FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2015秋期☆朝・昼にドラマ化された原作&コミック「小説 土佐堀川 ―女性実業家・広岡浅子の生涯」

kage

2015/09/21 (Mon)

Arikaひつじ


2015年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
■2015秋期☆朝・昼にドラマ化された原作&コミック

【9月21日(月)更新】
・小説 土佐堀川 ―女性実業家・広岡浅子の生涯/古川智映子




ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!



【9月21日(月)更新】
 小説 土佐堀川 ―女性実業家・広岡浅子の生涯/古川智映子

新装改訂版 小説土佐堀川 ――女性実業家・広岡浅子の生涯/潮出版社

¥1,728
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「あさが来た」 

9月28日スタート NHK総合 月曜~土曜 午前8:00~午前8:15

■原作/原案…原作:古川智映子「小説 土佐堀川 ――女性実業家・広岡浅子の生涯」(潮出版社)

■スタッフ
脚本:大森美香/演出:西谷真一/演出:新田真三/演出:佐々木善春/制作統括:佐野元彦/プロデューサー福岡利武/プロデューサー:熊野律時

◆主題歌:AKB48「365日の紙飛行機」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
今井あさ(波瑠)
京都の豪商・今井家の次女。正義感が強く、相撲が大好きなおてんば娘。嫁ぎ先の両替商「加野屋」では趣味人の夫に代わって、子育てをしながら炭坑や銀行、生命保険など新規事業を立ち上げる。

白岡新次郎(玉木宏)
両替商「加野屋」の次男。明るい性格で、三味線や茶道に夢中な道楽者。あさの行動力にほれこんで夫婦となってからは、あさの事業家としての才能を見いだし、生涯支え続ける。

今井梨江(寺島しのぶ)
あさの母。昔ながらの良妻賢母で、娘たちを心配して嫁ぎ先をしばしば訪ねる。女性は親や夫に従うものと考えていたが、あさの成長に伴い、女性の生き方についての考えをあらためる。

今井忠興(升毅)
あさの父。呉服商と両替商を営む京都の豪商・今井家の当主。子供たちを厳しく育て、特に自由奔放なあさには厳しい。

眉山惣兵衛(柄本佑)
大阪の両替商「山王寺屋」の長男。無愛想で何を考えているのか分からない性格。口うるさい母に複雑な思いを抱えている。明治維新を迎え、妻となったはつと共に新しい人生を歩み始める。

白岡よの(風吹ジュン)
新次郎の母。女性は商売のことに口を出さず、家事をしていればいいという考えの持ち主。大胆な行動をとるあさを、しばしばたしなめる。

白岡正吉(近藤正臣)
新次郎の父。両替商「加野屋」の当主。従来の発想にとらわれないあさの商売への情熱と才能をいち早く見抜き、理解する。商いを手ほどきし、時には厳しく見守る。

今井はつ(宮崎あおい)
あさの姉。琴や裁縫が得意で、つつましく凛とした美しい女性。あさとは正反対の性格だが、何でも相談できるよき姉。幕末から明治の混乱で嫁ぎ先の両替商「山王寺屋」が危機を迎えるが、夫を支えて新しい時代における幸せを見つけていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…激動の時代の大阪を駆け抜けた、相撲が好きなおてんば娘・あさを波瑠が熱演!
----------------------------------------------------------------------------------------
幕末から明治・大正にかけて、炭坑や銀行、生命保険、日本初の女子大学設立など、さまざまな事業に挑戦した女性の人生と、そんな妻を支え続けた夫を描いた愛の物語。夫婦を取り巻く個性豊かな家族や、歴史に名を残す偉人たちとの人情劇が繰り広げられる。実在の女性実業家・広岡浅子さんをモデルに、好奇心旺盛なおてんば娘・あさを女優の波瑠が演じるほか、生涯にわたり妻の奮闘を支える夫・白岡新次郎に玉木宏、また、あさとは対照的に、琴や裁縫などが得意な姉・はつを宮崎あおいが演じる。古川智映子の「小説 土佐堀川」を原案に、脚本は「風のハルカ」以来、2度目の連続テレビ小説執筆となる大森美香が手掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
現代の女性が活躍出来るのはこの頃の女性達があってこそ!
Arikaアイコン(小)1
明治時代にこんなパワフルな女性実業家が活躍していたなんて驚きです。また女子教育にも力を尽くし、開かれた勉強会も後々多くの素晴らしい女性を世に送り出すことになるのは感動です。とにかく呆れるほど前向きでパワフルな女性。九転十起生は、ドラマのキーワードにもなるんかな。損得を、お金だけじゃないものとしても捉えることが出来た浅子だからこそ、ピンチもチャンスに繋げていけたのかもしれないな。これ読んで、渋沢栄一にも興味を持ちました。さてさて朝ドラではこのかっこいい浅子をどんなふうに表現するのでしょうか、京都弁関西弁が、どんぐらい出してくれるやろかが楽しみ。 「花子とアン」の村岡花子も軽く登場します。 朝ドラに花子役で吉高由里子が出演してくれたら奇跡ですね。 NHKの心意気に期待。!


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック