FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

2015年秋、土曜ドラマ『破裂』

kage

2015/11/21 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★10月10日スタート 

NHK総合 毎週土曜 午後10:00~午後10:45

 破裂

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:久坂部羊「破裂」(幻冬舎文庫)/脚本:浜田秀哉/演出:本木一博/演出:藤並英樹/制作統括:勝田夏子

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•香村鷹一郎(椎名桔平)
冷徹なエリート心臓外科医。老化した心臓を若返らせる“夢の治療法”にすべてを捧げてきたが、心臓破裂という恐るべき副作用が明らかになり、国家的陰謀に巻き込まれる。幼いころに自分と母を捨てた父を憎んでいる。

•佐久間和尚(滝藤賢一)
国民生活省の敏腕官僚。超高齢化社会の究極的解決のため、香村の療法の副作用を利用し、老人を大量安楽死させる「プロジェクト天寿」を画策する。

•松野公子(坂井真紀)
医療訴訟専門の弁護士。香村の元恋人で、表も裏も知り尽くした女性。医療過誤訴訟で12年ぶりに香村と顔を合わせる。

•城貞彦(佐野史郎)
国民生活省官房長。佐久間に取り込まれるが、「プロジェクト天寿」の隠された真相に気付きはじめ、距離を取ろうとする。次期事務次官の座を狙っている。


•須藤彰子(キムラ緑子)
倉木の内縁の妻。率直な物言いをする、明るく聡明な女性。

•倉木蓮太郎(仲代達矢)
国民的名優。心不全で引退状態になっていたが、もう一度映画を撮りたいという執念から、香村の療法の被験者第一号となる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
“夢の治療法”をめぐりエリート医師と天才官僚が衝突。椎名桔平主演の医療サスペンス! 
老化した心臓を若返らせる“夢の治療法”をめぐる、エリート医師の野望と官僚の陰謀を描く医療サスペンス。“医者は3人殺して一人前になる”という哲学を持ち、研究の実用化のためなら手段を選ばない冷徹なエリート心臓外科医・香村鷹一郎に椎名桔平が扮し、超高齢化社会の究極の解決を目指す敏腕官僚・佐久間和尚を滝藤賢一が演じる。現役の医師である作家・久坂部羊の同名小説を原作に、脚本はドラマ「ラストホープ」や「医龍-Team Medical Dragon-4」(共にフジテレビ系)などで知られる浜田秀哉が手掛ける。


----------------------------------------------------------------------------------------
【9月30日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
研究のためなら手段を選ばない心臓外科医・香村鷹一郎(椎名桔平)は、老化した心臓を若返らせる“夢の治療法”の研究に没頭していた。しかしその治療法には、心機能が劇的に回復した後に、心臓が破裂して突然死を起こす恐るべき副作用があった。超高齢化社会の究極の解決を目指す国民生活省の官僚・佐久間和尚(滝藤賢一)は、副作用に目をつけ、その治療法を乗っ取り、高齢者人口を減らそうとたくらむ。一方、心不全で引退状態にあった国民的俳優の倉木蓮太郎(仲代達矢)は、最後に1本だけ映画を撮りたいと、その治療法の被験者第一号を志願。実は、主治医となった香村と倉木の間には、ある秘密があった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月7日更新】
■ あらすじ(第1話 10/10放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
エリート外科医・香村(椎名桔平)は老化によって衰えた心臓を若返らせる画期的な新療法を開発し、注目を浴びる。そんな中、彼は怪しげな官僚・佐久間(滝藤賢一)から、最先端医療研究施設・国立ネオ医療センターにスカウトされる。だが大学教授選の勝利が確実視されている香村は断る。一方、心不全で倒れて以来、引退状態にあった国民的俳優・倉木(仲代達矢)が香村の治験を希望し、入院。香村と倉木にはある秘密があった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月14日更新】
■ あらすじ(第2話 10/17放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
倉木(仲代達矢)が回復し、治験は成功したかに見えた。だが、副作用で心臓破裂を起こす可能性が浮上し、香村(椎名桔平)は動揺する。倉木が「香村療法」で奇跡の復活を遂げたことが注目を浴びる中、香村は必死に副作用の改善策を探す。一方、あらためて国立ネオ医療センターにスカウトしようと香村に会った佐久間(滝藤賢一)は恐るべき計画を明かす。それは「香村療法」で社会の超高齢化に歯止めをかけようというものだった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月21日更新】
■ あらすじ(第3話 10/24放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
香村(椎名桔平)は自らの療法を佐久間(滝藤賢一)に悪用されないよう、副作用を世間に公表。その改善に全力を注ぎつつ、怪文書騒動を起こした佐久間との内通者を捜す。一方、佐久間は香村の新たな弱みを握ろうと、医療ミス訴訟の行方に注目。そのころ、公子(坂井真紀)は香村が患者の体内に置き忘れた疑いのある手術針を入手し、ミスの核心に迫っていた。そんな中、倉木(仲代達矢)は偶然、院内で香村の息子・直輝(里村洋)と出会う。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月28日更新】
■ あらすじ(第4話 10/31放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
医療ミスの証拠を佐久間(滝藤賢一)に握られた香村(椎名桔平)は、ネオ医療センターへの移籍を余儀なくされる。香村は高齢者に突然死をもたらす治験に協力するが、裏では決して死人を出さないと心に誓い、突然死の回避策を研究し続ける。一方、倉木(仲代達矢)の心臓に副作用の兆候が。だが、倉木は撮影に打ち込む余り体を酷使し、定期検査も受けなくなる。倉木と口論する香村に、彰子(キムラ緑子)はある秘密を打ち明ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月4日更新】
■ あらすじ(第5話 11/7放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
香村(椎名桔平)の療法は佐久間(滝藤賢一)に乗っ取られ、高齢者に突然死をもたらす治験に悪用されることに。佐久間は官房副長官・伊達(嶋田久作)らを巻き込み、安楽死法案の法制化に向けて動きだす。その動きを追う珠季(市川実和子)は小池(モロ師岡)から脅迫を受ける。一方、香村は心臓破裂のリミットが近づく倉木(仲代達矢)に、自分たち父子が佐久間に利用されたことを告白。それを聞いた倉木は一人で佐久間の元へ向かう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月11日更新】
■ あらすじ(第6話 11/14放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
3カ月後。香村(椎名桔平)の療法を基にした大規模治験により、多くの被験者たちが心臓破裂のタイムリミットを迎えようとしていた。だが、佐久間(滝藤賢一)のプロパガンダが着々と進み、世論は「突然死」を理想とする方向に。そんな中、珠季(市川実和子)が小池(モロ師岡)に殺されてしまう。珠季は公子(坂井真紀)に決定的な物証を残していた。その物証を手に入れたい佐久間は、香村を医療ミスの件で脅し、取引を申し出る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月18日更新】
■ あらすじ(第7話 11/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
香村(椎名桔平)は、意外な人物に命を救われる。安楽死法案の国会提出を前に「プロジェクト天寿」が大詰めを迎える中、ネオ医療センターでは突然死を恐れる被験者が出始め、厨(甲本雅裕)ら職員にも動揺が広がる。事務次官の林田(佐戸井けん太)は治験中止を命じようとするが、佐久間(滝藤賢一)に弱みを握られ、身動きが取れない。そんな中、香村は公子(坂井真紀)と共に佐久間の身辺を洗い、官房長・城(佐野史郎)に接近する。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック