FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2015秋期☆火曜日にドラマ化された原作&コミック「デザイナーベイビー/サイレーン/監獄学園/わたしをみつけて 」

kage

2015/11/24 (Tue)

Arikaひつじ


2015年に映画化・ドラマ化・アニメ化のメディアミックス作品をご紹介!!
■2015秋期☆火曜日にドラマ化された原作&コミック

【9月22日(火)放送】
・デザイナーベイビー/岡井崇

【10月20日(火)放送】
・サイレーン/山崎紗也夏

【10月27日(火)放送】
・監獄学園/平本アキラ

【11月24日(火)放送】
・わたしをみつけて/中脇初枝

ドラマを見る前にチェックするもよし、見た後でじっくり復習するもよし。

合わせて原作本・コミックを楽しんでください!



【9月22日(火)放送】
 デザイナーベイビー/岡井崇

デザイナーベイビー〔上〕 (ハヤカワ文庫JA)/早川書房

¥756
Amazon.co.jp

デザイナーベイビー〔下〕 (ハヤカワ文庫JA)/早川書房

¥756
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「デザイナーベイビー」 

9月22日スタート NHK総合 毎週火曜 午後10:00~午後10:50

■原作/原案…原作:岡井崇「デザイナーベイビー」(ハヤカワ文庫)

■スタッフ
脚本:早船歌江子/演出:岩本仁志/制作統括:磯智明/制作統括:長沼誠

■主題歌:清水翔太「花束のかわりにメロディーを」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
速水悠里(黒木メイサ)
警視庁捜査一課特殊犯捜査係の刑事。妊娠8カ月となり庶務課に異動していたが、新生児誘拐が発生し、初動捜査に駆り出される。夫・浩介とその連れ子・悠介との時間を大切にしたいと思うが、現場では刑事の血が騒いでしまう。

須佐見誠二郎(渡部篤郎)
城南大学附属病院の産婦人科教授。分娩のエキスパート。生殖医療に力を入れる病院の姿勢に疑問を感じる。妊婦としての速水が放っておけず、つい憎まれ口をたたく。

山原あけみ(斉藤由貴)
城南大学附属病院の人口受精を専門に行う胚培養士。一流の腕を持ち、病院の不妊治療計画「トータルケアプロジェクト」の中核を担う。病院内で速水が気を許せる唯一の女性。

与那国令子(松下由樹)
警視庁捜査一課管理官。事件の指揮を執るエリートで、女性初の局長を目指す。仕事と家庭を両立することは難しいと考え、速水に厳しく当たる。

近森優子(安達祐実)
生後1週間の娘を誘拐された母親。五輪で活躍した陸上の元トップアスリート。長男・新に異常なまでの愛情を注ぐ。

有吉久美(臼田あさ美)
城南大学附属病院の病院長秘書。事件発生時に迅速に対応するなど仕事ができる。プライベートでは、たちの悪い男と付き合っている。

土橋福助(渡辺大知)
警視庁捜査一課特殊犯捜査係の新人刑事。誘拐事件に関わるのは初めて。速水の夫役として病院に潜入するが、空回りすることも多い。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…黒木メイサが新生児誘拐事件に隠された真相を追う妊娠8カ月の刑事に!
----------------------------------------------------------------------------------------
現役の産婦人科医・岡井崇の同名小説を原作に、産休を間近に控えた妊娠8カ月の刑事が、新生児誘拐事件に隠された真相を追うミステリードラマ。事件を通して、遺伝子操作で親が望む外見や体力、知力を持たせた子供をつくり出す“生殖補助医療”に切り込む。女優の黒木メイサが、頭は切れるが体は重い、妊娠8カ月の刑事・速水悠里を演じ、物語の鍵を握る謎の産婦人科医師・須佐見誠二郎を渡部篤郎が演じるなど、実力派俳優陣の共演も見どころ。脚本は、映画「紙の月」や「ビブリア古書堂の事件手帖」(フジテレビ系)などを手掛けた早船歌江子が担当する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作あらすじ≫医療の進歩はめざましく、今や人類は神の領域であった生殖医療でも数々の技術を獲得している。本書で描かれる事件はもちろん架空のものだが、人工授精、遺伝子操作、代理母による出産、そして他人の卵子の売買など、その背景となる事象は、すべて現実のものであり、こうした事件に対する国民の意識の低さや法の不備もまた、厳然たる事実である。

産まれる前に最低限の病気をなおす医療と、
それ以上の優秀な子どもを持ちたいという願望!

Arikaアイコン(小)1
ストーリーは新生児の誘拐とその遺伝的問題みたいなところで終始するのかと思ったら、色々発展していっって…。上巻は、幼児誘拐、妊婦殺人、そして看護師殺人と偉く風呂敷を広げちゃいましたが、下巻では悪い人以外は悪くなくって、後味が悪くないかもしれない。「医者がミスした時に罰を受けなければならないが、それは通常の犯罪とは違う罰であるべき」という主張はどうなのかなぁ…。 以前、TVでアメリカの女性がパートナーはいらないけれど、子供は欲しいから、精子バンクから買って産む、っていうのを見たことがあります。もちろん、学歴や容姿から選べるようになっていて、アメリカ人って合理的とういうか、理解しきれない部分があるなあ・・・と思っていたのですが、今作はそれより一歩踏み込んで遺伝子操作ですね。今作は近未来という形で描かれてますが、こういうビジネス、あるんだろうなあと暗澹たる気持ちになりました・・・。「生殖医療」の現在。産まれる前に最低限の病気をなおす医療と、それ以上の優秀な子どもを持ちたいという願望。それがある程度コントロールできるところまできている現代、個性、障害、優秀さの意味が問われていると思います。コントロールする基準、それを誰がどんな基準で決めるのか。なんとなく無事に産まれてきた自分には、重い話しでした。







【10月20日(火)放送】
 サイレーン/山崎紗也夏

サイレーン(1)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」 

10月20日スタート フジテレビ系 毎週火曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後9:00~午後10:48)

■原作/原案…原作:山崎紗也夏「サイレーン」(講談社モーニングKC)

■スタッフ
脚本:佐藤嗣麻子/演出:本橋圭太/演出:白木啓一郎/プロデューサー:三宅喜重/プロデューサー:河西秀幸/プロデューサー:平部隆明

■主題歌:
Anly「太陽に笑え」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
里見偲(松坂桃李)
初動捜査を専門に担当する部署・警視庁機動捜査隊所属の刑事。元機動隊員で体力が自慢、推理小説好き。刑事の花形である捜査一課を目指しており、同じ目標を持つ猪熊夕貴とは、仕事の相棒であり実は恋人関係。同棲しているが、周囲には秘密にしている。

猪熊夕貴(木村文乃)
警視庁機動捜査隊所属の刑事。正義感が強く、体育会系で酒豪。里見の相棒で年上の恋人であるが、周囲には秘密。母は元婦警、父は元機動隊員で里見の上司だったが、養子であるため両親と血のつながりはない。里見同様に捜査一課を目指している。

橘カラ(菜々緒)
整形をしたキャバクラ嬢で、職場であるキャバクラで殺人事件が発生し、捜査で駆け付けた里見と猪熊と出会い、なぜか異常なまでに猪熊に執着していく。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…松坂桃李と木村文乃が恋人同士の刑事役で、猟奇殺人事件に挑む!
----------------------------------------------------------------------------------------
山崎紗也夏の人気同名コミックを基に、現代的な犯罪に挑む2人の機動捜査隊員の活躍と、正体不明の美女との対決をスピーディーな展開で描くクライム・ラブサスペンス。機動捜査隊とは、24時間体制で事件と名の付くあらゆる問題の初動捜査を専門に担当する刑事たちの部隊。主人公の警視庁機動捜査隊員・里見偲役を民放ゴールデン・プライム帯の連続ドラマに初主演となる松坂桃李が務め、里見の相棒で、恋人でもある猪熊夕貴役を木村文乃、謎の美女・橘カラ役を菜々緒が演じる。ほか、北山宏光、要潤、山口紗弥加、光石研、大杉漣、船越英一郎らが脇を固める。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作あらすじ≫武蔵県警の猪熊夕貴と里見偲はあらゆる事件の初動捜査を行う機動捜査隊(通称:キソウ)の刑事。二人は”相棒”として一緒に仕事をしているが、実は恋人同士でもある(もちろん、職場ではヒミツ)。そんな二人がある変死体発見現場で出会ったのが、橘カラ。以来この美しい女性、なぜか猪熊と里見の周辺をウロウロしはじめた。橘カラとは何者か? 彼女の目的は? キソウ天外物語、開幕!!

事件にはやっぱり美女が似合う!
Arikaアイコン(小)1
とある変死体発見をきっかけに謎の美女と不思議な縁に絡まれていくことになるサスペンス。警察VS.謎の美女というありがちな設定ではあるものの、主人公が警察カップルというところが斬新で女性作家らしいなと思います。美人殺人鬼以外に警察の中の様子とかがわかるのが、面白さのプラスになっている感じ。連載にあたり最初から色々伏線がはられていた感じだね。 作家が美少女を描きたいと言ってたとおりカラがとても魅力的に描かれてます!背景とか表紙とかデザインが凝っててイイネ!警察一家でおとーさんの不倫が強烈ww山ダニはマジ怖いと驚愕w あと巻末漫画が興味深い。担当の編集者さんってやっぱり強力なブレーンの1人になんだろうな。



【10月27日(火)放送】
 監獄学園/平本アキラ

監獄学園(1) (ヤンマガKCスペシャル)/講談社

¥596
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「監獄学園‐プリズンスクール‐」 

10月27日スタート TBSほか 毎週火曜 深夜1:11~深夜1:41

■原作/原案…原作:平本アキラ「監獄学園」(講談社)

■スタッフ
脚本:井口昇/脚本:北川亜矢子/監督:井口昇

■オープニングテーマ:
HaKU「衝動」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
藤野清志(中川大志)
私立八光学園の男子生徒。クラスメートの美少女・千代との相撲デートのために、プリズンから脱獄しようと決意する。不屈の闘志を持つ男。

栗原万里(山崎紘菜)
私立八光学園を裏で支配する謎の組織“裏生徒会”の会長。モデルのような容姿の美女だが、いつも背後にカラスが舞っている。

緑川花(森川葵)
私立八光学園“裏生徒会”の書記。外見はゆるふわ系美少女だが、空手の有段者で、暴力で男子たちを屈服させる。スカートの下にジャージを履くスタイルが特徴。おいしいお茶をいれて飲むのが趣味。

諸葛岳人(柄本時生)
私立八光学園の男子生徒。三国志オタクで、緻密な作戦で“裏生徒会”との闘いを指揮する男子たちの参謀。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…アニメのヒットに続き、平本アキラの人気コミックを中川大志主演で実写ドラマ化!
----------------------------------------------------------------------------------------
第37回講談社漫画賞を受賞した、累計700万部を超える平本アキラの人気コミック「監獄学園」を実写ドラマ化。全寮制の高校で女風呂をのぞこうとした罪により懲罰棟(通称・プリズン)で謹慎生活を強いられる男子生徒たちが、青春を懸けて脱獄に挑む姿を描く。主人公・藤野清志役は、注目の若手俳優・中川大志が演じるほか、仲間の男子生徒役に、柄本時生、矢野聖人、ガリガリガリクソンといった個性派メンバーが集結。“監獄”の中で生み出される男同士の友情や、“裏生徒会”の美女たちとの駆け引きが見どころとなる。脚本・監督は、ドラマ「ケータイ刑事」シリーズ、映画「ヌイグルマーZ」などで知られる井口昇が担当する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作あらすじ≫東京都郊外にある全寮制の元女子高・私立八光(はちみつ)学園へ入学したキヨシたち男子生徒5人。女子だらけの楽園状態に夢はふくらむはずだったが、そこで待っていたものとは・・・・。『アゴなしゲンとオレ物語』『俺と悪魔のブルーズ』の平本アキラが贈る、誰も見たことがない、愛と笑いとセクシーの牢獄高校コメディ始業!!

東京都郊外にある全寮制の元女子高・私立八光学園へ入学した男子生徒5人!
Arikaアイコン(小)1
18巻まで大人買いで読了。最初、タイトルがシビアなんで、『進撃の巨人』みたいなシリアスものかと思っていたら全然違ったw 作者のギャグセンスは天才的だと思います。単発の笑い自体は下衆でジャンクなものなのに、そこにドラマを絡めることで謎の説得力を出しています。くだらないギャグの積み重ねが、結果伏線となり最終的なストーリーを形作っている。普通に脱獄もののドラマとしても十分起伏や緊張感が成立しているからこそ、元のギャグをさらにシュールなものに感じさせて、凄い相乗効果を発揮しています。ただ、本当に笑い自体はジャンクなので、下ネタ、パロディなど苦手な人はしんどいかと思う。 下らないのに危機迫る感じで続きが続きがと気になって読んでしまいます。カラス好きに悪い人はいない…助ける所ちょっと可愛いです。





【11月24日(火)放送】
 わたしをみつけて/中脇初枝

わたしをみつけて/中脇初枝

¥1,512
Amazon.co.jp

■ドラマタイトル:「わたしをみつけて」 

11月24日スタート NHK総合 毎週火曜 午後10:00~午後10:50

■原作/原案…原作:中脇初枝「わたしをみつけて」(ポプラ社)

■スタッフ
脚本:森脇京子/脚本:坂口理子/演出:野田雄介/制作統括:三鬼一希/プロデューサー:山本晃久

■主題歌:androp「Kokoro」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
山本弥生(瀧本美織)
星美ヶ丘病院の准看護師。生まれてすぐ親に捨てられ養護施設で育ったことから、居場所を失いたくないという思いが強い。数字の記憶力に優れている。

藤堂優子(鈴木保奈美)
星美ヶ丘病院の看護師長。患者のために正しいと思ったことを貫くベテラン。弥生の持つ記憶力に着目する。

後藤雅之(溝端淳平)
星美ヶ丘病院の事務長。院長・啓一郎の息子。医大に入学したが、血を見るのが苦手で医師の道をあきらめた。父の変調を見抜き、病院の売却合併も視野に入れる。

後藤啓一郎(本田博太郎)
星美ヶ丘病院の院長。親の代から続く病院を受け継ぎ、地域密着の医療を行ってきたが、老いから手術ミスが多くなる。診断を誤って患者を死なせたことを弥生に口止めする。

菊地勇(古谷一行)
星美ヶ丘病院の近所に住む老人。仕事一筋だったが、定年後は地域のために活動し、地元の住民に慕われている。ひょんなことから弥生と知り合う。

----------------------------------------------------------------------------------------
■ドラマ内容紹介…
孤独を抱えて生きる准看護師を瀧本美織が熱演! 医療問題にも切り込む人間ドラマ!

----------------------------------------------------------------------------------------
中脇初枝の同名小説を原作に、生まれてすぐに親に捨てられ孤独を抱えながら生きる准看護師が、病院での出会いを通じて自分の殻を破り、本当の“わたし”を見つけていく姿を描く。病院の准看護師としての居場所を失うことを恐れて、葛藤がありながらも“いい子”であり続けようとする主人公・山本弥生を瀧本美織が、弥生の心に影響を与え、その生き方に大きな変化をもたらす看護師長・藤堂優子を鈴木保奈美が演じる。病院の内外で起こる家族間の問題に加え、誤診やその事実の隠ぺいという医療問題にも切り込んだストーリー。溝端淳平、本田博太郎、古谷一行らが共演する。

----------------------------------------------------------------------------------------
■原作の感想
----------------------------------------------------------------------------------------
≪原作あらすじ≫施設で育ち、今は准看護師として働く弥生は、問題がある医師にも異議は唱えない。なぜならやっと得た居場所を失いたくないから。その病院に新しい師長がやってきて―。『きみはいい子』と同じ町を舞台に紡がれる、明日にたしかな光を感じる物語。

『きみはいい子』と同じ街を舞台にした小説!
Arikaアイコン(小)1
自分の人生を諦めていた看護師の山本さん。患者の菊池さんの温かな心遣いに山本さんの固く閉ざされた心の扉がゆっくりと開かれていく。2ヶ月間で一緒に働いた看護師たちを変えていった藤堂師長。師長の仕事に対する信念、言葉や振る舞いから、自分の人生を自分の足で歩みだすきっかけをつかんだ山本さん。辛く苦しいことがたくさんあるであろう「病院」という職場で働く看護師さんたちの姿に尊敬の念を深く抱いた作品。「きみはいい子」と同じ桜ヶ丘が舞台。登場人物のリンクを想像して楽しめました。よくもわるくもとてもキレイな流れで描かれていて、個人的には前作のほうがすきだけれど、弥生、よかったね。 前作と同様に短編集かと思いきや、長編でした。人が人に影響しあい、成長していく姿はすがすがしいものです。



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック