FC2ブログ
2020 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 09

≪カフェが印象に残る映画5≫洋画:バグダッド・カフェ

kage

2015/08/29 (Sat)

2015年8月のDVD特集!!
カフェが印象的な映画

★8月はカフェが印象的な映画をピックアップして週イチ全5作を紹介!

物語:3/配役:4/演出:4/映像:4/音楽:3
総合評価 :★★★☆ 5点満点評価=3・6点
 洋画:バグダッド・カフェ
BAGDAD CAFE   1994年公開!

バグダッド・カフェ 完全版 [DVD]

★作品情報
製作国:西ドイツ
製作年:1987年
上映時間:108分 
監督:パーシー・アドロン
配給:-

★出演
マリアンネ・ゼーゲブレヒト
ジャック・パランス
CCH・パウンダー
クリスティーネ・カウフマン
モニカ・カルフーン


★内容
アメリカの片田舎の砂漠にあるさびれたモーテル“バグダッド・カフェ”を、夫婦喧嘩の末に訪れた太ったドイツ女ジャスミンが、そこで暮らす人々の心の扉を開いて回りながら“砂漠のオアシス”に変えていくまでを描いた逸品。主題歌の“Calling You”はアカデミー賞最優秀主題歌賞にノミネートされただけあり、微妙にくすんだ空の青と併せて、セリフが少ないこの作品の行間に秘められた切なさをより際だたせている。



Arika報告書v

ゆったりとした時間が流れる砂漠のカフェ♪



ラスベガスに近い砂漠地帯にぽつんとある無味乾燥で埃っぽい寂れたカフェとそこに集う人々。

そこへたまたま立ち寄った”通りすがりの異邦人”のマジカルな魅力によって変わっていく過程が淡々と描かれてる、それだけなのになんともいえない味わいと魅力があり、ふとした瞬間に何度も見たくなる作品。

仕事や育児にイラついて毎日カリカリしている女子ブレンダと、たまたま彼女のホテルに宿泊したドイツ人の太っちょ女子ジャスミンとの女の友情物語。

これは、ぜひとも女性の皆さんに見て欲しい映画です。

最初の冒頭部分は、ブレンダを腹立たせる単調な毎日を描いているのので、やや単調ですが、ここは停止せずに我慢を…。

そこに、おデブな女子ジャスミンが登場。

はじめは彼女に反発していたバクダッドカフェのメンバーも、優しくフレンドリーなジャスミンに心を徐々に開き始めます。

それはあたかも、砂漠のカラカラな砂に、水がどんどん染み込んでいくかのように…。

ジャスミンはこの映画の中で、砂漠のオアシス的な存在です。

ブレンダが心を開いた後、彼女は砂漠の真っ赤な夕陽がとてもキレイなことに気づきます。

今までもすぐ側に存在していたんだけれど、心に余裕がなくて気付かなかった夕陽の素晴らしさや美しさ。

これは、夕陽に限らず、出ていってしまったダンナさんや、子供たち、ジャスミンの友情や、家族同様のカフェの仲間たち全員にも同じく言えることでしょう。

独特の色使い、カメラアングル、名曲「Calling・you 」、太っちょおばさんマリアンネ・ゼーゲブレヒトの存在感。

そのすべてがブレンドされて得も言われぬ癒しのハーモニーになってる感じます。

国や人種や言葉が違っても、相手のために何かしたいという気持ちは通じます。

ハリウッド作品じゃない、ドイツ人監督パーシーアドロンだからできたアメリカの原風景と空気を感じることが出来る名作です。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック