FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

(2015年メディアミックス作品)9月5日に映画公開される原作&コミック

kage

2015/09/05 (Sat)

Arikaひつじ

2015年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
 ■ 映 画 化 作 品(9月5日全国公開)

9月5日公開
・ アンフェア the end  
・ ピース オブ ケイク
・ギヴァー 記憶を注ぐ者
・ OVA 東京喰種トーキョーグール 【JACK】



映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!

映画公開前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!






ジャンル:サスペンス/ミステリー
 アンフェア the end  【9月5日公開】

刑事 雪平夏見 アンフェアな国/河出書房新社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
「私、運転していた人の顔、見たんです。警察が逮捕した人は、全然違う人なんです」
「え?」
不可解な異動で、新宿署組対課勤務となった雪平にかかってきた一本の電話。危険ドラッグ常習者によって外務省職員が轢き逃げされたその事件には、あまりにも多くの謎が残されていた。新宿署の杜撰な捜査。杳として行方が知れないもうひとりの被害者。奇妙な行動をとる新任署長。韓国から来た男。
やがて、真相に迫る雪平とかけがえのない仲間に悲劇が襲いかかる―――仲間への思いを胸に海を渡った雪平を待つ哀切な真相とは?
歳を重ね、左腕が麻痺し、もはや「捜査一課検挙率No.1」ではなくなった一人の刑事・雪平夏見が、シリーズ最大の闇に挑む!
----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
謎だらけの轢き逃げ事件。目撃者の証言は嘘? 真実?
真相を追い、海を渡った雪平は……

Arikaアイコン(小)1デビュー作『推理小説』(CX系ドラマ「アンフェア」原作)で著者・秦建日子さんのが生み出した型破り30代、バツイチ、子持ち、大酒飲み、刑事、捜査一課検挙率No.1、そして「無駄に美人」----な女刑事・雪平夏見。『刑事 雪平夏見』シリーズ第5弾『刑事 雪平夏見 アンフェアな国』。映画公開に合わせた新作を寝る前に読んで3~4日で読破しました。印象としては前3作と同じく、その世界観はなにも変わっていませんでした。読みやすく、出だしから引き込まれました。脳内で雪平や安藤、平岡、林堂たちがドラマの様に映り、言葉を発し生きていました。事件も奥が深く、海を越えた事件に、まるで映画の様な感覚でした。

歳を重ね、左腕が麻痺し、もはや「捜査一課検挙率No.1」でもなくなった。相変わらず不器用だけれど、少しだけ周りの仲間と一緒に生きることが出来るようになったそんな雪平。この話の登場人物、玉川いづみのラスト間際の言葉には涙が滲みました。いくつか事件の謎、および登場人物の今後の謎の様な物が残っていますが、それも次作で明かされるかと…。これだけTVのイメージが強いと、続編はさぞかし大変だろうと思うのですが、決してTVシリーズに流されることなく、よく出来上がっている作品。視点としては常に論じられている問題を中心に置き、それを取り囲む人々の、個々それぞれの問題が交差。事件も意外な真相と時系列が分かってなるほどというのが面白かったです。 完全完結まで何年でもお付き合いしてもその価値がある登場人物たち。 そして雪平夏美の強引さは今作でも健在でした。




■映画ストーリー
警察病院占拠事件やネイルガン連続殺人事件を経て、国家を動かす謎の権力組織に関するデータを手中にした雪平夏見(篠原涼子)。組織と闘うすべを模索する中、ある転落死の現場で10年前に起きた推理小説事件の遺留品と同じしおりに奇妙なメッセージが記されて置かれているのに気付く。やがて、転落死体がネイルガン連続殺人事件の首謀者だった村上克明検事(山田孝之)であること、推理小説事件の犯人たちを結び付けたサイトが復活していることが判明。不穏な空気に包まれる雪平の前に、ある協力者が現れる。

映画チェック
秦建日子のベストセラー小説を基にした、人気テレビドラマの劇場版第3弾にしてシリーズ完結編。国家の陰で暗躍する一団に関する機密を手にした警視庁捜査一課の女性刑事・雪平が、壮絶な戦いに身を投じていく。前作『アンフェア the answer』に引き続き、佐藤嗣麻子が監督を担当。篠原涼子、阿部サダヲ、加藤雅也をはじめとするレギュラーメンバーが結集。これまでの事件でちりばめられていた謎が収束する展開に加え、『クローバー』などの永山絢斗とEXILEのAKIRAのシリーズ参戦も見どころ。

■スタッフ
原作: 秦建日子
監督・脚本: 佐藤嗣麻子
音楽: 住友紀人
主題歌: 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
製作: 横澤良雄 / 石原隆 / 瀧藤雅朝 / 市川南 / 港浩一
エグゼクティブプロデューサー: 臼井裕詞
プロデューサー: 豊福陽子 / 梶本圭 / 稲田秀樹
アソシエイトプロデューサー: 吉條英希 / 小川英洋
ラインプロデューサー: 森太郎
撮影: 佐光朗
照明: 加瀬弘行
美術: 佐久嶋依里
録音: 阿部茂
編集: 穗垣順之助
音響効果: 柴崎憲治
VFXスーパーバイザー: 石井教雄
スクリプター: 巻口恵美
装飾: 岩間洋
監督補: 山本透
助監督: 佐野友秀
製作担当: 樫崎秀明
製作年:2015年
製作国:日本
日本公開:2015年9月5日
上映時間:1時間48分
制作プロダクション:共同テレビジョン
配給:東宝

■キャスト
雪平夏見: 篠原涼子
津島直紀: 永山絢斗
小久保祐二: 阿部サダヲ
三上薫: 加藤雅也
雪平美央: 向井地美音
特捜部長: 吉田鋼太郎
武部将臣: AKIRA
山路哲夫: 寺島進
一条道孝: 佐藤浩市






ジャンル:ロマンス
 ピース オブ ケイク  【9月5日公開】

ピースオブケイク 1 (1) (Feelコミックス)/祥伝社

¥1,008
Amazon.co.jp

■内容紹介
ガンコなくせに主体性のない梅宮志乃は、恋に疲れバイト先の職場環境にあきれ、公私ともに行き詰っていた。

ところが新しいバイト先に気になる人がいて…。

うごめく人間関係、走り出す恋心……迫力の大恋愛叙事詩が今、始まる!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
日常生活を切り抜いた恋愛漫画
Arikaアイコン(小)1主人公の志乃は、バイト先の店長に恋しているが、彼には同棲している恋人がいる。志乃と店長は、バイト帰りに一緒に歩く。特別なことはないもないけれど、好きな人と一緒に歩くだけで幸せな気持ちになる。思いが届かない悲しさ、もどかしさ、それでも思い続けるどうしようもなさ。「ピースオブケイク」というタイトルは、「おちゃのこさいさい」という意味だというが、好きな人に思いが届かないのは、よくあることである。当たり前の生活の中にこそ「キラキラしたもの」がある、というのを、ジョージ朝倉は欲張りな私たちにそっと教えてくれる。「ピースオブケイク」は、どこにでもいる平凡な男女の日常的な恋愛を丹念に描いているが、そこに流れる空気がとてもいとおしい。最初、志乃をいまいち好きになれなかったけど、店長を好きになったころから、少し感じがかわってきたかな? ただ、どこでお互いのことを好きになったのだろう?  なんか嫌な女だけど憎めない。




■映画ストーリー
一人きりよりはいいという安易な理由で男性と付き合ってきた梅宮志乃(多部未華子)は、アルバイト仲間との浮気が発覚しDV体質の恋人からフラれ、バイト先から去ることに。状況を変えるべく引っ越した先で出会った隣に住む人は、新しい職場の店長・菅原京志郎(綾野剛)だった。京志郎に強く惹(ひ)かれる志乃だったが、彼には一緒に住んでいる恋人がいて……。

映画チェック
映像化もされた「恋文日和」「平凡ポンチ」などで知られ、女性たちの熱い支持を集めるジョージ朝倉の人気漫画を実写映画化。個性派俳優としても活躍する田口トモロヲがメガホンを取り、脚本は『色即ぜねれいしょん』でも田口監督とタッグを組んだ向井康介が手掛ける。恋愛に依存し流されるままに男性と付き合ってしまうダメ女の主人公に、『君に届け』などの多部未華子。彼女と恋人との間で揺れ動く年上の男性を、『シャニダールの花』『そこのみにて光輝く』などの綾野剛が演じる。

■スタッフ
原作: ジョージ朝倉
監督: 田口トモロヲ
脚本: 向井康介
音楽: 大友良英
製作年:2015年
製作国:日本
日本公開:2015年9月5日 (新宿バルト9ほか)
上映時間:2時間2分
配給:ショウゲート
製作:「ピース オブ ケイク」製作委員会

■キャスト
多部未華子
綾野剛
松坂桃李
木村文乃
光宗薫
柄本佑
菅田将暉
中村倫也
安藤玉恵
森岡龍
宮藤官九郎
廣木隆一
峯田和伸




ジャンル:アドベンチャー/SF/アクション
 ギヴァー 記憶を注ぐ者  【9月5日公開】

ギヴァー 記憶を注ぐ者/新評論

¥1,620
Amazon.co.jp

■内容紹介
いかなる不便もない。争いやもめごとは起こらない。飢餓も貧困もない―生活からすべての苦痛がとりのぞかれたコミュニティは、まさに理想郷に見えた。しかしその成立の秘密を知った時、少年は故郷を脱出し、世界を「より完全な姿」に戻すための旅に出る…緊密かつシンプルなプロット、とぎすまされた簡素な筆致、心ふるわせるストーリー展開、人間の生への深い洞察によって全世界を魅了しつづける近未来SFの傑作、待望の新訳!1994年度「ニューベリー賞」を受賞。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
大きな衝撃と悲しみ…家族を抱きしめたくなりました。
Arikaアイコン(小)1職業も結婚もすべて長老会で管理され、飢餓、貧困などもない平和な社会。一見すると理想的に思われるのだけど、読み進めるうちに、その世界が非常にいびつであることが見えてきて徐々に不安が広がっていきました。それは主人公のジョナスという少年が成長していく過程でもあります。全て与えられ管理されるということは自分の頭で考え選択する自由がなくなるということでもあります。与えられるものに安住する日々は平和だけれど、人生を喜怒哀楽のないつまらないものにしているのです。最も切ないのは、「愛」を知った(!)少年が、おずおずと両親に向かって、「ぼくを愛してる?」と尋ねるシーン。果たして、私はその両親に対して、兄弟姉妹に対して「愛してる」という言葉にきちんと答えてきただろうか。そう思い至った時、この「いびつな世界」に私自身もまさに生きていることに気づかされました。何より記憶を受け継ぎ秘密を知ってしまったジョナスの心の動きが鮮やかで大きな衝撃と悲しみが伝わってきたのでした。




■映画ストーリー
文明が荒廃した社会から、人類は完全に平等で争いもない平和な理想郷を作り上げる。その社会で育ち次世代に記憶を伝える「記憶を受け継ぐ者」に選ばれたジョナス(ブレントン・スウェイツ)は、全ての記憶を持つ「記憶を注ぐ者」(ジェフ・ブリッジス)と対面したことで、恐れや憎悪といった人間の本能的な感情や、理想社会に隠された暗い過去に気付いていく。社会の秩序を守る主席長老(メリル・ストリープ)は、そんな彼の存在を注視しており……。

映画チェック
ロイス・ローリーのSF児童文学「ギヴァー 記憶を注ぐ者」を、『ソルト』などのフィリップ・ノイス監督が映画化。欲望や憎悪などの感情が排除され、争いもない近未来の管理社会を舞台に、記憶を受け継ぐ使命を与えられた若者がある人物との出会いを通じ、平和な理想郷のいびつさに気付いていく姿を描く。キャストにはオスカー俳優ジェフ・ブリッジスとメリル・ストリープ、『マレフィセント』などのブレントン・スウェイツ、人気歌手テイラー・スウィフトら豪華な面々がそろう。

■スタッフ
監督: フィリップ・ノイス
英題:THE GIVER
製作年:2014年
製作国:アメリカ
日本公開:2015年9月5日
上映時間:1時間37分
提供:カルチュア・パブリッシャーズ
配給:プレシディオ
製作:アシスプロダクションズ / トニックプロダクションズ / ウォルデンメディア / ウェインステインカンパニー

■キャスト
ジェフ・ブリッジス
メリル・ストリープ
ブレントン・スウェイツ
ケイティ・ホームズ
テイラー・スウィフト






ジャンル:アニメ
 OVA 東京喰種トーキョーグール 【JACK】  【9月5日公開】

東京喰種トーキョーグール[JACK] (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)/石田スイ

¥価格不明
Amazon.co.jp

■内容紹介
週刊ヤングジャンプにて大絶賛連載中のダークファンタジー番外編! 東京13区にて、人を喰らう怪人“喰種(グール)”による捕食事件が頻発。不良高校生の富良太志は、友人が巻き込まれた事件を追うために、若き日のエース捜査官・有馬貴将と、喰種「ランタン」を追うが…!? エース捜査官・有馬貴将と、7区上等捜査官・富良太志が出会うきっかけになった、珠玉のエピソード!

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
東京喰種本の番外編!
Arikaアイコン(小)1東京喰種の番外編で、東京喰種の登場人物である、有馬貴将を主人公にしたスピンオフ作品です。有馬貴将は原作で無敗の喰種捜査官として圧倒的な強さを見せていますが、今作でもその強さは健在です。本編では喰種たちの人間への劣等感とか、憧れとか、食事もなるべく自害した遺体を食べたり世間でいう嫌な人食べたりしてるといった内容で、ちゃんと苦しんで後悔して、それでも生きたいと切ない感じがして喰種って大変なんだと悲しくしなったりして、人間ってなんて贅沢なんだろうと喰種びいきな考え方ばかりしちゃってましたが、この作品では、どんな人間でもいろいろな人生があって誰かに思ってもらってるんだと改めて気づかされたなんだか切なかった。でも、やっぱり喰種の切ない願いごととかもあって、じわっとするシーン、ちゃんとありました。まあ、最終的にあの人がそうだったのかっ!っというのが私の中で一番印象深くなってますが(笑)ずっとモブだと思ってましたよ・・・石田スイさんの伏線には毎回あとからびっくりさせられます。本編の登場人物の過去を掘り下げる内容なので、これを読んだ後に本編を読むとまた違った印象になると思います。




■映画ストーリー
喰種対策局(CCG)による「梟(フクロウ)」討伐作戦の12年前。東京13区では「ランタン」と呼ばれる喰種による捕食事件が連続して起こっていた。一方、高校生の富良太志はけがで野球を諦め、荒れる日々を送っていた。そんなある日、仲間がランタンに襲われ、成すすべのない太志の前に現れたクラスメートの有馬貴将が、ランタンを追い詰める。そして、仲間をなくした太志は有馬にランタン討伐に携りたいと伝え……。

映画チェック
人間の死肉を食べる怪人“喰種(グール)”の葛藤や人間との戦いを描いた石田スイによる人気コミックのスピンオフ作品をアニメーション化したダークファンタジー。喰種の駆逐を行う喰種対策局(CCG)の捜査官・有馬貴将と7区上等捜査官・富良太志の高校時代が描かれるとともに、声優の浪川大輔と木村良平のアフレコの様子などのメイキング映像も上映される。監督は、同テレビアニメシリーズに携ってきた嶌田惣一。二人が出会うきっかけのエピソードとなる、若き日の喰種との戦いに注目。

■スタッフ
監督: 嶌田惣一
原作: 石田スイ
脚本: 御笠ノ忠次
キャラクターデザイン: 三輪和宏
作画監督: 中嶋敦子
音響監督: 原口昇
音楽: やまだ豊
製作年:2015年
製作国:日本
日本公開:2015年9月5日
上映時間:46分
アニメーション制作:studioぴえろ
製作:東京喰種製作委員会

■キャスト(役柄名:声)
有馬貴将: 浪川大輔
富良太志: 木村良平
三波麗花: 早見沙織
リョウ: 鈴木達央
アキ: 大久保瑠美
丸手斎: うえだゆうじ
ヤモリ: 西凜太朗






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック