FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

2015年秋-2016冬、連続テレビ小説『あさが来た』

kage

2016/04/02 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★9月28日スタート 

NHK総合 月曜~土曜 午前8:00~午前8:15

 連続テレビ小説「あさが来た」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原案:古川智映子「小説 土佐堀川」(潮出版社)/脚本:大森美香/演出:西谷真一/演出:新田真三/演出:佐々木善春/制作統括:佐野元彦/プロデューサー福岡利武/プロデューサー:熊野律時
主題歌:AKB48「365日の紙飛行機」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•今井あさ(波瑠)
京都の豪商・今井家の次女。正義感が強く、相撲が大好きなおてんば娘。嫁ぎ先の両替商「加野屋」では趣味人の夫に代わって、子育てをしながら炭坑や銀行、生命保険など新規事業を立ち上げる。

•白岡新次郎(玉木宏)
両替商「加野屋」の次男。明るい性格で、三味線や茶道に夢中な道楽者。あさの行動力にほれこんで夫婦となってからは、あさの事業家としての才能を見いだし、生涯支え続ける。

•今井梨江(寺島しのぶ)
あさの母。昔ながらの良妻賢母で、娘たちを心配して嫁ぎ先をしばしば訪ねる。女性は親や夫に従うものと考えていたが、あさの成長に伴い、女性の生き方についての考えをあらためる。

•今井忠興(升毅)
あさの父。呉服商と両替商を営む京都の豪商・今井家の当主。子供たちを厳しく育て、特に自由奔放なあさには厳しい。

•眉山惣兵衛(柄本佑)
大阪の両替商「山王寺屋」の長男。無愛想で何を考えているのか分からない性格。口うるさい母に複雑な思いを抱えている。明治維新を迎え、妻となったはつと共に新しい人生を歩み始める。

•白岡よの(風吹ジュン)
新次郎の母。女性は商売のことに口を出さず、家事をしていればいいという考えの持ち主。大胆な行動をとるあさを、しばしばたしなめる。

•白岡正吉(近藤正臣)
新次郎の父。両替商「加野屋」の当主。従来の発想にとらわれないあさの商売への情熱と才能をいち早く見抜き、理解する。商いを手ほどきし、時には厳しく見守る。

•今井はつ(宮崎あおい)
あさの姉。琴や裁縫が得意で、つつましく凛とした美しい女性。あさとは正反対の性格だが、何でも相談できるよき姉。幕末から明治の混乱で嫁ぎ先の両替商「山王寺屋」が危機を迎えるが、夫を支えて新しい時代における幸せを見つけていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
激動の時代の大阪を駆け抜けた、相撲が好きなおてんば娘・あさを波瑠が熱演!
幕末から明治・大正にかけて、炭坑や銀行、生命保険、日本初の女子大学設立など、さまざまな事業に挑戦した女性の人生と、そんな妻を支え続けた夫を描いた愛の物語。夫婦を取り巻く個性豊かな家族や、歴史に名を残す偉人たちとの人情劇が繰り広げられる。実在の女性実業家・広岡浅子さんをモデルに、好奇心旺盛なおてんば娘・あさを女優の波瑠が演じるほか、生涯にわたり妻の奮闘を支える夫・白岡新次郎に玉木宏、また、あさとは対照的に、琴や裁縫などが得意な姉・はつを宮崎あおいが演じる。古川智映子の「小説 土佐堀川」を原案に、脚本は「風のハルカ」以来、2度目の連続テレビ小説執筆となる大森美香が手掛ける。





----------------------------------------------------------------------------------------
【9月28日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
京都の豪商・今井家の次女として生まれたあさ(波瑠)は、相撲が大好きなおてんば娘。琴や裁縫などの習い事に熱心な姉・はつ(宮崎あおい)とは正反対の姉妹に育つ。親同士の約束で、大阪有数の両替商「加野屋」の次男・白岡新次郎(玉木宏)に嫁ぐことが決まっていたが、あさは物心つくころには「お嫁なんかいかへん」と猛反発していた。しかし、ひょんなことから新次郎のひょうひょうとした魅力にひかれ、恋に目覚める。心をときめかせて嫁いだものの、時代の流れに合わなくなった両替商の経営は火の車。さらに、ぼんぼん育ちの夫・新次郎は商売に興味を示さず、持ち込まれた炭坑の経営話をあさが引き継ぐことになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月30日更新】
■ あらすじ(第1週 9/28~10/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』幕末の京都。豪商・今井家の次女・あさ(鈴木梨央)は相撲好きのおてんばな少女。彼女には、親が決めた許嫁・新次郎(玉木宏)がいた。
『火』「なんでどす?」が口癖のあさは叱られてばかり。そんなある日、父の忠興(升毅)があさと姉のはつ(守殿愛生)を、嫁ぎ先に連れて行く。
『水』初めて大阪を訪れたあさは、活気ある街の様子に心躍らせる。一方、嫁入り先の加野屋の面々はおてんばなあさを見てがっかりする。
『木』嫁ぎ先の山王寺屋ではつは、許嫁の惣兵衛(柄本佑)と会う。京都に戻ったあさとはつは不安を口にし、はつの目から涙があふれ出す。
『金』嫁に行きたくないあさが忠興に叱られ、押し入れの中ですねていると、あさを訪ねて大阪から新次郎が現れ、彼女に贈り物を手渡す。
『土』母・梨江(寺島しのぶ)から秘密の話を聞き、あさの気持ちは動き始める。時は流れ、あさ(波瑠)とはつ(宮崎あおい)は約束した結婚の年を迎える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月7日更新】
■ あらすじ(第2週 10/5~10/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』この春、揃って嫁入りすることが決まったあさ(波瑠)とはつ(宮崎あおい)。そんな中、惣兵衛(柄本佑)とその母・菊(萬田久子)が今井家に現れる。
『火』惣兵衛ら山王寺屋の訪問後、憤るあさは両親に抗議するが、はつの結婚への決意は固い。一方、あさに新次郎(玉木宏)から恋文が届く。
『水』あさは手紙で新次郎に山王寺屋のことを聞くが、一向に返事が来ない。2カ月が過ぎたころ、あさの元に思いがけない人から文が届く。
『木』あさの新次郎への手紙は手違いで届いていなかった。婚礼が近づき、あさは頼りにしていた下働きのうめ(友近)と別れの相撲を取る。
『金』新次郎は惣兵衛と会いその思いを知る。そんな中、新次郎の兄・正太郎(木内義一)が危篤に。一方、あさとはつは姉妹の別れを惜しむ。
『土』正太郎が亡くなり、あさの婚礼が延期になる。はつが眉山家に嫁いだ半年後、あさが白岡家に嫁ぐ日が来る。当日、新郎の新次郎は…。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月14日更新】
■ あらすじ(第3週 10/12~10/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』祝言の日を忘れていた新次郎(玉木宏)が、ようやく一同の前に現れる。その夜、新次郎と二人きりになったあさ(波瑠)は緊張のあまり…。
『火』加野屋で初めての朝を迎えたあさの隣に新次郎の姿はなかった。元気に働きだしたあさは、朝帰りした新次郎に仕事をしない理由を聞く。
『水』新次郎は毎晩、あさを置いて出掛けていた。そんなある日、あさは加野屋を抜け出して、姉のはつ(宮崎あおい)が嫁いだ山王寺屋に向かう。
『木』あさは再会した才助(ディーン・フジオカ)から「世の中は大きく変わる」と聞かされる。ある夜、あさは出掛ける夫の後をついていく。
『金』あさが新次郎の三味線のことを知った夜、加野屋に土方(山本耕史)率いる新選組が金を借りに来る。あさは新選組に敢然と立ち向かう。
『土』あさと新次郎は毎晩、部屋で店の帳簿を整理する。蔵を開けると千両箱はほとんどなく、心配になったあさは、はつを訪ねてみるが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月21日更新】
■ あらすじ(第4週 10/19~10/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』加野屋の蔵から千両箱がなくなる。不安に思ったあさ(波瑠)は、大名への貸付金を取り立てに行かせてほしいと正吉(近藤正臣)に頼み込む。
『火』借金の回収に行ったあさは、はつ(宮崎あおい)の女中・ふゆ(清原果耶)に出会う。山王寺屋の現状を知ったあさは、はつへの文をふゆに託す。
『水』正吉は武家から借金を取り立てたあさを認めるようになる。そんな中、新政府から困難な要求が届き、正吉ら加野屋は対応を迫られる。
『木』新政府が両替屋に多額の資金提供を求める。正吉があさの意見を聞く中、さらに新制度が発表され混乱した民衆が加野屋に押し掛ける。
『金』正吉は、人々に金を払いたいと言うあさの思いを受け止め、ある決断を下す。一方、山王寺屋では、はつが思いがけない物を見つける。
『土』あさは奈良の豪商・玉利(笑福亭鶴瓶)に借金を頼みに出掛ける。はつと惣兵衛(柄本佑)も今井家に借金を依頼し、両者は帰り道に偶然出会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月28日更新】
■ あらすじ(第5週 10/26~10/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』あさ(波瑠)が加野屋の危機を救う一方で、はつ(宮崎あおい)が嫁いだ山王寺屋は倒産する。はつの一家は夜逃げして行方不明になってしまう。
『火』大阪発展のために力を借りたいと五代(ディーン・フジオカ)があさを訪ねる。そのころ、はつの一家に恐ろしい出来事が降り掛かる。
『水』五代に勧められて、あさは大阪商人の集まりに顔を出すようになる。そんな中、新次郎(玉木宏)が、ついにはつの一家を捜し当てる。
『木』はつは、自分の居場所をあさに言わないでほしいと新次郎に頼む。一方のあさは、五代の話を聞き、自分がなすべきことを考えていた。
『金』あさは新次郎と共に、三味線の師匠・美和(野々すみ花)の家へ行く。そこであさは、新次郎の着物の縫い目を見て、不審を抱き…。
『土』五代に賛同し、九州の炭鉱へ行きたいと言うあさに新次郎は怒り、九州行きを反対する。一方、はつの夫・惣兵衛(柄本佑)が姿を消す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月4日更新】
■ あらすじ(第6週 11/2~11/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』あさ(波瑠)は炭鉱経営に興味を持つが、新次郎(玉木宏)は反対する。一方、はつ(宮崎あおい)の妊娠が分かる中、夫の惣兵衛は姿を消していた。
『火』あさは訪ねて来た父・忠興(升毅)に炭鉱の経営について相談する。そのころ、新次郎は美和(野々すみ花)の家で彼女と2人きりになる。
『水』炭鉱のことばかり考えるあさを見かねたよの(風吹ジュン)は、跡継ぎをつくるよう新次郎に持ち掛ける。そんな時、加野屋にはつが現れる。
『木』あさを訪ねて来たはつが急に産気づく。そんな中、九州の炭鉱が売りに出されるという話を聞いたあさは、新次郎にある決心を告げる。
『金』炭鉱へ向かう支度をしながら、あさは泣いていた。新次郎のことで不安を抱えていたのだ。そんなあさに、新次郎は自身の決意を伝える。
『土』新次郎らに見送られ、あさは炭鉱のある九州へと向かう。あさを追って来た五代(ディーン・フジオカ)は、お守りだと言って、ある物を手渡す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月11日更新】
■ あらすじ(第7週 11/9~11/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』あさ(波瑠)は炭坑に着くが、そこは静まり返っていた。親分の治郎作(山崎銀之丞)ら炭鉱作業員は酒ばかりあおり、働こうとしない。
『火』あさは作業員を前に石炭を掘るよう説得するが、聞き入れてもらえない。大阪では、よの(風吹ジュン)がはつ(宮崎あおい)の暮らす家を訪問する。
『水』治郎作から炭坑の危険さを教えられたあさは、自分の無知を反省する。一方、五代(ディーン・フジオカ)がはつの元に、重要な知らせをもたらす。
『木』作業員に囲まれたあさがひるんだその時、五代からもらったピストルが落ちて暴発する。一方、はつは夫・惣兵衛(柄本佑)を見つけ出す。
『金』新次郎(玉木宏)が炭坑のあさの元に現れる。自分らしいやり方で説得するよう彼に励まされたあさは翌朝、作業員たちに心の内を伝える。
『土』あさは支配人・宮部(梶原善)と相撲で勝負する。そして新次郎は大阪に帰るが、その姿を作業員のサトシ(長塚圭史)が見詰めていて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月18日更新】
■ あらすじ(第8週 11/16~11/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』炭鉱作業員に交じって働くあさ(波瑠)の元に、祖父・忠政(林与一)の危篤の知らせが届き、あさとはつ(宮崎あおい)は京都の今井家に駆け付ける。
『火』今井屋の立派な様子を見て、姉妹はあらためて母親の力の大きさを知る。あさと碁を打ちながら、忠政は彼女に大切な話を聞かせる。
『水』今井家を五代(ディーン・フジオカ)が訪ねて来る。五代はあさに、志のある人を応援し、お金で人を救うのが銀行だと熱い思いを語る。
『木』炭坑で張り切って働く中、あさは作業員・サトシ(長塚圭史)のことが気になる。新次郎(玉木宏)ははつの息子・藍之助と仲良くなる。
『金』あさを訪ねて母・梨江(寺島しのぶ)が加野屋にやって来る。しなやかな心が大切だと説く梨江が、あさにある物を渡すと、そこにはつが現れる。
『土』あさは銀行経営を始めたいと正吉(近藤正臣)に相談する。一方、東京に拠点を移す父・忠興(升毅)が、東京へ向かう途中、加野屋に現れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月25日更新】
■ あらすじ(第9週 11/23~11/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』九州の炭坑と大阪を行き来して働くあさ(波瑠)を新次郎(玉木宏)は心配する。一方、はつ(宮崎あおい)は惣兵衛(柄本佑)に相談を持ち掛ける。
『火』亀助(三宅弘城)から炭坑に関する報告を受けたあさは、職場を変革しようと考える。あさは夢を持って働くことについてカズ(富田靖子)に話す。
『水』炭坑をより良くするための仕組みについて、あさは炭鉱作業員たちに話す。それを聞いたサトシ(長塚圭史)が、あることを言い出す。
『木』あさは炭まみれになって必死に働きながら、炭坑の改革を男たちに訴える。しかし、サトシだけはあさを快く思わず、反発を続ける。
『金』新次郎とはつは寂しい者同士、共感し合うようになる。そのころ九州では、あさのことを心配したカズが、休むようあさに提案する。
『土』疲れて寝ていたあさの前に五代(ディーン・フジオカ)が現れ、あさを勇気づけて去っていく。一方、はつの元に惣兵衛が土産を手に戻って来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月2日更新】
■ あらすじ(第10週 11/30~12/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』正吉(近藤正臣)は榮三郎(桐山照史)を加野屋の後継者に指名。正吉の体調を心配するあさ(波瑠)はお家を守ることをあらためて決意する。
『火』夢を語る惣兵衛(柄本佑)を後押しするため、はつ(宮崎あおい)が思い切った発言をする。一方のあさは、榮三郎の襲名披露の準備に追われる。
『水』あさは襲名披露で、榮三郎や新次郎(玉木宏)と共に新しい加野屋の顔として紹介される。偶然、加野屋に来ていたはつはそれを目撃する。
『木』大阪を旅立つことになったはつが息子を連れ、あさを訪ねてやって来る。2人の時間を過ごす姉妹の前に、新次郎がある物を手に現れる。
『金』旅立つ前日、加野屋を訪れていたはつは、今まで黙っていたことをあさに打ち明ける。2人は涙を流し、お家を守ることを誓い合う。
『土』九州の炭坑で働いていたあさは自身が妊娠していることを知る。手紙で知った新次郎は大喜びするが、あさには気になることがあった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月9日更新】
■ あらすじ(第11週 12/7~12/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』九州でつわりに苦しむあさ(波瑠)の前に、新次郎(玉木宏)とうめ(友近)が現れる。そこで新次郎は、サトシ(長塚圭史)と目を合わせる。
『火』あさと共に大阪に戻った新次郎は、町行く人の多くが断髪していることが気になる。そんな中、五代(ディーン・フジオカ)があさを訪ねて来る。
『水』新次郎と榮三郎(桐山照史)がまげを切って洋風の髪形になる。一方、あさの出産をめぐって、正吉(近藤正臣)とよの(風吹ジュン)が言い争いになる。
『木』あさが元気な女の子を出産し、母親になる。悩んだ末に、正吉は赤ん坊を千代と名付ける。大喜びの新次郎は、育児に励むようになる。
『金』九州の炭坑で大きな爆発が発生し、現場は大パニックになる。大阪で銀行についての勉強をしていたあさは、急きょ、九州に向かう。
『土』五代は炭坑の爆発が事故ではなく事件だと考える。あさが銀行経営の夢を見失いかけてしまう中、正吉は雁助(山内圭哉)を九州に送り出す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月16日更新】
■ あらすじ(第12週 12/14~12/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』正吉(近藤正臣)が倒れた。あさ(波瑠)は千代の面倒を見ながら、正吉の看病もするようになる。そこへ、九州から亀助(三宅弘城)が帰ってくる。
『火』あさと新次郎(玉木宏)はサトシ(長塚圭史)が加野炭鉱から消えたと知る。九州の雁助(山内圭哉)から手紙が届くと、新次郎はある告白をする。
『水』新次郎はあさに、大番頭の息子だったサトシが加野屋を恨むようになった過去の話をする。そしてある日、あさの前にある人物が現れる。
『木』あさは新次郎とサトシが語り合う姿を目撃。2人は炭坑の爆発事故のことも語っていた。新次郎は優しい態度だが、あさはサトシに…。
『金』炭鉱の今後をめぐり、あさと榮三郎(桐山照史)の意見は対立する。一方、容体の良くない正吉は、家族一同を集め、自分の思いを伝える。
『土』正吉の葬儀の後、あさはこれまで以上に働くように。大阪と九州を忙しく行き来するあさは、五代(ディーン・フジオカ)からある誘いを受ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月23日更新】
■ あらすじ(第13週 12/21~12/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』あさ(波瑠)は五代(ディーン・フジオカ)から、近代化していく東京を視察することを勧められる。東京には行けないと話すあさに、新次郎(玉木宏)はアドバイスをする。
『火』あさは、新次郎とよの(風吹ジュン)に背中を押され、うめ(友近)と共に五代が待つ東京を目指して出発する。東京で、あさはある人物と出会う。
『水』あさとうめは、東京にある五代の事務所を訪ねる。そこに、政府の要人で内務卿を務める大久保利通(柏原収史)が現れる。
『木』あさは、弟の忠嗣(興津正太郎)と牛鍋屋で待ち合わせていた。そこで父の忠興(升毅)ともばったり出会い、あさは久々に家族との会話を弾ませる。
『金』あさが東京を去る日、大久保利通が暗殺される。号外が飛び交う中、あさは五代の身を心配し、彼の元に駆け付ける。
『土』あさと語り合った五代は、徐々に平静を取り戻す。そのころ大阪の新次郎と亀助(三宅弘城)は、レストランでふゆ(清原果耶)のことなどを話していた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【1月6日更新】
■ あらすじ(第14週 1/4~1/9放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』1878年12月、年越しの準備で忙しい加野屋だったが、番頭の亀助(三宅弘城)は、ふゆ(清原果耶)の縁談が気になっていた。
『火』ふゆの父・彦三郎(上杉祥三)が縁談の相手・平蔵(山本浩司)を連れて加野屋にやって来る。一方、あさ(波瑠)は五代(ディーン・フジオカ)から、ある話を聞かされる。
『水』あさは五代から、大阪商法会議所設立の陰には新次郎(玉木宏)の活躍があったと聞いて驚く。そのころ加野屋では、ふゆの縁談が進んでいた。
『木』新次郎は、ふゆを連れ出して勇気づけようとする。そんな中、あさは美和(野々すみ花)のレストランを訪れ意気投合する。
『金』彦三郎が、平蔵を連れて加野屋に怒鳴り込んで来る。加野屋が大騒ぎになる中、亀助が彦三郎の前に現れる。
『土』ふゆと亀助の結婚が決まる。加野屋の人々が喜ぶ中、雁助(山内圭哉)が九州から戻り、栄三郎(桐山照史)にも縁談が舞い込む。そのころ、銀行を設立したいという、あさの思いは強くなっていた。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年1月13日更新】
■ あらすじ(第15週 1/11~1/16放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』榮三郎(桐山照史)の嫁・さち(柳生みゆ)はしとやかな女性で、よの(風吹ジュン)は大喜び。一方、あさ(波瑠)は千代(中川江奈)の質問に当惑する。
『火』普通の親とは違うと千代に言われ、あさと新次郎(玉木宏)は慌てる。一方、あさは五代(ディーン・フジオカ)から、銀行づくりのポイントを聞く。
『水』加野屋の人々を集めたあさは、さらに炭鉱を買い進めることを提案する。そんな時、五代にある疑惑が浮上し、それが新聞沙汰になる。
『木』五代が北海道の官有物を格安で払い受けようとしたと、新聞記事に出る。あさは、悪徳商人だと罵倒される五代の疑いを晴らそうと…。
『金』五代は、あさたち商人の前で、疑惑について自分の思いを明かすが、聞き入れられない。そこに、新次郎がある秘策を持って現れる。
『土』炭鉱経営が軌道に乗り、あさは銀行設立に向けて働く。そんな時、新次郎とあさはそれぞれ、千代に関することでショックを受ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年1月20日更新】
■ あらすじ(第16週 1/18~1/23放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』炭鉱を買い進めるあさ(波瑠)は、銀行に懸ける思いを榮三郎(桐山照史)に話す。一方であさは、顔色の悪い五代(ディーン・フジオカ)の体調を心配する。
『火』銀行設立について、榮三郎と雁助(山内圭哉)が話し合う。よの(風吹ジュン)もあさから今後の説明を受ける。うめ(友近)は雁助の本音を聞いて…。
『水』榮三郎は店で働く者を集め、加野屋が銀行の看板を上げることを発表する。盛り上がる一同を前に、あさは銀行運営の難しさを語る。
『木』友情の芽生えた五代と新次郎(玉木宏)は、あさについてある約束を交わす。ある日、あさの元に五代の秘書・三坂(中川浩三)が現れる。
『金』あさと新次郎は五代の元に駆け付ける。死なないでほしいと訴えるあさに、横たわったままの五代は、今までの思い出を語り始める。
『土』亡き五代を偲ぶあさは、後世に何を残すことができるかを考え始める。ある日、はつ(宮崎あおい)が息子の藍之助(森下大地)を連れて来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年1月27日更新】
■ あらすじ(第17週 1/25~1/30放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』和歌山で暮らすはつ(宮崎あおい)が息子の藍之助(森下大地)を連れて、あさ(波瑠)を訪ねて来る。藍之助は興味津々で加野屋を見て回る。
『火』家族のことを語り合うあさとはつは、これまでの道のりを思い涙する。一方、千代(鈴木梨央)は、母への不満を藍之助に打ち明ける。
『水』加野屋の炭鉱事業が順調に業績を伸ばす。あさは新次郎(玉木宏)や千代と共に、東京で開かれる父・忠興(升毅)の銀行の祝賀会へと出向く。
『木』銀行設立の準備が進んでいく中、あさはうめ(友近)に、退職を決意した雁助(山内圭哉)と共に加野屋を出て行ってもいいと涙ながらに話す。
『金』あさは「銀行の神様」と呼ばれる渋沢(三宅裕司)から経営の心得を学ぶ一方で、加野屋を去りゆく雁助のことを思ううめを案じる。
『土』念願だった加野銀行が開業し、あさは洋装で姿を現す。そんな中、雁助は千代にある言葉を残して、ひっそりと加野屋を去っていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年2月3日更新】
■ あらすじ(第18週 2/1~2/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』加野銀行が順調に成長し、あさ(波瑠)は実業家として世間に名を知られるようになる。だが、千代(小芝風花)にはそのことが面白くない。
『火』あさを訪ねて、はつ(宮崎あおい)の長男・藍之助(森下大地)が加野銀行に現れる。一方、あさと新次郎(玉木宏)は千代の進路を考え始める。
『水』あさは千代を女学校に入学させようと考えるが、千代は勝手に決めるなと反発。そんな中、和歌山のはつの元にあさからの手紙が届く。
『木』あさは銀行で女性を雇用することを思い付くが、新次郎や榮三郎(桐山照史)らは反対する。そんなある日、はつが加野銀行にやって来る。
『金』新次郎は、あさとけんかばかりしている千代に京都の女学校への進学を勧める。その一方、はつは藍之助を和歌山に連れ戻そうとする。
『土』京都の女学校への進学について悩む千代を、よの(風吹ジュン)は下見に誘う。そんな中、銀行に現れた萬谷(ラサール石井)が騒動を起こす。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年2月10日更新】
■ あらすじ(第19週 2/8~2/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』あさ(波瑠)と新次郎(玉木宏)は、はつ(宮崎あおい)が暮らす和歌山へ。洋装のあさをからかう子らの中にはつの次男・養之助(西畑大吾)がいた。
『火』あさたちは銀行で働きたいという藍之助(森下大地)のことを相談する。家の再興を願う菊(萬田久子)は、孫を雇ってほしいとあさに頼む。
『水』惣兵衛(柄本佑)はあさに、銀行での藍之助の働きを尋ねる。そして、自分やはつに加野銀行で働きたいと明かした息子の思いを応援する。
『木』京都の女学校で寄宿生活を送る千代(小芝風花)は、同室の宜(吉岡里帆)が実業家として活躍するあさのことを尊敬していると知る。
『金』加野銀行で働くため藍之助が大阪に旅立つ。新次郎から紡績会社の社長を辞めたと聞き、驚くあさを成澤(瀬戸康史)という男が訪ねて来る。
『土』女性を雇うあさの姿勢をたたえた成澤は、女性教育の大切さを切々と訴える。さらに、女子の大学校を設立する大きな夢をあさに語る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年2月17日更新】
■ あらすじ(第20週 2/15~2/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』成澤(瀬戸康史)の論文を読んだあさ(波瑠)は感動し、彼の行方を捜す。京都では、千代(小芝風花)と宜(吉岡里帆)が進路に迷っていた。
『火』成澤と再会したあさは女子の大学校設立について語り合う。協力したいあさは融資しようとするが、平十郎(辻本茂雄)が強く反対する。
『水』あさと成澤は学校設立に向けて動きだす。成澤が女子教育に理解を得る活動をする一方、あさは寄付金を募るが、資金集めは難航する。
『木』あさは助言を得るため、東京にいる大隈重信(高橋英樹)を訪ねる。威勢よく女子大学校の必要性を訴えるあさの話に、大隈は興味を示す。
『金』協力者を得たあさが大阪に戻ると新次郎(玉木宏)や榮三郎(桐山照史)が困り果てていた。あさは家に戻っていた千代と話すが、口論になる。
『土』事件に巻き込まれ、あさは意識を失う。多くの人が心配するが意識は戻らない。はつ(宮崎あおい)の元には「アサキトク」との電報が届く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年2月24日更新】
■ あらすじ(第21週 2/22~2/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』一命を取り留めたあさ(波瑠)は五代(ディーン・フジオカ)や正吉(近藤正臣)の夢を見る。目覚めたあさはすぐに仕事を始めようとする。
『火』千代(小芝風花)はあさを看病するが、すぐに親子げんかが始まる。そんな中、千代は病院の中で啓介(工藤阿須加)という青年と出会う。
『水』あさの病室に新次郎(玉木宏)と千代が泊まることになる。あさは千代に、新次郎との結婚や千代の出産の時のことなどを話して聞かせる。
『木』あさは見舞いに来たはつ(宮崎あおい)と、女子の教育について語り合う。一方、成澤(瀬戸康史)は平十郎(辻本茂雄)からの言葉に悩んでいた。
『金』はつはあさにミカンに例えてある話をする。榮三郎(桐山照史)は亀助(三宅弘城)に新しい仕事を依頼。一方、綾子(松坂慶子)があさを見舞う。
『土』成澤が病室に現れる。気落ちした様子の成澤をあさは励ます。一方、はつの家である問題が起こる。そして、あさが退院の日を迎える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年3月2日更新】
■ あらすじ(第22週 2/29~3/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』和歌山で菊(萬田久子)が倒れる。動揺する惣兵衛(柄本佑)をはつ(宮崎あおい)が励ます。あさ(波瑠)の元に雁助(山内圭哉)から無事との便りが届く。
『火』千代(小芝風花)はあさに相談を持ち掛ける。一方、寝たきりになった菊を看病するはつは、胸に秘めていたある思いを菊に打ち明ける。
『水』千代の女学校の寄宿舎で、あさは宜(吉岡里帆)の母・フナ(高橋由美子)と出会う。和歌山では菊がミカンの花咲く山々を眺めていた。
『木』菊が亡くなり、養之助(西畑大吾)は家族の前で自分の思いを告白する。あさとはつは、体調が悪化した母・梨江を見舞いに東京へ行く。
『金』忠興(升毅)は苦労させたことをはつにわび、あさが迷惑ばかりかけていると新次郎(玉木宏)に謝る。その後、忠興はあさにある考えを話す。
『土』千代が女学校を卒業し、宜はあさの元で秘書見習として働き始める。そして、あさと成澤(瀬戸康史)たちの活動に成果が現れ始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年3月9日更新】
■ あらすじ(第23週 3/7~3/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』神戸でマッチ工場を営む雁助(山内圭哉)が事故に遭い、入院する。新次郎(玉木宏)らが駆け付ける中、あさ(波瑠)にある知らせが届く。
『火』新次郎らは雁助の家族から相談を受ける。意識の戻らない雁助にうめ(友近)が話し掛けていると、あさが見舞いに来て雁助の手を握る。
『水』雁助の一件があり、榮三郎(桐山照史)は生命保険事業を始めたいと考える。一方、はつ(宮崎あおい)の次男・養之助(西畑大吾)の結婚が決まる。
『木』啓介(工藤阿須加)が千代(小芝風花)を突然訪ねて来る。同じころ、女子大学校設立の資金が集まらず焦る成澤(瀬戸康史)をあさが激励する。
『金』学校設立のための土地を今井家から提供され、あさや成澤は精力的に活動を続ける。そんなある日、栄達(辰巳琢郎)が加野屋にやって来る。
『土』加野屋を訪れた雁助があさと話していると、そこにうめが現れる。千代の結婚相手を考えるよの(風吹ジュン)は、あさと新次郎に相談する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年3月16日更新】
■ あらすじ(第24週 3/14~3/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』千代(小芝風花)と啓介(工藤阿須加)の見合い話が持ち上がる。よの(風吹ジュン)の頼みで話を進めるため、あさ(波瑠)は綾子(松坂慶子)に相談する。
『火』あさと成澤(瀬戸康史)は女子大学校設立に向け発起人大会を開く。会は大きな話題となるが世間の反発は強く、2人は非難を浴びる。
『水』あさは落ち込む成澤を励まし、学校設立に向けて努力を続ける。千代と啓介の縁談を綾子が仲介する中、東京から意外な便りが届く。
『木』不景気に備え、あさは炭鉱を売って資金を確保しようと考える。新次郎(玉木宏)とよのは、千代との縁談の件で啓介の真意を確かめる。
『金』ミカンの山を手放そうとする惣兵衛(柄本佑)に、藍之助(森下大地)が案を示す。よのの体調を心配する千代とあさの前に再び啓介が現れる。
『土』女子大学校への予想を上回る志願者の数にあさたちは驚く。そして学校創立の日、あさは意欲に燃える女子学生たちに熱い思いを語る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年3月23日更新】
■ あらすじ(第25週 3/21~3/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
『月』大阪に金融恐慌が起こる。預金の払い戻しを求める客たちを前に平十郎(辻本茂雄)や榮三郎(桐山照史)は慌てる。そこにあさ(波瑠)が現れる。
『火』あさは加野屋の生命保険事業についてある提案をする。一方、結婚を控えた千代(小芝風花)と啓介(工藤阿須加)は、あさに思いを伝える。
『水』あさは他の生命保険会社との合併で事業を拡大する。一方、新次郎(玉木宏)は、ある思いを胸に、はつ(宮崎あおい)の暮らす和歌山を訪ねる。
『木』千代と啓介の婚礼が行われる。あさは千代にある物を用意していた。その夜、あさと新次郎は、これからのことについて語り合う。
『金』はつの家で問題が起き、あさと新次郎は和歌山に向かう。昔を思い返して姉妹が語り合う中、あさははつに惣兵衛(柄本佑)の話をする。
『土』東京の女子大学校であさが講義をすることになり、平塚明(大島優子)という女学生が聴講する。そんな中、千代が出産の時を迎える。

----------------------------------------------------------------------------------------
【2016年3月30日更新】
■ あらすじ(第26週 3/28~4/2放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終週】
『月』新次郎(玉木宏)は千代(小芝風花)と啓介(工藤阿須加)の娘を多津子と名付ける。そんな加野屋をはつ(宮崎あおい)と養之助(西畑大吾)が訪れる。
『火』啓介は加野銀行や淀川生命で精力的に働く。銀行には、炭鉱であさ(波瑠)と共に働いた宮部(梶原善)と治郎作(山崎銀之丞)が現れる。
『水』あさを訪ねて、平塚(大島優子)がやって来る。平塚はあさが以前に女子大学校で講義した内容を批判するが、その様子を千代が見ていた。
『木』雁助(山内圭哉)や綾子(松坂慶子)、成澤(瀬戸康史)が次々と現れる。あさらと懐かしい話で盛り上がる中、雁助はうめ(友近)に思いを告げる。
『金』新次郎の元に、家族をはじめ亀助(三宅弘城)ら加野屋の面々が集まる。あさと2人になった新次郎は、自分の思いをあらためて伝える。
『土』あさとはつは2人が歩んだ道のりを振り返る。その後、女学生たちとピクニックに出掛けたあさは、自分がこれまで感じたことを語る。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック