FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

今すぐ書店へGO!読み応えたっぷりな”夏の文庫フェア”2015…講談社フェア(夏ミス2015 講談社文庫ミステリーフェア・著者名別索引「あ」行 ×28)

kage

2015/08/31 (Mon)

夏の文庫フェア

8月中旬からスタート!!
文庫フェア



談社文庫『夏ミス2015講談社文庫ミステリーフェア』。


夏ミス2015 講談社文庫ミステリーフェア

ラインナップは100書目で、江戸川乱歩賞受作をはじめ、乱歩賞作家の力作やミスタリーの最先端ともいえるメフィスト賞受賞作および受賞作家の作品を中心に展開します。


■今年の新しい試みと特典


講談社文庫ミステリーフェア<夏ミス2015>でのフェア対象1冊をお買い上げの方に

講談社文庫特製を夏ミス下敷きしおりを1枚プレゼント。

■フェアのジャンル項目


著者名別索引に項目!

天空の蜂 (講談社文庫)/講談社

¥918
Amazon.co.jp

9月に映画公開予定の東野圭吾さんの『天空の蜂』、公開前に是非ご一読みを・・・。

孤虫症 (講談社文庫)/講談社

¥751
Amazon.co.jp

また、メフィスト賞受賞作の注目作品は真梨幸子さんの『孤独症』。

神様ゲーム (講談社文庫)/講談社

¥572
Amazon.co.jp

難民探偵 (講談社文庫)/講談社

¥810
Amazon.co.jp

7月の新刊には麻耶雄嵩さんの『神様ゲーム』と西尾維新さんの『難民探偵』があります。





Arikaあいうえお1

著者名別索引 「あ」

 十角館の殺人 <新装改訂版>/綾辻行人(著)

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)/講談社

¥810
Amazon.co.jp

すべてはここから。清冽なる新本格の源流!大学ミステリ研究会の七人が訪れた十角形の奇妙な館の建つ孤島・角島。メンバーが一人、また一人、殺されていく。「十角館」の刊行から二十年。あの衝撃を再び!

プロローグ
第一章 一日目・島
第二章 一日目・本土
第三章 二日目・島
第四章 二日目・本土
第五章 三日目・島
第六章 三日目・本土
第七章 四日目・島
第八章 四日目・本土
第九章 五日目
第十章 六日目
第十一章 七日目
第十二章 八日目
エピローグ


著名紹介・・・綾辻行人(アヤツジユキト)
1960年京都府生まれ。京都大学教育学部卒業。同大学院博士後期課程修了。在学中は京都大学推理小説研究会に所属する。1987年に『十角館の殺人』でデビュー。「新本格ミステリ」ムーヴメントの嚆矢となる。1992年に『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。「館」シリーズという一連の長編は、現代本格ミステリを牽引しつづけている。ミステリ、ホラー、怪談など幅広く活躍。2012年に「館」シリーズ9作めとなる『奇面館の殺人』(講談社ノベルス)を上梓。




 殺戮にいたる病/我孫子武丸(著)

殺戮にいたる病 (講談社文庫)/講談社

¥637
Amazon.co.jp

永遠の愛をつかみたいと男は願った――東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔! くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。

殺戮にいたる病
参考文献


著名紹介・・・我孫子武丸(アビコタケマル)
1962年10月7日生まれ。本名は鈴木 哲(すずき あきら)。ペンネームは島田荘司の命名。兵庫県西宮市生まれ。京都大学文学部哲学科中退。大学在学中は京都大学推理小説研究会に所属。1989年、『8の殺人』で小説家デビュー。速水三兄妹・人形シリーズなどのコミカルタッチや女性視点の作品から、腐蝕シリーズ・『殺戮にいたる病』などの重いタッチの作品まで、幅広く手がける。また、漫画作品『半熟探偵団』(絵:河内実加)の原作も手がける。1994年に発売されたサウンドノベルゲームソフト、『かまいたちの夜』のシナリオを担当し、小説以上とも形容できうる名声を得る。本作はいくつかの選択肢があるものの、基本的に小説を読み進めるだけのゲームであるが、内容はこれまでにない本格ミステリーであり、プレイヤーに推理させ文字入力により回答させることが受け、大ヒットとなった。ゲームに詳しい我孫子は、ゲームシステム面でのアドバイスを行なっている。




 新装版 マジックミラー/有栖川有栖(著)

新装版 マジックミラー (講談社文庫)/講談社

¥751
Amazon.co.jp

有栖川作品の原点となる傑作長編

双子の男と殺人の謎 そして驚愕のトリック!

琵琶湖に近い余呉(よご)湖畔で女性の死体が発見された。殺害時刻に彼女の夫は博多、双子の弟は酒田にいてアリバイは完璧。しかし兄弟を疑う被害者の妹は推理作家の空知とともに探偵に調査を依頼する。そして謎めく第二の殺人が……。犯人が作り出した驚愕のトリックとは?有栖川作品の原点ともいえる傑作長編。


著名紹介・・・有栖川有栖(アリスガワアリス)
1959年、大阪生まれ。1989年、『月光ゲーム』で鮮烈なデビューを飾る。以後、精力的に作品を発表し、2003年『マレー鉄道の謎』で第56回日本 推理作家協会賞を受賞。2008年には『女王国の城』で第8回本格ミステリ大賞を受賞した。精緻なロジックを積み重ね、構築した世界そのものをひっくり返 してみせる鮮やかな手腕と、物語性豊かなその作品は、世代を問わず常に読み手を魅了しつづけている(「BOOK著者紹介情報」より:本データは『 闇の喇叭 (ISBN-13: 978-4652086353 )』が刊行された当時に掲載されていたものです)



 月と詐欺師(上)/赤井三尋(著)

月と詐欺師(上) (講談社文庫)/講談社

¥700
Amazon.co.jp

殺さない、破滅させる。これぞ復讐。
敵は両親と姉を自殺に追い込んだ成り上がり財閥の独裁者。
戦前の大阪を駆け廻る凄腕の詐欺師たちを描く、痛快コンゲーム小説。

戦前の大阪。瀬戸俊介は、両親を破産させ甘言で妾にした姉まで死に追いやった新興財閥総帥の灘尾儀一郎の殺害を誓う。偶然知り合った町工場主の春日は、自分の裏稼業は詐欺師だと明かす。「殺すな、かたきは取ってやる」。俊介の全財産で雇われた詐欺師たちは灘尾財閥破綻に向け、壮大な詐欺を仕掛け始める!


著名紹介・・・赤井三尋(アカイミヒロ)
1955年9月17日大阪府出身。早稲田大学政治経済学部卒業後、ニッポン放送へ入社。30代半ばから執筆活動を開始し、文學界新人賞や江戸川乱歩賞の予選通過歴もある。2003年、「二十年目の恩讐」で第49回江戸川乱歩賞を受賞した。同作は刊行に当たって、「翳りゆく夏」と改題された。2006年、フジテレビ報道局へ転籍。




 月と詐欺師(下)/赤井三尋(著)

月と詐欺師(下) (講談社文庫)/講談社

¥700
Amazon.co.jp

特高も検事局も“誠実”に騙し切れ!

仕掛けの裏に仕掛けあり。

ありもしない最新軍事技術をどうやって信じ込ませるか? 一歩間違えばデッドエンド!

詐欺師たちは当主の儀一郎に反抗して解任された灘尾電機の元社長を仲間に引き入れ、財閥本社の電話交換嬢を騙して抱き込む。用意した餌は、海軍に食い込みを狙う灘尾が渇望する最新軍事技術。特高警察・検事局・海軍技術研究所が交錯し、クライマックスの京都帝国大学へ。痛快コンゲーム・ミステリー長編。




 石の繭 警視庁殺人分析班/麻見和史(著)

石の繭 警視庁殺人分析班 (講談社文庫)/講談社

¥751
Amazon.co.jp

鮎川賞作家が贈る本物の推理と興奮。警察小説の大本命 期待の新シリーズ、始動!

モルタルで石像のごとく固められた変死体が発見された。翌朝、愛宕署特捜本部に入った犯人からの電話。なぜか交渉相手に選ばれたのは、新人刑事の如月塔子だった。自らヒントを提示しながら頭脳戦を仕掛ける知能犯。そして警察を愚弄するかのように第二の事件が――緻密な推理と捜査の迫力が光る傑作警察小説!

※この作品は、2011年5月に小社より『石の繭 警視庁捜査一課十一係』として刊行された作品を改題したものです。

第一章 アンダーグラウンド
第二章 キッチン
第三章 ルーフトップ
第四章 リビングルーム


著名紹介・・・麻見和史(アサミカズシ)
1965年千葉県生まれ。立教大学文学部日本文学科卒業。2006年、「ヴェサリウスの柩」で東京創元社主催の第16回鮎川哲也賞を受賞(佳作は、似鳥鶏「理由あって冬に出る」と松下麻利緒「毒殺倶楽部」)、小説家デビューを果たす。警視庁捜査一課十一係シリーズは累計15万部を突破している。日本文藝家協会会員、本格ミステリ作家クラブ会員。2015年、『石の繭』がテレビドラマ化される。




 ラバー・ソウル/井上夢人(著)

ラバー・ソウル (講談社文庫)/講談社

¥1,058
Amazon.co.jp

洋楽専門誌にビートルズの評論を書くことだけが、社会との繋がりだった鈴木誠。女性など無縁だった男が、美しいモデルに心を奪われた。

偶然の積み重なりは、鈴木の車の助手席に、美縞絵里(みしま・えり)を座らせる。

大胆不敵、超細密。

ビートルズの名曲とともに紡がれる、切なく衝撃の物語。

空前の純愛小説が、幕を開ける――。

寄せられた絶賛の声!

ミステリー史上に残る衝撃だ!(金高堂土佐山田店 生駒聖氏)

度肝を抜かれました(東京都 60代 女性)

「えぇー、何これ!?」(千葉県 30代 女性)

再読後、納得し驚嘆した(長野県 30代 男性)

半端なくお見事。大傑作(東京都 50代 男性)

読み終わってしばらく、言葉を発せなかった(東京都 20代 男性)

あいた口がふさがらない(兵庫県 10代 男性)

終盤に唖然とし、読み終えた後呆然とした(神奈川県 30代 男性)

圧巻。この本そのものが、完成された芸術作品のようでした
(紀伊國屋書店 横浜みなとみらい店 安田有希氏)

その意味がわかったとき、やられるのです。がつん、とでなはく、ぐさり、と。(精文館書店中島新町店 久田かおり氏)

恐ろしく優しい小説(兵庫県 10代 女性)

哀しさと羨ましさでいっぱいになってしまった(京都府 40代 女性)

鈴木の一生を賭けた犯罪と恋が、無駄だったとは思えない(大阪府 30代 女性)

せつなくてせつなくて、たまらなかった(愛知県 30代 女性)

私は私がそうするように、鈴木誠が人を愛しているとは信じられなかった。愛することに、罪はないはずなのに。(福井県 20代 女性)

ミステリとしての衝撃度、ビートルズを用いた精巧度、恋愛小説としての純度、いずれもが抜きん出た類のない傑作!(ときわ書房本店 宇田川拓也氏)


著名紹介・・・井上夢人(イノウエユメヒト)
1950年12月9日福岡県生まれ。多摩芸術学園映画科中退。本名は井上 泉。ペンネームはビートルズの楽曲「夢の人 - I've Just Seen A Face」に由来。

1982年「岡嶋二人」で第28回江戸川乱歩賞、第39回日本推理作家協会賞、第10回吉川英治文学新人賞を受賞。
1989年に「岡嶋二人」解散。
1992年「井上夢人」としてソロデビュー。
最新刊は『魔法使いの弟子たち』講談社。




 果つる底なき/池井戸潤(著)

果つる底なき (講談社文庫)/講談社

¥713
Amazon.co.jp

江戸川乱歩賞受賞の金融ミステリー!

「これは貸しだからな。」謎の言葉を残して、債権回収担当の銀行員・坂本が死んだ。死因はアレルギー性ショック。彼の妻・曜子は、かつて伊木の恋人だった……。坂本のため、曜子のため、そして何かを失いかけている自分のため、伊木はただ1人、銀行の暗闇に立ち向かう!
第44回江戸川乱歩賞受賞作


著名紹介・・・池井戸潤(イケイドジュン)
岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。「果つる底なき」(講談社文庫)で江戸川乱歩賞、「鉄の骨」(講談社文庫)で吉川英治文学新人賞、「下町ロケット」(小学館文庫)で直木賞を受賞。他の作品に、半沢直樹シリーズ①「オレたちバブル入行組」、②「オレたち花のバブル組」(文春文庫)、③「ロスジェネの逆襲」、④「銀翼のイカロス」(ダイヤモンド社)、花咲舞原作本「不祥事」、「空飛ぶタイヤ」、「ルーズヴェルト・ゲーム」(講談社文庫)、「シャイロックの子供たち」、「民王」(文春文庫)、「なるへそ」(Kindle Singles)などがある。趣味はゴルフ・写真・フライフィッシングなど。




 新装版 塔の断章/乾くるみ(著)

新装版 塔の断章 (講談社文庫)/講談社

¥596
Amazon.co.jp

お腹の子の父親はあなたよ――別荘の尖塔から転落死した美貌の社長令嬢・香織。悲劇が起きたのは、ある小説のゲーム化を企画するメンバー8人が別荘に集まった夜だった。父親は誰か。彼女の本当の死の理由は。激しい恋が迷い込んだ先の暗黒を描いた、乾(いぬい)マジックが冴え渡る“謎解き恋愛ミステリー”の決定版!

塔の序章
塔の断章
塔の終章


著名紹介・・・乾くるみ(イヌイクルミ)
1963年10月30日生まれ。静岡県静岡市出身。静岡大学理学部数学科卒業。男性。別名義である市川 尚吾(いちかわ しょうご)名義では評論活動を行っている。1998年に『Jの神話』で第4回メフィスト賞を受賞し、34歳で作家デビュー。続く2作目の『匣の中』では、四大奇書と呼ばれる竹本健治の『匣の中の失楽』にオマージュをささげた。三作目の『塔の断章』では断章のタイトルどおり、各エピソードが時間軸ばらばらに並べられている実験的な作品だった。2004年に刊行した『イニシエーション・ラブ』はその年の「このミステリーがすごい」で第12位、「本格ミステリベスト10」で第6位と高く評価される。2005年に同作で第58回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)候補作となる。2007年に同作が文庫化されると、雑誌やテレビ番組などでたびたび紹介されロングヒットとなり、2014年4月に100万部に達した。




 モダンタイムス(上)/伊坂幸太郎(著)

モダンタイムス(上) (講談社文庫)/講談社

¥637
Amazon.co.jp

恐妻家のシステムエンジニア・渡辺拓海が請け負った仕事は、ある出会い系サイトの仕様変更だった。けれどもそのプログラムには不明な点が多く、発注元すら分からない。そんな中、プロジェクトメンバーの上司や同僚のもとを次々に不幸が襲う。彼らは皆、ある複数のキーワードを同時に検索していたのだった。


著名紹介・・・伊坂幸太郎(イサカコウタロウ)
1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。2004年、『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞、短編「死神の精度」で日本推理作家協会賞短編部門を受賞。2008年、『ゴールデンスランバー』で本屋大賞、山本周五郎賞を受賞。ほかの著書に、『あるキング』『SOSの猿』『オー!ファーザー』『バイバイ、ブラックバード』『マリアビートル』などがある。




 モダンタイムス(下)/伊坂幸太郎(著)

モダンタイムス(下) (講談社文庫)/講談社

¥745
Amazon.co.jp

5年前の惨事――播磨崎中学校銃乱射事件。奇跡の英雄・永嶋丈は、いまや国会議員として権力を手中にしていた。謎めいた検索ワードは、あの事件の真相を探れと仄めかしているのか? 追手はすぐそこまで……大きなシステムに覆われた社会で、幸せを掴むにはーー問いかけと愉(たの)しさの詰まった傑作エンターテイメント!




 死都日本/石黒耀(著)

死都日本 (講談社文庫)/講談社

¥967
Amazon.co.jp

西暦20XX年、有史以来初めての、しかし地球誕生以降、幾たびも繰り返されてきた“破局噴火”が日本に襲いかかる。噴火は霧島火山帯で始まり、南九州は壊滅、さらに噴煙は国境を越え北半球を覆う。日本は死の都となってしまうのか? 火山学者をも震撼、熱狂させたメフィスト賞、宮沢賢治賞奨励賞受賞作。(講談社文庫)


著名紹介・・・石黒耀(イシグロアキラ)
1954年広島県生まれで小・中・高と兵庫県で育つ。小説家・内科医。ペンネームは黒曜石からとったものである。

『死都日本』2002年9月、講談社。2008年11月講談社文庫。霧島噴火を扱った処女作。メフィスト賞受賞、日本地質学会表彰、宮沢賢治賞奨励賞(2005年)。
『震災列島 』2004年10月、講談社。2010年1月講談社文庫。東海地震を題材とした災害小説。日本地質学会表彰。吉川英治文学新人賞候補。
『昼は雲の柱』 2006年11月、講談社。2011年5月講談社文庫(『富士覚醒』と改題)。富士山噴火を題材。
『樹の上の忠臣蔵』 2007年12月、講談社。2011年12月講談社文庫(『忠臣蔵異聞 家老大野九郎兵衛の長い仇討ち』と改題)。

宮崎医科大学(現・宮崎大学医学部)卒。現在は大阪府で内科勤務医をしている。名刺には「夢想家」と記載してありかなりロマンチストな面がうかがえるが、日本地震学会の「子ども地震火山サマースクール」にボランティアで参加するなど情熱的な側面もある。




 外天楼/石黒正数(著)

外天楼 (講談社文庫)/講談社

¥637
Amazon.co.jp

増改築を繰り返し迷路のようになった集合住宅「外天楼」で死体が発見された。ロボットが跋扈する世界で次々と起こる奇想天外な事件!


著名紹介・・・石黒正数(イシグロマサカズ)
1977年9月8日生まれ。男性漫画家。福井県福井市出身。福井高等学校デザイン科、大阪芸術大学芸術学部デザイン学科卒業。2000年に「ヒーロー」でアフタヌーン四季賞秋の四季賞を受賞し、デビュー。2005年より『ヤングキングアワーズ』にて『それでも町は廻っている』、2009年より『週刊少年チャンピオン』にて『木曜日のフルット』、2012年より『別冊少年チャンピオン』にて『別冊 木曜日のフルット』を連載中。




 透明な遺書/内田 康夫(著)

透明な遺書 (講談社文庫)/講談社

¥792
Amazon.co.jp

政界を揺るがす大疑獄事件に迫る。浅見光彦は福島県・喜多方で“排ガス自殺”として亡くなった父の死因に納得のゆかない娘・清野翠の手元には、中身のない“透明な遺書”が残され、光彦は喜多方へと赴くが!

プロローグ
第1章 美しい依頼人
第2章 時雨れて喜多方
第3章 浅見刑事局長の憂鬱
第4章 迷走の軌跡
第5章 黒い還流
第6章 内なる鬼
第7章 失踪
第8章 とめどなき崩壊
第9章 阿修羅の選択
第10章 地の罠、天の網
エピローグ
自作解説


著名紹介・・・内田 康夫(ウチダヤスオ)
1934年、東京都北区生まれ。コピーライターなどを経て、1980年、自費出版で『死者の木霊』を発表。この作品が、「朝日新聞」の読書欄に取り上げら れ、自費出版としては異例の注目を浴び、鮮烈なデビューを飾る。その後、『後鳥羽伝説殺人事件』で、後に国民的名探偵となる浅見光彦をうみだし、押しも押 されもせぬ人気推理作家となる。浅見光彦シリーズは『棄霊島』で光彦100事件目を迎えた。また、同シリーズはドラマ化もされお茶の間でも人気の存在に(「BOOK著者紹介情報」より:本データは『 靖国への帰還 (ISBN-13: 978-4061827288 )』が刊行された当時に掲載されていたものです)




 密室殺人ゲーム2.0/歌野晶午(著)

密室殺人ゲーム2.0 (講談社文庫)/講談社

¥926
Amazon.co.jp

第10回(2010年) 本格ミステリ大賞受賞作

あの殺人ゲームが帰ってきた! ネット上で繰り広げられる奇妙な推理合戦。その凝りに凝った殺人トリックは全て、五人のゲーマーによって実際に行われたものだった。トリック重視の殺人、被害者なんて誰でもいい。名探偵でありながら殺人鬼でもある五人を襲う、驚愕の結末とは。<本格ミステリ大賞受賞作>


著名紹介・・・歌野晶午(ウタノショウゴ)
1961年9月26日生まれ。主に本格推理小説を発表している。いわゆる「新本格第一世代」の1人。福岡県福岡市出身。福岡県立城南高等学校卒業。東京農工大学農学部環境保護学科卒業。島田荘司のエッセイを参考に島田宅を訪れ、それをきっかけに島田の推薦により1988年に『長い家の殺人』でデビュー。ペンネームの「晶午」は島田が考案した。以後、『白い家の殺人』『動く家の殺人』の家シリーズなどの名探偵・信濃譲二の活躍を描くシリーズと、『ガラス張りの誘拐』『死体を買う男』などのノンシリーズものの執筆を行う。1992年の『さらわれたい女』以後、一時作品の発表がとだえるが、1995年『ROMMY』で復活。以後、1年に1〜2冊のペースで新作を発表し続ける。2003年に発表した『葉桜の季節に君を想うということ』は、2004年のこのミステリーがすごい!、本格ミステリ・ベスト10の各1位に選ばれ、第57回日本推理作家協会賞と、第4回本格ミステリ大賞を受賞し、高い評価を得た。




 記憶の果て(上)/浦賀和宏(著)

記憶の果て(上) (講談社文庫)/講談社

¥637
Amazon.co.jp

父が自殺した。突然の死を受け入れられない受験生・安藤直樹は父の部屋にある真っ黒で不気味な形のパソコンを立ち上げる。ディスプレイ上で裕子と名乗る女性と次第に心を通わせるようになる安藤。プログラムにしかすぎないはずの裕子の記憶が紐解かれ、浮上する謎。徹底した方法意識に貫かれたテクストが読者を挑発する、第5回メフィスト賞に輝くデビュー作。


著名紹介・・・浦賀和宏(ウラガカズヒロ)
1978年12月8日生まれ。1998年、第五回メフィスト賞を受賞して作家デビュー。京極夏彦の絶賛を受ける。講談社ノベルスより多数著作を発表。作品には『女王暗殺』『萩原重化学工業連続殺人事件』『生まれ来る子供たちのために』 『地球人類最後の事件』 『堕ちた天使と金色の悪魔』『世界でいちばん醜い子供』などがある。幻冬舎文庫『彼女は存在しない』がベストセラーになり話題に。最新刊は『彼女のため生まれた』(幻冬舎文庫)




 記憶の果て(下)/浦賀和宏(著)

記憶の果て(下) (講談社文庫)/講談社

¥713
Amazon.co.jp

実際に存在した裕子は十七年前すでに自殺していると安藤に告げる母。父は自殺した娘の生まれ変わりとして、コンピューターにプログラムしたのではないか? 安藤は脳科学を扱う父の研究所や、裕子の本当の母親の元を訪ね回る。錯綜する人間関係が暴かれる衝撃的結末は、凡百のミステリーの常識を破壊する。




 プリズン・トリック/遠藤武文(著)

プリズン・トリック (講談社文庫)/講談社

¥720
Amazon.co.jp

一気読み必至!

乱歩賞史上屈指の傑作ミステリー

選考委員のド肝を抜いた「鉄壁のトリック」

市原の交通刑務所内で、受刑者石塚が殺され、同所内の宮崎が逃亡。遺体は奇妙にも“前へ倣え”の姿勢をとっていた。完全な密室で起きた事件は、安曇野を舞台にした政治汚職にまで波及していく。単行本未収録の“ある人物からの手紙”を収めた最強のトリックミステリーを、早くも文庫化!<第55回江戸川乱歩賞受賞作>

“乱歩賞史上最大級の問題作”
稀代の悪魔的人物を敵役とするさらに大きな問題の幕は、栄えある乱歩賞受賞作を長いプロローグとして開いたばかりだ――<佳多山大地(解説より)>

序章
第一章
第二章
第三章
第四章
第五章
第六章
第七章
第八章
第九章
第十章
第十一章
終章



著名紹介・・・遠藤武文(エンドウタケフミ)
1966年2月8日生まれ。長野県東筑摩郡明科町(現・安曇野市)出身、在住。長野県松本蟻ヶ崎高等学校、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。2007年11月に放送された松本清張原作のテレビドラマ「点と線」に触発されて小説の執筆を始める。2009年、初めて書いた小説『プリズン・トリック』(応募時のタイトルは「三十九条の過失」)で第55回江戸川乱歩賞を受賞。選考委員の大沢在昌は「厳しい点をつけた」「作者の都合が目につきだすところが苦しい」と否定的な評価をしたが、恩田陸は「描こうとしている絵の大きさ、やろうとしていることのハードルの高さに惹かれた」、天童荒太は「小説に対する志は、この候補者が最も高いと感じた」、東野圭吾は「このトリックに挑んだところに志の高さを感じた」と評し受賞が決まった。2010年、信毎文化事業財団が主催する第15回信毎選賞を受賞。




 焦茶色のパステル 新装版/岡嶋二人(著)

焦茶色のパステル 新装版 (講談社文庫)/講談社

¥782
Amazon.co.jp

ミステリー界の至宝はここから誕生した。

二人で一人の作家、岡島二人のデビュー作にして江戸川乱歩賞受賞作。

東北の牧場で牧場長と競馬評論家・大友隆一が殺され、サラブレッドの母子、モンパレットとパステルが銃撃された。隆一の妻である香苗は競馬の知識は一切持っていなかったが、夫の死に疑問を抱き、次々と怪事件に襲われる。一連の事件の裏には、競馬界を揺るがす恐るべき秘密が隠されたいた。

焦茶色のパステル


著名紹介・・・岡嶋二人(オカジマフタリ)
徳山諄一と井上泉(現・井上夢人)による共作作家。

1982年
「岡嶋二人」名義による『焦茶色のパステル』で第28回江戸川乱歩賞を受賞して作家デビュー。
1985年
『チョコレートゲーム』で第39回日本推理作家協会賞受賞。
1988年
『99%の誘拐』で第10回吉川英治文学新人賞を受賞。
1989年
『クラインの壺』発刊と同時に「岡嶋二人」を解散。
1992年
「井上夢人」名義の『ダレカガナカニイル...』でソロデビュー。 




 やぶへび/大沢在昌(著)

やぶへび (講談社文庫)/講談社

¥756
Amazon.co.jp

元刑事を待つ見知らぬ「妻」はいったい何者なのか? 妻と共に調べ始めると、驚愕の出来事が次々と出てくる。弾丸エンタテインメント


著名紹介・・・大沢在昌(オオサワアリマサ)
1956年名古屋市出身。慶應義塾大学中退。79年第1回小説推理新人賞を「感傷の街角」で受賞し、デビュー。

86年「深夜曲馬団」で日本冒険小説大賞最優秀短編賞、91年「新宿鮫」で第12回吉川英治文学新人賞、第44回日本推理作家協会賞長編部門、94年「無間人形 新宿鮫4」で第110回直木賞、20001年「心では重すぎる」、02年「闇先案内人」で日本冒険小説大賞を連続受賞。04年「パンドラ・アイランド」で第17回柴田錬三郎賞を受賞。

05年~09年社団法人日本推理作家協会理事長を務める。




 十字路に立つ女/逢坂剛(著)

十字路に立つ女 (講談社文庫)/講談社

¥713
Amazon.co.jp

慢性腎不全を患うみずえに不審な生体腎移植手術の話が持ちあがった。時を同じくして起きた、みずえの実家、神田の古書店に対する地上げ攻勢、婦女暴行魔の脱獄、そして何者かの影に怯える美しいスペイン研究者・理絵……。神田界隈を背景に私立探偵・岡坂神策が錯綜する謎に挑む。大人のミステリー!


著名紹介・・・逢坂剛(オウサカゴウ)
1943年東京都生まれ。中学時代から探偵小説、ハードボイルド小説を書きはじめ、'80年「暗殺者グラナダに死す」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。'86~'87年、ギターとスペイン内戦を扱った『カディスの赤い星』で第96回直木賞、第40回日本推理作家協会賞、第5回日本冒険小説協会大賞をトリプル受賞。2001年6月から2005年5月まで、日本推理作家協会理事長を務めた。(「BOOK著者紹介情報」より:本データは『 剛爺コーナー (ISBN-13: 978-4062161060 )』が刊行された当時に掲載されていたものです)




 きのうの世界(上)/恩田陸(著)

きのうの世界(上) (講談社文庫)/講談社

¥617
Amazon.co.jp

他殺か事故か。

町の外れの「水無月橋(みなづきばし)」で死んでいたのは、一年前に失踪したはずの男。

ようこそ、ここは、塔と水路の町。

上司の送別会から忽然と姿を消した一人の男。一年後の寒い朝、彼は遠く離れた町で死体となって発見された。そこは塔と水路のある、小さな町。失踪後にここへやってきた彼は、町の外れの「水無月橋」で死んでいた。この町の人間に犯人はいるのか。不安が町に広がっていく。恩田陸がすべてを詰め込んだ集大成。

飼い犬の「トラ」とともに暮らす、76歳の一卵性双生児、華代と虹枝。彼女たちはいつも同じ時間に散歩をする。水無月橋で一人の男が死んだあの日も。そして、二人は思い出す。バス停に捨てられた赤い印のついた地図のことを。

「ねえ、雨はどうやって数えるの? ほら、『ひと雨来た』っていうじゃない?」
「あのねえ、雨を数えてはいけないよ。雨を数えると鬼が来るよ――」

第1章 捨てられた地図の事件
第2章 日没から夜明けまでの事件
第3章 溺れかけた猫の事件
第4章 駅の掲示板の事件
第5章 紫陽花とハンカチの事件
第6章 川沿いに建つ洋館の事件
第7章 焚き火の神様の事件
第8章 点と線の事件
若月慶吾の幕間
第9章 同じ顔をした男の事件
第10章 散歩する犬たちの事件
図書館での幕間
市川吾郎の幕間


著名紹介・・・恩田陸(オンダリク)
1964(昭和39)年、宮城県生れ。早稲田大学卒。1992(平成4)年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補作となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞、本屋大賞を、2006年『ユージニア』で日本推理作家協会賞を、2007年『中庭の出来事』で山本周五郎賞をそれぞれ受賞した。ホラー、SF、ミステリーなど、さまざまなタイプの小説で才能を発揮している。著書に、『三月は深き紅の淵を』『光の帝国 常野物語』『ネバーランド』『木曜組曲』『チョコレートコスモス』『きのうの世界』などがある。




 きのうの世界(下)/恩田陸(著)

きのうの世界(下) (講談社文庫)/講談社

¥617
Amazon.co.jp

この町の秘密。
住人は塔のことを何も知らない。真実を隠すために、知らないふりをしているみたいだ。
死んだ男は、一つの謎かけを残した。

塔のある町が抱える秘密を住人たちは何も知らない。夜に塔を見てはいけないという町に伝わる不思議な教え。亀とハサミと天の川のステンドグラスが表す意味とは。殺された男は駅の掲示板に奇妙な貼り紙を持ち込み、誰かと連絡を取っていた。彼は町の秘密に触れてしまったのか。雨が降る。町の本当の姿が明らかになる。

焚き火と推理小説が好きな高校生の田代修平。彼はあの死んだ男と河原で出会い、「この町には天の川が隠されている」という謎かけを残された。塔と町を見守ってきた旧家の少女・和音とともにその死の真相に近づいていく――。

「大人はすぐに忘れてしまう。楽しんだことも。怯えたことも。傷つけたことも」
「それでいいのさ。続いていく、ということはそういうことだ」

第11章 風が吹くと桶屋が儲かる事件
第12章 井戸と鋏の事件
第13章 帽子と笹舟の事件
第14章 不吉な電話の事件
第15章 彼女の事件
第16章 彼らの事件
第17章 彼らの事件の続き
第18章 私の事件
第19章 水無月橋の殺人事件




 オリンピックの身代金(上)/奥田英朗(著)

オリンピックの身代金(上) (講談社文庫)/講談社

¥756
Amazon.co.jp

小生、東京オリンピックのカイサイをボウガイします――兄の死を契機に、社会の底辺というべき過酷な労働現場を知った東大生・島崎国男。彼にとって、五輪開催に沸く東京は、富と繁栄を独占する諸悪の根源でしかなかった。爆破テロをほのめかし、国家に挑んだ青年の行き着く先は? 吉川英治文学賞受賞作

「東京だけが富と繁栄を享受するなんて、断じて許されないことです。誰かがそれを阻止しなければならない。ぼくに革命を起こす力はありませんが、それでも一矢報いるぐらいのことはできると思います。オリンピック開催を口実に、東京はますます特権的になろうとしています。それを黙って見ているわけにはいかない」――本文より――


著名紹介・・・奥田英朗(オクダヒデオ)
1959年岐阜県生まれ。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。第2作の『最悪』がベストセラーとなる。続く『邪魔』が大藪春彦賞を受賞。また、2004年には『空中ブランコ』で直木賞を、2009年には本書『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞した。その他の著書に、『東京物語』『イン・ザ・プール』『マドンナ』『ララピポ』『ガール』『町長選挙』『家日和』『無理』『純平、考え直せ』『我が家の問題』『噂の女』『沈黙の町で』などがある。




 オリンピックの身代金(下)/奥田英朗(著)

オリンピックの身代金(下) (講談社文庫)/講談社

¥756
Amazon.co.jp

要求金額は八千万円。人質は東京オリンピックだ――五輪開催を妨害すると宣言していた連続爆破事件の犯人、東大生・島崎国男が動き出した。国家の名誉と警察の威信をかけ、島崎逮捕に死力を尽くす捜査陣。息詰まる攻防の末、開会式当日の国立競技場を舞台に、最後の闘いが始まった! 吉川英治文学賞受賞作

いったいオリンピックが決まってから、東京でどれだけの人夫が死んだのか。ビルの建設現場で、橋や道路の工事で、次々と犠牲者を出していった。新幹線の工事を入れれば数百人に上るだろう。それは東京を近代都市として取り繕うための、地方が差し出した生贄だ。
――本文より――




 シューマンの指/奥泉光(著)

シューマンの指 (講談社文庫)/講談社

¥700
Amazon.co.jp

音大のピアノ科を目指していた私は、後輩の天才ピアニスト永嶺修人(まさと)が語るシューマンの音楽に傾倒していく。浪人が決まった春休みの夜、高校の音楽室で修人が演奏する「幻想曲」を偶然耳にした直後、プールで女子高生が殺された。その後、指を切断したはずの修人が海外でピアノを弾いていたという噂が……。


著名紹介・・・奥泉光(オクイズミヒカル)
1956年2月6日生まれ。埼玉県立川越高等学校、国際基督教大学 (ICU) 教養学部人文科学科卒。同大学院修士課程修了(博士課程中退)。当初は研究者を目指しており、研究者時代の共訳書に『古代ユダヤ社会史』(G・キッペンベルク著、教文館)がある。すばる文学賞最終候補となり、1986年に『地の鳥天の魚群』を「すばる」にて発表しデビュー。1990年、『滝』が第3回三島由紀夫賞候補および第103回芥川賞候補となる。1993年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞・瞠目反文学賞[1]受賞。野間文芸新人賞は保坂和志『草の上の朝食』との同時受賞であり、対照的な作風が話題となった。1994年、『石の来歴』により芥川賞受賞。同作は英語、仏語などに翻訳刊行。

作品はミステリーの構造を持つものが多く、物語の中で次第に謎の位相をずらしていき、虚実のあわいに読者を落とし込む、といった手法を得意としている。デビュー時から反時代的な文語体の書き手として評価され、1996年に書き下ろしで刊行された『「吾輩は猫である」殺人事件』では、夏目漱石『吾輩は猫である』の主人公の猫が実は生きていたという設定のもとで、漱石の文体模倣を行い高い評価を得た。

1999年、近畿大学助教授に就任、現在教授。2009年『神器』で野間文芸賞受賞。2012年より芥川賞選考委員。同年、『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』がテレビドラマ化された。2014年、『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞受賞。

趣味はフルートで、バンドを組み音楽活動も行う。また都内などで路上パフォーマンスもする。また、将棋の熱心なファンであり、2012年、第70期名人戦第五局の観戦記を執筆した。




 猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち/大山淳子(著)

猫弁 天才百瀬とやっかいな依頼人たち (講談社文庫)/講談社

¥679
Amazon.co.jp

この弁護士は、奇跡を起こす。

お見合い30連敗。冴えない容貌。でも天才。婚活中の弁護士・百瀬太郎は猫いっぱいの事務所で人と猫の幸せを考えている。そこに舞い込むさらなる難題。「霊柩車が盗まれたので取り戻してほしい」。笑いあり涙ありのハートフル・ミステリー、堂々誕生! 満場一致で第一位、TBS・講談社ドラマ原作大賞受賞作。

●百瀬さんはたくさんのかわいそうな目にあうけれど、それを優しさで必ず乗り越えていく。そんな姿に、「本当の強さ」を感じました。(福岡県10代女性)
●なぜしょっぱなからボケと突っ込みがはじまるの!? もう後は一気読みです。(山梨県40代女性)
●読了後一番心に残ったのは「この人たちにまた会いたい」という思いでした。生涯追いかけたいと思う作家が1人増えたことに、最大限の感謝を。(千葉県30代男性)
●猫が恋のキューピッドですね。人が死なない、みんな幸せになるほっこりミステリーです!(茨城県10代女性)
●幸せで温かな気持ちでいっぱいになりました。読後感が最高です!(東京都40代女性)
●「こまったら上を見ろ」すごく切なくも、ときめく言葉だなぁ~と思いました。(大阪府30代女性)
●息をもつかせぬ展開の速さ、魅力的な登場人物、予想もしないラストシーン!(東京都30代女性)

第一章 前頭葉のすきま
第二章 シンデレラの黒い靴
第三章 迷子の霊柩車
第四章 大福亜子の憂鬱
第五章 死体の身代金
第六章 黄色いドア


著名紹介・・・大山淳子(オオヤマジュンコ)
1961年4月7日、東京都港区赤坂生まれ。早稲田大学教育学部国語国文学科卒業。2004年からシナリオの勉強をはじめる。2006年、『三日月夜話』で第32回城戸賞入選[5]。2007年、『届けてレッドマン』でNHK名古屋放送局が主催する第22回創作ラジオドラマ脚本募集入選。同年、『モモと見た夢』でNHK中四国ラジオドラマ脚本コンクール佳作。2008年、『通夜女(つやめ)』で第12回函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞グランプリ(函館市長賞)。

シナリオライターとしての道を歩み始めるが、なかなか映像化のチャンスに恵まれず、「それならば原作者になって、自分の世界観を描こう」と思い立ち小説家への転向を試み、2009年より小説を書きはじめる。2011年、『猫弁〜死体の身代金〜』で第3回TBS・講談社ドラマ原作大賞を受賞。2012年、同作を改題した『猫弁〜天才百瀬とやっかいな依頼人たち〜』で小説家デビュー。同年、『カゲロウの羽』で第30回向田邦子賞候補。猫弁シリーズは累計で23万部を突破している。




 冤罪死刑/緒川怜(著)

冤罪死刑 (講談社文庫)/講談社

¥810
Amazon.co.jp

現役通信社デスクが描く、ジェットコースター・ミステリー。

どんでん返しの連続が快感中枢を刺激する!

三年前に発生し、犯人逮捕で終結したはずの少女誘拐殺人事件。しかし、冤罪スクープを狙う通信社記者と、正義感に燃える女弁護士が事件を洗い直すと、意外な新事実が。死刑判決、小児性愛、ハニートラップ、偽証、老刑事の告白――。どんでん返しの連続の後、幾重にも張られた伏線が鮮やかに回収される、会心作!


著名紹介・・・緒川怜(オガワサトシ)
1957年東京都生まれ。東京外国語大学卒業。大学卒業後、共同通信社勤務。2007年、航空パニック小説『霧のソレア』(応募時のタイトルは『滑走路34』)で光文シエラザード文化財団主催の第11回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。2008年、同作でデビュー。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック