FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2015年春、火曜ドラマ『プレミアムよるドラマ 「ランチのアッコちゃん」』

kage

2015/06/23 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★5月12日スタート 

NHK BSプレミアム 火曜 午後11:15~午後11:45

 プレミアムよるドラマ 「ランチのアッコちゃん」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:柚木麻子「ランチのアッコちゃん」「3時のアッコちゃん」(双葉社)/脚本:泉澤陽子/演出:青島太郎/演出:湯浅弘章/制作統括:篠原圭/制作統括:松山絵梨

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•澤田三智子(蓮佛美沙子)
中堅商社・高潮物産の第4営業部で働く派遣社員。何事にかんしても断れない性格。最近彼氏に振られ、悩んでいる。節約のために毎日手作り弁当を持参していたところ、部長の黒川敦子からランチの交換を提案される。

•原田ちひろ(野呂佳代)
高潮物産第4営業部の派遣社員。後輩の三智子を気遣う優しい性格。派遣社員を辞めて、独立することを考えている。

•笹山隆一郎(成田凌)
三智子がひょんなことから訪れる古書店「ハティフナット」の店主。何を考えているか分からず謎めいた存在だが、三智子にとって気になる人となる。

•清水公子(堀内敬子)
高潮物産第2営業部主任。女性社員たちのリーダー的存在で、男性社員にバレンタインのチョコレートを渡すことに反対する。

•山川部長(鶴見辰吾)
高潮物産宣伝部部長。人当たりが良さそうだが、その性格は強情。かつて敦子と深い関わりを持っていた。

•井川芳夫(田山涼成)
高潮物産第4営業部のあるビルの屋上で、お好み焼きを焼くケータリングのおじさん。敦子のことを15年以上前から知っている。

•黒川敦子(戸田菜穂)
高潮物産第4営業部の部長。威圧感のある風貌で、仕事に厳しく妥協を許さないため周りから恐れられている。「食べることは生きること」が信条で、食に対する思い入れが強く、三智子にランチの交換を提案する。実はいろいろな場所で“アッコちゃん”と呼ばれている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
蓮佛美沙子と戸田菜穂で贈る、おいしくて生きるヒント満載のお料理ドラマ!
不器用ながら恋に仕事に一生懸命向き合うヒロインと、そんな悩めるヒロインを食の力で導いていく謎の女性・アッコちゃんが繰り広げるお料理ドラマ。小説家・柚木麻子の原作をベースに、「食べることは生きること」を信条にしたアッコちゃんに出会った冴えない派遣社員が、ランチに振り回されながらもいつの間にか人生で大事なことに気付かされ、成長していく姿を描く。就職活動に失敗し、派遣社員として働き、節約のために毎日手作り弁当を持参する主人公・澤田三智子を蓮佛美沙子が、三智子にランチの交換を提案する、アッコちゃんこと謎多き女性・黒川敦子を戸田菜穂が演じる。おいしそうな料理がたくさん登場するのも見どころ。







----------------------------------------------------------------------------------------
【5月6日更新】
■ あらすじ(第1話 5/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
恋人に振られて落ち込む中堅商社の派遣社員・三智子(蓮佛美沙子)は、‘人材の墓場’といわれる第4営業部所属。落ち着ける部署だったが、敦子(戸田菜穂)が新任部長として赴任してきてから雰囲気が一変する。敦子はお茶の入れ方が悪いという理由で、ある派遣社員を早々に解雇。そんな敦子から「ランチを取り換えましょう」と持ち掛けられた三智子は、断ることができず…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月13日更新】
■ あらすじ(第2話 5/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三智子(蓮佛美沙子)は「生き方を変えたいなら食べ物を変えなさい」という敦子(戸田菜穂)の言葉で、ランチの取り換えに再挑戦。その日、ワゴン販売のサンドイッチを食べるよう指示された三智子は、店主(Ariel未来)から野菜の奥深さを教えられる。翌日、敦子の指示により三智子は屋上へ。そこにいた作業着姿の井川(田山涼成)との会話から、三智子は新企画の糸口を見つける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月20日更新】
■ あらすじ(第3話 5/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三智子(蓮佛美沙子)は会社が倒産寸前だという噂を聞く。その日はランチ取り換えの最終日。敦子(戸田菜穂)からカレー店「ビスマルク」に行くよう指示された三智子は、マスター(駿河太郎)の外出の間、店番を。途中、カレーが足りなくなるが、井川(田山涼成)の言葉を思い出し、切り抜ける。その一方、三智子はなじみの古書店の店員・笹山(成田凌)と親しくなり充実感を覚える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月27日更新】
■ あらすじ(第4話 6/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
第4営業部は解体され、三智子(蓮佛美沙子)は第2営業部に。敦子(戸田菜穂)は会社を辞めて姿を消す。ある日、第2営業部主任・公子(堀内敬子)が、バレンタインに男性社員にチョコレートを贈る習慣を廃止しようと提案。賛成する正社員と、反対する派遣社員とで大きく対立し、三智子は困惑する。そんな中、三智子は「東京ポトフ」と書かれたワゴン車の中に敦子の姿を見つける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月3日更新】
■ あらすじ(第5話 6/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三智子(蓮佛美沙子)は、敦子(戸田菜穂)が営むポトフの移動販売を手伝い、深夜の病院へ。同い年の看護師・我孫子(朝倉あき)のてきぱきとした仕事ぶりを見て、落ち込む。翌日、残業をした三智子は、夜食のカップスープを主任の公子(堀内敬子)に手渡したことから、彼女の意外な内面を知る。一方、スムージー販売を始めたちひろ(野呂佳代)はミスで果物の大量在庫を抱え…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月10日更新】
■ あらすじ(第6話 6/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
三智子(蓮佛美沙子)は敦子(戸田菜穂)の手伝いで、映画撮影現場にケータリングにやって来た。敦子と仲良く話をしている映画監督(榊英雄)から、学生時代の敦子が‘自主映画の女王’だったと聞き驚く。そんな中、主演女優が足のけがで動けなくなり、三智子がスタントマンをやることに。1週間のポトフ移動販売の手伝いで度胸をつけた三智子は、会社の‘バレンタイン問題’を解決すべく、ちひろ(野呂佳代)の協力を得て動き出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月17日更新】
■ あらすじ(第7話 6/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
契約社員となった三智子(蓮佛美沙子)は宣伝部へ異動に。だが仕事は相変わらず雑用ばかりで気が乗らない。ちひろ(野呂佳代)に相談すると、偶然敦子(戸田菜穂)が現れる。三智子の立場は会議を牛耳ることができる重要な仕事だと見抜いた敦子は、1週間、会議に参加してアフタヌーンティーを用意すると言い出す。来ないでほしいと懇願する三智子だが、月曜日、敦子は会社に現れる。その姿を見た部長の山川(鶴見辰吾)は動揺する。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック