FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

(僕が女性に読ませたいマンガ-115)右足と左足のあいだ/雁須磨子

kage

2015/10/26 (Mon)

Arikaうさたく本2

Arika嬢から、「女性に読ませたいマンガや見てほしいアニメをテーマに書いてみませんか?」

その企画を聞いた時、僕は「書きたいです!」とふたつ返事した。

小説よりも、映画よりも、僕はマンガやアニメから学んだ事が多い。

そしてずっと、マンガやアニメと共に生きてきた。

僕にとって、マンガを読む、アニメを観ることは子どもの頃から生活の一部です。

という事でうさタクの企画(≧▽≦)☆


右足と左足のあいだ (Feelコミックス)/祥伝社

¥724
Amazon.co.jp



第115回目  隙間に物語が生まれる!

右足と左足のあいだ/雁須磨子


回、僕が選んだのは、雁須磨子「右足と左足のあいだ」です。

誰から見てもお似合いの男女、天職のような仕事、腹心の友、現実はなかなかそんな風にぴったりとはいかないものです。

45歳バツイチの彼と32歳初婚の私、地味女と失礼オヤジ、普通の私とニートの友達、大家族の私と先生と彼氏・・・・。

みんなどこかしっくりこない、なんだかぼんやりしたりする。

日常の一部を切り取った感じが好きです。

だけどそこには狭間があって、右足と左足のあいだに、違う歩幅に、鼓動に、感性に、口調に、そこにリアルな物語が生まれる。

1人の目線でお話が進むので、全てがわかるわけではないところもリアルです。

気分の良し悪しの両方を描いているところが好きです。

|*-ω-)ノsee you NEXT Time☆★

では、また.。.:*・



関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック