FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2015夏期☆金曜日にドラマ化された原作&コミック「還暦探偵/民王/一路」

kage

2015/07/31 (Fri)

Arikaひつじ


2015年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
■2015夏期☆金曜日にドラマ化された原作&コミック

【7月17日(金)更新】
・還暦探偵/藤田宜永

【7月24日(金)】
・民王/池井戸潤

【7月31日(金)】
・一路/浅田次郎


ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!

【7月17日(金)更新】
 「還暦探偵」「通夜の情事」/藤田宜永

還暦探偵/新潮社

¥1,620
Amazon.co.jp

通夜の情事 (新潮文庫)/新潮社

¥562
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:金曜8時のドラマ「僕らプレイボーイズ 熟年探偵社」

7月17日スタート テレビ東京系 毎週金曜 午後7:58~午後8:54

■原作/原案…原案:藤田宜永「還暦探偵」(新潮文庫『通夜の情事』所収)

■スタッフ
脚本:吉本昌弘/監督:鈴木浩介/プロデューサー:中川順平/プロデューサー:志村彰/プロデューサー:高石明彦

■主題歌:ウルフルズ「ロッキン50肩ブギウギックリ腰」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
岩瀬厚一郎(高橋克実)
「プレイボーイズ探偵社」の新人探偵。長年家電メーカーの営業職だったが、突如リストラされてしまい転職。入り婿で、妻と姑との3人暮らしだが、2人に頭が上がらない。家のローンも10年以上残っているため、リストラされたことを2人に言い出せずにいる。

由井虎次(石田純一)
「プレイボーイズ探偵社」の探偵。元クレー射撃の選手で、モスクワ五輪の代表にも選ばれたが、同大会を日本がボイコットしたため五輪には出場していない。抜群の動体視力を誇り、走る車のナンバーを読み取ることができる。女性の扱いが得意で、かなりのプレイボーイ。

岩瀬奈月(水野真紀)
厚一郎の妻。年下だが、夫を尻に敷く鬼嫁的な一面も。母親ともども、かなりの浪費家で、多額のローンを抱えている。

岩瀬佳世(冨士眞奈美)
奈月の母。一人娘である奈月は目に入れても痛くない存在で、愛情を注いでいる。その一方で、厚一郎には手厳しい。

磯貝美由紀(中村静香)
「プレイボーイズ探偵社」の経理兼事務員。表向きはセクシーでかわいいが、探偵たちに鋭い突っ込みを入れて場を凍りつかせることもある毒舌家。

田浦要(笹野高史)
「プレイボーイズ探偵社」の探偵。探偵業の傍ら、タクシー運転手もしている。東京都内の道に詳しく、初めて訪れた場所でも大体の方向は把握できる。緊急時には人が変わり、レーサーのように爆走する。

堀切保(角野卓造)
「プレイボーイズ探偵社」の探偵。かつては開業医だったが、年寄りばかりの相手をすることに嫌気が差し、所長である土屋の人柄にほれたこともあり、探偵に転職。理系でありながら人情家だが、理屈っぽく、すぐにうんちくをたれるのが悪いくせ。

土屋元禄(伊東四朗)
「プレイボーイズ探偵社」所長。かつては警視庁捜査一課の鬼警部だったが、警察の体制を憂いて退職し、中高年の事件は中高年の探偵だからこその解決方法があると考え、同事務所を設立。刑事時代に培った洞察力で、さまざまな事案を解決してきた。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…高橋克実主演の“中高年の、中高年による、中高年のため”の探偵ドラマ!
----------------------------------------------------------------------------------------
高橋克実主演の異色ミステリー。藤田宜永の「還暦探偵」を原案に、“中高年の、中高年による、中高年のため”の探偵ドラマが展開する。高橋が演じるのは、メンバーが全員、55歳以上という「プレイボーイズ探偵社」に所属する元サラリーマンの探偵・岩瀬厚一郎。彼を取り巻く探偵の配役もいぶし銀ぞろいで、五輪代表経験のある由井虎次を石田純一、タクシー運転手との二足のわらじを履く田浦要を笹野高史、内科医を引退した堀切保を角野卓造が演じ、彼らをまとめる探偵社の所長・土屋元禄に伊東四朗が扮する。正真正銘の“熟年探偵たち”がどんな熱いドラマをつむぐのかに注目。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
もう、黙ってられないっ。あなたたちの常識は、世間の非常識よ!
Arikaアイコン(小)1還暦が腐れ縁を復活させ、かつてのマドンナを居酒屋に誘い出した二人組。杯を重ねるうち、マドンナは切り出した。「ねぇ、探偵を引き受けてくれないかしら」驚きが同情に変わり、ついでに好奇心が頭をもたげてくる。人生の表舞台から降りるには俺たちまだまだ早すぎる…。 著者の作品は徹底して50歳代から60歳代の喜怒哀楽であり、団塊の世代前後の目線と等身大を描いている。まず『還暦探偵』を読んで、は?誰も探偵じゃないんだけど…と思ったら最後(6話)だけかいってびっくりした。「還暦探偵」は元同級生の旦那の浮気調査を受けるが、その実情は…?。「通夜の情事」は歳が言ってからの行きずり(同級生引き合わせ)を描いている。るまりは還暦間近のおやじたちの全6話の短編集。いくつになってもやっぱり恋愛はしたいみたいです(笑) いささか出来過ぎの感じもするが個人的には「通夜の情事」が印象に残った。第二の人生、黄昏時の還暦、新たな恋、配偶者とは別の異性、会社でも家庭でも身の置きどころがなく、肉体の老いを自覚しながらも、気持ちはまだまだ若く自分はまだまだすべてに現役と信じたい60歳前後、微妙なお年頃なのだろう。著書が還暦を迎える男を主人公にした男の目線での「ありそうな、あったらいいかな」という6話なので、自分がその歳になって初めてわかるんだろうけど、読後、還暦まだまだ先の女の私は正直、こんな色気ついた黄昏時の還暦は迎えないだろうと思いつつ、若く保つためには男も女も色気はいつまでも必要なのだろう。




【7月24日(金)更新】
 民王/池井戸潤

民王/ポプラ社

¥1,620
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「民王」

7月24日スタート テレビ朝日系 毎週金曜 午後11:15~深夜0:15

■原作/原案…原作:池井戸潤「民王」(文春文庫)

■スタッフ
脚本:西荻弓絵/監督:木村ひさし/監督:本橋圭太/プロデューサー:大川武宏/プロデューサー:飯田爽/プロデューサー:菊池誠/プロデューサー:神山明子

■主題歌:miwa「ストレスフリー」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
武藤泰山(遠藤憲一)
内閣総理大臣。長年の政治闘争の末、ようやく最高権力者の座を手にした。翔と心と体が入れ替わった後は仕方なく就職活動を開始するが、偉そうな面接官を次々と論破し、ことごとく面接で失敗してしまう。一方、大学生の目線から社会を見直したことで、日本を良くしたいという純粋な志を取り戻し、次第に真の“民王”となっていく。

武藤翔(菅田将暉)
泰山の息子で、今はやりの“女子力男子”。通っている大学では勉強もせず、家にも寄り付かなかったが、泰山と入れ替わった後に、泰山が社会のことも考えていたと分かる。総理大臣として国会に通い始めた当初は、答弁がボロボロで国民からひんしゅくを買うが、やがてストレートな物言いに共感が高まり、支持率も上がっていく。

南真衣(本仮屋ユイカ)
大学卒業後、職業紹介会社を立ち上げた若社長。大学近くの定食屋「キッチン・やみくも」は、亡き母の親戚が経営しており、頻繁に出入りしている。総理になった翔のモチベーションを上げたいという狩屋と貝原の思惑により、総理の秘書見習いとして働くことに。泰山と入れ替わった翔が妙に男っぽい性格に変わったことで、あろうことか泰山の心の翔に惹かれていく。

村野エリカ(知英)
翔の同級生。先輩である真衣のことを尊敬し、慕う一方、学力の低い翔のことを馬鹿にし、よく挑発的な言葉を浴びせている。親が離婚し、母親の姓を名乗っているため周囲は分かっていないが、実は泰山の政敵・蔵本の娘。ある日、体にある異変が起き、翔と協力関係を結ばざるを得なくなる。

貝原茂平(高橋一生)
泰山の公設第一秘書。性格は真面目一辺倒で、超優秀な総理のサポーターでもある。何事にもクールに分析しては、鋭く突っ込むのが特徴。泰山と翔の入れ替わり後、総理の答弁原稿を作り、翔を支えるため奮闘する。お酒を飲むと溜め込んでいたストレスが爆発して豹変するが、それも周囲に隠している。

狩屋孝司(金田明夫)
内閣官房長官。泰山の盟友で、女房的存在。情に厚く、泰山になった翔を懸命にフォローするが、女好きが災いしてあるトラブルを起こし、窮地に追い込まれる。

蔵本志郎(草刈正雄)
憲民党の党首で、泰山の長年の政敵。若いころからダンディで女性から人気があり、泰山もそのことを意識している。ネチネチとしつこい代表質問を繰り広げ、前総理を精神的に追い込んだ過去がある。今でも政権交代を狙っており、泰山にさまざまな言い掛かりを付けてくる。

城山和彦(西田敏行)
民政党の副総裁。泰山が所属する城山派のボスで、政界のドン的存在。柔和な笑顔の裏で、何を考えているのか分からないところがある。泰山を総理に押し上げた張本人。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…“入れ替わり系”政治エンターテインメントで遠藤憲一と菅田将暉がダブル主演!
----------------------------------------------------------------------------------------
遠藤憲一と菅田将暉がダブル主演を務める政治エンターテインメントドラマ。池井戸潤の小説を基に、総理大臣と息子の心と体が入れ替わったことから起きる騒動と奇跡を描く。遠藤が扮するのは、現職の総理大臣・武藤泰山。菅田は、彼の息子でちょっとおバカな大学生・翔を演じる。こわもての遠藤が今時の“女子力男子”の軟弱な内面を、注目の若手俳優・菅田が最高権力者の迫力と知性をどう体現するかが大きな見どころ。また、本仮屋ユイカ、知英、高橋一生、金田明夫、峯村リエ、山内圭哉、原金太郎、池谷のぶえ、六角精児、草刈正雄、西田敏行ら多彩なキャストが脇を固める。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
コミカルなやり取りの中から本当に大切なもの〝正義〟を知らしめていく政治エンタメ!
Arikaアイコン(小)1夢かうつつか、新手のテロか? 総理と息子の非常事態が発生――。 「お前ら、そんな仕事して恥ずかしいと思わないのか。目をさましやがれ!」漢字の読めない政治家、酔っぱらい大臣、揚げ足取りのマスコミ、バカ大学生が入り乱れ、巨大な陰謀をめぐる痛快劇の幕が切って落とされた。総理の父とドラ息子が見つけた真実のカケラとは!? 謎が謎をよぶ、痛快政治エンタメ!が本作です。 本作の見どころは、体の入れ替わり!それが首相とバカ息子。ライバルの政治家と娘なども同じく入れ替わり。歯の治療で脳波を変えるとか、筋書が奇想天外だが、政治家の原点に立ち返るというテーマでは面白い視点だと思う。 池井戸潤さんは好きな作家の一人だが、これほどコメディ・テイストな作品は初めて読んだ。「ふりがなふっとけよ!」に笑いながら、現実でも政治家のくだらないスキャンダルに大騒ぎし、すぐに責任問題にしてしまうマスコミを利用する政治家…いるいる。ってかほぼそれ! 「だいたいお前ら、なんのために国会議員やってんだよ」バカ息子もなかなか言うね!コミカルなやり取りの中から本当に大切なもの〝正義〟を知らしめていく。批判することの上辺だけの格好良さに肘鉄を食らわせ、形式に囚われない破天荒さに真実を引き立てる。世のため人のために信念を持って全身全霊を傾けることの素晴らしさは、どんな世界においても至上の輝きをもって存在し、形有るモノに変える力を与える。その最たるものが政治ではないだろうかと思う。さて、ドラマでは強者の役者たちがどんな風に大真面目にコメディ・テイストで演じてくれるのか楽しみだよね!





【7月31日(金)更新】
 一路/浅田次郎

一路(上) (中公文庫)/中央公論新社

¥691
Amazon.co.jp

一路(下) (中公文庫)/中央公論新社

¥691
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:BS時代劇 「一路」

7月31日スタート NHK BSプレミアム 毎週金曜 午後8:00~午後8:45

■原作/原案…原作:浅田次郎「一路」(中央公論新社)

■スタッフ
脚本:渡邉睦月/演出:石原興/演出:服部大二/演出:井上昌典/制作統括:齋藤寛之/制作統括:吉永証/制作統括:原林麻奈

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
小野寺一路(永山絢斗)
父・弥九郎が失火により焼死したために、蒔坂家の道中御供頭として参勤行列の差配を任される。

蒔坂左京大夫(渡辺大)
西美濃の旗本・蒔坂家当主。一路に、切腹の代わりに蒔坂家道中御供頭としての役目を授ける。

すず(ミムラ)
左京大夫の正室。息子と一緒に江戸に住んでいる。

国分七左衛門(石黒賢)
蒔坂家勘定役。一路の許嫁・薫の父親。一路の父・弥九郎とは幼なじみで、一路を支える。

蒔坂将監(佐野史郎)
左京大夫の叔父で、蒔見家後見役。お家乗っ取りの機会をうかがっている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…浅田次郎原作の時代小説を、永山絢斗主演でドラマ化!
----------------------------------------------------------------------------------------
時代小説の名手・浅田次郎の小説を原作に、永山絢斗主演で連続ドラマ化するロードムービー時代劇。突如、参勤行列の差配を任された19歳の青年・小野寺一路を主人公に、お家乗っ取りの謀略と道中のトラブルを乗り越えながら、父が命懸けで守った参勤交代を記した先祖伝来の「行軍録」を頼りに、たった12日間で江戸を目指すさまを描く。永山のほか、渡辺大、ミムラ、藤本隆宏、梶原善、松浦雅、忍成修吾、矢島健一、上條恒彦、石黒賢、佐野史郎らが脇を固める。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
江戸版ドンキホーテ、登場人物がみんな憎めないし、本当に歴史コメディ小説!
Arikaアイコン(小)1小野寺一路、19歳。父の不虜の死を受け、御供頭を継いだ若者は、家伝の「行軍録」を唯一の手がかりに、江戸への参勤行列を差配する。いざ、江戸見参の道中へ―。 読み始めは、時代もの独特の言い回しとか漢字が多めだからちょっと読みづらいなぁと思ったけれど、あら、意外と面白い!ってなる。でも本当に細かな描写や人間関係を追っていけば時代ものだと気にせずスイスイ読み進めらていけます。本作の見どころは個性豊かな登場人物のキャラと会話が軽妙洒脱で、特に馬同士の会話が最高に面白い!20人近い登場人物が一人一人がキャラ立ちして渦巻く陰謀の中で若き殿一路を盛り立て陰から支えていく。上巻で、自分が仕切っていたと思っていたら、本当は80人のみんなに助けられてたって一路が知ったところではホロり涙が出た。浅田ワールドは時代小説特有の用語など、難しい文章なのにゆるくて読みやすい、そしてホロリ泣かされるのも旨い。また装画もいい。「絵巻物のごとき絢爛たる供揃えがいにしえの姿そのままに、御殿様を待っていた」この行軍の豪華絢爛な光景がありありと目に浮かび、御殿様と一緒に私の胸も高鳴り興奮した。 読む際は上・下巻をまとめ購入後に一気に読むのがおすすめです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック