ!!!!新任が気になる。



キャラチャージ ニセコイ: 06 宮本るり/A3

¥5,378
Amazon.co.jp




----------------------------------------------------------------------------------------
第11話 ヤセタイ/オハヨウ
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:中本宗応
絵コンテ:岡田堅二朗/数井浩子
演出:大谷肇
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3ごめん、最終回じゃないよ!小咲回だよ!
食事は一期一会だから毎回毎回を大事にしよう。

*小咲の回

Aパート「ヤセタイ」
和菓子屋「おのでら」の新作の味見や、千棘たちとの買い食い、春とのおやつなど、最近甘い物を食べることが多かった小咲。
数日ぶりに体重計に乗ってみると、衝撃の結果が…!「大変だ…!! 今すぐなんとかしなきゃ…!!」 Aパート、「幸腹グラフィティ」かと思っちゃったw最近体重が気になる小咲がダイエット始めるの。でもそうゆう時にかぎって誘惑が多いんだよねw小咲は楽に「小野寺は細いんだから・・。」って言われてラッキー♪

Bパート「オハヨウ」
中学3年生の小咲は、同じクラスの楽に恋をしていた。朝の「おはよう」と放課後の「またね」が楽しみだったが、卒業して高校に進学したら、それももうできなくなってしまう……。そう思った小咲は、楽と同じ凡矢理高校を受験することに!勉強が得意ではない小咲だったが、るりにも協力してもらい、必死に勉強を始めるのだった。補欠で合格したからいっしょw同じ高校に行きたいって思うくらい好きな人がいるっていいなぁ☆


顔文字メモ

今回は待ちに待った小野寺回!

Aパートで体型に悩む少しむっちりした小野寺も可愛い。

Bパートで運で合格を掴んだ小野寺も可愛い。

全力で「またね!一条くん」を言うJC時代の小野寺が可愛い。

やはりニセコイのメインヒロインは小咲なのかな…。

末長く爆発してほしいほど楽と彼女はお似合いだったよ。

両方ともほっこりする話で良かった。

小咲回を観ると小咲は可愛いなぁと思い、千棘回を観ると千棘が可愛いなぁと思う。我ながら超単純。

さて、最終話みてまとめ感想を締めくくろう..._〆(・∀・@)



ニセコイ: 小咲 コミック風メモ帳/アトリエ・マギ

¥540
Amazon.co.jp




----------------------------------------------------------------------------------------
第12話 ソウサク/オタメシ
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:中本宗応
絵コンテ:岡田堅二朗/数井浩子
演出:大谷肇
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3大事な本体(リボン)失くすなよww
千棘に始まり千棘に終わる、まるで千棘が正ヒロインみたいじゃないか

*千棘回

Aパート「ソウサク」
千棘がいつも髪を結んでいる赤いリボン。小さいころに母親に貰った、そして楽との思い出が詰まった、とっても大切なもの。しかし、今朝は遅刻ギリギリで慌てて結んできたせいか、学校へ行く途中でほどけてしまい、失くしてしまった! すっかり落ち込んだ千棘を慰めながら、楽たちは一緒にリボンを探しに行くのだった。楽はツンデレで強い女子より、ちょっとおとなしくって弱そうな子が好きみたいだけど、でも、どんな子でも一生懸命何とかしてくれようってがんばるところがいいね☆

Bパート「オタメシ」
「…告白、かぁ~~~…」楽にお試しで告白してみようと思い立つ千棘。手紙を書いてみたり、告白の練習をしてみるものの、恥ずかしくなってしまって上手くいかない。どうしようと思い悩みながら、今日も楽とのニセデートが始まった。

千棘が少女マンガの告白シーン見て自分がコクったら何か変わるのかな?ってためしにしてみようってするのだけれど恥ずかしくってできない。結局、今はこのままで・・・ってなっちゃったけどほんとにコクったらどうなっちゃうのかな? 楽は小咲のことが好きみたいだし、先を越されたら・・・とか考えないのかな? でもこの話ってずっとこのまま誰ともくっつかないで終わっちゃいそう☆


顔文字メモ

やはり2期最後は千棘がメインヒロイン力を如何なく発揮してしまったね。

Aパートでは楽から見た千棘の姿、千棘に対する心情で、Bパートでは逆に千棘から見た楽の姿、楽に対する心情を表現してた。

ニセコイは序盤を知ってれば基本何話から見ても楽しめるんじゃない!?

まぁそれもあってか、永遠に話が終わりそうな気がしないw

それでも千棘が1話では出せなかった答えを出したという事で、結果としては丸く収まった・・・のかも?

12話で終わるのは残念だけど、でも未回収の伏線は山ほどあるので、続編にも期待しときましょう。

鍵とか?



Rally Go Round(期間生産限定盤)(DVD付) (デジタルミュージックキャンペーン.../LiSA

¥1,728
Amazon.co.jp




----------------------------------------------------------------------------------------
★放送日:2015年4月10日~2015年6月26日

Arika報告書v
感想

1期が好きなら、間違いなく面白いと思います。

クオリティは落ちてません、面白さも落ちてません。

ほかのキャラに脚光を当てたストーリーが多く、

それぞれのキャラのファンの方も楽しめる作りとなっており商売上手です♪


----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★★☆ 3.8  
物語:3.5 作画:3.8 声優:3.9 音楽:3.7 キャラ:3.9

----------------------------------------------------------------------------------------





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック