FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2015年秋、土曜ドラマ『土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 「5人のジュンコ」』

kage

2015/12/19 (Sat)

Arikaシネマ2014b4

★11月21日スタート 

WOWOWプライム 毎週土曜 午後10:00~午後11:00

 土曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 「5人のジュンコ」

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:真梨幸子「5人のジュンコ」(徳間書店)/脚本:渡辺千穂/監督:権野元

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•田辺絢子(松雪泰子)
ノンフィクション作家・久保田芽依の右腕として働いているジャーナリスト。連続不審死事件について調べる中で、篠田、福留、守川らに取材を重ねていく。自身もある過去を抱えている。

•篠田淳子(ミムラ)
コールセンター勤務の会社員。佐竹とは、中学時代に共通の趣味を持つ友人関係だったが、ある時から不登校になった。

•福留順子(西田尚美)
夫の広太を支えながら、10歳の子供を育てている平凡な主婦。現在は社宅暮らしだが、いつかマイホームを買うという夢がある。

•守川諄子(麻生祐未)
スナックを経営していたが、不慮の事故で死亡。不審死事件の被害者と思われる男の母親。

•佐竹純子(小池栄子)
連続不審死事件の容疑者。何人もの男性に大金を貢がせ、5人の男性の命を奪ったとされている。事件を取材する田辺の過去に、興味を持ちはじめる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
連続不審死事件を取材する主人公を松雪泰子が熱演。人間の深遠を描く衝撃ミステリー! 
真梨幸子による同名のミステリー小説を連続ドラマ化。連続不審死事件の取材をすることになったジャーナリストの女性を中心に、同じ「ジュンコ」という名前を持つ女性たちが翻弄され悪意の渦へと巻き込まれていくさまを描く。主人公となるジャーナリストの田辺絢子を松雪泰子、連続不審死事件の容疑者である佐竹純子を小池栄子が演じるほか、ミムラ、西田尚美、麻生祐未が全員「ジュンコ」という名前の女性に扮する。監督と脚本は、「連続ドラマW 悪貨」でタッグを組んだ権野元と渡辺千穂が担当する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【10月31日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
ジャーナリストの田辺絢子(松雪泰子)は、5人の男性が殺害されたとされる連続不審死事件について、容疑者の佐竹純子(小池栄子)の周辺を取材し始める。佐竹の親友だったとの情報から、篠田淳子(ミムラ)の会社を訪ねる中、テレビ番組で田辺を見たと言う、昔の同僚の福留順子(西田尚美)が田辺を訪ねてくる。情報提供かと思った田辺だが、福留の口から出てくるのは社宅のヒエラルキーへの悩みや雑談ばかり。気を取り直して事件の取材を続ける田辺の前に、事件の被害者の1人ではないかと思われる人物が浮上してくる。その人物は、すでに亡くなっている守川諄子(麻生祐未)という女性の息子だった。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月18日更新】
■ あらすじ(第1話 11/21放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
連続不審死事件の容疑者・純子(小池栄子)が逮捕された。5人もの男性を殺害したとされる事件は連日、ワイドショーをにぎわせている。人気ノンフィクション作家・芽依(渡辺真起子)の右腕として働く絢子(松雪泰子)は、純子の中学時代の同級生から、淳子(ミムラ)が親友だったとの情報を得て、その行方を追う。そんな中、絢子の元同僚・順子(西田尚美)が突然、訪ねて来る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月25日更新】
■ あらすじ(第2話 11/28放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
絢子(松雪泰子)は、純子(小池栄子)が中学時代に親しかったとされる淳子(ミムラ)の職場を訪ねる。ところが、淳子は純子との親友関係を否定。それどころか、登校拒否になったのは純子のせいだとその経緯を話し、自分の本当の親友の名前を挙げる。その一方、絢子は夫・貴也(津田寛治)との会話から、純子が‘出会い系サイト’を利用し、男たちをだましていたことを知る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月2日更新】
■ あらすじ(第3話 12/5放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
絢子(松雪泰子)は純子(小池栄子)の事件の被害者と見られる、消息不明の守川(松澤一之)の妹・美香(麻生祐未)に会う。その母・諄子(麻生=2役)は他界し、父は寝たきりの状態だ。そんな中、美香は母が残したスナックが、雇われママの菜々(杉田かおる)の名義になっていると知り、驚く。一方、淳子(ミムラ)は職場で‘純子の親友’という噂が広まり、退職を余儀なくされる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月9日更新】
■ あらすじ(第4話 12/12放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
育児疲れの芽依(渡辺真起子)が絢子(松雪泰子)に当たり、優子(小林涼子)は気が気でない。そんな中、絢子に元同僚・順子(西田尚美)からメールが届く。先日、順子から知人が純子(小池栄子)の事件の被害者だと聞かされた絢子は、その件を取材しようと、頼まれていた芽依のサインを持って自宅を訪ねる。一方、順子は夫の上司の後妻・里穂子(浅見れいな)が芽依のファンだと知り、サインを渡して優位に立とうとしていたが…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月16日更新】
■ あらすじ(第5話 12/19放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
芽依(渡辺真起子)の娘が殺害されたというニュースが世間を騒がせる中、絢子(松雪泰子)は純子(小池栄子)との面会を果たす。偽名を使って正志(松澤一之)をだましていたことを追及するが、純子は相手にせず、「宝探しをしてみない?」と絢子に語り始め、ある住所を言い残していく。その場所には一つの過去が隠されていた。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック