FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

あふれだす食欲の秋≪コミック・料理人④≫…Arika

kage

2015/10/26 (Mon)

■2015年秋のテーマ特集本≪食欲の秋≫

食欲の秋2


アイコンりす総合的書籍構成編集人・・・・Arika*

マンガ・料理人編(4)



arikaおすすめ
  ヘルズキッチン/漫画:天道グミ、原作:西村 ミツル

ヘルズキッチン(1)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1がお前を美味くする――!!包丁も握った事のない中学生・守屋悟(もりや・さとる)の前に突然現れた地獄の料理人・ドグマ。その目的は、地獄で最も美味とされる「本物の料理人の魂」を手に入れる事。食べられるために「本物の料理人」を目指す事になった悟の運命は--!?地獄発!憑かれて料理(つく)る、異端のグルメコミック!料理漫画なのに、スポーツ漫画を読んでいるような快感です!!最も美味だという料理人の魂をくらうために、地獄からやってきた悪魔に目をつけられた主人公が、料理人の道を目指していく、という話。1巻では、主人公はやっと料理のやりがいの片鱗を掴んだ所で、最高の料理人にはまだ程遠い。やりたいことがぼんやりしていることと、まだ文字通りの悪魔の傀儡にすぎないこともあって、展開は熱いとはいえないが、純粋な天才型のライバルを1巻終わりに得たことが、この後の大きな転換点になます。2巻からはドグマに<本物の料理人>を目指すことを強要された悟は“食の東大”「食専」に編入。天才ひしめく食専で、料理ド素人の悟だが、ドグマの力で料理人として成長し始める。表紙絵詐欺的なものもたまに見かけるが、このマンガ家さんは表紙と内容の絵にほとんど差がないし、キャラクター(中華娘やらスパイス少年やら刃物スキー娘……続々と新キャラ登場っ!!)がみんな濃くて覚えやすいです。個性的な絵と言えばそうなのかもしれませんが、個人的には好みな絵でした。もちろんストーリー・設定も良く、飽きません。




  あさめしまえ/北駒生

あさめしまえ(1)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1高元、27歳。子供のころ食堂「アサメシマエ」に救われる。成長し、料理人になるも食堂の閉店を知り、一人娘・早夜子に店の再開を申し入れるが『なんで今まで本気でやらなかったの?』と突き放される。悩んだ元は朝ごはんの意味をみつけ…? 土鍋ごはんに卵黄のしょうゆ漬け、もっちりピタパン、胃にやさしい中華粥、大家族の朝パーティー手巻き寿司、貧血改善のおむすび朝ごはんなど垂涎のメニューの朝ごはん食堂漫画! いや~なんて心が温まるマンガなんだろう。堅くて凝り固まってた心を元くんの 朝ご飯が解きほぐしてくれる。この感覚が心地よい。 じゃこ大根菜チーズのおにぎりおいしそう!カルシウムがいっぱい取れそう。 特別なモノではなく、普段の、それでいて相手を思い遣る心で作る食事がどれだけその人の身になるのか、を再認識した。レシピが詳細で、作りたくなる。 あとがきで作者さんがかための白いご飯が好きって言ってて、めっちゃ共感した。米はかために限る。





  おせん/きくち正太

おせん(1)/講談社

¥価格不明
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1木の宿『一升庵』の女主人「おせんさん」が主役。町で一番の超美人で、料理の腕も超一級、いわゆる天才肌に見えるおせん。書も、陶芸も、料理も飛び抜けている。でも本当の意味で彼女のすごいところはその感性であると思う。生粋の大和撫子だが仕事に関しては命をかけるほど情熱的、町の人にはとても愛され親しまれている有名人。それでいて、普段はかなりドジでお茶目と、とても魅力的な人物(笑)。またその他の登場人物も、外見も中身もとても味があり、物語にいろとりどりの華を添えてくれている。表紙やタイトルからはちょっと想像できないが、そんじょそこらのグルメ漫画とはふた味み味ほど違います。 絵柄や、取り扱っているテーマに少々とっつきにくさはあるものの、そんなのは数話も読めばもう気になりません。むしろ非常に味があって、読み進めるほどに魅力にドハマるはず。料理そのものに重点を置いているわけではないが、その思想などが非常に良い。 また紹介されている料理についても試せるものは試してみることをお勧めします。話のなかでおせんが言っていることが実感できるでしょう。老舗花茶屋“一升庵”の料理だけでなく、器や骨董、建物まで、すべてでもてなす。 日本人が忘れてしまったものが、この本にはあります。 ありきたりの料理漫画に飽きた方にお勧めです。





  グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~/原作:西村ミツル、漫画:大崎充

グ・ラ・メ!~大宰相の料理人~ 1巻/新潮社

¥価格不明
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1の時を経て蘇る伝統。新首相阿藤が復活させた官邸料理人。料亭政治という闇を吹き払い、開かれた官邸をアピールする為に抜擢された料理人は若干25歳の女の子・一木くるみ。一見頼りなさそうに見えるくるみだが、大使館公邸料理人・大沢公を師に持つ実力は折り紙つきだ。くるみに要求されるのは、首相の正餐の手助けをする事で・・・。「大使閣下の料理人」の西村ミツルが、期待の新人大崎充とタッグを組み送る料理人くるみの活躍。 『大使閣下の料理人』の続編にあたり、大沢公が師匠として登場するなど、同じキャラクターが登場します。また、今作でも食と政治・外交を絡めたストーリーが展開。最近のいろんな料理の漫画が出ているけど、絵もきれいで見やすくてオススメ!!女性が主人公なのも読みやすい要因になっている。きれいな絵柄と「コミックバンチ」作品群の中では別格なかわいい女性を描くセンスで多くの読者に受けいられる間口の広さも持ち合わせています。料理のことも結構詳しく(基本的には西洋料理がメインだけど)書いてあるし、勉強にもなって見る価値あり♪大宰相と書いてある通り、官邸で料理を作る話なだけあって、政治的な話もあり、普段なかなか知ることが出来ないことも知れて全体的にも楽しめるので、興味がある方にはぜ是非。





  たまこ定食 注文のいらないお店/野崎 ふみこ

たまこ定食 注文のいらないお店 : 1 (ジュールコミックス)/双葉社

¥価格不明
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1浦珠子(30)は父が遺した、わずか8席の定食屋を一人で切り盛りしています。そこは、注文のいらないお店で、近所の評判によると、この定食屋に通うとなぜか身体の調子が良くなるらしく、なかなか賑わっています。実は、身体の調子が良くなる理由は、珠子に秘密があって……!?人の手を握るとその人の身体が必要としている食材が分かるという素晴らしい能力の持ち主、たまちゃん。こんなお店あったら行きたい。少しのお酒と、その人の病状に合った、色とりどりの料理の組み合わせをご堪能下さい。1巻に登場する料理は「あさりと菜の花の酒蒸し」「カツオのづけ丼」「しょうがプリン」など全部で約21種類! 垂涎の新感覚グルメ漫画。この人の本は、年相応の落ち着きとヒューマンドラマがあるのが好きです。 食べる事は必要だけど、何を食べるかというのも大切な事なんだなぁと思わせてくれる、良い話ばかり。





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック