FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2015年夏、金曜ドラマ『BS時代劇 「一路」』

kage

2015/09/25 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★7月31日スタート 

NHK BSプレミアム 毎週金曜 午後8:00~午後8:45

 BS時代劇「一路」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:浅田次郎「一路」(中央公論新社)/脚本:渡邉睦月/演出:石原興/演出:服部大二/演出:井上昌典/制作統括:齋藤寛之/制作統括:吉永証/制作統括:原林麻奈

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•小野寺一路(永山絢斗)
父・弥九郎が失火により焼死したために、蒔坂家の道中御供頭として参勤行列の差配を任される。

•蒔坂左京大夫(渡辺大)
西美濃の旗本・蒔坂家当主。一路に、切腹の代わりに蒔坂家道中御供頭としての役目を授ける。

•すず(ミムラ)
左京大夫の正室。息子と一緒に江戸に住んでいる。

•国分七左衛門(石黒賢)
蒔坂家勘定役。一路の許嫁・薫の父親。一路の父・弥九郎とは幼なじみで、一路を支える。

•蒔坂将監(佐野史郎)
左京大夫の叔父で、蒔見家後見役。お家乗っ取りの機会をうかがっている。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
浅田次郎原作の時代小説を、永山絢斗主演でドラマ化!
時代小説の名手・浅田次郎の小説を原作に、永山絢斗主演で連続ドラマ化するロードムービー時代劇。突如、参勤行列の差配を任された19歳の青年・小野寺一路を主人公に、お家乗っ取りの謀略と道中のトラブルを乗り越えながら、父が命懸けで守った参勤交代を記した先祖伝来の「行軍録」を頼りに、たった12日間で江戸を目指すさまを描く。永山のほか、渡辺大、ミムラ、藤本隆宏、梶原善、松浦雅、忍成修吾、矢島健一、上條恒彦、石黒賢、佐野史郎らが脇を固める。



----------------------------------------------------------------------------------------
【7月15日更新】
■ あらすじ(第1話 7/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
西美濃の蒔坂家は、旗本ながら大名格の名家。蒔坂家で「道中御供頭(おともがしら)」を務める父が失火で焼死したとの報を受けた江戸屋敷の一路(永山絢斗)は、呼び戻され初めて国元に入る。御供頭とは、参勤交代の一切を取り仕切る役目。本来、失火は家禄召し上げの大罪だが、参勤交代の出発が迫っているため、一路はそのまま御供頭を命じられる。しかし一路は父からお役目を全く引き継いでおらず、途方に暮れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月5日更新】
■ あらすじ(第2話 8/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
一路(永山絢斗)は、先祖伝来の参勤交代を記した「行軍録」を頼りに、参勤行列を取り仕切る役目を全うしようとする。まず、行列に必要な人集めのために蔵役の勘十郎(藤本隆宏)を説得し、旅の資金については、一路のいいなずけである薫(松浦雅)の父で勘定方の七左衛門(石黒賢)に相談に行く。しかし、お家の乗っ取りをたくらむ将監(佐野史郎)は、その動きを阻止しようとする。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月12日更新】
■ あらすじ(第3話 8/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
殿の左京大夫(渡辺大)と共に、国元の西美濃を出発した一路(永山絢斗)たち一行。木曽路の馬籠を通過したところで、突然、村娘のスワ(平祐奈)が行列の前に飛び出す。行列を止める行為は死罪に当たり、スワは自分を斬り捨てるよう懇願するが、一路は見逃す。その後一行は妻籠宿に無事到着。ところがその夜、スワを心配する真吾(中島広稀)が周囲に何も告げず姿を消す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月19日更新】
■ あらすじ(第4話 8/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
一行は諏訪へ。珍しい行列の噂を聞き付けた領主の娘・乙姫(すみれ)は、行列を指揮する一路(永山絢斗)の姿に一目ぼれ。そして、気持ちを伝えるため、乙姫はくしを手渡そうとするが、一路はかたくなに断る。乙姫は断られた腹いせに、父の諏訪因幡守(石丸謙二郎)に、一路が自分に無礼を働いたと訴える。うそを信じた諏訪守は憤り、一路を捕まえるため宿に家来を派遣する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月26日更新】
■ あらすじ(第5話 8/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
中山道随一の難所・和田峠に向かう一路(永山絢斗)たち。古式ゆかしい行列は例年より多くの装備を抱え、また初めて参勤行列に加わった者もいて、疲れがたまっていた。そんな一行に追い打ちをかける出来事が。道中のつり橋が壊れて、渡れなくなっていたのだ。一路たちはやむを得ず迂回して進むことを決める。ところが、急に天候が崩れ、嵐になる。立ち往生する一行だったが、左京大夫(渡辺大)が突然、ある決断を下す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月2日更新】
■ あらすじ(第6話 9/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
和田峠を越えた一路(永山絢斗)たち一行は遅れを取り戻そうと先を急ぎ、岩村田宿に到着。ところが旅の資金を盗まれてしまい、行列が進めなくなる。一路は地元の商人を訪ねて金を借りようとするが、断られる。窮状を知った左京大夫(渡辺大)は、領主の内藤志摩守(濱田龍臣)にあいさつに行き、打開策を探る。一方、国元では薫(松浦雅)とスワ(平祐奈)がわなに掛かり…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月9日更新】
■ あらすじ(第7話 9/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
左京大夫(渡辺大)が体調を崩し、同行する医師・辻井(坂田聡)が手当する。辻井は左京大夫には休養が必要で2日ほど宿にとどまるべきと進言するが、江戸到着が遅れることはお家にとって一大事であるとする左京大夫は、翌朝出発するよう一路(永山絢斗)に命じる。一路はその容体を心配しつつ、最近問題ばかり起きることに疑念を感じ、夜通し左京大夫の警護に当たるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月16日更新】
■ あらすじ(第8話 9/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
深谷宿に到着した一路(永山絢斗)たちは、左京大夫(渡辺大)の命を狙う将監(佐野史郎)の手先が一行の近くにいるとの情報を得て、その人物を捕まえようと捜索を始める。存在をにおわせつつ姿を見せないその人物を懸命に捜す一路らは、ついに居所をつかむ。一方、国元では、将監が七左衛門(石黒賢)を捕らえてその命を奪おうとしており、江戸でも、左京大夫の正室・すず(ミムラ)と嫡男・一太郎(玉山詩)に魔の手が伸びていて…。


----------------------------------------------------------------------------------------
【9月23日更新】
■ あらすじ(第9話 9/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
江戸まであとわずかに迫った一路(永山絢斗)たち一行は、荒川の渡し場にたどり着く。これまでの旅を振り返り、一路にねぎらいの言葉を掛ける勘十郎(藤本隆宏)と仲間たち。しかし一路は、江戸に到着してこそ無事に務めを果たしたことであると気を引き締め直す。そして左京大夫(渡辺大)をはじめ、一路、勘十郎、惣十郎(梶原善)、丁太(武蔵)と半次(内山信二)らが川を渡るが、将監(佐野史郎)の最後のわなが待ち受けていた。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック