FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

ぼくらのサイテーの夏/笹生陽子

kage

2015/07/17 (Fri)

初夏に仕掛けたい爽快文庫

「初夏」にお薦めしたい爽快溢れる文庫を毎日一冊ずつご紹介。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


 ぼくらのサイテーの夏/笹生陽子(著)

ぼくらのサイテーの夏 (講談社文庫)
笹生 陽子
講談社
売り上げランキング: 7,138


小学生男子のバカさ加減が全部詰まった傑作!

Arikaアイコン(小)1イトルが最高でサイテーだと思ったのが笹生陽子さんの『ぼくらのサイテーな夏』です。

デビュー作ということもあって著者にはなんとなく夏のイメージがあるんですね。

本文中にある「どこにも『夏』だった」というのはまれに見る名文だと思います。

つまらない勝負に負けて怪我をしたうえにプール掃除の罰を受けた少年が主人公で、女子から見れば本当にどうしようもない日常が生き生きと描いています。

同じ世代の少年たちにとっては自分たちのリアルな日常が展開しているし読書感想文にも最適の素材です。

それ以上に読書体験の入り口にもなると思います。

おまけにタイトルの付け方も抜群で、背中(タイトル)で売れる本といってもいい。

すごく読みやすくて楽しい本なので、かつて子供だった大人の読者にも読んでもらいたいですね。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック