FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

【特集】池井戸潤作品★スーパー銀行員列伝4/4『最終退行』

kage

2015/11/06 (Fri)

テープ1


ペンギン読むスーパー銀行員列伝4/4


現場銀行員による腐敗幹部との誇り高き闘い!
  最終退行

最終退行 (小学館文庫)/小学館

¥710
Amazon.co.jp

都市銀行の中でも「負け組」といわれる東京第一銀行の副支店長・蓮沼鶏二は、締め付けを図る本部と、不況に苦しむ取引先や現場行員との板挟みに遭っていた。一方、かつての頭取はバブル期の放漫経営の責任をもとらず会長として院政を敷き、なおも私腹を肥やそうとしている。リストラされた行員が意趣返しに罠を仕掛けるが、蓮沼はその攻防から大がかりな不正の匂いをかぎつけ、ついに反旗を翻す。日本型金融システムの崩壊を背景に、サラリーマン社会の構造的欠陥を浮き彫りにする長編ミステリー。







不正を働き私服を肥やそうとする銀行上層部へ『虚無』を抱えて反旗を翻す熱い信念を備えた正義漢の男!

沼鶏二 

東京第一銀行の副支店長。40歳。

----------------------------------------------------------------------------------------
登場人物像
----------------------------------------------------------------------------------------
一流大学出身で出だしこそ幹部候補生扱いだったが、その後は一貫して支店で中小企業相手の融資に従事。日々の鬱憤を、同支店の為替係の女子行員との刹那的な関係で紛らせている。一見、冷たい印象だが、実は熱血漢。支店で担当した顧客が、いわゆる「貸し剥がし」により自殺したことを契機に、不正を働き私服を肥やそうとする銀行上層部へ反旗を翻す。

・ハードボイルドタッチでありながら、芯の部分は義理堅く、熱い信念を備えた正義漢。卑怯な相手に対しては容赦ない反撃をするといった箇所に、『半沢直樹』の原型を見てとれる。

----------------------------------------------------------------------------------------
家族
----------------------------------------------------------------------------------------
・妻子がいるが、仲は冷え切っている。


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック