FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2015年夏、土曜ドラマ『ど根性ガエル』

kage

2015/09/19 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★7月11日スタート 

日本テレビ系 毎週土曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

 ど根性ガエル

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:吉沢やすみ「ど根性ガエル」(集英社)/脚本:岡田惠和/演出:菅原伸太郎/演出:狩山俊輔/プロデューサー:伊藤響/プロデューサー:河野英裕/プロデューサー:大倉寛子

主題歌:ザ・クロマニヨンズ「エルビス(仮)」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•ひろし(松山ケンイチ)
かつてはピョン吉と一緒にど根性で人生を乗り切っていたが、30歳を迎えた今では定職にも就かずにぶらぶらしているダメ男。ピョン吉と京子ちゃんのある変化をきっかけに、人生をやり直そうと決意する。

•ピョン吉(満島ひかり/声の出演)
16年前、慌てん坊の中学生だったひろしが転んだ時につぶされて彼のシャツに張り付き、“平面ガエル”として生きていくことになったガマガエル。持ち前のど根性で何事にもぶつかっていき、ひろしをサポートする。

•京子ちゃん(前田敦子)
ひろしの中学校時代の同級生で、彼の永遠のマドンナ。離婚して生まれ育った町に戻ってきたが、つらい経験を経た影響からか、優しかったかつての面影はなく、冷たく、ドライな女性になっていた。

•五郎(勝地涼)
中学校時代からひろしを慕っている一つ下の後輩。持ち前の男気で今では立派な警察官となり、暇さえあればひろしの世話を焼いている。

•ゴリライモ(新井浩文)
ひろしの中学校時代の同級生で、かつてのガキ大将。今ではパン工場の若社長を務めている。ことあるごとにひろしと対立するが根は優しい。

•ひろしの母ちゃん(薬師丸ひろ子)
女手一つで、ひろしとピョン吉を育ててきた気丈夫で優しい母。ゴリライモのパン工場で働いており、実は一番のど根性の人。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
「ど根性ガエル」が初の実写ドラマ化! 松山ケンイチが三十路のひろしを熱演!
1970年代に一世を風靡した人気漫画「ど根性ガエル」を初めて実写化。主人公のひろし役を松山ケンイチが演じる。脚本はNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」、「最後から二番目の恋」(フジテレビ系)などを手掛けた岡田惠和が務め、ひろしがピョン吉と出合ってから16年後を舞台にしたオリジナルストーリーを展開する。三十路を迎えたものの、うだつの上がらない毎日を送っていたひろしが、ピョン吉(声・満島ひかり)のある異変をきっかけに人生をやり直すほか、離婚して出戻ってきたヒロイン・京子ちゃん(前田敦子)との恋愛模様や、ピョン吉の正体も描かれる。




----------------------------------------------------------------------------------------
【7月8日更新】
■ あらすじ(第1話 7/11放送 ※午後9:00~午後10:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
ひろし(松山ケンイチ)のシャツにカエルのピョン吉(声=満島ひかり)が張り付いて16年。30歳になっても定職にもつかず、自堕落な日々を送るひろしは、何かと「根性」を口にするピョン吉が疎ましくなり、シャツを着なくなっていた。そんなある日、ひろしは元マドンナの京子ちゃん(前田敦子)が離婚して町に戻ってきたと知り、歓迎会を企画。一方、ひろしの母ちゃん(薬師丸ひろ子)は、ハンガーにつるされたピョン吉の異変に気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月15日更新】
■ あらすじ(第2話 7/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
朝、母ちゃん(薬師丸ひろ子)とピョン吉(声=満島ひかり)から小言を並べられ、けんかになったひろし(松山ケンイチ)は、朝食も取らずに家を飛び出す。行く当ても金もないひろしは、中学校で町田校長(でんでん)に給食をごちそうになる。さらにひろしは、ゴリライモ(新井浩文)から移動販売用のパンを満載した車を奪い、そのまま旅に出る。母ちゃんからシャツを借りた京子ちゃん(前田敦子)は、ひろしを連れ戻すためピョン吉と後を追う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月22日更新】
■ あらすじ(第3話 7/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
早朝、ひろし(松山ケンイチ)はゴリライモ(新井浩文)のパン工場に忍び込もうとして捕まってしまう。ひろしがいないことに気付いたピョン吉(声=満島ひかり)は、嫌な予感がして母ちゃん(薬師丸ひろ子)を起こす。前日から工場で働き始めたひろしは、何とか刑事の誤解を解いて解放されるが、自分が何のために働いているのか分からなくなってしまう。そんなひろしを心配したピョン吉は、皆を集め、就職祝いのパーティーを開く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月28日更新】
■ あらすじ(第4話 8/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
花火大会が近づいたある日。ひろし(松山ケンイチ)は、京子ちゃん(前田敦子)と暗闇の中でキスするのに邪魔だからピョン吉(声=満島ひかり)は連れて行けないと言い出し、ピョン吉や母ちゃん(薬師丸ひろ子)をあきれさせる。そんな中、ひろしはひったくり犯にサングラスを奪われてしまう。ピョン吉が取り返すが、サングラスは壊れていた。ひろしはすっかり元気をなくしてしまい、その変貌ぶりに、京子ちゃんたちは首をかしげる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月5日更新】
■ あらすじ(第5話 8/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
朝、嫌々出社したひろし(松山ケンイチ)は、朝礼で一日社長に任命される。ゴリライモ(新井浩文)によると、会社の創立記念日は毎年、新入社員が一日社長を務めるという。大喜びのひろしだが、社長の椅子に座ってみると何をすればよいのか分からない。そんな中、ひろしは飛び込んできた大口注文を引き受ける。同じころ、非番の五郎(勝地涼)は、母ちゃん(薬師丸ひろ子)から預かったピョン吉(声=満島ひかり)の異変に気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月12日更新】
■ あらすじ(第6話 8/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
町内で見つかった不発弾を処理する日、立ち入り禁止区域に住む京子ちゃん(前田敦子)たちがひろし(松山ケンイチ)の家に集まる。おばあちゃん(白石加代子)から空襲の話を聞き、不発弾を見たいと願うピョン吉(声=満島ひかり)はひろしに頼み、たこになって空から処理現場に近づく。京子ちゃんは、不発弾に自分の運命を重ねるピョン吉に違和感を抱く。ひろしは、糸が切れてピョン吉がどこかに飛ばされてしまったことに気付き、慌てる。

※8月22日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月26日更新】
■ あらすじ(第7話 8/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
ピョン吉(声=満島ひかり)の異変に気付いたひろし(松山ケンイチ)はうろたえる。町中の人がピョン吉の回復を願い、応援してくれる。選挙中のゴリライモ(新井浩文)は、そんなピョン吉の人気にあやかりたい。富士山麓に不老長寿の神様としてカエルを祭った神社があることを知ったひろしは、その神社にピョン吉を連れてお参りに行きたいが、金がない。商店街の福引の賞品が富士山への温泉旅行だと知ったひろしは勝負に出るが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月2日更新】
■ あらすじ(第8話 9/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
選挙の投票日前日、ゴリライモ(新井浩文)はひろし(松山ケンイチ)に、京子ちゃん(前田敦子)へのプロポーズを宣言。当選したら結婚してほしいと告げるという。ゴリライモを応援する気がなくなったひろしだが、選挙事務所でピョン吉(声=満島ひかり)と漫才をする約束をしてしまっていた。せめて京子ちゃんの前でいいところを見せようと、ひろしはピョン吉と舞台に立つ。翌日、投票所に向かったひろしは、投票用紙を前に悩み抜く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月9日更新】
■ あらすじ(第9話 9/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
秋祭りに神社で行われる「福男福女レース」に出場するひろし(松山ケンイチ)は、10連覇中のゴリライモ(新井浩文)を打倒すべくあれこれと考えをめぐらせていた。一方で、ひろしがピョン吉(声=満島ひかり)を喜ばせたくて応募したパン工場の新作商品のアイデアが採用され、「ピョン吉パン」の試作が始まる。同じころ、ピョン吉はレースを応援するため、町田校長(でんでん)に頼んで、中学校のブラスバンド部と練習に取り組む。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月16日更新】
■ あらすじ(第10話 9/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
ピョン吉(声=満島ひかり)が消えてしまった。しかし、ひろし(松山ケンイチ)はみんなに気を使われるのが嫌で、平静を装う。同じころ、町内では少しだけ食べ物を盗む窃盗事件が多発し、五郎(勝地涼)が住人たちに注意を呼び掛けていた。一方、母ちゃん(薬師丸ひろ子)から、ピョン吉と思われる黄色いカエルを見掛けたと聞いた京子ちゃん(前田敦子)は、あることを思い付き、ゴリライモ(新井浩文)と五郎に相談。京子ちゃんに呼び出されたひろしは、待ち合わせ場所に向かう途中、自分とそっくりな顔をした男性に出会う。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック