FC2ブログ
2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

(10月のBOOK特集)本がある場所≪おばけ図書館≫…うろこ

kage

2015/10/11 (Sun)

(2015年10月のBOOK特集)

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある
本がある場所が紡ぐ物語


本のある場所1a

いま、書店や図書館、図書室、出版社など本にまつわる場所が舞台の小説が人気を博している。

出会い、運命、ドラマのそばにはいつもがある。

本好きな人にとって、本に囲まれた空間は楽しいもの。

アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*



≪おばけ図書館が出てくる絵本・児童書≫

Arika001.png
  おばけとしょかん/デイヴィッド メリング (著)、山口 文生 (翻訳)

おばけとしょかん (児童図書館・絵本の部屋)/評論社

¥1,512
Amazon.co.jp

ArikaかぜちゃんPC3る夜、ボーが魔女のお話を読んでいると、明かりが消えてあやしい影が! 本といっしょに空にとびだし、ついたところは「おばけとしょかん」。いったいここは、なんなの!? 絵本を読んでいると、オバケが忍び寄ってきて…という語りだしのお話ですがやさしくてほっこりする絵本です。本棚が空っぽの図書館の本をみんなでつくるのがなんとも楽しそう。文字の一切ないページがあるので読み聞かせとかをするときは工夫が必要そうですが、暗闇で表紙が光る細工も楽しくて素敵です。自分たちで作った物語が図書館いっぱいに並んでいる情景はきっと幸せだろうなあ。ボーは、図書館司書さんに向いてるね。おばけとしょかんの、館長さんでもいいかも?



  スミス先生とおばけ図書館/マイケル ガーランド(著)、山本 敏子 (翻訳)

スミス先生とおばけ図書館/新日本出版社

¥1,404
Amazon.co.jp

ArikaかぜちゃんPC3る秋の日の朝、今日もスミス先生がご陽気に教室へ入って来て図書室へ行きますと明るく告げます。けれど何やら不気味な図書館で女司書のクリーパー先生が怖い話をどんどん読み始めるのでした。本がもつ不思議な力をおしえてくれるスミス先生のワンダーランドのシリーズの3冊目。「首のない騎士」や「ドラキュラ」や「フランケンシュタイン」の何て恐ろしい事!でもミステリー小説「バスカビル家の犬」がホラーとして扱われているのはちょっと意外!?外国のお化け、悪者、怪物、全員集合!子供たちとパーティーという内容だけど、絵がかなり怖いのよね。 今回は、いろんな本の悪役たちの登場。くせのあるものばかりだから、どうなることかと、ハラハラ。恐ろしい吸血鬼ドラキュラも首筋に噛みつきさえしなければ一応OKみたい!とっつき難い怖い物語を逆に笑いにして親しみ易くしたのは著者のお手柄だと思います。最後はお約束で本の中にひとり戻りそこねたのは、いかにも悪戯が大好きそうな愛嬌のあるキャラクターで、まあ普段はおとなしく隠れていてくれて、時々こっそりと出て来て子ども達と遊んでくれたらいいかな?また、登場人物を呼び出しちゃう司書のクーパー先生のひとくせある外見がなかなかいいですね。それぞれ、生徒に気になる本がみつかってよかったケロ♪

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック