FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

≪結婚の形はいろいろ、こんな結婚あり!?な映画3≫洋画:フォー・ウェディング

kage

2015/06/15 (Mon)

2015年6月のDVD特集!!
結婚映画1

6月といえばジューンブライド。

そこで今月は結婚式や花嫁を描いた作新をピックアップ

さまざまな結婚の描き方に注目しながらいろいろな結婚の形をお楽しみあれ。


物語:1/配役:4/演出:1/映像:1/音楽:1
総合評価 :★☆ 5点満点評価=1.6点
 フォー・ウェディング
FOUR WEDDINGS AND A FUNERAL   1994年10月8日公開

フォー・ウェディング [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012-06-22)
売り上げランキング: 88,110



★作品情報
製作国:イギリス
製作年:1994年
上映時間:118分 
監督: マイク・ニューウェル
配給:東宝東和

★出演
ヒュー・グラント
アンディ・マクダウェル
クリスティン・スコット・トーマス
サイモン・キャロウ
ジェームズ・フリート


★内容
ヒュー・グラント、アンディ・マクダウェル共演のロマンティック・コメディ。

ヒュー演じる32歳の青年チャールズは、独身貴族暮らしにもうんざりした様子だが、なかなかお相手を見つけることが出来ない。変わり者の友人達が続々と片づいていくのを、多少の焦りを感じつつ眺めていた。今日も花婿付き添い人の務めがあるのに寝坊、妹分の同居人スカーレットに叩き起こされ式場にかけ込む。そこで同じ遅刻組のアメリカ女性キャリーと鉢合わせ。美しく聡明な彼女にゾッコンの彼は、式の間中うわのそら。やがて強引なアタックが功を奏しベッドインまで持ち込んだが、婚約をほのめかす台詞を冗談と受け取った彼に、彼女は冷然と微笑んで立ち去る。それから彼女は富豪と婚約、結婚式のたびに顔を会わせる二人の関係はなんともこじれたものに……。



Arika報告書v

焦らせながらも引き込まれるラブ・ストーリー!

恋愛経験豊富の2人が最後にはどうなる?




婚式会場で、招待された男女が繰りなす恋愛事情。

主役のヒュー・グラントと恋愛関係があった女性が何人もが同じ結婚式パーティーに居るというすごい状況(どんだけ女好きなんだ?)。また、友人の結婚式に招待されていたアメリカ人女性キャリーに一目惚れをする。そして、その夜に結ばれる(早!)が、翌朝、彼女はアメリカへ帰ってバイバイ。そして1ヶ月後、また友人の結婚式でキャリーと再会。しかし、キャリーは結婚が決まったと言う(早!)、そしてその夜にまたベッドイン(尻軽だわw!)で、キャリーの結婚式にまで招待されちゃう。キャリーに思いを残しつつもあきらめる。、そして1年くらいして、ヒュー・グラントも元カノと結婚することになる。自分の結婚式に来てくれたキャリーの口から今度は離婚を知らされ(早!)、動揺して弟に相談。弟は、本当に好きな人と結婚しろと助言。で、誓いの言葉の場面で「他に好きな女性がいます」と言って、新婦にぶんなぐられ、結局、キャリーと結婚する・・・という話。

ウェディング・ストーリーといいながらも、この映画、場面は結婚式場がほとんど、あとはホテルの部屋。なので、いわゆるデートという恋愛を育んでいる場面は見られません。

キャリーと結婚するまでに、友人の結婚式で初めて会った時、2回目の友人の結婚式の時、偶然会ってキャリーのドレスを選ぶのに付き合った数十分の時、キャリーの結婚式、そして自分の結婚式にキャリーが来てくれた時と・・・・この2人、実質5回しか会っていません。しかも、その内の2回は互の結婚式の日・・・・これが運命の相手といえるのでしょうか?、日本人の私には理解し難い感覚です。

ちなみに、キャリーには33人の男性関係があるそうです(驚!)。

つまりヒュー・グラントは32番目、33番目が離婚した夫です。

そんな経験豊富な数を持った女性に感情移入ができないのは、私が保守的な日本人だからでしょうか?

最後にはみんなハッピーエンドになりましたけど、愛してもない女性と何故結婚しようとしたの?、それってひどすぎるでしょ!!という気持ちは多少残りましたし、結婚する筈だったアヒル顔(ヒロインと比べても、こちらのほうが相当綺麗)と呼ばれていた新婦に失礼過ぎって思っちゃいました。また、ちょいちょい挟んでくるユーモアも全然笑えませんし、誓いの言葉の場面で「他に好きな女性がいます」あんなスピーチされたらそりゃ花嫁だってキレるってものでしょ!?

今回のヒロイン事態に全然魅力を感じないのですが、ヒュー・グラントのダメダメぶりはさすがで、母性本能をくすぐらせたら右に出るものなしと評されていた俳優さんだけあって、コロッと惹かれる女心は理解できますが、それはあくまでも一夜限りのあやまちだからこそ、ロマンチックな記憶なのです。これがもしチャーミングな可愛い女優さんならもう少しは楽しめたかもしれませんがヒューが甘くて綺麗な顔なだけに、ヒロインが強そうで年齢がかなり上に見えてしまい魅力を感じませんでしたが、それでも作中で展開する4つの結婚式すべてが素晴らしい映画です。






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック