FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2015年秋、月曜ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』

kage

2015/12/14 (Mon)

Arikaシネマ2014b4

★10月12日スタート 

フジテレビ系 毎週月曜 午後9:00~午後9:54(初回は午後9:00~午後10:09)

 5→9~私に恋したお坊さん~

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:相原実貴「5時から9時まで」(「Cheese!」連載/小学館)/脚本:小山正太/監督:平野眞/プロデューサー:後藤博幸/プロデューサー:金城綾香

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•桜庭潤子(石原さとみ)
28歳独身の英会話学校教師。海外で働きたいという夢を持ちながら、周囲の個性豊かなキャラクターたちに翻弄され葛藤する日々を送る。29歳を目前にして、突然男性からのアプローチが重なり、人生最大のモテ期が訪れる。

•星川高嶺(山下智久)
高学歴・高身長・高収入のイケメン僧侶。僧衣を着たまま高級車を乗り回すような型破りなところがあるが、ストイックかつ純粋な性格。お見合いをきっかけに潤子に出会い、一方的にほれ込んで付きまとい始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
石原さとみと山下智久が初共演! モテ期到来の女子とイケメン僧侶のラブコメディー!
相原実貴による人気コミック「5時から9時まで」を、石原さとみと山下智久で連続ドラマ化。海外で働きたいという夢を持つ英会話教師に、突然のモテ期が到来したことから巻き起こるラブコメディー。「失恋ショコラティエ」(同系)をはじめ、数々の作品で世の男性をとりこにしてきた石原が、モテ期到来の後に夢と仕事と結婚について苦悩することになるヒロイン・桜庭潤子に扮し、潤子にほれ込む型破りな僧侶・星川高嶺役を、石原とは初共演となる山下が務める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【9月28日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
桜庭潤子(石原さとみ)は、ニューヨークで働くことを夢見る、28歳の英会話学校教師。夢に向かって毎日努力はしているけれど、29歳の誕生日を目前に控えた潤子にとって、ニューヨークはまだまだ遠い場所だった。そんなある日、寺での葬式中に、足のしびれを隠したかったため、焼香の灰をあろうことか読経中の僧侶の頭にかぶせるという大失態を犯してしまう。「もう、あのお坊さんと会うことはないか」と思っていた矢先、家族にだまされて、潤子は見合いに出席することに。見合い相手はなんと“あのお坊さん”で、東大卒のイケメン僧侶・星川高嶺(山下智久)だった。


----------------------------------------------------------------------------------------
【10月7日更新】
■ あらすじ(第1話 10/12放送 ※午後9:00~午後10:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
ニューヨークで働くことを夢見る英会話講師の潤子(石原さとみ)は、29歳の誕生日を控えたある日、寺の葬式で脚がしびれて焼香台を倒し、灰を読経中の僧侶の頭にぶちまけてしまう。後日、家族にだまされて見合いをすることになった潤子だが、相手はあの僧侶、高嶺(山下智久)だった。いきなり嫁になる前提で話す高嶺に驚いた潤子は断るが、イケメンだが変人の彼には話が通じない。さらに高嶺は、潤子が勤める英会話教室に通い始める。一方、高嶺の祖母・ひばり(加賀まりこ)は別の縁談を持ち出し…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月14日更新】
■ あらすじ(第2話 10/19放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
寺から逃げ出した潤子(石原さとみ)が帰宅すると、先回りした高嶺(山下智久)が両親に結婚の許しを得ていた。そこへ現れたひばり(加賀まりこ)も、寺で潤子に花嫁修業をしてもらうと言い出す。そんな折、潤子は合格すれば即ニューヨーク本部に異動という難関の正社員昇格試験への挑戦を決める。その一方、高嶺に1週間だけ花嫁修業に耐えたら二度とつきまとわないと言われた潤子は修業と試験勉強の日々を送ることになる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月21日更新】
■ あらすじ(第3話 10/26放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
自分の夢を奪った高嶺(山下智久)への怒りが収まらず、やけ食いしていた潤子(石原さとみ)は、清宮(田中圭)から本部の人も招待するハロウィーンパーティーの責任者を任される。その夜、潤子はそのまま百絵(高梨臨)の部屋に泊めてもらい、彼女が隠していたある秘密を知ってしまう。一方、高嶺はショックで食を断ち、なんとか潤子の許しを得ようと苦悩していた。そんな高嶺に、アーサー(速水もこみち)は仲直りの方法を伝授する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月28日更新】
■ あらすじ(第4話 11/2放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
満(上島竜兵)が恵子(戸田恵子)の実家に泊まったことをきっかけに結婚したと聞いた高嶺(山下智久)は一橋寺での宿坊体験を思い立ち、ひばり(加賀まりこ)の反対を押し切って不眠不休で準備する。高嶺から強引に宿坊体験ツアーに招待された潤子(石原さとみ)は、百絵(高梨臨)に付き合ってもらい渋々行くことに。‘腐女子’の百絵は僧侶だらけの環境に大喜びだが、苦手なアーサー(速水もこみち)も招待されていたため動揺する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月4日更新】
■ あらすじ(第5話 11/9放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
清宮(田中圭)を昔好きだったことを思い出し、感傷に浸る潤子(石原さとみ)。一方、潤子と週末のデートの約束を強引に取り付けようとする高嶺(山下智久)は、懸命にプランを練る。そんな中、ビジネスクラスも兼任することになった潤子は、清宮に応援されにやけ笑いが止まらない。だが、そのクラスも受講する高嶺が三嶋(古川雄輝)と自分をめぐって火花を散らし、頭が痛い潤子は高嶺に付き合う気はないと告げようとするが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月11日更新】
■ あらすじ(第6話 11/16放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
桜庭家で行う祖母の法要を高嶺(山下智久)に頼むことになり、気まずい潤子(石原さとみ)。その一方、英会話教室では外国人講師カップルの結婚式をロビーで行うことに。清宮(田中圭)と一緒に司会を任された潤子だったが、彼と女性が写った写真を偶然見てしまったことで悩み、彼を避けてしまう。そんな中、潤子の祖母の人柄を知るため、祖母が子ども時代の潤子ら家族と写ったビデオを見た高嶺は今の潤子の姿も撮り始める。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月18日更新】
■ あらすじ(第7話 11/23放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
高嶺(山下智久)を意識し始めた潤子(石原さとみ)は、その一方で清宮(田中圭)を避けてしまう。そんな中、京都の寺で修行をしていた高嶺の弟・天音(志尊淳)が、潤子の前に現れる。実は天音は、ひばり(加賀まりこ)から、高嶺と潤子を別れさせたら一橋寺の次期住職にすると言われていた。一方、高嶺は寧々(恒松祐里)の誕生日に豪華なパーティーを企画。それを止めた潤子は、高嶺とは価値観が違い過ぎると自分に言い聞かせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月25日更新】
■ あらすじ(第8話 11/30放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
ついに潤子(石原さとみ)と相思相愛になった高嶺(山下智久)は、恵子(戸田恵子)から一緒に住んだら愛が深まったと聞き、潤子の部屋に転がり込む。そのころ、ひばり(加賀まりこ)は高嶺を切り捨て、天音(志尊淳)を次期住職にすると決めていた。翌朝、高嶺との新生活に照れる潤子は百絵(高梨臨)やまさこ(紗栄子)に報告するが、寺の嫁になる覚悟はあるのかと問われる。一方、寺に一度戻った高嶺は、天音から宣戦布告される。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月2日更新】
■ あらすじ(第9話 12/7放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
潤子(石原さとみ)は寺の嫁としてひばり(加賀まりこ)に認めてもらうため、仕事を辞める。そんな潤子を心配する高嶺(山下智久)はひばりに直談判するが、彼女は聞く耳を持たない。諦めない潤子はひばりの元に日参し、土下座までして結婚の許しを得ようとする。するとひばりは潤子に身の回りの手伝いをさせることに。心が通じたと喜ぶ潤子だが、高嶺はひばりの意図を疑う。一方、天音(志尊淳)は寺の解体計画を進めていて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月9日更新】
■ あらすじ(第10話 12/14放送 )
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
【前回のあらすじ】寺の嫁としてひばり(加賀まりこ)に認めてもらうために仕事を辞めた潤子(石原さとみ)は、高嶺(山下智久)の心配を押し切り無理を重ねる。ある日、潤子は清宮(田中圭)からニューヨークに戻ると告げられる。アーサー(速水もこみち)は清宮の過去を潤子に明かし、2人の間の誤解を解こうとする。一方、天音(志尊淳)は寺の解体計画を進めていた。そんな中、高嶺が突然、潤子に別れを告げる。(今回の内容は未定)
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック