FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

海辺のカフカ(上・下)/村上春樹(著)

kage

2015/09/02 (Wed)

(2015年9月のBOOK特集★)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ文庫物語

本のある場所2あ

いま、書店や図書館、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

なぜ、人は「本」のなかにも「本」にまつわる物語に惹かれ、また求めるのか?

なぜ、作家はそれを書くのだろうか・・・。



アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*


読者を「本」の世界へ蠱惑する必読の2/6冊

 海辺のカフカ(上・下)/村上春樹(著)

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)/新潮社

¥767
Amazon.co.jp

「君はこれから世界でいちばんタフな15歳の少年になる」――15歳の誕生日がやってきたとき、僕は家を出て遠くの知らない街に行き、小さな図書館の片隅で暮らすようになった。家を出るときに父の書斎から持ちだしたのは、現金だけじゃない。古いライター、折り畳み式のナイフ、ポケット・ライト、濃いスカイブルーのレヴォのサングラス。小さいころの姉と僕が二人並んでうつった写真……。

海辺のカフカ (下) (新潮文庫)/新潮社

¥810
Amazon.co.jp

四国の図書館に着いたカフカ少年が出会ったのは、30年前のヒットソング、夏の海辺の少年の絵、15歳の美しい少女――。一方、猫と交流ができる老人ナカタさんも、ホシノ青年に助けられながら旅を続ける。〈入り口の石〉を見つけだし、世界と世界が結びあわされるはずの場所を探すために。謎のキーワードが二人を導く闇の世界に出口はあるのか? 海外でも高い評価を受ける傑作長篇小説。






村上春樹が描く、少年のひと夏と不思議な図書館

Arikaアイコン(小)1人公のひとり15歳の田村カフカは、東京の家を出て四国に流れ着く。知り合った図書館司書の薦めで住み込みの助手として働きだすが・・・・。ギリシャ悲劇や日本の古典文学との出会いを通して成長していく少年。図書館の静謐な空気と心沸き立つ文学との邂逅を実感できる名作です。話が交差するテクニカルは正直ちょっとまどろっこしいが、もちろんそこがおもしろくて、醍醐味なのだけれど。バイブルすぎてちょっと単調かな、なんて思ったりする。村上春樹をよく読みこんでいる人の間でさえ、本作は毀誉褒貶が定まらない。だから春樹デビューをしたい人は、まず図書館などで借りて下読みしてから注文されることをお勧めします。2006年世界幻想文学大賞受賞作。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック