FC2ブログ
2019 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 02

2015年春、日曜ドラマ『日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 予告犯―THE PAIN―』

kage

2015/07/05 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★6月7日スタート 

WOWOWプライム 日曜 午後10:00~午後11:00

 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 『予告犯―THE PAIN―』

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:筒井哲也「予告犯」(集英社YJCジャンプ改)/脚本:林民夫/脚本:田中洋史/監督:中村義洋/監督:平林克理 /監督:佐和田惠

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•佐久間英司 (東山紀之)
謎の覆面集団・シンブンシのリーダー。ネット上で疑似裁判「公開裁判」の開廷予告動画を投稿している。その正体は西東京地裁刑事4部の裁判長。

•吉野絵里香(戸田恵梨香)
警視庁サイバー犯罪対策課室長。たび重なる一連のシンブンシ事件を追う刑事。独自の嗅覚で事件の真相を追究していく。

•水谷健(桐谷健太)
ウェブライター。痴漢事件で無実を主張するが有罪にされる。冤罪になったことから佐久間と出会い、自身の汚名をすすごうと決意する。

•沖菜啓子(市川実日子)
ある目的を共有し、佐久間と行動を共にしているシンブンシのメンバー。秘めた過去を抱えている。

•田淵勇蔵(橋本さとし)
佐久間と行動を共にするシンブンシのメンバー。寡黙だが豪腕。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
東山紀之が映画「予告犯」連動ドラマでWOWOW連続ドラマ初主演!
新聞紙の覆面マスクをかぶる謎の集団・シンブンシが、動画サイト上で疑似裁判を行ない、闇に葬られかけていた真実を暴こうとするクライム・サスペンス。6月6日公開の映画「予告犯」(生田斗真主演)と連動したドラマで、映画の約1年後を描いた同作では、原作者の漫画家・筒井哲也が監修したドラマオリジナルのストーリーが展開される。シンブンシのリーダーを演じるのは、WOWOWドラマ初出演にして初主演の東山紀之。桐谷健太、市川実日子、橋本さとしが脇を固めるほか、彼らを追う警視庁サイバー犯罪対策課の刑事を、映画版でも同役を務める戸田恵梨香が演じる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月3日更新】
■ あらすじ(第1話 6/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
痴漢で逮捕された水谷(桐谷健太)は、裁判で無実を主張するが有罪になる。そして「痴漢冤罪被害者の会」に足を運び、佐久間(東山紀之)と出会う。覆面集団‘シンブンシ’を率いる佐久間、メンバーの沖菜(市川実日子)、田淵(橋本さとし)は、水谷に動画サイト上で身の潔白をあらためて世に訴えるよう提案。「公開裁判」と称するネット上の疑似裁判に参加するよう促す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月10日更新】
■ あらすじ(第2話 6/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
シンブンシのリーダー・佐久間(東山紀之)の表の顔は現職の裁判官。しかも、非情な判決を下すことで有名だった。新人判事の新谷(森岡龍)には、多くを語らず黙々と証拠記録を読みふける佐久間が謎めいて見えた。一方、シンブンシは、次の「公開裁判」の‘被告人’に、NPO法人代表・河原(池田成志)を指名する。訴訟の内容は不正資金を得ているというものだったが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月17日更新】
■ あらすじ(第3話 6/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐久間(東山紀之)は、組織内のゆがみを訴える新人判事・新谷(森岡龍)にしゃくし定規な返答しかしない。だが、脳裏にはある法廷での一幕がよみがえっていた。「公開裁判」では、OL・樹理(朝倉あき)の万引事件を扱った予告動画が早くも反響を呼んでいた。一方、シンブンシの足取りがつかめない警視庁サイバー犯罪対策課には、室長の吉野(戸田恵梨香)が戻ってくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【6月24日更新】
■ あらすじ(第4話 6/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
佐久間(東山紀之)率いるシンブンシは、ストーカー殺人疑惑のある龍雄(郭智博)を拉致し、有罪となった場合はその生命をもって償わせると予告。過熱していく言動に、水谷(桐谷健太)だけは動揺を隠せない。一方、警視庁サイバー犯罪対策課では、公開裁判で使われているガベル(木づち)の線から、購入者を水谷と特定。しかし、吉野(戸田恵梨香)は水谷を泳がせておくことにする。そしてこれまでの被告人の家族に注目する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月1日更新】
■ あらすじ(第5話 7/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
インターネットで上で素顔をさらし、これまでの公開裁判の真相の目的を明かした佐久間(東山紀之)。すべては18年前の横浜母子殺害事件の公判の裏側で何が行われていたか、その事件の真相を語ることにあった。佐久間は、その裁判の判事を当時務めていた花山を因縁の場所へ呼び出す。龍雄の死刑判決を阻止しに駆け込んだ水谷、吉野らは、佐久間の告発を聞き、場所を移動してネット上で生配信を続ける佐久間のもとにたどり着こうとする。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック