FC2ブログ
2018 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 12

2015年夏、金曜ドラマ『民王』

kage

2015/09/18 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★7月24日スタート 
テレビ朝日系 毎週金曜 午後11:15~深夜0:15

 民王

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:池井戸潤「民王」(文春文庫)/脚本:西荻弓絵/監督:木村ひさし/監督:本橋圭太/プロデューサー:大川武宏/プロデューサー:飯田爽/プロデューサー:菊池誠/プロデューサー:神山明子

主題歌:miwa「ストレスフリー」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•武藤泰山(遠藤憲一)
内閣総理大臣。長年の政治闘争の末、ようやく最高権力者の座を手にした。翔と心と体が入れ替わった後は仕方なく就職活動を開始するが、偉そうな面接官を次々と論破し、ことごとく面接で失敗してしまう。一方、大学生の目線から社会を見直したことで、日本を良くしたいという純粋な志を取り戻し、次第に真の“民王”となっていく。

•武藤翔(菅田将暉)
泰山の息子で、今はやりの“女子力男子”。通っている大学では勉強もせず、家にも寄り付かなかったが、泰山と入れ替わった後に、泰山が社会のことも考えていたと分かる。総理大臣として国会に通い始めた当初は、答弁がボロボロで国民からひんしゅくを買うが、やがてストレートな物言いに共感が高まり、支持率も上がっていく。

•南真衣(本仮屋ユイカ)
大学卒業後、職業紹介会社を立ち上げた若社長。大学近くの定食屋「キッチン・やみくも」は、亡き母の親戚が経営しており、頻繁に出入りしている。総理になった翔のモチベーションを上げたいという狩屋と貝原の思惑により、総理の秘書見習いとして働くことに。泰山と入れ替わった翔が妙に男っぽい性格に変わったことで、あろうことか泰山の心の翔に惹かれていく。

•村野エリカ(知英)
翔の同級生。先輩である真衣のことを尊敬し、慕う一方、学力の低い翔のことを馬鹿にし、よく挑発的な言葉を浴びせている。親が離婚し、母親の姓を名乗っているため周囲は分かっていないが、実は泰山の政敵・蔵本の娘。ある日、体にある異変が起き、翔と協力関係を結ばざるを得なくなる。

•貝原茂平(高橋一生)
泰山の公設第一秘書。性格は真面目一辺倒で、超優秀な総理のサポーターでもある。何事にもクールに分析しては、鋭く突っ込むのが特徴。泰山と翔の入れ替わり後、総理の答弁原稿を作り、翔を支えるため奮闘する。お酒を飲むと溜め込んでいたストレスが爆発して豹変するが、それも周囲に隠している。

・狩屋孝司(金田明夫)
内閣官房長官。泰山の盟友で、女房的存在。情に厚く、泰山になった翔を懸命にフォローするが、女好きが災いしてあるトラブルを起こし、窮地に追い込まれる。

•蔵本志郎(草刈正雄)
憲民党の党首で、泰山の長年の政敵。若いころからダンディで女性から人気があり、泰山もそのことを意識している。ネチネチとしつこい代表質問を繰り広げ、前総理を精神的に追い込んだ過去がある。今でも政権交代を狙っており、泰山にさまざまな言い掛かりを付けてくる。

•城山和彦(西田敏行)
民政党の副総裁。泰山が所属する城山派のボスで、政界のドン的存在。柔和な笑顔の裏で、何を考えているのか分からないところがある。泰山を総理に押し上げた張本人。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
“入れ替わり系”政治エンターテインメントで遠藤憲一と菅田将暉がダブル主演
遠藤憲一と菅田将暉がダブル主演を務める政治エンターテインメントドラマ。池井戸潤の小説を基に、総理大臣と息子の心と体が入れ替わったことから起きる騒動と奇跡を描く。遠藤が扮するのは、現職の総理大臣・武藤泰山。菅田は、彼の息子でちょっとおバカな大学生・翔を演じる。こわもての遠藤が今時の“女子力男子”の軟弱な内面を、注目の若手俳優・菅田が最高権力者の迫力と知性をどう体現するかが大きな見どころ。また、本仮屋ユイカ、知英、高橋一生、金田明夫、峯村リエ、山内圭哉、原金太郎、池谷のぶえ、六角精児、草刈正雄、西田敏行ら多彩なキャストが脇を固める。





----------------------------------------------------------------------------------------
【7月22日更新】
■ あらすじ(第1話 7/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
泰山(遠藤憲一)は民政党のドン・城山(西田敏行)の力を借り、総理大臣に就任。不祥事を恐れ、アルバイト先の飲食店に住み込む道楽息子の翔(菅田将暉)を連れ戻そうとするが、失敗する。そんな中、経済産業大臣が失言し、泰山は国会で政敵・蔵本(草刈正雄)から任命責任を問われることに。そのころ、翔の雇い主の元には借金取りが現れた。それぞれ窮地に立たされた泰山と翔だが、次の瞬間、互いの体が入れ替わって…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【7月28日更新】
■ あらすじ(第2話 7/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
泰山(遠藤憲一)の容姿の翔は、国会の予算委員会で漢字を散々読み違え、失笑を買う。しかも、翌日には某国大統領ガードナー(アナトーリ)の来日を控えていた。見た目が翔(菅田将暉)の泰山はレアメタルの一種‘ボンジョビウム’輸入の公約を首脳会談で取り付けて一発逆転を狙おうと考え、翔におもてなしを成功させるよう言い渡す。ところが、翔は初対面のあいさつで失敗し、銀座の寿司店で最後のチャンスに挑むが…。

※8月7日の放送はお休みです。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月12日更新】
■ あらすじ(第3話 8/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
泰山(遠藤憲一)と翔(菅田将暉)の入れ替わりの原因が判明するが、首謀者は分からず、対処法もない。そこに、テレビ局から憲民党の蔵本(草刈正雄)との党首討論の依頼が入る。今回の陰謀が蔵本によるものだと確信した泰山は、逆に一泡吹かせ、一気に支持率アップを図ろうと意気込む。一方、翔はその生番組に出演する代わり、授業に出てくれと泰山に要求。翔を装い大学に行った泰山は、エリカ(知英)から誕生会に招かれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月19日更新】
■ あらすじ(第4話 8/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
翔の容姿の泰山(遠藤憲一)は、蔵本(草刈正雄)の秘密を知って腰を抜かす。政敵である2人だが、今回ばかりは情報を共有しようという意見で一致。一方、真衣(本仮屋ユイカ)の職業紹介会社を通したシングルマザーが急に解雇を言い渡された。総理のふりを続ける翔(菅田将暉)に促され、交渉に同席した泰山は、先方の言い分を認めて真衣に絶交されてしまう。そんな中、官房長官・狩屋(金田明夫)の女性スキャンダルが露見する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月26日更新】
■ あらすじ(第5話 8/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
泰山(遠藤憲一)と翔(菅田将暉)に脳波を入れ替えるチップを埋め込んだ歯科医が、フリースクール理事長・黒川(池田鉄洋)に接触したとの情報が入った。翔は以前ボランティアで、真衣(本仮屋ユイカ)と同校を訪ねていた。折しも、黒川が総理に視察を申し込み、緊張が走る。相手を探るため、翔の姿をした泰山は視察に同意。総理を装う翔は、スポンサー企業の経営悪化による援助打ち切りで閉校が決まったと聞かされ、心を痛める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月2日更新】
■ あらすじ(第6話 9/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
泰山(遠藤憲一)をバッシングする情報がインターネット上で拡散し、‘脳波ジャック’との関連性が浮上。難局を乗り越えるべく、官房長官の狩屋(金田明夫)は緊急記者会見を開き、泰山のふりをする翔(菅田将暉)は、集まった重鎮たちから叱責を受ける。そんな中、ネットで泰山と翔の入れ替わり疑惑が取り沙汰され、泰山は身内の人間のリークを確信。真衣(本仮屋ユイカ)の仕業ではないかとにらみ、自ら電話をかけようとするが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月9日更新】
■ あらすじ(第7話 9/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
容姿が泰山の翔(菅田将暉)は倒れ、生死の境をさまよう。息子を救うため、泰山(遠藤憲一)がまさに命懸けの決断を下す中、翔の身に奇跡が起きる。一方、泰山は総理バッシングと‘脳波ジャック’に関して、クリーンなイメージで人気上昇中の共和党党首・冬島(猪野学)が怪しいと気付き、蔵本(草刈正雄)とエリカ(知英)父娘を巻き込んで調べ始める。また、内通者の背後に黒幕がいると確信し、貝原(高橋一生)に探らせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月16日更新】
■ あらすじ(第8話 9/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
民政党副総裁の城山(西田敏行)が新党「前進党」を結成し、内閣不信任案を提出する。泰山(遠藤憲一)は総辞職でなく解散総選挙をもくろむが、閣僚は「勝ち目がない」と猛反発。前進党は共和党を取り込み、全議席の過半数に迫る勢いだ。そこで、泰山は蔵本(草刈正雄)の協力を得ようとするが、連絡が付かない。そのころ、城山は蔵本に総理の椅子を約束していた。一方、翔(菅田将暉)は貝原(高橋一生)にあることを尋ねる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック