FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2015年春夏、昼ドラマ『明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~』

kage

2015/07/31 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★6月1日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜~金曜 午後1:25~午後1:55

 明日もきっと、おいしいご飯~銀のスプーン~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:小沢真理「銀のスプーン」(講談社Kiss連載)/脚本:森山あけみ/脚本:西井史子/演出:金子与志一/演出:島崎敏樹/プロデューサー:松本圭右/プロデューサー:西麻美/プロデューサー:原克子/プロデューサー:竹内絵唱

主題歌:高橋優「おかえり」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•早川律(高杉真宙)
早川家の長男で、国立大に通う大学1年生。容姿端麗・成績優秀な上に優しい性格で、あだ名は「王子」「プリンス」。母の恭子が入院したことをきっかけに、弟妹のために料理を作るように。やがて、自分が養子だと知り、実母に会いに行った先で弟である路加と出会う。

•早川恭子(富田靖子)
律の養母。若くして夫を事故で失ってから、3人の子供を女手ひとつで育ててきたが、がんが発覚し入院を余儀なくされる。養子の律にも、実子と変わらぬ愛情を注いできた。

•花山大輔(山田純大)
恭子の主治医。恭子や恭子の弟・圭介の幼なじみで、律たちとも仲が良い。恭子の亡き夫・大洋を尊敬している。律の養子縁組の事情もよく知っていて、恭子の良き相談相手。実は恭子に惚れている。

•雨宮真也(河井青葉)
律の実母で、クラブの雇われママ。15歳の時、同級生だった隆との子供である律を出産するも引き離された過去を持つ。26歳の時、既婚者となっていた隆と店で再会し交際するように。やがて路加が生まれるが、育児放棄状態。

•一柳隆(和田聰宏)
律の実父。真也のことを忘れられないでいるが、妻も捨てられない優柔不断な性格。

•鈴井みつ子(芳本美代子)
恭子の弟・圭介の妻で、律たちの叔母。学生の時に圭介との子・環を出産し、昔の自分の夢であるバレエの道で成功させようと教育ママに。腰を痛めてロンドン留学から帰国した環との距離感に悩んでいる。

•小川絹江(藤田弓子)
律のバイト先である洋食店「みさき」のママ。 言葉はきついが、面倒見のいい女性。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
高杉真宙が昼帯ドラマ初主演。人気コミックをドラマ化したハートフルな家族の物語!
小沢真理の人気コミックを原作にした、強くて優しいお母さんと血の繋がらない息子とのおいしくて、優しくて、あったかくて、笑顔になれる愛の物語。母親の入院から始まる主人公の奮闘、そして自らの出自をめぐる人間模様から、現代社会が忘れかけている家族の絆を描き出す。容姿端麗・成績優秀で優しい性格の主人公・早川律役を、昼帯ドラマ初出演にして初主演の高杉真宙。その育ての親で、深い愛情をもって律ら兄弟を育てる早川恭子役を、昼帯ドラマ初出演の富田靖子が演じる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【5月27日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
神奈川県のとある町で、大学生の早川律(高杉真宙)は、母親の恭子(富田靖子)、中学生の弟・調(前田旺志郎)、妹・奏(田附未衣愛)と穏やかに暮らしていた。しかし、恭子のがんの発覚と長期入院で生活は一変。母の病気と不在という事態に戸惑いながらも、律は弟妹のために、恭子の手料理レシピを頼りに母に代わって台所に立つようになる。次第に恭子の病状は快方に向かい、退院の日を迎えるが、時を同じくして、律は自分だけが血の繋がらない養子だったことを知る。やがて、実母の雨宮真也(河井青葉)の元を訪ね、自分の弟となる幼い幼児・路加(山口祐輝)と遭遇。真也が育児放棄気味なことに気付き、なんとか路加を救いたいと考える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月3日更新】
■ あらすじ(第1週 6/1~6/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大学生の律(高杉真宙)は、母・恭子(富田靖子)、弟・調(前田旺志郎)、妹・奏(田附未衣愛)の4人家族。父・大洋(川合俊一)は事故で他界していた。だが、いつも笑顔の恭子が作るオムライスで律たちは元気に育った。ある日、恭子ががんで入院。律は恭子の代わりに弟妹のため台所に立つ。一方、病室で恭子は古い書類に目をやる。それは律の養子縁組の書類。実は律と恭子に血のつながりはなく、律はその事実を知らなかった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月10日更新】
■ あらすじ(第2週 6/8~6/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
実母・真也(河井青葉)の家を訪ねた律(高杉真宙)は、自分の弟かもしれない路加(山口祐輝)と出会う。一人でいた路加はあまり食事を与えられていないようだ。恭子(富田靖子)は律の行動を知りながら、気付かないふりをする。真也の家を再訪した律は、真也と対面し、残酷な言葉を浴びせられる。傷つく律だが、路加が育児放棄に遭っていると確信し、彼を引き取ることを考える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月17日更新】
■ あらすじ(第3週 6/15~6/19 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
律(高杉真宙)は真也(河井青葉)から自分たちと関わらないよう言われるが、路加(山口祐輝)とは会うと宣言する。2人の様子に気付きながらもあえて追及しない恭子(富田靖子)に、律は胸の内を明かすようになる。程なく、真也が恭子を訪ねてくる。真也の話から、恭子はその複雑な事情を察する。路加の6歳の誕生日。律は誕生会に誘われ、祝いのケーキやプレゼントを持って家へ行くが、真也が外出したまま朝まで帰らない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月24日更新】
■ あらすじ(第4週 6/22~6/26 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
律(高杉真宙)らは早川家で路加(山口祐輝)を預かることにする。人懐こい路加は一家にすぐになじみ、律は安心する。そんな中、恭子(富田靖子)は真也(河井青葉)を訪ねる。彼女が路加を邪魔だと手放した真意を確かめようとするが、それは分からず、恭子は預かる条件として週に一度、早川家で昼食を取るよう言い渡す。一方、路加のことで力になってくれる環(岩田さゆり)に感謝する律だったが、彼女が抱える苦悩に気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月1日更新】
■ あらすじ(第5週 6/29~7/3 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
路加(山口祐輝)は昼食会に現れない真也(河井青葉)を待ち続けた。心を痛めた律(高杉真宙)は真也に、路加は自分たちが育てると宣言。路加のためにと懸命に尽くすが、体調を崩してしまう。休息を取る律に、みつ子(芳本美代子)は路加が真也宛てに書いた手紙を見せる。そこには路加の本心がつづられていた。一方、ある思いから、律との養子縁組を担当した関係者を訪ねた恭子(富田靖子)は、真也を苦しめている過去を知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月8日更新】
■ あらすじ(第6週 7/6~7/10 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
路加(山口祐輝)を連れ、川に身投げしようとした真也(河井青葉)を、律(高杉真宙)と恭子(富田靖子)が救う。過去のつらい思いを吐き出す真也を恭子は優しく受け止める。だが、律は自分が真也を追い詰めたのではないかと苦悩する。そんな中、恭子は律のアルバイト先へ行き、絹江(藤田弓子)を見て驚く。一方、優秀な律と自分を比べてしまう調(前田旺志郎)は、恭子に対し、律がいれば自分は早川家には必要ないと言ってしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月15日更新】
■ あらすじ(第7週 7/13~7/17 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
絹江(藤田弓子)が32年間、自分宛てに書きつづった手紙を読んだ恭子(富田靖子)は涙し、絹江を訪ねる。一方、真也(河井青葉)は、自分を虐待した実母が体調不良と知り、憎しみの中にも思慕に近い複雑な感情が生まれたことに戸惑う。そんな中、律(高杉真宙)は建築事務所でアルバイトの面接を受ける。事務所の経営者・隆(和田聰宏)は律が自分の息子だと気付き、息をのむ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月22日更新】
■ あらすじ(第8週 7/20~7/24 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
隆(和田聰宏)は律(高杉真宙)に、真也(河井青葉)との関係、律と路加(山口祐輝)の誕生について語る。真実を知り感情を整理できない律を恭子(富田靖子)が思いやる。そんな中、真也が隆に、路加を引き取ってほしいと申し出る。隆の妻・志穂(小野真弓)になら路加を任せられると思ったのだ。一方、律は自分の誕生日パーティーに真也と路加を招待。真也は出席を即答し、律は喜ぶ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月28日更新】
■ あらすじ(第8週 7/27~7/31 放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終週】
恭子(富田靖子)のがんが再発した。恭子は花山(山田純大)から手術を勧められるが、決断できない。律(高杉真宙)は志穂(小野真弓)を訪ね、彼女の路加(山口祐輝)への愛情を確認。安心して路加を託すことに。律の誕生日、調(前田旺志郎)らが準備したパーティーに真也(河井青葉)と路加も参加し、楽しい時を過ごす。その後、恭子は律たちに自分の体の状態を明かす。大丈夫とほほ笑む恭子に、律たちも不安を隠し笑顔で応える。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック