FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

花が咲く頃いた君と /豊島ミホ

kage

2015/07/26 (Sun)

初夏に仕掛けたい爽快文庫


「初夏」にお薦めしたい爽快溢れる文庫を毎日一冊ずつご紹介。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


 花が咲く頃いた君と /豊島ミホ

花が咲く頃いた君と (双葉文庫)/双葉社

¥617
Amazon.co.jp



意外に男性の方がシビれるかもしれません。

読み始めると、クセになるのが豊島さん!


Arikaアイコン(小)1とえば日本語で四季を表現する時、同じ夏でも初夏、盛夏、晩夏と季節を表す言葉が豊富ですよね。

本書は四季折々の花をモチーフとした短編集ですが、彼女の場合、季節感だけでなく匂いまで再現しているような感じがします。

自分の記憶の中にある匂いを刺激してくれるといった方がいいでしょうか。

その中のひとつ、中学校のクラスメイト、しかも高校に入ったら離れてしまうことが明白な二人が夏休みの宿題を早く終わらせて渋谷に行く話が、喪失と出会いを見事に描いていて素晴らしい。

大きな事件を仕立てなくても読ませてくれる作家さんです。

一見、女性読者の支持が高いようなイメージがありますが、意外に男性の方がシビれるかもしれません。

クセになる作家さんです。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック