FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

(マンガ家を知るマンガ家マンガ…08)ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~/漫画:吉本浩二、原著: 宮崎 克 …うさタク

kage

2015/06/20 (Sat)

2015年6月後半のBOOK特集★
マンガ家2

ここ数年、マンガ家を主人公にした作品、“マンガ家マンガ”が増えている。

マンガ家の生き様や仕事ぶりが題材のマンガ家マンガは、アツい作品が多いと思います。

読むと舞台裏の様子がわかるようになるので、マンガを読む楽しさも増すはずです。

マンガ家を目指す人はもちろん、そうじゃない人も、マンガ家さん達のリアルを知ることで、マンガを読むのがもっと面白くなるはず。また、ほかに夢を持って生きてる人にもおすすめです。

そこで、今回はマンガ家たちが作品を完成させるために努力する姿や、挫折から立ち上がっていく様子から、勇気をもらえるマンガ家マンガ”をPick Up!


Arikaブック1a
①うろこ→②うさタク→③Arika→④うろこ→⑤うさタク→⑥Arikaと毎日一冊ずつ3人でバトン形式でリレーレビュー★



【おすすめ人:うさタク】

Arikaうさたくアイコン 手塚治虫の壮絶な仕事ぶりに驚かされる。
 ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~/漫画:吉本浩二、原著: 宮崎 克

ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~ (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)/秋田書店

¥700
Amazon.co.jp

「マンガの神様」と称される手塚治虫の代表作『ブラック・ジャック』が制作された当時の様子を、関係者の証言に基づいてマンガ化。

そのエピソードは数あるが、編集者の立場から見た神様は、決して神様ではない!!!

ウソばかりいって〆切を延ばしまくるウソ虫であったらしい。

編集者との戦いぶりは「神様の伴走者」という編集者へのインタビューという形式をとった本で十分堪能できるが、これは、それに絵がついたマンガ版と言えます。

手塚先生の想像以上の過酷なスケジュール、よく倒れずに仕事ができたもんだ・・・と驚かさせる。

なんたってスタッフは毎日21時間労働で休み無し、そして、手塚先生は1人休み無し。

神様の驚くべき仕事量とスピードを見せつけられれば、神様ですらこんなに頑張っているのに自分がもっと頑張らなくてはという気分にさせられてしまうという恐ろしさ。それが、またこの作品の絵柄にピッタリとガッツリとはまるのだ!!!


漫画、アニメの現場、手塚治虫のエピソードはなんとなく聞いていたように思っていたが、ブラックジャックの「話し合い」がこれほどに壮絶だったとは!!!

仕事はすべて受ける、ギリギリなのに気に入らなければ描き直す等ここまでの異常な拘りが数々の名作を沢山生み出したのだろう・・・・すごすぎる…すごすぎる…手塚治虫氏。

今更ながら「天才」と言われる理由があらためてわかった!!!

もし今も生きていたらどんな作品を描いたのだろうか・・・・・。



----------------------------------------------------------------------------------------
著者について
----------------------------------------------------------------------------------------

吉本浩二(よしもと こうじ)

漫画家。富山県出身。埼玉在住。

日本福祉大学卒業。

代表作は『ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜』『昭和の中坊』。

2011年、手塚治虫の評伝漫画『ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜』が『このマンガがすごい!』2012年版オトコ編1位に選ばれた。



宮崎 まさる(みやざき まさる)

漫画原作者。

宮崎まさる、鐘田正太郎、金田正太郎、宮崎二郎、写楽麿、宮崎博文、宮崎克(まさる)、観月昴のペンネームも持つ。

内容はミステリーを得意とし、時代劇やドキュメンタリー等、幅広いジャンルを執筆している。「ブラック・ジャック創作秘話〜手塚治虫の仕事場から〜」で「このマンガがすごい!2012」オトコ編1位に選ばれる。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック