FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2015年夏、昼ドラマ『癒し屋キリコの約束』

kage

2015/09/25 (Fri)

Arikaシネマ2014b4

★8月3日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜~金曜 午後1:25~午後1:55

 癒し屋キリコの約束

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:森沢明夫「癒し屋キリコの約束」(幻冬舎文庫)/脚本:佐伯俊道/脚本:和田清人/演出:星田良子/演出:星護/プロデューサー:市野直親/プロデューサー:高橋萬彦

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•有村霧子(遼河はるひ)
喫茶店「昭和堂」のオーナー。年齢不詳。店のことは店長のカッキーに任せきりで、コーヒーも入れられないが、人々の悩みを解決する“癒し屋”とうわさされている。金にがめつく、店の神棚に大金を奉納した客でないと相手にしない。

•柿崎照美(前田亜季)
通称カッキー。「昭和堂」の雇われ店長。28歳。おとなしそうに見えるが、芯は強い。めちゃくちゃなことを言う霧子とは逆で、一般的な感覚を持ち依頼者の心に寄り添う。特技はおいしいコーヒーを入れること。

•上山涼(戸塚祥太)
バイク便のライダー。24歳と若いが、発言も行動もファッションもクールで、どこか陰のあるイケメン。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
元タカラジェンヌ・遼河はるひ主演の音楽人情劇!
映画「ふしぎな岬の物語」の原作者で知られる作家・森沢明夫による同名小説を連続ドラマ化。元タカラジェンヌで連ドラ初主演となる遼河はるひが主人公・有村霧子を演じる。東京・谷中近くの商店街にある喫茶店「昭和堂」を舞台に、金にがめつく怠け者なのに、不思議と周囲に慕われる店のオーナー・霧子(遼河)と、雇われ店長のカッキーこと、柿崎照美(前田亜季)が、“癒し屋”という裏稼業を通して人々に希望を与えていくさまを描く。昭和の名曲のワンフレーズが、各話の問題解決のためのキーワードになっており、劇中でも歌謡曲が使用される。クールで謎めいたバイク便ライダー・上山涼役で、アイドルグループ・A.B.C-Zの戸塚祥太が昼帯ドラマ初出演するのも注目。


----------------------------------------------------------------------------------------
【7月29日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
東京下町の商店街。その一角にある喫茶店「昭和堂」は、見た目は普通の店だが、実は“癒し屋”という裏稼業がある。店には、ロッキングチェアを揺らしながら缶ビール片手に読書にふけるオーナー・有村霧子(遼河はるひ)と、おいしいコーヒーを入れる店長のカッキーこと、柿崎照美(前田亜季)の姿があった。いい加減でお金にがめつく、“癒し系”のイメージとは程遠い霧子の元に、人生の悩みを抱えた客が現れて神棚に悩みを語ると、お賽銭を無理やり奉納させて、霧子たちは問題解決に乗り出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月5日更新】
■ あらすじ(第1週 8/3~8/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
東京の下町にある喫茶店「純喫茶 昭和堂」。オーナーのキリコ(遼河はるひ)は店長の照美(前田亜季)に営業を任せ、何もしないようだが、実は客の悩みを聞いては解決する‘癒やし屋’という裏稼業を持っている。協力者は照美やバイク便のライダー・涼(戸塚祥太)たちだ。ある日、百合子(西牟田恵)という客が姑との不仲をキリコに相談。キリコは、百合子と姑が互いの欠点を言い合い、先に泣いた方が負けというバトルをさせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月12日更新】
■ あらすじ(第2週 8/10~8/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
キリコ(遼河はるひ)は、良太郎(武井証)の母・昌子(ふせえり)の万引をやめさせるため、荒療治を施す。それは昌子に自身の体の値段を付けさせ、改心を促すという策だった。数日後、歌手になる夢を再び目指すべきか悩んでいるという中年の客・耕平(KAZZ)が「昭和堂」にやって来る。話を聞くキリコだが、その優柔不断な様子に耐えられない。程なく、キリコは耕平が駅前で弾き語りをする春樹(橋本良亮)の父だと気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月19日更新】
■ あらすじ(第3週 8/17~8/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
照美(前田亜季)の親友・千香(月船さらら)が結婚詐欺に遭う。キリコ(遼河はるひ)らは「渋谷駆け込み寺」の伝助(石倉三郎)の協力を得て、結婚詐欺師・大道寺(斉藤佑介)を発見する。最初は言い逃れをする大道寺だが、やがて観念。大道寺はある事情を抱えていた。一方、照美に夫の正義(浜田信也)から手紙が届く。実は照美はDVを働く夫の元から逃げ出していたのだ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【8月26日更新】
■ あらすじ(第4週 8/24~8/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
元恋人・由紀子(伊勢佳世)を見返そうとする落語家・永楽亭ライス(小野ゆたか)に、キリコ(遼河はるひ)は特別指導という名目で強制労働をさせる。最後の指導は由紀子の結婚パーティーの司会進行だった。逃げ出そうとするライスにキリコはあることを言い放つ。数日後、昭和堂に竜二(立川三貴)という男がトランクを預ける。中身が分からず、涼(戸塚祥太)らが不審に思っていると、竜二の写真を手に警察官・平瀬(小宮孝泰)が来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月2日更新】
■ あらすじ(第5週 8/31~9/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「昭和堂」に小学生・奈々(渡邊れいら)の成績不振を嘆く母・妙子(森谷ふみ)が来る。栄太(山田瑛瑠)という少年との恋愛が原因と分かり、妙子は激怒。キリコ(遼河はるひ)は親同士の話し合いを促す。そんな中、奈々たちはある行動に出る。一方、和食器工房で働く英国人・チャーリー(DARIO)がキリコに助けを求める。店主・国義(大森博史)から店を畳むと言われたという。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月9日更新】
■ あらすじ(第6週 9/7~9/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
照美(前田亜季)は、自分目当てに「昭和堂」に通うアニメ愛好家・町田(高橋健一)の存在が重荷で仕事に支障を来す。キリコ(遼河はるひ)は2人に勝負を提案。照美に、30年前に引退した伝説のアニメ声優を3日以内に店に連れて来るよう指示を出す。できなかったらコスプレを披露する羽目に陥る照美のため、涼(戸塚祥太)らも声優捜しに協力する。一方、「キリコの命日まであと3日」という殺害予告めいた脅迫状が届く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月16日更新】
■ あらすじ(第7週 9/14~9/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
涼(戸塚祥太)のことを時々、20年ほど前に亡くなった初恋の人だと勘違いしてしまう老婦人・蔦江(山本陽子)は、現在を戦時中だと思い込み、このご時世に求婚を受けていいのかと悩んでいた。涼に相談されたキリコ(遼河はるひ)は、「昭和堂」を戦前の迎賓館のように飾り替えて舞踏会を開く。一方、店にIT企業経営者の保坂(内田滋)がやって来る。挫折知らずで悩みがないことが悩みだと言う保坂はキリコにバトルを持ち掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月23日更新】
■ あらすじ(第8週 9/21~9/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終週】
「昭和堂」の前で記憶喪失の女性(高畑こと美)が倒れた。大金を所持するその女性を、キリコ(遼河はるひ)はタマ子と名付け面倒を見る。そんな中、タマ子を知る悪役レスラーの小島(山崎静代)が店に乗り込んでくる。一方、店のエアコンが壊れ、客の谷下田(塚地武雅)が暑さに憤慨。栞(吉原茉依香)を人質に、キリコらに冷房機器の購入を要求する。さらに、なぜか自身の人生を狂わせたある女性を連れて来いとまくし立てる。







関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック