FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

(メガネっ娘04)作家 蛙石鏡子の創作ノート/西川魯介

kage

2015/11/07 (Sat)

メガネうさたく2a

眼鏡っ娘でツンデレな小説家・蛙石鏡子と押しかけ弟子・キゼン。

師弟といっても若い二人が恋に落ちるのは時間の問題!?

星雲賞コミック部門に二度ノミネートされた西川魯介が贈る、文芸エロス!!






メガネうさたく3
メガネっ娘(04)

ええ、カバー通りの作品(笑)

エッチ過ぎる肢体を持つメガネの小説家の女師匠と、

エッチに関して屈託の無いメガネ弟子少年によるメガネラブコメ♡


作家 蛙石鏡子の創作ノート (ジェッツコミックス)
西川魯介
白泉社 (2011-10-28)
売り上げランキング: 72,403


著:西川魯介
ジャンル:マンガ/男性向け/青年マンガ/完結
レーベル:ジェッツコミックス
出版社名:白泉社
属性:知的/メガネっ子/お姉さま


西
川魯介の『作家 蛙石鏡子の創作ノート』です。

星雲賞コミック部門に二度ノミネートされた西川魯介が贈る、文芸エロス漫画です。

エッチ過ぎる肢体を持つメガネ美人な小説家の女師匠と、エッチに関して屈託の無いメガネショタの弟子少年によるメガネラブコメ。メガネショタの弟子が黒髪ロングのメガネ巨乳美人作家の師匠でひたすらエロ妄想するだけの話だったけど師匠が可愛かったのでありだと思います。もちろん見所は、美人なメガネ師匠があんなことやこんなことをさせられて、生暖かく進んでいく……しかも衣装がエロすぎます♡メガネ師匠。

萌えの世界には、メガネ三倍段と呼ばれる法則がある! 

理知的で傲慢に見える中に、乙女の可憐さとエロスを閉じ込める。それを封じるものこそメガネ…いや、メガネっ子のメガネ論はすでに言いつくされているが、メガネ師匠に対してのメガネ弟子のエッチ妄想が生々しく、メガネの持つ記号性にとどまらず、メガネの持ちうるエッチの可能性をとことんまで追求しようという作り手の姿勢が見て取れるエッチ極まりない書物です。が、その一方で登場人物らのエッチさに微笑ましさも見て取れるためエッチエッチと囃し立てるだけに終わらない深遠なエッチさすら感じられますが、一言で表せばメガネはエッチという命題に尽きましょう。

魯介眼鏡っ子(先生も書生くんも)の素晴らしさは、一般誌ギリギリ?を大胆に、けれどはみ出ることなく?ついてくるさじ加減の絶妙さにあります。エロスの影で目立たないが、魯介先生の描く恋愛の甘酸っぱさときたら…・実にラブコメラブコメしたラブコメで、ラブコメマイスターとしての魯介先生の実力は相変わらず高値安定であり、素晴らしい作品だったのは確か。

この本も読んでいる間、濃厚で甘いメガネ師匠の悩ましい肢体に僕の愚息も昇天で堪能させていただきましたw。

絵柄&魅力:★★★★☆

設定&話:★★★★☆

愛&エロス:★★★★☆

総評&次巻期待度:★★★☆☆

|*-ω-)ノsee you NEXT Time☆★

では、また.。.:*・






関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック