FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2015年秋、火曜ドラマ『サイレーン 刑事×彼女×完全悪女』

kage

2015/12/15 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★10月20日スタート 

フジテレビ系 毎週火曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後9:00~午後10:48)

 サイレーン 刑事×彼女×完全悪女

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:山崎紗也夏「サイレーン」(講談社モーニングKC)/脚本:佐藤嗣麻子/演出:本橋圭太/演出:白木啓一郎/プロデューサー:三宅喜重/プロデューサー:河西秀幸/プロデューサー:平部隆明

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•里見偲(松坂桃李)
初動捜査を専門に担当する部署・警視庁機動捜査隊所属の刑事。元機動隊員で体力が自慢、推理小説好き。刑事の花形である捜査一課を目指しており、同じ目標を持つ猪熊夕貴とは、仕事の相棒であり実は恋人関係。同棲しているが、周囲には秘密にしている。

•猪熊夕貴(木村文乃)
警視庁機動捜査隊所属の刑事。正義感が強く、体育会系で酒豪。里見の相棒で年上の恋人であるが、周囲には秘密。母は元婦警、父は元機動隊員で里見の上司だったが、養子であるため両親と血のつながりはない。里見同様に捜査一課を目指している。

•橘カラ(菜々緒)
整形をしたキャバクラ嬢で、職場であるキャバクラで殺人事件が発生し、捜査で駆け付けた里見と猪熊と出会い、なぜか異常なまでに猪熊に執着していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
松坂桃李と木村文乃が恋人同士の刑事役で、猟奇殺人事件に挑む!?
山崎紗也夏の人気同名コミックを基に、現代的な犯罪に挑む2人の機動捜査隊員の活躍と、正体不明の美女との対決をスピーディーな展開で描くクライム・ラブサスペンス。機動捜査隊とは、24時間体制で事件と名の付くあらゆる問題の初動捜査を専門に担当する刑事たちの部隊。主人公の警視庁機動捜査隊員・里見偲役を民放ゴールデン・プライム帯の連続ドラマに初主演となる松坂桃李が務め、里見の相棒で、恋人でもある猪熊夕貴役を木村文乃、謎の美女・橘カラ役を菜々緒が演じる。ほか、北山宏光、要潤、山口紗弥加、光石研、大杉漣、船越英一郎らが脇を固める。


----------------------------------------------------------------------------------------
【9月22日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁機動捜査隊、通称・キソウの里見偲(松坂桃李)と猪熊夕貴(木村文乃)は、仕事上ではコンビを組み、共に捜査一課を目指すライバル関係にあるが、実は恋人同士。職場で恋人関係がばれたら即異動となるため、2人だけの秘密にしている。そんなある日、変死体発見現場で謎の美女・橘カラ(菜々緒)と出会い、2人の運命は大きく変わる。次々に起こる猟奇殺人、そしてその現場にいつも現れるカラ。徐々に2人は、警察をあざ笑うカラの狂気に翻弄されていく。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月14日更新】
■ あらすじ(第1話 10/20放送 ※午後9:00~午後10:48)
----------------------------------------------------------------------------------------
警視庁機動捜査隊の里見(松坂桃李)と猪熊(木村文乃)は、仕事上のパートナーであり、恋人同士の関係。ある日、キャバクラ嬢の不審遺体が見つかり、所轄署の刑事は自殺と断定する。初動捜査で臨場した里見は納得できないが、機動捜査隊には捜査方針に口を出す権限はない。里見は被害者の同僚・カラ(菜々緒)が前夜、カラオケ店で見掛けた女性だと気付く。数日後、パトロール中の里見と猪熊に、カラが声を掛けてくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月21日更新】
■ あらすじ(第2話 10/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
猪熊(木村文乃)は、全ての事件に関わるカラ(菜々緒)が自分をターゲットに定めたとも知らず、交流を続ける。里見(松坂桃李)は刑事課長・安藤(船越英一郎)の指示で、殺人事件の容疑者でその後、自殺とおぼしき遺体で見つかった乃花が、死の1週間後に予約を入れていた美容整形外科を訪問。院長の月本(要潤)から話を聞く。その一方で、猪熊と親しくするカラを警戒する里見は、客を装い彼女が勤務するキャバクラを訪ねる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月28日更新】
■ あらすじ(第3話 11/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
里見(松坂桃李)は、整形外科医の月本(要潤)が事件の黒幕ではないかと疑い、尾行する。すると、月本は高級会員制クラブに入って行った。そこは裏で売春をしているとの噂がある店で、生活安全課もマークをしているという。一方の猪熊(木村文乃)は、里見の忠告に耳を貸さず、カラ(菜々緒)との付き合いを深めていく。そんな中、里見はIT関連の実業家に成り済まして例の会員制クラブに潜入し、店の女性たちに接触する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月10日更新】
■ あらすじ(第4話 11/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
警察は、姿を消した月本(要潤)を一連の事件の犯人と断定し、行方を追う。しかし、月本のクリニックにあるはずのカラ(菜々緒)のカルテがないことに気付いた里見(松坂桃李)は、カラに疑いの目を向ける。殺されたと思われた麻弥(三上紗弥)は、一命を取り留めたが、意識不明の状態が続く。主治医によると、麻弥は搬送時にうわ言を言っていたという。一方の猪熊(木村文乃)は、単独行動が続く里見に、不信感を募らせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月11日更新】
■ あらすじ(第5話 11/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
カラ(菜々緒)の尾行を続ける里見(松坂桃李)は、猪熊(木村文乃)に彼女との浮気を疑われる。そんな中、念願の捜査一課への異動を打診された猪熊だが、里見との約束が引っ掛かり、返事を保留してしまう。単身での捜査に限界を感じた里見は、アイ(佐野ひなこ)とレナ(入山杏奈)に協力を依頼する。一方、里見との関係に悩む猪熊は、あらためて里見を知ろうと、彼がかつて手掛けた殺人事件について調べ始め、あることに気付く。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月18日更新】
■ あらすじ(第6話 11/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
カラ(菜々緒)は、里見(松坂桃李)と猪熊(木村文乃)が元恋人の事件を知っていることに気付き、新たな行動に出る。カラを自宅に住まわせている渡(光石研)は、彼女からストーカーだと教えられた里見を尾行。里見がレナ(入山杏奈)らと会っている現場を盗み撮りする。猪熊が捜査一課に異動する話があると知った里見は、約束通り結婚の話を進めようとする。だが、里見への不信感が募る猪熊は、素直になることができない。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月25日更新】
■ あらすじ(第7話 12/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
猪熊(木村文乃)は、態度を一変させたカラ(菜々緒)により別荘の地下室に閉じ込められる。里見(松坂桃李)が疑っていた通り、カラこそが一連の事件の犯人だと知った猪熊は命の危険を感じる。一方の里見は、カラの郷里を訪ね家族や親友を捜すが、会うことができない。そんな中、里見にアイ(佐野ひなこ)からレナ(入山杏奈)と連絡が取れないと知らせが。さらに、娘を捜す猪熊の母親・三樹(藤吉久美子)からも電話が入る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月2日更新】
■ あらすじ(第8話 12/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
猪熊(木村文乃)の居場所を突き止めようと手掛かりを探す里見(松坂桃李)に、寮の管理人から彼女宛ての荷物が届いたと知らせが入る。それを確認しようとする矢先、里見はカラ(菜々緒)に操られる渡(光石研)の襲撃を受け、一命を取り留めたものの意識不明の重体に。一方、監禁された猪熊は、里見が病院に運ばれたと知らされ動揺。体力が奪われていく中で、猪熊が必死に話し掛けると、カラの口から意外な事実が明かされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月9日更新】
■ あらすじ(第9話 12/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
渡(光石研)の別荘には、カラ(菜々緒)に監禁され、衰弱しきった猪熊(木村文乃)がいた。里見(松坂桃李)はようやく猪熊の元にたどり着き、助け出そうとする。ところが、2人の背後にはおのを持ったカラが迫っていた。猪熊は里見がベルトに差していた拳銃を抜き、発砲。胸を撃ち抜かれたカラは息絶え、事件は終わりを迎える。しかし、事件にまだ引っ掛かりを覚える里見は、カラの過去を洗い直すため、再び単独捜査を行うが…。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック