FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

2015年春、土曜ドラマ『土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW ふたがしら』

kage

2015/07/11 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★6月13日スタート 

WOWOWプライム 土曜 午後10:00~午後11:00

 土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 「ふたがしら」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:オノ・ナツメ「ふたがしら」(小学館ビッグコミックスピリッツ増刊「ヒバナ」連載)/脚本:中島かずき/監督:入江悠/プロデューサー:青木泰憲/プロデューサー:松永綾/プロデューサー:平部隆明

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•弁蔵(松山ケンイチ)
飛脚問屋で働いているが、夜は盗賊。明るく豪放で腕っ節が強いが、酒乱の気もある。敬愛する、盗賊“赤目”の頭・辰五郎が亡くなったことで一味から離れ、赤目の遺志を継ぐ自分たちの一味を構えようと宗次と2人で旅に出る。

•宗次(早乙女太一)
弁蔵の相棒。昼は飛脚問屋で働いているが、裏の顔は“赤目”の一味。冷静沈着な頭脳派。クールな色男で弁蔵とは真逆の性格だが、辰五郎の遺志を継ぎたいという思いは一致している。

•甚三郎(成宮寛貴)
“赤目”の一人。表の顔は髪結い。辰五郎の遺言書により赤目の次期頭となる。金のためなら手段を選ばない冷酷さを持つ。

•おこん(菜々緒)
辰五郎の妻。自由気ままで、したたかな女。手下に色目を使うこともしばしばで、甚三郎とは深い仲にある。

•辰五郎(國村隼)
「脅さず殺さず汚え金を根こそぎいただく」をモットーにした、“赤目”一味の頭。弁蔵と宗次を気にかけていたが、2人を残して死んでしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松山ケンイチと早乙女太一共演、新感覚の時代劇エンターテインメント!
オノ・ナツメによる同名コミックを連続ドラマ化した、盗賊たちの策略、だまし合いを描く時代劇エンターテインメント。主人公・弁蔵を演じるのは、3年ぶりの連続ドラマ主演でWOWOWドラマ初登場となる松山ケンイチ。弁蔵とタッグを組むクールな色男・宗次役は、大衆演劇界のスターであり、俳優としても活躍する早乙女太一。そのほか、盗賊“赤目”一味を率いる頭の辰五郎を演じる國村隼はじめ、成宮寛貴、菜々緒ら豪華キャストが集結。二転三転する痛快な展開の全く新しい時代劇の世界観を、映画「SR サイタマノラッパー」「ジョーカー・ゲーム」の入江悠監督、劇団☆新感線の座付き作家・中島かずきがどのように作り上げるのかも注目だ。


----------------------------------------------------------------------------------------
【5月27日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
八王子の飛脚問屋で働く豪放な性格の弁蔵(松山ケンイチ)とクールな色男・宗次(早乙女太一)は、“赤目”を名乗る盗賊の一味。「脅さず殺さず汚え金を根こそぎいただく」のが赤目の仕事で、頭の辰五郎(國村隼)を敬愛する2人は、夜な夜な仲間とともに悪人の屋敷に忍び込み仕事に精を出していた。そんなある日、辰五郎は2人の手を取り、「一味のこと、まかせた」と言って息を引き取ってしまう。しかし、妻のおこん(菜々緒)が預かったという遺言状には、辰五郎の弟分・甚三郎(成宮寛貴)に跡目を継がせると記されていた。納得のいかない2人は、“でっかいこと”を成し遂げるために、赤目一味とたもとを分かち、旅立つ決意をする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月10日更新】
■ あらすじ(第1話 6/13放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
八王子の飛脚問屋で働く弁蔵(松山ケンイチ)と宗次(早乙女太一)の裏の顔は、‘赤目’を名乗る盗賊の一味。ある日、赤目の頭・辰五郎(國村隼)が急な病に倒れ、2人に「一味のことは任せた」と言い残して息絶える。ところが、遺言状には辰五郎の弟分・甚三郎(成宮寛貴)に跡目を継がせると記されていた。納得のいかない2人は、赤目一味とたもとを分かち、大坂を目指す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月17日更新】
■ あらすじ(第2話 6/20放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
弁蔵(松山ケンイチ)と宗次(早乙女太一)は箱根の関の手前で、刀傷を負って絶命寸前の火付盗賊改方と遭遇。ある物を託されて江戸まで戻ることに。そんな中、一文無しの弁蔵は通行人の財布をする。ところが相手は川崎のすりの一味で、元締めのお銀(芦名星)は悪代官からの裏金の要求に応えるため、手下を束ねていた。捕らわれた弁蔵を宗次は取り戻し、2人は一味から金を盗む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月24日更新】
■ あらすじ(第3話 6/27放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
弁蔵(松山ケンイチ)と宗次(早乙女太一)は大坂に到着。亡き辰五郎(國村隼)が憧れていた盗賊一味‘夜坂’のご隠居(品川徹)に、修業させてほしいと頼み込む。その跡を継いだ鉄治郎(橋本じゅん)に、2人にどちらが頭になるのかと尋ねられ、弁蔵は「ふたがしら」だと答える。そんな中、2人は、ご隠居の世話係である芳(村上淳)も、頭の候補だったと知る。一方、夜坂一味は鉄治郎が頭になってから、一度も‘勤め’をしておらず…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月1日更新】
■ あらすじ(第4話 7/4放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
夜坂一味のご隠居(品川徹)が、弁蔵(松山ケンイチ)と宗次(早乙女太一)に生前の辰五郎(國村隼)の話をする。それは、遺言状にまつわる意外な事実だった。一方、弁蔵の素性を知った鉄治郎(橋本じゅん)が、一度故郷の備中に帰るよう命じ、宗次も同行。そして、戻った2人は、芳(村上淳)が動こうとしない鉄治郎にしびれを切らし、強硬手段に出たと聞く。そんな中、江戸を制した赤目の甚三郎(成宮寛貴)の使いが夜坂に現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月8日更新】
■ あらすじ(第5話 7/11放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
夜坂は鮮やかに最後の‘勤め’を終え、解散。自分たちの一味をつくる決意を固めた弁蔵(松山ケンイチ)と宗次(早乙女太一)に、ご隠居(品川徹)は辰五郎(國村隼)の遺品を手渡す。そんな2人に、芳(村上淳)が同行を申し出た。江戸を目指す3人は、盗人宿の叶屋(田口浩正)の元に立ち寄り、その後、根城として品川に船宿を開く。一方、赤目の甚三郎(成宮寛貴)も既に動きだしていた。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック