FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

第153回直木賞受賞作品特集!

kage

2015/07/31 (Fri)

直木賞153

直木三十五の名を記念して、芥川賞と同時に昭和10年に制定された。

直木賞…”大衆文芸”を対象とした作品。

各新聞・雑誌(同人雑誌を含む)あるいは単行本として発表された短編および長編の大衆文芸作品中最も優秀なるものに呈する賞(応募方式ではない)。

大衆文芸とは?…「娯楽性」「商業性」を重視!
大衆小説(たいしゅうしょうせつ)、大衆文学(-ぶんがく)とは、純文学に対して、芸術性よりも娯楽性・商業性を重んじる小説の総称である。「娯楽小説」「娯楽文学」も同義語。「通俗小説」「通俗文学」とも呼ばれた。


■直木賞選考委員
浅田次郎、伊集院静、北方謙三、桐野夏生、高村薫、林真理子、東野圭吾、宮城谷昌光、宮部みゆき


Arikaメダル1第153回直木賞受賞

 流[りゅう](講談社)/東山彰良(著)

流
posted with amazlet at 15.07.25
講談社 (2015-05-22)
売り上げランキング: 56


----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------
1975年、偉大なる総統の死の直後、愛すべき祖父は何者かに殺された。

17歳。 無軌道に生きるわたしには、まだその意味はわからなかった。

大陸から台湾、そして日本へ。 歴史に刻まれた、一家の流浪と決断の軌跡。 台湾生まれ、日本育ち。

超弩級の才能が、はじめて己の血を解き放つ!友情と初恋。 流浪と決断。 圧倒的物語。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■

Arikaアイコン(小)1台湾の空気、匂い、歴史的背景 色々なものが詰まった一冊!

祖父が、一体誰に、なぜ殺されたのか?

自身に流れる血のルーツは?

推理小説というジャンルの枠に収まりきらない、壮大な大河・青春群像小説。


感想:(第153回直木賞受賞作品特集!①) 流[りゅう]/東山彰良(著) 【2015/07/26】






 若冲[じゃくちゅう](文藝春秋)/澤田瞳子(著)

若冲
若冲
posted with amazlet at 15.07.26
澤田 瞳子
文藝春秋
売り上げランキング: 1,901


----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------

奇才の画家・若冲が生涯挑んだものとは――

今年、生誕300年を迎え、益々注目される画人・伊藤若冲。緻密すぎる構図や大胆な題材、新たな手法で周囲を圧倒した天才は、いったい何ゆえにあれほど鮮麗で、奇抜な構図の作品を世に送り出したのか? デビュー作でいきなり中山義秀賞、次作で新田次郎賞を射止めた注目の作者・澤田瞳子は、そのバックグラウンドを残された作品と史実から丁寧に読み解いていく。

底知れぬ悩みと姿を見せぬ永遠の好敵手――当時の京の都の様子や、池大雅、円山応挙、与謝蕪村、谷文晁、市川君圭ら同時代に活躍した画師たちの生き様も交えつつ、次々に作品を生み出していった唯一無二の画師の生涯を徹底して描いた、芸術小説の白眉といえる傑作だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■

Arikaアイコン(小)1奇才の絵師『伊藤若冲』。

ひたすら「真実の美」を追求した若冲を突き動かした義弟、家族との相克。

若冲の長き葛藤を見事に描き切った作者渾身の力作!


感想:(第153回直木賞受賞作品特集!②) 若冲[じゃくちゅう]/澤田瞳子(著) 【2015/07/27】





  アンタッチャブル (毎日新聞出版))/馳 星周(著)

アンタッチャブル/馳 星周

¥1,998
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------

警視庁公安部の「アンタッチャブル」と捜査一課の「落ちこぼれ」コンビが巨大テロ脅威に挑む。馳星周の新骨頂、ファン待望の公安エンターテインメン ト!

容疑者追跡中に人身事故を起こした捜査一課の宮澤に、異例の辞令が下った。異動先は警視庁公安部外事三課。上司は公安の「アンタッチャブル」―― かつては将来の警察庁長官と有望視され、妻の浮気・離婚を機に、「頭がおかしくなった」とうわさされている椿警視。宮澤に命じられたのは、椿の行動を監視・報告すること。椿とともに、北朝鮮のスパイと目される女の追跡をはじめるが......

疾走するストーリーに、一筋縄ではいかない人物たちが次々登場。
数多のトラップ、ラストの大どんでん返しまで一気読み必至のコメディ・ノワール!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■

Arikaアイコン(小)1警視庁公安部の「アンタッチャブル」と、

捜査一課の「落ちこぼれ」コンビが巨大テ ロの脅威に挑む。

従来のノワール小説とは一線を画す公安警察を舞台にしたコメディー!


感想:(第153回直木賞受賞作品特集!③) アンタッチャブル /馳 星周(著) 【2015/07/28】





  ナイルパーチの女子会(文藝春秋)/柚木麻子(著)

ナイルパーチの女子会/文藝春秋

¥1,620
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------

ブログがきっかけで偶然出会った大手商社につとめる栄利子と専業主婦の翔子。 互いによい友達になれそうと思ったふたりだったが、あることが原因でその関係は思いもよらぬ方向に―。

女同士の関係の極北を描く、傑作長編小説。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■

Arikaアイコン(小)1女性が読むのが辛くなる、女たちの心理描写!

男性が読むとさらにキツくなる女たちのドロドロした関係!

「友達とは?」と言う問いを再考してみる一冊。


感想:(第153回直木賞受賞作品特集!④) ナイルパーチの女子会/柚木麻子(著) 【2015/07/29】





  東京帝大叡古(えーこ)教授(小学館)/門井慶喜(著)

東京帝大叡古教授/小学館

¥1,728
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------

最高学府で連続殺人!謎を解くのは天才哲学者「ウンベルト・エーコ」ならぬ天才政治学者「ウノベ・エーコ」。

他を圧する「知の巨人」が開示していく事件の真相は、まさに予測不能。 ラストは鳥肌モノ!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■

Arikaアイコン(小)1探偵小説風かと思いきや実在の人物が入り乱れた歴史小説風であった。

幕末から昭和を背景としたこの世界観は、好き。

歴史に疎い人でも知ってる豪華メンバー続々登場。


感想:(第153回直木賞受賞作品特集!⑤) 東京帝大叡古(えーこ)教授/門井慶喜(著) 【2015/07/30】





  永い言い訳(文藝春秋) /西川美和(著)

永い言い訳/文藝春秋

¥1,728
Amazon.co.jp

----------------------------------------------------------------------------------------
●内容紹介
----------------------------------------------------------------------------------------

長年連れ添った妻・夏子を突然のバス事故で失った、人気作家の津村啓。 悲しさを“演じる”ことしかできなかった津村は、同じ事故で母親を失った一家と出会い、はじめて夏子と向き合い始めるが…。

突然家族を失った者たちは、どのように人生を取り戻すのか。 人間の関係の幸福と不確かさを描いた感動の物語。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■

Arikaアイコン(小)1愛するべき日々に愛することを怠ったことの代償は小さくない。

別の人を愛せばいいわけではない。

大切な人を失って半年も

そんなことから目を背け続けた男は案外どこにでもいそうである。

「喪失」と「悔恨」の物語、失って初めて知る失ったものの実相は悲しい。

感想:(第153回直木賞受賞作品特集!⑥) 永い言い訳 /西川美和(著)< 【2015/07/31】









関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック