FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(11月の特集)時代小説・歴史小説その2〈凛としながら温かい「江戸人情」物語の4冊〉

kage

2015/11/05 (Thu)

2015年11月のテーマ特集本
Arika時代小説

アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


時代小説といえば「江戸時代」。

鎖国された社会でありながら文化に富み、循環社会でもあったことから環境面でも注目されています。

漢字や侍にあこがれを抱くのは欧米の若者というイメージでしたが、日本人も江戸にさまざまな思いを馳せているのです。

凛としながら温かい江戸人情・・・・・・・作家にもご注目ください。




凛としながら温かい「江戸人情」物語の4冊

時代小説はミステリー!!
 弥勒の月/あさのあつこ

弥勒の月 (光文社時代小説文庫)/光文社

¥617
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1間物問屋の若おかみが身投げする。その美しい立ち姿を月明かりに見た履物問屋の主人公と、水音を耳にした夜鷹蕎麦屋のおやじが相次いで殺される。同心の信次郎と岡っ引きの伊佐治。ふたりの検索が始まる。簡単に見えた事件は謎が謎をよび、どんどん深みにはまっていく。やがて、ささやかなしあわせを求めて生きようとする人たちの真摯な姿が見えてくる。『バッテリー』で子どもから大人まで多くの読者を感動させた、あさのあつこさんの時代小説だ。この作者にかかると悲しみや苦しみも生きることへの輝きになる。人生というミスタリーは江戸であろうが平成であろうが違いない。”逆境に屈せず前向きに生きろ!!”のメッセージがここにもある。おもしろい!




初夏の嵐のごとく駆け抜けていった青春!!
 青嵐/諸田玲子

青嵐 (角川文庫)/諸田 玲子

¥821
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1馴染み清水の次郎長、一の子分は色男でめっぽう喧嘩に強い森の石松。その石松が弟のようにかわいがっていたのが、豚のごとく太って女も博打もだめで、大食らいで大酒のみで怪力の持ち主・豚松。この二人を軸に、時にはあの世からの語り部のように物語が進みます。侠客の世界は出入り続きで、事あれば「殺っちまえー」の繰り返しで凄惨きわまりないけれど、石松の軽やかな人の良さ、豚松のどこか憎めない愛嬌が人情話にもなっていて、時代の波に呑み込まれて散ったやるせなさと共に、心温まる感動がジワーと広がり、爽やかな風を感じます。これまでの映画などに描かれたイメージとは、ひと味違う印象です。





ほろ酔い気分でタイムスリップ!!
 牡丹酒/山本一力

牡丹酒/講談社

¥1,680
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1戸は元禄。土佐の片田舎佐川村で醸される地酒『司牡丹』。端麗辛口のこの名酒が、灘の酒を押さえて江戸人の心を席巻するまでの顛末。その裏には、厄介ごとよろず引き受け屋4人組の人知れぬ活躍があった。その風変りな男女四人の結びつきも面白いが、この小説の楽しさはひとつひとつの細部にあります。

とにかく作者の知識がすごい。読みながら「そうだったのか…」の連続です。鰹の塩辛「酒盗(しゅとう)」の名付け親は、なんと時の権勢・柳原吉保だった。「入り鉄砲に出女」といわれる箱根関所越えの難しさ、鰹のたたきにかける仏手柑とは何・・・・。楽しみながら書いている作者の姿が見えるような小説です。ほろ酔い気分でタイムスリップした『深川黄表紙掛取り帖』シリーズ第2弾。





時代小説に実力派女流作家登場!!
 しずり雪/安住洋子

しずり雪 (小学館文庫)/小学館

¥669
Amazon.co.jp

Arikaアイコン(小)1かな小説です。静かさの底から江戸の庶民の心情が匂い立つような小説です。表題作『しずり雪』。厳しい奢侈禁止令の中、腕のいい蒔絵師の孝太は幼なじみの作次に誘われて禁令を破る。久々に仕事に没頭する孝太。そっと見守る妻の小夜。幼なじみの三人めぐって、互いの交情が印象的に書かれてゆきます。やがて、樹々に降り積もった雪が突然ずり落ちるように哀しい結末がやってきます。市井もの三編と武家ものの連作が一編。いずれも目頭が熱くなるような哀感を湛えた名品ばかり。貧しいが優しさを失わない人たち。現代が失ってしまった「人情」というものの温かさ、しみじみ感じさせる小説です。安住洋子、初の時代小説で長塚節文学賞小説部門大賞を受賞。




F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック