FC2ブログ
2020 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 07

今すぐ書店へGO!読み応えたっぷりな”夏の文庫フェア”2015…講談社フェア(夏ミス2015 講談社文庫ミステリーフェア・著者名別索引「ま」行 ×8)

kage

2015/09/06 (Sun)

夏の文庫フェア

8月中旬からスタート!!
文庫フェア



談社文庫『夏ミス2015講談社文庫ミステリーフェア』。


夏ミス2015 講談社文庫ミステリーフェア

ラインナップは100書目で、江戸川乱歩賞受作をはじめ、乱歩賞作家の力作やミスタリーの最先端ともいえるメフィスト賞受賞作および受賞作家の作品を中心に展開します。


■今年の新しい試みと特典


講談社文庫ミステリーフェア<夏ミス2015>でのフェア対象1冊をお買い上げの方に

講談社文庫特製を夏ミス下敷きしおりを1枚プレゼント。

■フェアのジャンル項目


著者名別索引に項目!

天空の蜂 (講談社文庫)/講談社

¥918
Amazon.co.jp

9月に映画公開予定の東野圭吾さんの『天空の蜂』、公開前に是非ご一読みを・・・。

孤虫症 (講談社文庫)/講談社

¥751
Amazon.co.jp

また、メフィスト賞受賞作の注目作品は真梨幸子さんの『孤独症』。

神様ゲーム (講談社文庫)/講談社

¥572
Amazon.co.jp

難民探偵 (講談社文庫)/講談社

¥810
Amazon.co.jp

7月の新刊には麻耶雄嵩さんの『神様ゲーム』と西尾維新さんの『難民探偵』があります。





Arikaあいうえお7

著者名別索引 「ま」

 神様ゲーム/麻耶雄嵩(著)

神様ゲーム (講談社文庫)/講談社

¥572
Amazon.co.jp

この事件の恐るべき真相を、あなたは正しく理解できるか!?

――綾辻行人
 
自分を「神様」と名乗り、猫殺し事件の犯人を告げる謎の転校生の正体とは?

『さよなら神様』本格ミステリ大賞受賞! 神様シリーズ第1作待望の文庫化。

神降市に勃発した連続猫殺し事件。芳雄憧れの同級生ミチルの愛猫も殺された。町が騒然とするなか謎の転校生・鈴木太郎が事件の犯人を瞬時に言い当てる。鈴木は自称「神様」で、世の中のことは全てお見通しだというのだ。そして、鈴木の予言通り起こる殺人事件。芳雄は転校生を信じるべきか、疑うべきか?


著名紹介・・・麻耶雄嵩(マヤユタカ)
1969年三重県出身。京都大学在学中に『翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件』でデビュー。主な著書に『夏と冬の奏鳴曲』『木製の王子』『貴族探偵対女探偵』などがある。『隻眼の少女』で第64回日本推理作家協会賞・第11回本格ミステリ大賞をダブル受賞。『メルカトルかく語りき』は、「2012本格ミステリ・ランキング」1位と「ミステリが読みたい!」で2位となり、「このミステリーがすごい!」「週刊文春ミステリーベスト10」にもランクイン。本作の続編にあたる『さよなら神様』も「2015本格ミステリ・ランキング」1位、第15回本格ミステリ大賞を獲得。本格ミステリ界を代表する人気作家。




 孤虫症/真梨幸子(著)

孤虫症 (講談社文庫)/講談社

¥751
Amazon.co.jp

謎の奇病に秘められたリアルで恐い女の悪意。

「週に3度、他の男とセックスすることを習慣にして」いる主婦・麻美。彼女の不倫相手が、次々と身体全体に瘤のようなものを作って原因不明の死を遂げる。彼女自身の肉体にも異変が起こる。女同士の憎悪や嫉妬、母娘で繰り返される愛憎劇。一見幸せな主婦の誰にも言えない秘密とは……。〈解説・豊崎由美〉

1章
2章
3章


著名紹介・・・真梨幸子(マリユキコ)
1964年、宮崎県生まれ。1987年、多摩芸術学園映画科(現、多摩美術大学映像演劇学科)卒業。ペンネームはザ・タイガースのデビュー曲、「僕のマリー」に由来する。グループ・サウンズのファンで、著作の『深く深く、砂に埋めて』は、ザ・タイガースの「美しき愛の掟」にインスパイアーされている。

2005年、『孤虫症』で第32回メフィスト賞受賞してデビュー。その後も心の奥底にある人間の感情をえぐり出して暴き、読者は「見たくない」と思っているのに先を読み進めたくなってしまうような作品を次々と発表。『殺人鬼フジコの衝動』は50万部を超えるベストセラーとなり、湊かなえや沼田まほかるらとともにイヤミス(読んだ後にイヤな後味が残るミステリー)の旗手として注目されている

2015年、『人生相談。』で第28回山本周五郎賞候補。




 小暮写眞館(上)/宮部みゆき(著)

小暮写眞館(上) (講談社文庫)/講談社

¥756
Amazon.co.jp

――この写真には謎がある。

人の本音はときどき、思いがけない形で姿を見せるから。

家族とともに古い写眞館付き住居に引っ越ししてきた高校生の花菱英一。変わった新居に戸惑う彼に、一枚の写真が持ち込まれる。それはあり得ない場所に女性の顔が浮かぶ心霊写真だった。不動産屋の事務員、垣本順子に見せると「幽霊(そのひと)」は泣いていると言う。謎を解くことになった英一は。待望の現代ミステリー。


著名紹介・・・宮部みゆき(ミヤベミユキ)
1987年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。89年「魔術はささやく」で日本推理サスペンス大賞、92年「龍は眠る」で第45回日本推理作家協会賞長編部門、同年「本所深川ふしぎ草紙」で第13回吉川英治文学新人賞、93年「火車」で第6回山本周五郎賞、97年「蒲生邸事件」で第18回日本SF大賞、99年「理由」で第120回直木賞、日本冒険小説大賞、2001年「模倣犯」で毎日出版文化賞、02年第6回司馬遼太郎賞、第52回芸術選奨文部科学大臣賞文学部門、07年「名もなき毒」で第41回吉川英治文学賞を受賞。




 小暮写眞館(下)/宮部みゆき(著)

小暮写眞館(下) (講談社文庫)/講談社

¥864
Amazon.co.jp

――今だから、言えるんだ。

ふたをしてきた家族の過去。それに向き合う時がくる。

人の想いは思いもかけない場所に現れることがある。たとえば写真とか。英一の小学生の弟、光(ピカ)の様子がおかしい。友人のテンコによれば、彼は写眞館の元主(もとあるじ)、小暮さんの幽霊に会いたいのだという。そして垣本順子、英一と家族、各々が封印してきた過去が明らかになる。読書の喜びがここにある。感動の結末へ。




 カラスの親指 by rule of CROW’s thumb/道尾秀介(著)

カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)/道尾 秀介

¥832
Amazon.co.jp

ど派手なペテン、仕掛けてやろうぜ!!
「このミス」常連、各文学賞総なめの文学界の若きトップランナー、最初の直木賞ノミネート作品
道尾秀介の大人気作品がついに文庫化!
第62回日本推理作家協会賞受賞作品

人生に敗れ、詐欺を生業として生きる中年二人組。ある日、彼らの生活に一人の少女が舞い込む。やがて同居人は増え、5人と1匹に。「他人同士」の奇妙な生活が始まったが、残酷な過去は彼らを離さない。各々の人生を懸け、彼らが企てた大計画とは? 息もつかせぬ驚愕の逆転劇、そして感動の結末。道尾秀介の真骨頂がここに!


著名紹介・・・道尾秀介(ミチオシュウスケ)
1975年東京生まれ。04年『背の眼』で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し、デビュー。07年『シャドウ』で本格ミステリ大賞、09年『カラスの親指』で日本推理作家協会賞、10年には『龍神の雨』で大藪春彦賞、『光媒の花』で山本周五郎賞を受賞。『向日葵の咲かない夏』は、オリコン調べによる"09年度で最も売れた本"となる。最近では、月9ドラマ『月の恋人~Moon Lovers~』(CX系)の原作を書いたことでも話題に。




 鬼畜の家/深木章子(著)

鬼畜の家 (講談社文庫)/講談社

¥788
Amazon.co.jp

「おとうさんはおかあさんが殺しました。おねえさんもおかあさんが殺しました。おにいさんはおかあさんと死にました。わたしはおかあさんに殺されるところでした……」 保険金目当てで家族に手をかけてゆく母親。 巧妙な殺人計画、殺人教唆、資産の収奪…… 信じがたい「鬼畜の家」の実体が、唯一生き残った末娘の口から明らかに。本格ミステリ大賞候補作 『衣更月家の一族』、『殺意の記憶』と続いていく榊原シリーズ第一作。

第一章
 木島病院院長 木島敦司の話
 主婦 相澤喜代子の話
 潮南警察署刑事課 清水徹之の話
第二章
 児童公園
 依頼人 北川由紀名の話
 児童公園
第三章
 元北川医院事務員 瀬戸山妙子の話
 大学院生 星拓真の話
 保険外交員 田中寿々子の話
 会社員 多田野吉弘の話
第四章
 児童公園
 鬼畜の家


著名紹介・・・深木章子(ミキアキコ)
1947年、東京都出身。東京大学法学部卒業。1973年から東京弁護士会所属の弁護士として活動後、60歳を機にリタイア、執筆活動を開始する。2010年、『鬼畜の家』で第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞(一田和樹『檻の中の少女』と同時受賞)。選考委員の島田荘司は「この作には、勤めの義務を果たし、能力の成熟とともに余暇生活に入った書き手に、こちらが期待するすべてがある」と評した。2011年、同作で小説家デビュー。2013年、『衣更月家の一族』で第13回本格ミステリ大賞(小説部門)の候補作となる。2014年、『螺旋の底』で第14回本格ミステリ大賞(小説部門)の候補作となる。




黒猫の三角 /森博嗣(著)

黒猫の三角 (講談社文庫)/講談社

¥788
Amazon.co.jp

1年に一度決まったルールの元で起こる殺人。今年のターゲットなのか、6月6日、44歳になる小田原静子に脅迫めいた手紙が届いた。探偵・保呂草は依頼を受け「阿漕荘」に住む面々と桜鳴六画邸(おうめいろっかくてい)を監視するが、衆人環視の密室で静子は殺されてしまう。

森博嗣の新境地を拓くVシリーズ第1作、待望の文庫化。

著名紹介・・・森博嗣(モリヒロシ)
1957年愛知県生まれ。工学博士。某国立大学の工学部助教授の傍ら1996年、『すべてがFになる』(講談社文庫)で第1回メフィスト賞を受賞し、衝撃デビュー。以後、犀川助教授・西之園萌絵のS&Mシリーズや瀬在丸紅子たちのVシリーズ、『φ(ファイ)は壊れたね』から始まるGシリーズ、『イナイ×イナイ』からのXシリーズがある。ほかに『女王の百年密室』(幻冬舎文庫・新潮文庫)、映画化されて話題になった『スカイ・クロラ』(中公文庫)、『トーマの心臓 Lost heart for Thoma』(メディアファクトリー)などの小説のほか、『森博嗣のミステリィ工作室』(講談社文庫)、『森博嗣の半熟セミナ博士、質問があります!』(講談社)などのエッセィ、ささきすばる氏との絵本『悪戯王子と猫の物語』(講談社文庫)、庭園鉄道敷設レポート『ミニチュア庭園鉄道』1~3(中公新書ラクレ)、『自由をつくる 自在に生きる』(集英社新書)など新書の著作も多数ある。




 スノーホワイト/森川智喜(著)

スノーホワイト (講談社文庫)/森川 智喜

¥745
Amazon.co.jp

「何でも知ることのできる不思議な鏡」をつかって小さな探偵事務所を営む女子中学生・襟音ママエ。自分の頭ではまったく推理をせず、鏡の力に頼りきりのママエだったが、ある事件がきっかけで、悪がしこい名探偵・三途川理(さんずのかわことわり)に命を狙われることになってしまい――!? 奇想の新鋭・森川智喜がおくる、知恵と勇気のファンタジックミステリー!


著名紹介・・・森川智喜(モリカワトモキ)
1984年香川県生まれ。京都大学理学部卒業。京都大学大学院理学研究科物理学専攻修士課程修了。京都大学推理小説研究会出身。2010年、『キャットフード 名探偵三途川理と注文の多い館の殺人』(講談社BOX)で単行本デビュー。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック