FC2ブログ
2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

2015年秋、日曜ドラマ『日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~』

kage

2015/10/25 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★9月20日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 午後10:00~午後11:00

 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:清武英利「しんがり 山一證券 最後の12人」(講談社+α文庫)/脚本:戸田山雅司/監督:若松節朗/監督:村谷嘉則/プロデューサー:岡野真紀子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•梶井達彦(江口洋介)
山一證券常務取締役。97年春に業務監理本部長に就く。正義感が強く、理不尽なことが許せない性格のため、時に上司ともぶつかる。情に厚く仲間に寄り添う昔かたぎの男。

•瀧本利生(萩原聖人)
業務監理本部監査部検査課次長。エリートコースを歩み、山一インターナショナルロンドンで3年間勤務した後、業務監理本部へ異動。96年にシンガポールでハナ替えの不正を発見した。

•吉岡譲(林遣都)
業務監理本部監査部検査課勤務。入社後、営業をしていたがトラブルを起こし異動してきた。同部最若手でパソコンの操作にも長けている。

•有原泰蔵(岸部一徳)
山一證券会長。1988年に社長、92年に会長となり、破綻の原因となる薄外債務を野放しにしたままトップに君臨し続けた最高実力者。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
山一證券崩壊時、最後まで闘った“場末”の社員たちを描く本格社会派ドラマ!
日本の四大証券の一角を占める山一證券が、1997年に自主廃業を発表した。その要因となった約2600億円の簿外債務は、いつ、どのように生まれ、どのように隠し続けられたのか。役員までもが逃げ出す中、真相の究明と顧客への清算業務を続けた社員たちの姿を追った、清武英利によるノンフィクションを連続ドラマ化。主演は数々の映画やドラマで活躍する江口洋介。共に闘う仲間の社員には、萩原聖人、林遣都、勝村政信らが扮する。さらに、山一證券破綻のきっかけを作った最高実力者である会長役に岸部一徳が配されるなど、個性豊かな演技派俳優が名を連ねる。監督は、迷走する巨大企業の内情を描いた映画「沈まぬ太陽」の若松節朗が務める。




----------------------------------------------------------------------------------------
【9月13日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
1997年4月、山一證券常務取締役の梶井達彦(江口洋介)は、社内監査を行なう業務監理本部長に就任する。しかしそこは、左遷社員が追いやられる“場末”と呼ばれる部署だった。そして異動初日、大蔵省証券取引等監視委員会(SESC)の調査が入るという事件が起きる。当時金融業界は、総会屋への利益供与問題で大きく揺れていたのだ。梶井が部下に社内調査を指示する中、監査部の瀧本利生(萩原聖人)と吉岡譲(林遣都)は、渦中の総会屋との関係を示す資料を見つける。SESCの調査にも余裕の表情を見せる会長の有原泰蔵(岸部一徳)だったが、梶井や同期の林幸博(勝村政信)は、上層部が何か隠しているのではないかと疑念を抱く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月16日更新】
■ あらすじ(第1話 9/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
1997年4月。山一證券常務・梶井(江口洋介)は、業務監理本部長に就任。通称・ギョウカンは社内監査を行なう部署だが、有名無実化し、社内では‘場末’と呼ばれていた。折しも、大蔵省証券取引等監視委員会の調査が入る。当時、金融業界は総会屋への利益供与問題で大きく揺れていた。梶井から、心当たりを問われた監査部の瀧本(萩原聖人)は問題はないと答えるが、直後、渦中の総会屋との関係を示す資料を見つけてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月23日更新】
■ あらすじ(第2話 9/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大蔵省証券取引等監視委員会に続き、東京地検特捜部の捜査が入り、不穏な空気が流れ始める。梶井(江口洋介)は自殺者を出さぬためにも、聴取を受けた幹部の精神的ケアが必要だと考え、副社長・片瀬(光石研)に掛け合い、ガス抜きの場である‘アジト’を設立する。そんな中、社長・井本(田中健)に出頭命令が下った。さらに、花瀬(佐藤B作)の元部下である顧客相談室長・小橋(伊藤正之)が殺害される事件が起きて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月30日更新】
■ あらすじ(第3話 10/4放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
逮捕者が出るのは確実な情勢となり、梶井(江口洋介)はそのケアを提案。顧問弁護士・横沢(品川徹)に作成を依頼し、拘置生活マニュアルを用意する。そんな業務内容に吉岡(林遣都)は不満を隠せない。直後、梶井たちが最も信頼している元副社長の片瀬(光石研)が初の逮捕者となる。さらに、幹部が次々逮捕され、元社長・井本(田中健)にも及ぶ。一方、梶井は新社長・能見(平田満)に全てを明らかにしてほしいと直談判する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月7日更新】
■ あらすじ(第4話 10/11放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
梶井(江口洋介)らは2600億円の不良債権があると知り、がくぜんとする。さらに、それを口外しないよう命じた社長・能見(平田満)の態度に不信感を抱く。一方、能見と常務・黒部(大河内浩)は、大蔵省で証券局長・松岡(相島一之)と会っていた。その日、久々に自宅に帰った梶井に深夜、中央新聞の冨田(三浦誠己)から電話が入る。その内容は、東京経済新聞の朝刊1面トップに、衝撃的な記事が出ているというもので…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月14日更新】
■ あらすじ(第5話 10/18放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
梶井(江口洋介)らの元に、社員が保管していた証拠書類が集まり始める。梶井は吉岡(林遣都)に、全体像が分かる地図を作るよう指示。一方、瀧本(萩原聖人)は、簿外債務を管理していたのがかつての上司・沢登(阿南健治)だと気付き、会社ぐるみの犯行が明らかになる。そんな中、花瀬(佐藤B作)は社長の能見(平田満)から、顧客の対応に当たる清算業務センター長を任される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月21日更新】
■ あらすじ(第6話 10/25放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
梶井(江口洋介)は、山一ファイナンス社長・谷口(佐野史郎)への聴取で、暴走の発端が有原(岸部一徳)の返り咲きのためだったと知り言葉を失う。それを聞いた瀧本(萩原聖人)たちも、怒りに震える。そんな中、報告書の公表に幹部たちが異を唱え、社長の能見(平田満)も実名表記に難色を示す。しかし、梶井は譲る気はないと宣言。社員全員解雇となる3月31日が刻一刻と迫る。

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック