FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2015年秋、木曜ドラマ『オトナ女子』

kage

2015/12/17 (Thu)

Arikaシネマ2014b4

★10月15日スタート 

フジテレビ系 毎週木曜 午後10:00~午後10:54(初回は午後10:00~午後11:09)

 オトナ女子

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
脚本:尾崎将也/プロデューサー:中野利幸/演出:田中亮/演出:関野宗紀

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•中原亜紀(篠原涼子)
40歳独身の会社員。仕事はできるが、付き合った男性にとことん尽くしてしまい相手が出世するアゲマン気質で、便利で都合のいい女になってしまうのが悩み。広告の部署から、会社が新規参入した女性向け恋愛ゲーム「恋愛アプリ」の部署に急に異動になり戸惑う。

•大崎萠子(吉瀬美智子)
亜紀の親友。40歳独身で、フラワーアレンジメントの仕事をしている。ほれっぽく、結婚相手を求めていろんな男性にアプローチしている。

•坂田みどり(鈴木砂羽)
亜紀の親友。バツイチで3人の子持ちの40歳。大学生の長男からは「恋愛してもいい」と許可が出ている。

•栗田純一(谷原章介)
亜紀の会社の社長。女遊びが激しく、社内でも「チャラい」と思われているが、社員思いの一面もある。

•高山文夫(江口洋介)
脚本家。10年以上前に恋愛ドラマで何本もヒット作を生み出したが、最近は作品をあまり発表していない。恋愛に関して独自の哲学を持っており、周囲からは偏屈者と思われている。亜紀から「恋愛アプリ」の監修を頼まれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
篠原涼子、2年半ぶりの連続ドラマ主演で幸せを求める40歳独身女子役!
ダメな男に振り回されながらも恋に仕事に立ち向かっていく、“オトナ女子”3人のラブコメディー。とことん相手に尽くして出世させるアゲマン気質だが自分は幸せになれない、40歳独身のヒロイン・中原亜紀役を務めるのは、「ラスト・シンデレラ」(同系)以来、2年半ぶりの連ドラ主演となる篠原涼子。偏屈な脚本家に、篠原とは連ドラ初共演となる江口洋介が扮し、主人公と同い年の親友役で吉瀬美智子と鈴木砂羽、主人公の会社社長を谷原章介が演じる。



----------------------------------------------------------------------------------------
【9月30日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
中原亜紀(篠原涼子)は、広告の仕事をバリバリこなす会社員で40歳の独身。ほれっぽくいろんな男性にアプローチする、同じく独身の大崎萠子(吉瀬美智子)と、バツイチで3人の子持ちの坂田みどり(鈴木砂羽)とは、同い年であることから何かにつけ女子会を開き、気兼ねなく愚痴を言い合っている。会社が力を入れている「恋愛アプリ」の部署に異動となった亜紀は、アラフォー向けの恋愛ゲーム「恋愛アプリ」を作るチームのリーダーに任命される。自分より若い部下ばかりの中、恋愛ゲームすらやったことのない亜紀は戸惑いつつも、一時期一世を風靡した脚本家の高山文夫(江口洋介)に「恋愛アプリ」の監修を依頼する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月15日更新】
■ あらすじ(第1話 10/15放送 ※午後10:00~午後11:09)
----------------------------------------------------------------------------------------
IT企業に勤める40歳の亜紀(篠原涼子)は、メジャーデビューを目指す年下のミュージシャンと暮らしている。独身の萠子(吉瀬美智子)、バツイチで3人の子持ちのみどり(鈴木砂羽)とは、女子会を開いては愚痴を言い合う気の置けない仲だ。現在、アラフォー向けの「恋愛アプリ」の制作を手掛ける亜紀は、1990年代に恋愛ドラマでヒットを連発し、‘恋愛のカリスマ’と呼ばれた脚本家の高山(江口洋介)に、監修を依頼しようと思い立つ。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月21日更新】
■ あらすじ(第2話 10/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
「恋愛アプリ」の監修を引き受けた高山(江口洋介)が、会議に出席。しかし、口をついて出るのは嫌みや皮肉ばかりで、亜紀(篠原涼子)はいら立ちを隠せない。そんな中、部内では社長・純一(谷原章介)の女遊び、口説きのパターンが話題になる。そして、美和(市川実和子)が仕入れた情報に全員が‘ドン引き’する。一方、萠子(吉瀬美智子)は勤務先の生花店に現れた客と食事の約束を取り付ける。亜紀はその恋を応援することに…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月28日更新】
■ あらすじ(第3話 10/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
亜紀(篠原涼子)と編集者の池田(平山浩行)との仲は少しずつ進展し、萠子(吉瀬美智子)は純一(谷原章介)と‘大人の交際’を続けている。そして、みどり(鈴木砂羽)は三男・陵(浦上晟周)の担任・沢田(千葉雄大)が気になっていた。そんな中、亜紀は高山(江口洋介)にけしかけられ、池田に直接、独身でいる理由を尋ねてみる。そして、本音で応じた池田に、ますます好感を抱く。その夜、帰宅した亜紀を元恋人の伸治(斎藤工)が待っていて…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月4日更新】
■ あらすじ(第4話 11/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
亜紀(篠原涼子)は池田(平山浩行)との関係を、ゆっくり築いていくつもり。しかし、萠子(吉瀬美智子)ばかりか、高山(江口洋介)までもが「のんき過ぎる」と意見する。一方、純一(谷原章介)が開いたホームパーティーで‘恋人’ではなく‘お花屋さん’と紹介された萠子は、怒りが収まらない。みどり(鈴木砂羽)は沢田(千葉雄大)に、またダンスの練習を見に来てと言われ、ドギマギする。そんな中、高山は池田から亜紀との仲を相談され…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月11日更新】
■ あらすじ(第5話 11/12放送 ※午後10:20~午後11:14)
----------------------------------------------------------------------------------------
亜紀(篠原涼子)と池田(平山浩行)の交際は順調だが、亜紀はある戸惑いを覚える。萠子(吉瀬美智子)は、うそをついて別の女性といた純一(谷原章介)が許せない。しかし、悪びれずに訪ねてくる純一を、嫌いになれない。一方、みどり(鈴木砂羽)には、沢田(千葉雄大)から「会いたい」というメールが。しかも、息子たちにその関係がばれているような気がして、不安に駆られる。そこで、亜紀たちに沢田との‘一夜’について打ち明ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月18日更新】
■ あらすじ(第6話 11/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
亜紀(篠原涼子)は、仕事が多忙な池田(平山浩行)となかなか会えない。そんな中、会社で雑誌の取材に立ち会った亜紀は、同行した男性カメラマンの無遠慮な態度にあきれ返る。みどり(鈴木砂羽)は、次男・碧(矢部昌暉)のアルバイトに関して不安を抱く。一方、萠子(吉瀬美智子)と純一(谷原章介)の仲は急展開。うれしそうな萠子から報告を受けた亜紀は、高山(江口洋介)との一件を話す。その直後、池田から会いたいと電話が入り…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月25日更新】
■ あらすじ(第7話 11/26放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
仕事を外された亜紀(篠原涼子)はその夜、一人で温泉地に宿泊。翌日、萠子(吉瀬美智子)から高山(江口洋介)が心配して駆け付けたはずだと聞かされるが、高山はそのことを否定する。萠子の元には、‘レンタル彼氏’で知り合った田代(丸山智己)がしつこく顔を出していた。一方、みどり(鈴木砂羽)には沢田(千葉雄大)から再び、碧(矢部昌暉)に関する心配な情報が届いた。そんな中、亜紀は純一(谷原章介)から、経理部への異動を命じられる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月2日更新】
■ あらすじ(第8話 12/3放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高山(江口洋介)の後押しもあり、亜紀(篠原涼子)はモバイル・コンテンツ部に復帰。ところが、亜紀の不在中に代理を務めていた美和(市川実和子)が、仕事を辞めたいと言い出す。田舎に帰って見合いすると言う美和に、亜紀は、もう一度考え直すよう諭す。そのころ、萠子(吉瀬美智子)は経費削減のために店のアルバイト店員を減らすべきか悩んでいた。一方、みどり(鈴木砂羽)はパートの勤務シフトを減らされてしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月9日更新】
■ あらすじ(第9話 12/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
高山(江口洋介)の思わぬ行動に、亜紀(篠原涼子)は動揺しつつも彼のことが気になって仕方がない。萠子(吉瀬美智子)は共依存気味の母親から自立しようと決心し、行動に出る。一方、みどり(鈴木砂羽)は、陵(浦上晟周)をいじめていた同級生の自宅に乗り込み、沢田(千葉雄大)にも自身の考えをきちんと伝える。そんな中、「恋愛アプリ」が完成し、社内で打ち上げをすることに。亜紀は高山に声を掛けてみるが…。(内容変更の場合あり)

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月16日更新】
■ あらすじ(第10話 12/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
【前回のあらすじ】萠子(吉瀬美智子)は、共依存気味の母親からの自立を決意する。一方、みどり(鈴木砂羽)は、陵(浦上晟周)をいじめていた同級生の自宅に乗り込み、沢田(千葉雄大)にも自身の考えをきちんと伝える。そんな中、「恋愛アプリ」が完成し、社内で打ち上げをすることに。美和(市川実和子)の提案で、亜紀(篠原涼子)は高山(江口洋介)を誘う。当日、遅れて現れた高山と亜紀の仲は、急展開を見せる。(今回の内容は未定)
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック