FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

TV日曜アニメ「山田くんと7人の魔女」

kage

2015/07/12 (Sun)

ジャンル:学園
 山田くんと7人の魔女

山田くんと7人の魔女(1) (講談社コミックス)山田くんと7人の魔女(1) (講談社コミックス)
(2012/06/15)
吉河 美希

商品詳細を見る


最速放送日…2015年4月12日(日)23:30~(TOKYO MX)

■キャスト
逢坂良太、早見沙織、増田俊樹、内田真礼、佐々木寿治、喜多村英梨、小野大輔、福山潤、花澤香菜、牧野由依、タカオユキ、悠木碧、田澤茉純、立花慎之介、杉田智和、小野友樹

■スタッフ
原作:吉河美希「山田くんと7人の魔女」(講談社『週刊少年マガジン』連載)、監督:宅野誠起、助監督:臼井文明、シリーズ構成・脚本:横手美智子、キャラクターデザイン&総作画監督:飯田恵理子、音響監督:鶴岡陽太、音楽:横山克

■主題歌
OP:WEAVER「くちづけDiamond」
ED:みみめめMIMI「CANDY MAGIC」

■制作会社
LIDEN FILMS

■あらすじ
この学校には7人の魔女がいる。 私立の進学校での日常になじめず、問題ばかり起こしている主人公・山田竜。しかしあることをきっかけに、彼の学園生活は一変! 新たな仲間魔女たちとの出会いとともに、楽しくも大変な毎日が始まった。7人の魔女を見つけるまで、もう退屈なんて言わせない!
----------------------------------------------------------------------------------------
Arikaアイコン(小)3週刊少年マガジンにて連載中の同名コミックをアニメ化!
私立の進学校で問題ばかり起こしている主人公が、学校内に7人いるとウワサされている「魔女」の捜索に巻き込まれていく様子を描いた学園コメディだ。逢坂良太、早見沙織、内田真礼、小野大輔、悠木碧などの豪華キャストに期待が高まる。




----------------------------------------------------------------------------------------
第1話『アイツになってんじゃねーかぁぁッ!』
----------------------------------------------------------------------------------------
私立の名門朱雀高校に通う2年生・山田竜は、遅刻早退はもちろん、あちこちでケンカ三昧、授業中に居眠りまでする超問題児。ある日、優等生の白石うららと階段から転げ落ちた山田は、意識を失って保健室で目を覚ますと、自分の体が白石うららになっていた!? どうやら「キス」に秘密があるらしい。
 一刻も早く元に戻りたい山田。ところが、うららの姿になったことで女子の世界がいろいろと見えてしまう。うららの抱える事情にケリをつけた山田は、うららと「キス」をすることでようやく元に戻れたが、その瞬間を生徒会の宮村虎之介に見られてしまって……!

脚本:横手美智子 
絵コンテ:宅野誠起
演出:ながはまのりひこ 
作画監督:川島尚、林志保、相田誠
総作監:伊藤依織子 
エンドカード:真島ヒロ
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3なにこの古式ゆかしい、俺がお前でお前が俺でシステムwwwww 
わりと直球な学園ラブコメってかんじでほっこりした。これ、ハヤミンっぽく喋ってるのが最高にキモいけど、声優さんってスゲ―――――!!声優さん入れ替わり大変だな…と思いつつ感謝!ベタなアニメのように思えて、入れ替わりを題材にした実に珍しいアニメでもある。声優さんの技量の高さを思う存分味わえるアニメで、今回は早見沙織さんの実力の高さを満喫できること間違いなし。女の子になったら何をすればいいのか分かっていた山田には感謝。しかし7人の魔女っていうのが気になるね。個人的に今期上位ランクイン。今回は物凄く展開速かったような気がするが、観てて気持ち良い。ホモチューで笑ったので来週も見よう。


---------------------------------------------------------------------------------------
第2話『俺とキスしな』
----------------------------------------------------------------------------------------
山田、うらら、宮村の3人が超常現象研究部(超研部)の活動を再開させたところに超常現象好きの伊藤雅が現れた。キスをするためだけに部室を利用したい山田たちは、得意気に超常現象グッズをチラつかせる雅に本当のことを言い出せない。そんな中、雅がいないうちに入れ替わろうとした山田とうららは、キスの瞬間をうっかり雅に目撃されてしまう。
「絶対に許さないんだから!」。仲間ができた気持ちを裏切られた雅は怒り心頭で、山田とうららの噂を学校中に流して回る。噂のせいでうららが孤立してしまうことを気にする山田は、雅を呼び出して噂を撤回させようとするが、雅は言うことを聞かない。そんな雅に「俺とキスしな」と山田は迫る!

脚本:遠藤智樹 
絵コンテ・演出:臼井文明
作画監督:鳥山冬美、松岡謙治
総作監:伊藤依織子 
エンドカード:大暮維人
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3俺がお前でお前があいつであいつがこいつでこいつが俺で…!?
部室でキスしてるところを伊藤雅さんに目撃される!

【今回の案件】↓
新入部員の伊藤雅に山田と白石がキスしてるところ見つかって変なうわさを流されちゃった!

そのうわさを消すために、山田は無理やりキスして伊藤さんになったけど、みんなはあんまり伊藤さんのこと信じてなかった。それって伊藤さんが超能力があるとかって嘘ついてばっかりだったから。ちょっと恨みがあるはずの伊藤さんのこと助けて、ぼっちを気にして入部させてあげるとかって山田いいところあるなぁ☆

そういうことで伊藤雅(みやび)さんが新しく仲間に! 相変わらずテンポ速くて見やすいし、意外と言っては失礼ですけど、意外に面白い。軽くてノリもいい。スタッフに若い方が多いように思います。少年誌連載作品なので深刻なこともやらないでしょう。終盤の入れ替わりは「俺がお前でお前が俺で」レベルならいいのですが、途中から「俺がお前でお前があいつであいつがこいつでこいつが俺で」と訳分からん状態に。まぁ、声優さんの演技を冷静に観察すれば中が誰なのか分かるんですけど、声優さんマジスゲ―――ぇ!混ぜたその男女の演じ分けも良い。ホモと百合が混じり合ってカオスだけど、サービスシーンも多くて王道なラブコメでした。新キャラ続々出てきたけど、キタエリとざーさんの男演技に期待。でもなんとなく想像できるなwあと生徒会の新キャラも最後に出てきて意味深な感じだったしこれは一波乱ありそうだ。そして安定の福山さんラスボスポジ、ご苦労様です。


----------------------------------------------------------------------------------------
第3話『受ける?それとも受けない?』
----------------------------------------------------------------------------------------
「部費が足りねぇだぁ!?」。生徒会から部費がもらえず、超常現象の研究がはかどらないと不満気な雅。部費に興味の無かった山田だが、大好物の焼きそばパンを温められる電子レンジを買えるっぽいとわかり、手のひらを返す。
早速部費の交渉に生徒会長・山崎春馬の元を訪れるも、山崎は女子の話しか聞かないらしい。山田はうららと、宮村は雅と入れ替わって交渉するが、山崎に即バレてしまった!? 山崎は部費を出す代わりに「生徒会の抱える問題」を解決してほしいと言い出す。その問題とは、優等生の白石うららが進学を希望していない、というものだった。「何で白石は進学する気がねえんだ!?」

脚本:横手美智子 
絵コンテ:大嶋博之
演出:大石康之 
作画監督:飯塚正則、板倉健
総作監:徳田夢之介 
エンドカード:中澤一登
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3女の匂いってなんだよ ww生徒会長、変態くせえw ?
超研に部費をもらうために山田が交渉しに行ったら、 

【今回の案件】↓
白石さんを進学希望にさせたらって生徒会長に条件出される!

とりあえず、大学を希望するまえにちゃんと山田は進級できるの?w 本当にあっさりとシリアスを乗り越えていくよねw白石さんの孤独はもっと根が深いかと思ったけどw笑顔が引きつったアルバムの写真も、別に今後の伏線ってわけじゃなさそうだよね。いやーいいね!うららちゃんかわいいザ・ラブコメって感じだね~♪あの顔はうららちゃんが完ぺきに惚れたねwむしろこれからはラブコメの『ラブ』のターンがきそうだね!キスの意味が変わってクルー!? 山田が風邪をうつされるというオチも良かった。ところで残りの魔女はいつ登場ですか? それにしても生徒会長に入れ替わり見破られるの超早かったなw女の匂いってなんだよ ww生徒会長、変態くせえw ? 感想には関係ないのですが、私は焼きそばパンよりコロッケパンの方が好きです。


----------------------------------------------------------------------------------------
第4話『山田のことが好きになったみたい!』
----------------------------------------------------------------------------------------
「今日から林間学校かー」。気乗りしない山田だったが、うららと入れ替わってやりたいことを満喫する。「これで少しは楽しめそうだぜ」と山田。でも、うららは女子の輪になかなか入れずにいた。そんなうららの背中を押してやる山田。うららは徐々にクラスの女子と仲良くなっていくのだった。
 そんな中、宮村と次期生徒会長の座を争う小田切寧々が山田の前に現れた。うららと入れ替わっている間に、バレたらヤバイ写真を寧々に撮られてしまう山田。宮村との勝負に勝つためなら手段を選ばない寧々は、写真をネタに白石うららが模試を受けるのを阻止しろと山田に命令してきた!

脚本:横手美智子 
絵コンテ・演出:井端義秀
作画監督:冨谷美香、中野良一 
総作監:伊藤依織子 
エンドカード:福本伸行
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3その能力くっそ欲しいんですけどwww!?
山田はヘンなところ小田切さんに写真撮られて、その写真を消すのに小田切さんになろうってキスしたら、

【今回の案件】↓
入れ代わり能力がなくなって相手が自分のこと好きになる能力に変わっちゃった!!

林間学校の回。これは「ヒロインがゲロするアニメは名作」としてカウントしていいのか?山田が普通にスケベなのがいいね。でもいざ女湯入るとなるとビビるとこもいいね。 お風呂のとき、山田くんの精神が入っている白石は着替えはどうしたのだろう? 白石さんの精神が入っている山田は勉強しててお風呂に入ってない? 入れ替わり解除のときの押し倒しキスは良かった。原作では立ちキスだったけど…。ガールズトークはつけまつげの話以外にはどんな話をしたんだろう?

今回、生徒会副会長・小田切寧々とのキス『キスした相手と入れ替わる能力』→『相手を虜にする能力』に変わった。実に興味深いキス・ケミストリーな事案であります。 惚れさせる能力ってやべえ~~~~~~~~~~!!その能力欲しいんです。そして、この二人は何故そこまで分かっていながら、あんなラブラブ弁当を作ってきたんだろうかwww。男が男のことを好きになるのは良いとして、なぜ女の子っぽくなる宮村w(?) このアニメって真面目と崩しの割合が丁度いい!入れ替わりも便利だけど、同性も虜にできるなら使い勝手いいなぁ・・・ むふふな展開を希望なら虜かな? う~んどっちも捨てがたい!! 構図的には少女漫画チックだと思ったけど隠しきれないおバカ感がやっぱりマガジンだし絶妙な感じに混ざってて心地良い。今回の事で、もともと山田にそんな能力があるんじゃなくて魔女とキスすることでその能力が与えられる…のかも?と。とにかくこの回は初見の人にとっては少し話がみえてくる回だっただろうね。単に入れ替わりだけだと思ってただろうから…。

次回は『朱雀高校七不思議ノート』が出てくる回らしい。


----------------------------------------------------------------------------------------
第5話『キスしちゃダメよ?』
----------------------------------------------------------------------------------------
「白石には内緒にしとけよ!」。キスの能力が『虜』に変わってしまったことをうららに黙っておくと決めた山田だったが、そんな時に限ってうららから入れ替わりの催促が。早く小田切寧々に会って能力を元に戻さねーと!!
一方の寧々は、キスで『虜』になったはずの山田が自分の前に姿を見せずイラついていた。山田のことが気になるから様子を見に行くと言い出す寧々を、おかしいと感じ始める側近の五十嵐潮。 山田を探す寧々と五十嵐は、山田とうららがキスをする瞬間を目撃。それを見て涙を流す寧々。逆に寧々の方が山田に惚れてしまったのだと五十嵐は確信する。怒った五十嵐は山田を蹴り飛ばした!「小田切寧々に何をした!?」

脚本:横手美智子 
絵コンテ:おざわかずひろ
演出:山下英美 
作画監督:池田志乃、石橋大輔、松岡謙治
総作監:徳田夢之介 
エンドカード:早見沙織
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3『それに何だかずっと…山田のことが気になって仕方ないのよね…』
( 山田が気になる…だと…?)

山田は小田切さんをふったけど、自分の気もちに正直でよかった。キスしたあとの『それはできない。なぜなら俺は絶対にお前の事を好きにならねえからだ』の山田のセリフでキュンとしてそう…と思ったけど全然そんなことなかったねw。でも素で山田のこと好きになっていかないかなぁ…。白石さんいるからないか、それは? 潮くんが山田に乱闘事件を押し付けたのは小田切さんの虜にかかっていたからかな? 一応今も継続中だし。でもただの好きで親衛隊ほど虜になってないようにも見えるw小田切さんは潮くんのことどう思ってるのかな? 潮くんも今のままでいたいみたいだけど・・・。でも魔法じゃなくってほんとの潮くんのこと好きになれたらもっといいのにね☆

【説明】
①「人を虜にする」(小田切さんの能力。)
     ↓キス
②「能力はコピー」(山田の能力)
     ↓能力ブーメランね
③小田切寧々が山田に惚れてしまう
     ↓再びキス
④山田が小田切の能力をもう一度コピーして虜状態を解除す


■今週分ったこと
 ・小田切さんは虜の能力保有者! 
└──────────────────────────────────
 ・白石さんは入れ替わりのオリジナル能力者!
└──────────────────────────────────
 ・山田はコピー能力者!
└──────────────────────────────────
 ・この学校には7人の魔女がいる。
└──────────────────────────────────

そして、まさかメガネも山田と同類だったとはw山田確かに可哀想w能力の設定意外と複雑でよく練られてる!ギャグと恋愛?以外にもやっと学校の七不思議といった魔女要素も出て続きが気になる。山田の能力の正体と、魔女の存在が判明という事で、このアニメがどういう物なのか分かりやすくなった。結局、小田切さんと潮くんのやった事は結局有耶無耶になったが、あんな行為をされてもなお「俺たちはこんな学校生活云々」なんて言えるとか、山田は心が広いよ。能力については大体想像通りだったけど、その能力はどうやって身についたのだろう? 先天的なものなのかな?

次回から魔女探しか!なんだよおもしろそうな展開で他の魔女たちが続々と登場しそうで楽しみ♪


----------------------------------------------------------------------------------------
第6話『応答せよっ!』
----------------------------------------------------------------------------------------
「夏だ! 海だ! 合宿だ!」。魔女伝説のノートの下巻を見つけるためにクラブハウスで合宿を開く超研部。でも山田は、漫画研究部の大塚芽子、鶴川秀明、亀田満たちと追試アンド補習合宿に強制参加させられ、テンションは急降下。おまけにノートの下巻があるらしい倉庫のカギもまだ開けられないときた。
そんな山田に「明日は入れ替わってあげる」と救いの手を差し伸べるうらら。おかげで海を満喫でき、ついでに追試までクリアーだ! と思いきや、山田は急に元の体に戻される。なんでも補習合宿の時、芽子が突然キスをしてきたというのだ! その行動を見てうららは、芽子のことを魔女だと断言する。

脚本:遠藤智樹 
絵コンテ:大嶋博之
演出:臼井文明 
作画監督:相田誠、江上夏樹、門智昭、中野良一、西脇拓己
総作監:冨谷美香 
エンドカード:室田雄平
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3ファミチキくださいって何の元ネタ?
『クラブハウスで合宿だー!』で水着&山田追試回。 クラブハウスに ノートの下巻がありそうな部室があるから合宿で来たんだけど カギを持った先生は山田とほかの3人の人たちが追試に受からないと来ないらしい。補習中、白石さんと入れ代わった山田が
数学の問題かんたんに解くの見て大塚さんがキスしてきた。人と話すのが苦手な大塚さんの能力が『テレパシー』で白石さんと小田切さんも欲しがってた力を手に入れた。。じゃあ自分は何を望んだのかな?って山田。キスすることが魔女の典型的な行動? 魔女はキス魔なのか? この作品の女はおかしいだろw どんだけキスに抵抗ないんだよ、魔女のルールがいまいち分からない 。
魔女同士でキスしても何も起こらない、って、白石さんが言ってたけど、どうやってそれ確認した? 追試組の君達キスしてたんかい!って思ったけど、最初に比べたらそういうの慣れてきたwテレパシーってどういう時に使ったら便利なんだろwでも鼻血出るって身体への負担すごそう。内臓だけ老化とかするのかな。そして大塚ちゃんの今後の出番のなさそう感すごい…


■今週分ったこと
 ・自分の置かれた状況に不満を持っていた白石さんは『入れ替わりの能力』! 
└──────────────────────────────────
 ・生徒会長になるため仲間を集めたかった小田切さんは『虜の能力』!
└──────────────────────────────────
 ・人と話すのが苦手だった大塚さんは『思念の能力』!
└──────────────────────────────────

・・・つまり、魔女の能力はそいつが望んで手に入れた力! 

なら山田のコピーは…? 3人目の魔女えらいあっさり終わったなwちょっと分かり難かった能力の伝達システムが、カンニング絡めて分かり易く説明してて、うまいなと思った。



----------------------------------------------------------------------------------------
第7話『天ぷらだけはやめてくれぇ!』
----------------------------------------------------------------------------------------
魔女探しを始めた山田は、引きこもって学校を休んでいる4人目の魔女・猿島マリアの家を訪れる。マリアと二人きりになった山田は、彼女の能力が「キスをした相手の未来を見る」ものだと聞かされる。マリアが学校を休む理由は、朱雀高校の旧校舎が火事になる未来を見ちまったから!? しかも、マリアはその犯人にされてしまうらしい!!んでもって、山田まで犯人扱い!? 山田は火事の真犯人を突き止めるため、マリアとキスをして能力をコピー!

脚本:遠藤智樹 
絵コンテ・演出:坂本一也 
作画監督:佐川遥
総作監:伊藤依織子 
エンドカード:ちゃもーい
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3帰国子女だからってベロチューは挨拶とは言わないw

『合宿から1週間後の夏休み真っ最中』の回。
しばらく休んでる猿島さんが魔女みたいだって聞いて山田はお家に行ってみたんだけど普通の子。猿島さんが休んでたのは旧校舎が火事になって犯人は猿島さんと山田ってゆう噂が立つ未来を予知したせいだった事が判明。火事を防ぐためにみんなは真犯人らしい人を止めようってするんだけど・・・・。あっさり、犯人特定、ここで天ぷらあげようとする奴はそうそういないわなw!

「天ぷらだけはやめてくれぇ!」ってゆうサブタイトルどうなるのかなって思ってたけど未来を変えようってする話でおもしろかった♪ どんどん部員が増えていくw 


Q1:どうやって火事回避する事ができたの??
A1:火事回避については、そもそも未来が変えられないわけではない。ただ簡単には変えられないということで、入れ替わりというイレギュラーな力を使用して強引に変えた。

Q2:電話しまくってるシーンの流れが悪化したのはどうして?
A2:山田が白石になって告白を阻止しようとしたが、見て分かる通り結果、椿から告白を受ける→椿失恋→天ぷらの流れを阻止できてないので悪化。

Q3:屋上で山田が怒った時になんで喜んだの??
A3:白石が放火の罪をかぶろうとしたけど、山田がその行為について怒った→山田が白石のことを大事だと思ってると白石には感じられて嬉しかった。
     ↑
今回一番重要なシーンを丁寧に作られてたし作画ものすげーきれいで良かった。

白石さんが素直に、山田のこと好きなのがよく伝わってくるいいシーン。

でも山田はみんなに優しいから内心気が気じゃないだろうなぁも伝わってきます。

猿島さんと椿がキスしたのは仲が良いからって言ってて謎だったけど帰国子女だから普通だよね!って思ってたら思いっきり舌いれてたし、あれは挨拶とは言わないw

今回の見所は 伊藤さんがベロチューのしすぎで火照ったところ(笑)

火事は止められたけど猿島さんがどうして未来予知の力を手に入れたのかは分らなかった。

今回、起承転結の承を思いっきり切り詰めた一歩間違えればダイジェストw でも要所は抑えてたと思う。

凄い圧縮率らしいけど案外分かるもんだよね、これは原作が凄いのかアニメ脚本が凄いのかはわからないけど…

次回、二学期始まっちゃった、『もうすぐ文化祭だよー』の回らしい。


■今週分ったこと
 ・猿島さんの能力→キスしたら未来に起こる出来事が見える。
└──────────────────────────────────

----------------------------------------------------------------------------------------
第8話『超ウザイんだけど』
----------------------------------------------------------------------------------------
文化祭で焼きそばパン屋を出店するために、滝川ノア率いる1年生の問題児をおとなしくさせることになった山田たち。ノアは魔女で、キスをした相手の過去を見て弱みを握るようなヤツ。しかも、魔女伝説が書かれたノートの下巻まで持ち出したみてぇだ! 山田は、いろいろ一気に片付いて好都合だと、早速ノアをシメにいくが、逆にシメられて帰ってくる。 リベンジに燃える山田だが、ノアにウザがられるばかり。そこで山田はノアに「俺を仲間にしてくれ」と頼む奇策に出た! 山田が魔女の話を切り出した途端、目の色を変えたノアは、山田を押し倒して強引にキスを迫ってくる!

脚本:遠藤智樹 
絵コンテ:渡邊哲哉
演出:渡邊哲哉、大石康之 
作画監督:飯塚正則、板倉健、増田俊介、野崎知子
総作監:徳田夢之介 
エンドカード:寺嶋裕二
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3『俺たちはもう4人で学校生活を送るしかねーんだよ!』
1人で学校生活を送ってた山田に比べたら、お前らマシだぞw


『1年生が暴れてるのを止めさせろ!?』の回。
毎回、進行の早さについて言ってる気がするけど、今週も新魔女登場からハイスピードでリベンジ失敗までAパートで終了しててふるえるw1年の滝川ノアは過去を見る力を持ってて3人の生徒をあやつって問題をおこさせたりノートの下巻も持ってるらしい。生徒会長からたのまれて3人を止めに行くことになったんだけど・・・。

ノアは3人をあやつってたんじゃなくって『共感』して仲間になってたと判明!

ノアの力って、相手の過去のトラウマを見るだけじゃなくって、ほんとはこっちの相手と共感するってゆうほうが大事なのかもしれないと思いました。みんながこんな力を持ってたら、きっとケンカとか戦争みたいなことってなくなるんじゃないかな!

それにしても、トラウマになった出来事を夢で見る能力とかピンポイント過ぎィ!

『俺たちはもう4人で学校生活を送るしかねーんだよ!』

4人以外が全部敵って状況ももちろん辛いけど、正直、1人で学校生活を送ってた山田の前でそんなこと言うなよwと思った。

白石さんに出会うまで1人でよく頑張ってきたと逆に山田を褒めたくなったw

それにしてもやはり会長以外にも黒幕が居そうな雰囲気はある。

影の支配者でもいるのかこの学校? 

魔女たちは最後デレちゃうのはもはやお決まりみたいな感じだったかな・・・・

白石さんは小娘が何かしてるって感じで余裕の静観でしたね、さすがです。


■今週分ったこと
 ・ノアの能力→キスした相手の過去のトラウマが見える。
└──────────────────────────────────

----------------------------------------------------------------------------------------
第9話『必ず未来を変えて』
----------------------------------------------------------------------------------------
朱雀祭開催! 超研部の焼きそばパン屋は、マリアの未来予知能力をコピーした山田の絶対的中占いで大繁盛。そんな中、マリアは山田に「魔女の能力を消してほしい」と頼んでくる。ワタシはふつうのキスをして恋がしたい。
山田は早速、魔女の力を消せるという玉木真一の元を訪れる。コピーの山田に対し、玉木はキャプチャー(吸い取る)の使い手で、いまはとある魔女から奪った透明人間の能力を持っていた! 玉木は、次期生徒会長の座を狙っていると山田に明かし、山崎会長が誰を後継者にするか調べてくれたら、マリアの願いを叶えると、交換条件を出してくる。早速山崎から聞き出してやるぜ!

脚本:横手美智子 
絵コンテ・演出:山下英美 
総作監:冨谷美香 
エンドカード:ろびこ
作画監督:相田誠、石橋大輔、川島尚、中野良一、西脇拓己、星野真澄、八木元喜、野崎知子
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3この学校に吹き荒れるキスの嵐wwwwww

いよいよ『文化祭』の回。
その出し物が『占い焼きそばパン屋さん』、この出し物、体張りすぎだろ…… しかも大盛況なのがすごい。仮にどれだけ占いが当たろが絶対問題になるw山田最近キスへの貞操なくなってるの笑えるwwww 

ふつうの恋がしたいってゆう猿島さんが未来予知の能力を消したいってお願いされる。山田は魔女の力を消す力を持ってる玉木クンに頼んだけど、次の生徒会長を誰にするか調べてこいって言われて会長に聞きに…そしたらゲームで決めるってw7人目の魔女を探してきた人を次期会長にって・・・。山田が偶然見ちゃった未来で白石さんがつまらなそうな顔で会長秘書してたからそんな未来をうまく変えられたらいいね。

山田が自分は白石さんのこと好きって気がついた回でした。

ほんとにラブコメっぽくなってきたわ☆

山田と白石さんがお互いのどこに惹かれたのか気になる。

宮村もまだ何か隠してるのかと思ったけど、仮に隠してても良い奴なことには変わりはないっぽいね。

ていうか現生徒会長の秘書、何者なのw


■今週分ったこと
 ・玉木クンの能力→魔女の能力を消す。キスした相手に姿を見せなくする透明人間になれる。
└──────────────────────────────────

----------------------------------------------------------------------------------------
第10話『俺と付き合ってください!』
----------------------------------------------------------------------------------------
7人目の魔女を探す山田たち超研部は、宮村の姉・レオナに会う。レオナはその魔女の『記憶喪失』の能力から逃れるために登校拒否をしていた。7人目の魔女の名前を知った瞬間、魔女に関するすべての記憶が消されることになるらしい。それってつまり、俺が白石のことを忘れちまうってことか!? それでも山田は、「全っ然たいしたことねーな!」と覚悟を決め、レオナから7人目の魔女の名を聞く。うららのために未来を変えることを選んだ山田は、「俺を引き戻してくれ」と超研部の仲間たちに頼み、山崎に魔女の名を告げる!

脚本:横手美智子 
絵コンテ:井出安軌
演出:新子太一 
作画監督:宮井加奈、星野玲香
総作監:相田誠 
エンドカード:村上ゆいち
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3記憶は所詮記憶でしかないのでので心には(以下略)

7人目の魔女は記憶を消す事ができるんだって!

それで7人の魔女全員のこと知った人は記憶を消されちゃうから山田は記憶を消される前にみんなに記憶を失った自分にそのこと思い出させてって頼んでから西園寺リカが魔女だって知ったんだけど…。

いつまでたっても記憶が消えなくって部室に行ったらみんなが自分のこと忘れててびっくり!

「この次も最初にキスするのはわたしだわ!」って言ってた白石が「オレと付き合ってください!」って言った山田をふったのもビックリしちゃった。でも好きな人がいるはずなのに山田のこと泣いちゃうくらい気になってるって分ってちょっとほっとしちゃった。今まで能力の発動キーでしか無かったのに、突然キスに重たい意味が付いてきて、逆に戸惑ったw もしかして初めっから白石さんにキスしてたら良かったのかもネ☆

今回初めて尺の短さを痛感した。 他の奴らが記憶をなくしたことについて山田の理解が早すぎるし、普通はもっとショックを受けてもいいもんだがそのへんの描写が少ないのが気になる。 気にするな山田、昔に戻っただけじゃないか…と言いたいけど実際友達からいきなり忘れられたら泣くね。山田本人は宮村たちよりも今は白石さんのことが一番ダメージ大きそう。 しかし最初にキスするって約束はどうした!? 忘れられたとしてもキスしろって言ったら白石さんならしてくれそう、でも好きな人がいることになってるから無理かなぁ…。

西園寺の能力は記憶消去というよりも記憶改竄?

ただこの展開的にはグッド 

自分の記憶が消されるのかと思ったらまさかの他の奴らの記憶が消える。「え!?」ってなって参った。


■今週分ったこと
 ・西園寺リカの能力→キスした相手の周りのの記憶を消す
└──────────────────────────────────


----------------------------------------------------------------------------------------
第11話『白石をどこにやった!』
----------------------------------------------------------------------------------------
うららの涙を見て、いてもたってもいられなくなった山田は、うららが魔女であることを証明するためにキスを迫るが、うららに拒絶されてしまう。
あきらめずに記憶を取り戻す術を探す山田と玉木。そこへ、血相を変えた寧々がやってきた。「よくも私に能力をかけてくれたわね!」。なんと寧々は山田の記憶を取り戻していた! 山田とキスをした魔女は記憶を取り戻せる!? そんな山田の前に再び現れたリカは、7人の魔女全員の名前を知った者が記憶を消される理由を話し始めた。なに!? 魔女が全員揃ったらどんな願い事も叶っちまうだってぇ!!?

脚本:横手美智子 
絵コンテ:三宅和男 
総作監:冨谷美香 
エンドカード:飯田恵理子
演出:山田雅之 作画監督:池田志乃、門智昭、鳥山冬美、増田俊介、松岡謙治、八木元喜、西脇拓己
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3水晶球が7個集まると願いが叶うと言う wwアレを思い出すのだが!
小田切回だと言っても過言ではないくらいに小田切がかわいかったな (´;ω;`)
白石さんにキスして記憶を取り戻させようってするんだけど、そのたびにジャマが入ってキスできない…。でも山田とキスした魔女は記憶が戻るって分って7人の魔女を集めちゃダメな理由って何でも願いが叶うからってゆう事も分った。前にもある部屋に7人が集められて何かの儀式があったまではわかった。 山田は7人の魔女にキスして回って記憶を取り戻させて行ったんだけど、あと
白石さんと西園寺さんだけ…。

山田のことが好きな小田切さんが裏切って生徒会のほうに行くって思ってたら、白石さんとのキスにも協力してくれた。小田切さんっていい人だったんだ、小田切回だと言っても過言ではないくらいに小田切がかわいかったな (´;ω;`)西園寺さんのこと調べても
みんなの記憶だけじゃなく記録も残ってないなんてさびしいんじゃないのかな? 協力してくれないって言ってるけど弱点みたいなところがありそう。それから生徒会の目的は山田クンを消すことだと判明。

最後、やっと白石さんとキスって思ったら副会長の飛鳥さんが入れ替わってた!それで飛鳥になった白石さんは自宅謹慎処分中で生徒会以外の人は会えないんだって…。もしかして山田がムリに会いに行くと退学とかで消されちゃうのかも?生徒会が事をすんなり進めさせてくれないなかなか面白い展開。会長をボコーしたいけどしたらそれこそ退学させられそうだしなぁ。山田の方は散々ボコされてるけど…。会長は本当に学校をコントロールしたいだけなのかどうなのか? 西園寺リカの校内名簿にないって周りの記憶を消しただけでそんなことになる? 生徒会長が単なるクズだったら飛鳥先輩やリカ先輩もあそこまで尽くさないだろうし高校生活を空気として生きるなんて私には真似できない。ごちゃごちゃしてきたけど来週で終わりみたいどうなっちゃうのかな?

ダイジェストなみの展開早くても、意外と置いてかれないものだね。

けっこう面白い展開になってきてて、来週が楽しみ。

山田に簡単に上手くいかせないのも、前フリとして良いなと思う。


----------------------------------------------------------------------------------------
第12話『俺は白石が好きだ!』
----------------------------------------------------------------------------------------
魔女の儀式を実行するために7人の魔女全員を揃えなきゃならない山田たち。残すはうらら、美琴、リカの3人。とにかくうららを救いたい山田は、生徒会役員の宮村を連れて美琴の家へ向かおうとするが、姉のレオナにつかまる。事情を話して焦る山田に、うららよりもまずリカを説得すべきだと話すレオナ。
リカは、儀式に参加する代わりにレオナを学校へ連れてくるよう交換条件を出してきた。レオナは決心をして、かつて自分が超常現象研究部の部員だったこと、そして、もうひとりの部員・山崎春馬と魔女伝説を探り、山崎は記憶を消され、レオナは学校に行かずリカから逃げ続けていることを明かすのだった。

脚本:横手美智子 
絵コンテ:吉岡忍 
演出:ながはまのりひこ 
総作監:飯田恵理子 
エンドカード:吉河美希
作画監督:松岡秀明、野崎麗子、本多みゆき、丸山修二、冨谷美香、中野良一、梶浦紳一郎、山本周平、西脇拓己、星野真澄
…‥‥‥…★

Arikaアイコン(小)3『つーかお前、キスしたかっただけなんじゃねえの?』
『…うん』


いろいろあったけど、みんな元に戻ってよかった。ってゆうか学校から魔女がいなくなるようにってお願いした。そうゆう願いも会ったんだ☆

いろんな能力があってばたばたしてたけど、このおはなしのしたかったことって山田と白石さんが付き合うことだったのかな。

最後は今までなんども2人でしてきたのにファーストキスを見てるみたいだったですw

最後のセリフは「なにをいまさら」だったが 恋人とのキスは別物なんだろうね。

逆にいえば恋人でない相手との肉体的接触は挨拶みたいなものという世界観

山田が全部持っていった(座布団ではない)

綺麗に終わった。一時は性別関係なしにキスが飛び交う超カオスなアニメだったが終わってみれば安定感のあるラブコメだった。

最終回直前の2、3話くらいになって駆け足感あったけどちゃんと山田がどうしたかったかもわかったし他の魔女も救ってあげられてよかったね。

むしろ1クールでよく魔女7人分やって終わらせたなぁって思う。

どこ削るか大変だったろうね・・・・

原作は続いてる上にアニメは改変じゃないみたいだから、魔女さんたちまだいるんだろうねw

会長も把握していない魔女が潜んでるのかな?強そうだ!!


----------------------------------------------------------------------------------------

★放送日:2015年4月12日~2015年6月28日

Arika報告書v
総合感想。

ハーレムものっぽいタイトルだけど違います。

主人公を取り巻く女子の登場人物、確かに着々と増えていますが、それと同等の速度で、男子の登場人物も増えていっています。

お陰で話が複雑にはなっていっていますが、みんな個性的で充分笑えます。

主人公が一途なところもポイント高いです。

誰彼かまわずにキスしすぎだけど、これは話の都合上しょうがない・・・・。


----------------------------------------------------------------------------------------
評価:★★★☆ 3.8  

物語 : 4.0  作画 : 3.5  声優 : 5.0  音楽 : 4.0  キャラ : 4.0

----------------------------------------------------------------------------------------

漫画原作のドタバタ学園恋愛コメディーです。

声優さんの入れ替わり後の演技が両者ともすごくいいです。

白石うらら役のはやみんがやっている入れ替わり後の男らしいうららちゃんは実際聞いてみるとすごく新鮮でした。

山田竜役の逢坂良太の方もカマっぽいかんじが何ともいえずツボでした。

声オタ的にはもうこれだけで見る価値ありです

それ以外の魔女に関しても悠木碧、花澤香奈、沢城みゆきなどアニメではほとんど端役に近い扱いのキャラがずいぶんと豪華な声優陣です。

漫画はなだ完結していないので、アニメオリジナルエンド(?)でしたが、 きれいな終わり方してるのでそこもポイント高しです。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック