FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

*TV土曜アニメ「聖闘士星矢 - 黄金魂 soul of gold-」

kage

2015/07/11 (Sat)

ジャンル:
 聖闘士星矢 - 黄金魂 soul of gold-

フィギュア王 No.206 (ワールド・ムック 1072)フィギュア王 No.206 (ワールド・ムック 1072)
(2015/03/24)
不明

商品詳細を見る


最速放送日…2015年4月11日(土)~(バンダイチャンネル)

■キャスト
田中秀幸、 屋良有作、山崎たくみ、関俊彦、玄田哲章、神奈延年、三ツ矢雄二、草尾毅、田中亮一、難波圭一、堀内賢雄、置鮎龍太郎

■スタッフ
原作:車田正美、シリーズディレクター:古田丈司、シリーズ構成:竹内利光、メインキャラクターデザイン:本橋秀之、デザインワークス:追崎史敏

■主題歌
OP:ROOT FIVE「聖闘士神話(ソルジャードリーム)」
ED:ROOT FIVE「約束の明日へ」

■制作会社
東映アニメーション/ブリッジ

■あらすじ
黄金聖闘士たちが、今、甦る―― 地上の愛と正義のために、星矢達を助け消滅していった12人の黄金聖闘士。 しかし…彼らは消滅していなかった。 「聖闘士星矢」は、1986年~89年に TVアニメで放送され、その魅力的なキャラクターと多彩な必殺技で 爆発的人気をみせた伝説のTVアニメ。 その中でも圧倒的人気を誇った十二人の黄金聖闘士。 彼らの新たなる戦いが、幕を開ける…。
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)312人の黄金聖闘士が見事に復活!
1986年~89年にTVアニメで放送され、一躍大人気となった伝説のアニメが今Webアニメとして蘇る! 星矢を助けるために消滅したと思われた12人の黄金聖闘士が見事に復活!彼らの新たな戦いが今始まる!




----------------------------------------------------------------------------------------
配信開始日:2015年4月11日
第1話「よみがえれ! 黄金伝説」
----------------------------------------------------------------------------------------
冥王ハーデスとの戦いの最中、12人の黄金聖闘士たちは自らの命と引き換えに嘆きの壁を破壊した。しかし消滅したはずの獅子座のアイオリアは、アスガルドの大地で復活していた。彼はそこで、一人の少女リフィアと出会う。ヒルダに代わりオーディーンの地上代行者となった男・アンドレアスの野望について聞いた彼は…。

Arikaアイコン(小)3ついに配信がスタート!
率直な感想を申し上げますが。正直「微妙…」と言わざるを得ません。ですが、その他諸々の事情や展開を鑑みて、「うーん、まあ、アリといえばアリ」という感触です。で、ですね、具体的に何が微妙かといえば、とにかく最初に言いたいのは、「アイオリアはこんなに弱くない」という事ですね。弱いんですね。アイオリアが…以上です。

----------------------------------------------------------------------------------------
配信開始日:4月25日
第2話「暴け! ユグドラシルの秘密」
----------------------------------------------------------------------------------------
アイオリアの黄金聖衣が新たなる姿に変化し、神闘士フロディを打ち砕いた。しかし、聖衣には再び謎の文様が浮かび上がり、アイオリアは気を失ってしまう。彼を助けるために奔走するリフィアだったが、彼女もまた力尽きてしまう。目を覚ました彼女が目の当たりにしたのは、一人の少年と、アリエスのムウだった。

Arikaアイコン(小)3「微妙」から「少し回復」傾向へ…!
第1話だけを見た時点では正直「微妙・・・」と思いました。が、今回、聖闘士星矢ならでわの伝統のツッコミどころが出てきて、「少し回復」傾向です。第2話だと、アルデバラン私服で登場するのに対し、童虎はずっと聖衣を纏ってる、酒場とかで明らかにおかしいんです。なにかな?こいつはあれだ、誰から脱皮したからきっと服が無いんだ、そう自分を納得させようと思った矢先、ラストシーンでは私服なんです。おいおいwwいやいやいやww何なの、、、、お前じゃあなんで酒場では聖衣で「カンパーイ」とかやってたの?って。でも、星矢においてそういうツッコミ所はアリだと思うわけです。一方で、アルデバランが敵に「立ったまま絶命したか」とか言われるのは、完全に「立ったまま死に癖」がついてるタウラスならではの小ネタ芸。元ネタを知ってるとクスリと出来る仕込みはとても好ましいですね。

----------------------------------------------------------------------------------------
配信開始日:5月9日
第3話「激突! 黄金聖闘士VS黄金聖闘士」
----------------------------------------------------------------------------------------
蠍座のミロは神闘士・スルトと対峙する。ミロの前に立ちはだかるもう一人の人物、それは何と、黄金聖闘士・水瓶座のカミュだった! 一方、ユグドラシルへと向かうアイオリアとリフィアは、蟹座のデスマスクと出会う。黄金聖闘士とは思えない風貌に驚きを隠せないリフィア。それでも彼女は助けを求めるが…。

Arikaアイコン(小)3「少し好意的」傾向から「かなり好意的」に…!
第1話だけを見た時点では正直「微妙・・・」と思いました。なんか全体的に黄金聖闘士がショボくなってる感じがしたからです。で、3話まで見てその印象も「かなり好意的」なものに変わりつつあります。主な要素としては「好意的なツッコミどころ」です。なんだそれは、という話なんですけど、星矢ファンには叱られそうですが、聖闘士星矢という作品はちょいちょい様子がおかしいのです。もう少し細かい部分に触れると、リフィアとかいう女、あれは目障りです。聖闘士星矢 という作品にラブ要素はシャイナさん以外許されません。水を下さい!誰か水をー!とか民家のドアをドンドンしてましたけど、どう考えても「雪を溶かせ!火があんだから!!!」と視聴者は思ったに違いありません。挙句に自分も行き倒れとか無能にも程があります。聖闘士星矢に無能な女は必要ないんです。3話では、サガが出て来たりジークフリートの兄が出て来たり、またデスマスクはどのような理由付けで赦されるのか?が気になるところです。

----------------------------------------------------------------------------------------
配信開始日:5月23日
第4話「集結! 七人の神闘士」
----------------------------------------------------------------------------------------
スルトの策略によってミロの命運が尽き果てようとした時、アテナに仕える最強の黄金聖闘士・双子座のサガが現れた。サガはミロの制止を払いのけ、ギャラクシアンエクスプロージョンをカミュ達に放つ! その頃、デスマスクが密かに想いを寄せるヘレナは、残虐な神闘士ファフナーから、「病気の治療」に誘われていた。

Arikaアイコン(小)3ストーリーも段々と面白くなってきました!
今回はなんと、蟹と魚が活躍する回です。この2人は正直、正義でも何でもなく、強さ的にも疑問符が付く、という黄金聖闘士界の咬ませ犬コンビなのですが、冥王ハーデス編におけるシオンの「たとえ死したとしても、ハーデスに寝返る者が一人でもいると思うのか!」というセリフによって「実は正義でした」というまさかの赦しを得た2人であります。嘆きの壁では一丁前にいい笑顔で死んでいった2人ですが、今回はどのような活躍をしてくれるのか?というのが今回の見所であります。

第3話で気になっていたデスマスクにスポットがあたりました。今回、デスマスク完全に別人でした。誰なんだお前は。廬山の滝から出てきて老師に食ってかかっていたお前はどこに行った!何故かあご髭が生えていますが、これはCG星矢へのオマージュか何かでしょうか? 今回のデスマスクの闘う動機というのがまさかの「町娘を助けたいから」というのには、やや違和感が残ります。赦しを得たとはいえ、デスマスクは基本悪なわけです。もうちょっとこう、やりようがあったと思うのですけど、超卑屈キャラにされてしまっています。「憎まれ口の一つでも叩けと。どうせ俺なんかよぉー」とか言ってんじゃねえぞと…。今回は蟹が活躍するもののなんか微妙だったのに対し、魚は中々いい活躍をする、そんな回でした。ちなみにデスマスクが入れ込んでいた町娘は死にました。敵にもっと魅力があれば・・・と思うのですが、ストーリーも段々と面白くなってきました。

そしていよいよ次回はシュラが登場する模様です。

----------------------------------------------------------------------------------------
配信開始日:6月6日
第5話「究極! 神聖衣の力」
----------------------------------------------------------------------------------------
大樹ユグドラシルへと向かうアイオリアとリフィアに、ムウからのテレパシーが届く。「神聖衣」により極限まで高めた小宇宙を三方向から叩き込むことで、結界を破壊できるというのだ。同じくテレパシーを聞いたアルデバラン、童虎、そしてミロも、結界を破壊するためにグレートルートへと進んでゆく。

Arikaアイコン(小)3徐々にしんどくなってきました…!?
黄金聖衣が神聖衣になれた理由なんですが「グレートルート壊す」でした。これは非常おーーにがっかりした!アテナが涙垂らしてたよ、垂らしてない聖衣に関しては黄金のナイフ持ってればOKだよ!アイオリアはアイオロスのペンダント持ってたから、これもOKだよ!っていう。なんといいますか・・・・・もっとこう・・・あるだろう!!!なんだよ涙って!!黄金のナイフが出てきた所ではテンション上がったんですけどね・・・聖闘士星矢お決まりの拠点突破展開か?と思いきや、一話で全部破壊しました。

シャカがアテナからテレパシー的な何かを受けて聖衣を装着するシーンでラストとなりましたので、今後この問題がどう解決されるか、ここに注目です。ていうか嘆きの壁を破壊してからハーデスを倒すまで多分一日かかってないんですよね。ていうことはもう5話の時点でハーデス戦終わってるんじゃないんですか?って思うんですけど・・・何日か経過してますよね。いやいや細かい矛盾をいちいち指摘しては聖闘士星矢という作品が成立しないとも思うので、やめときましょう!ストーリーはさておきですね、5話にしてシュラが登場しました。これでアイオロス以外がようやく揃いました。

徐々にしんどくなってきましたが、まだ序盤ですし、これから盛り上がって欲しいなあ、と基本的には応援していますので、スタッフさん頑張って下さい!

----------------------------------------------------------------------------------------
配信開始日:6月20日
第6話「突入! ユグドラシルの7つの間」
----------------------------------------------------------------------------------------
結界「フィンドルの冬」を打ち砕いたアイオリアたち。彼らはアンドレアスに誘われるまま、ユグドラシルの内部へと突き進んでいく。リフィアの話によると、7つの間にそれぞれ存在する像を破壊すれば、邪悪なる存在の成長を阻止できるという。新たな決意を胸に、闘いに望む黄金聖闘士たちだったが…。


Arikaアイコン(小)3そろそろしんどい!
うーん、このアニメ、見るのがそろそろしんどいです。

原因ははっきりしています。

まず、黄金聖闘士を十二人登場させる事と敵の紹介に終始してて、肝心の「動機」が希薄です。聖闘士星矢っていうのは、基本的にいつも沙織さんがピンチになってそれを助けるために闘う、というのが基本スタンスなわけです。もちろん黄金聖衣が奪われたから取り戻す、とかハーデス軍が攻めてきたから迎え撃つ、みたいなのもありますけど、これまでのシリーズは動機がハッキリしてるんですよ。でも本作はそこらへんがイマイチよく分からない。村が襲われたりとか、ユグドラシルの中で邪悪な何かが育っているから、みたいな動機で戦ってますけど、視聴者的に緊迫感がなく、次、どういう展開が・・・などという緊張からの期待感がないのです。ミロは「よくわかんないけど小宇宙が戦えと言っている」みたいな感じですし、シャカなんて「なんか状況がよくわからんから座っとくわ」みたいなテンションですし…。少年もののアニメとして、「正義の為に戦う『動機』付けは大事」だと思います。

次に、「カタルシスが無い」です。

聖闘士星矢の作品におけるカタルシスとは、

A:強い敵に対し、ボコボコにやられながらも不屈の闘志で小宇宙を燃やし打ち勝つ!

B:調子乗った敵に対し、余裕の風情で打ち勝つ!

この2パターンが主であると言って良いでしょう。

黄金聖闘士に求められるのは、当然「B」の方です。

それが結界で弱いから、とか敵もパワーアップしてるから、とかそういう辻褄の問題ではなくて、黄金聖闘士が苦戦するような展開や黄金聖闘士たちが苦痛で歪みきる姿をリプレーで見せられても求めてるのはコレジャナイ感があります。強い敵に対し、ボコボコにやられながらも不屈の闘志で小宇宙を燃やし打ち勝つ!ではなく、やっぱり、調子乗った敵に対し、余裕の風情で打ち勝つ!、オレって半端なく強いだろう感の余裕は大事よ!あと、全編通して使われる「神聖衣になる」っていう表現、いやいや聖衣はなるもんじゃなくて装着するもんだし…。某スーパーサイヤ人になる、みたいた使い方せんといてほしいです。こういう細かい部分は、ファンはとても気になります。とても、気になるんです!(大事なことなどで2回言いました)。で、イマイチストーリーがぱっとしないのも問題ですし、アンドレアスとかいうのが全く敵として魅力的じゃないのも問題かもです。

----------------------------------------------------------------------------------------
配信開始日:7月4日
第7話 「激震!神聖衣VS神聖衣」
----------------------------------------------------------------------------------------
7つの間を舞台に、黄金聖闘士と神闘士の全面対決がついに始まった! 牡牛座のアルデバランは、かつて闘った神闘士ヘラクルスと対峙。ヘラクルスはアンドレアスから与えられたオーディーンサファイアの力で凶暴化し、強力な攻撃を仕掛けてくる。だが、「本当の強さ」を見出したアルデバランは…!

Arikaアイコン(小)3そろそろ、しんどい! そろそろしんどい!
(大事なことなので2回言いました。)

第7話で、デスマスクのキャラ崩壊がかなり酷い事になっておりましたが、7話ではカミュがあんまりな扱いをされております。カミュはね、クールに徹するキャラなわけですよ。クールといえばカミュ。カミュと言えばクール。おわかりかな? カミュが敵に寝返ったとなれば、「ははーん、これは寝返ったフリしてて、実は寝返ってない、いつものパターンだな」とこう思うわけじゃないですか・・・・それがホントに寝返ってるじゃん!!(爆笑)全然クールじゃねえよ!なんなんだよ。こんなのカミュじゃねえよ。氷河、私はな・・・いや、最早何も言うまい。スタッフと視聴者の黄金聖闘士に対する捉え方に大きな隔たりを話が進むにつれ感じておる次第です。それと作画、これどうにかならないんですか?!オモチャ売るためのアニメだとしても、ちょっと酷い作画の割合が多すぎますよね。いやタダで見せて貰ってね、こんなこと言うのもアレかなって思いますけど・・・。やっぱりアニメ的にもキラキラした黄金聖闘士を求めるじゃありませんか・・・・・・で、次は、Blu-rayを買うかと…・・・・正直、こんなんBlu-ray買う気になりませんやん。オモチャさえ売れたらアニメはええんですか?…・・・その辺り難しい問題だとは思うんですけどね、でも、アニメしんどいです。


----------------------------------------------------------------------------------------
配信開始日:7月18日
第8話 「バルドル!神に選ばれし男」
----------------------------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------------------------
★放送日:2015年4月11日~

Arika報告書v
ひとこと感想。


----------------------------------------------------------------------------------------
評価:☆ 0・0  
物語:0・0 作画:0・0 声優:0・0 音楽:0・0 キャラ:0・0

----------------------------------------------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック