FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

砂の上のあなた /白石一文

kage

2015/07/24 (Fri)

初夏に仕掛けたい爽快文庫

「初夏」にお薦めしたい爽快溢れる文庫を毎日一冊ずつご紹介。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


 砂の上のあなた /白石一文

砂の上のあなた (新潮文庫)/新潮社

¥680
Amazon.co.jp



予測不能の大胆な展開。

物凄いところまで持っていかれる!


Arikaアイコン(小)1石一文さんは個人的に注目している作家さんです。

彼の文庫『ほかならぬ人へ』の中で印象に残っている文章がある。

p111「宇津木、生きてたらいろいろあるよ。〜毎回自分に裏切られながら生きていくしかないんだよ」

p260「結婚なんてのは、とりあえずいまの自分で◯と思ってるときにするもんだ。」

生きるってほんとに一筋縄ではいかない。

でも何が自分にとって良い選択なのか、そもそも良い選択って何なのか?

自分の人生や結婚のことを色々考えながら、『ほかならぬ人へ』を昔読んだ記憶があります。

ほかならぬ人へ (祥伝社文庫)/祥伝社

¥669
Amazon.co.jp

著者は常に自分の中に「人間って何だ?」という思いがあるようで、新作を出し度にその答えが更新されるようなところがあります。

本来私は、作家が主義主張を込めた作品は好きではありませんが、白石さんだけは別です。

いつかは本物の答えを出してくれるんじゃないだろうかと思っているので目が離せません。

白石一文さんは、いつかやってくれる人です。

「予測不能の大胆な展開。物凄いところまで持っていかれる」そんな感想を持った本作でした。

是非一読を。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック