FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

第153回芥川賞受賞作品特集!

kage

2015/07/26 (Sun)

芥川賞153

芥川龍之介の名を記念して、直木賞と同時に昭和10年に制定された。

芥川賞…”純文学”を対象とした作品。
各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)に発表された純文学短編作品中最も優秀なるものに呈する賞。

純文学とは?…「芸術性」「形式」を重視!
純文学(じゅんぶんがく)は、大衆小説、あるいは小説一般に対して、商業性よりも「芸術性」・「形式」に重きを置いていると見られる小説を総称する、日本文学における用語。


■芥川賞選考委員
小川洋子、奥泉光、川上弘美、島田雅彦、高樹のぶ子、堀江敏幸、宮本輝、村上龍、山田詠美(敬称略)

Arikaメダル1第153回芥川賞受賞
 火花/又吉直樹(著)

火花
火花
posted with amazlet at 15.07.19
又吉 直樹
文藝春秋
売り上げランキング: 1


----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
お笑い芸人二人。

奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。

笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。

神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。

人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Arikaアイコン(小)1打ち上げ花火にも火花にも擬えた「芸人」たちの生き様と想い。

理想と現実。

ストイックな、不器用な、まっすぐな、報われない生き方。

笑いとは何か、人間とは何かを描ききった

おそらく芸人・又吉氏しか書けないであろう純文学デビュー作♪


感想:(第153回芥川賞受賞作品特集!①)火花/又吉直樹(著)【2015/07/20】




Arikaメダル1第153回芥川賞受賞
 スクラップ・アンド・ビルド(文學界3月号)/羽田圭介(著)



----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------

「早う死にたか」

毎日のようにぼやく祖父の願いをかなえてあげようと、ともに暮らす孫の健斗は、ある計画を思いつく。

日々の筋トレ、転職活動。

肉体も生活も再構築中の青年の心の内は、衰えゆく生の隣で次第に変化して……。

閉塞感の中に可笑しみ漂う、新しい家族小説の誕生!

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Arikaアイコン(小)1
失業青年と同居する要介護老人との攻防をユーモラスに描く新しい形のホームドラマ♪


感想:(第153回芥川賞受賞作品特集!②)スクラップ・アンド・ビルド/羽田圭介(著) 【2015/07/21】





 ΜとΣ(新潮3月号)/内村薫風(著)

新潮 2015年 03 月号 [雑誌]/新潮社

¥980
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
南アフリカ共和国南西部、スヴァルト准尉はいつも通りの通勤ルートを車で走らせ、やってきた。

朝五時、ケープタウンから北東に五十キロ離れたパールの町はまだ目覚めた直後、昇り始めた陽が草むらを白い息で照らし出したころあいで、運転席から見えるドラケンスバーグ(竜の山々)山脈の峰々も、眠ったまま微動だにしない竜の背中に見える。

道が空いているのはいつも通り、駐車場のいつもと同じ場所、刑務所職員用エリアの隅に車を止めた。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Arikaアイコン(小)1南アフリカのアパルトヘイト撤廃前夜からネルソン・マンデラ解放まで、

現代の東京のブラック企業に勤める内村が、

時空を超えて「ドラクエⅣ」「マンデラ」「マイクタイソン」をクロスカッティングしていく繋げていく作品。


感想:(第153回芥川賞受賞作品特集!③)ΜとΣ/内村薫風(著) 【2015/07/22】




 朝顔の日(新潮6月号)/高橋弘希(著)

新潮 2015年 06 月号 [雑誌]/新潮社

¥930
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------

高橋氏はデビュー作『指の骨』で第28回新潮新人賞を受賞し、同作は152回芥川賞候補作品にも選ばれる等、現在純文学の世界で高く評価されている人物だ。本作でデビューから2回連続の芥川賞候補作となった。

今作『朝顔の日』は『指の骨』と同時期、つまり先の大戦の最中を時代背景に設定し、舞台を青森に移し戦中の結核病院を舞台に、結核に冒された妻を看病する主人公の周囲に蔓延る不穏な空気。常に「死」というものが付きまとう当時の結核病院於いて「生」あるものの「死」「死」の向こう側にある「生」を、見事な文体で書き切った作品となった。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Arikaアイコン(小)1幼馴染の妻を気づかう夫の内面を克明に、

銃後の中で静かに過ぎていく夫婦の時間を丁寧に綴り、

多すぎず少なすぎず、言葉を吟味し的確に簡潔に描いている。


感想:(第153回芥川賞受賞作品特集!④)朝顔の日/高橋弘希(著) 【2015/07/23】




 夏の裁断(文學界6月号)/島本理生(著)

文學界2015年6月号/文藝春秋

¥970
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------

大した会話はしなかった。帝国ホテルの立食パーティでばったり顔を合わせたけれど、柴田さんはそらした。シャツの袖から白い手首が覗いていた。

とっさに握りしめたフォークは、刺さらなかった。彼の手首の表皮を破くことすらできず、赤く反応しただけだった。

柴田さんが振り返る。色素の薄い前髪から覗いた目は傷ついたように見開かれていた。被害者と加害者っておんなじだ、とぼんやり思った。まわりが取り乱したように駆けて来た。誰かがフォークをおそるおそる私の右手から抜き取り、パーティ会場から連れ出された。

(冒頭部分を抜粋)

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Arikaアイコン(小)1ヒロインがM女という括りや締めになっていないところがいい。

私小説風の書き方で「 夏の鎌倉、小説家と編集者、本を切る」

心に引っかかる人たちを描き出す力量はさすが!!


感想:(第153回芥川賞受賞作品特集!⑤)夏の裁断/島本理生(著) 【2015/07/24】




 ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス(新潮5月号)/滝口悠生(著)

新潮 2015年 05 月号 [雑誌]/著者不明

¥930
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
 
九月末だがこのあたりではまだ稲穂は刈りとられていない。国道の片側には田んぼが広がり、強い日を受けて全面がぼんやり輝いていた。道を挟んでその田んぼを見下ろす形の小さな山がある。山の縁に沿って道はカーブし、その陰に隠れた。さっきから車は一台も通らなかった。山の木陰を流れる小川も国道に沿って流れているが、元はこの川に沿って道がつくられたのだ。冷たい川の水に足を突っ込んで呆然としていた私の目がその時何を見ていたかなど、もう覚えていない。
(冒頭より)

2001年の9月末、当時大学1年生だった「私」が、ひとりバイクで東北を旅した時に体験した幾つかの出来事を、いまや妻子もある2015年の時点から回想しながら、そのあいだに位置する複数のエピソードを交え、あの頃から現在までに横たわる短くはない歳月が、どのように過ぎ去ったのかに思いを馳(は)せる。

■□■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Arikaアイコン(小)1今、本で読むよりも、ロードムービーになってから見たい(読みたい)そんな作品!

・・・そして、その映画はヒットする予感がする、

是非映画化希望…d(`・ω・´)キリ


感想:(第153回芥川賞受賞作品特集!⑥)ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス/滝口悠生(著) 【2015/07/25】

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック