FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2015年秋、日曜ドラマ『日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 誤断』

kage

2015/12/27 (Sun)

Arikaシネマ2014b4

★11月22日スタート 

WOWOWプライム 毎週日曜 午後10:00~午後11:00

 日曜オリジナルドラマ 連続ドラマW 誤断

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:堂場瞬一「誤断」(中央公論新社)/脚本:羽原大介/監督:村上牧人/監督:古厩智之/プロデューサー:堤口敬太/プロデューサー:黒沢淳/プロデューサー:東田陽介

主題歌:稲葉浩志 「水路」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•槙田高弘(玉山鉄二)
大手製薬会社「長原製薬」の広報部員。副社長の安城から不祥事の隠蔽を指示され、良心と社命とのはざまで思い悩む。

•森田真弓(蓮佛美沙子)
槙田の婚約者で、安城の秘書。

•高藤辰美(柳葉敏郎)
「長原製薬」の顧問弁護士。槙田の良き相談相手だが、社長派であるため安城から排除されそうになる。

•安城隆雄(小林薫)
「長原製薬」の副社長。外資系企業との合併交渉を成立させるために、槙田に指示を出し、薬害被害者遺族との示談と隠蔽を進めさせる。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
堂場瞬一による社会派ヒューマンサスペンス小説を、玉山鉄二主演でドラマ化!! 
作家・堂場瞬一による社会派ヒューマンサスペンス小説を連続ドラマ化。薬害事件を抱える大手製薬会社を舞台に、法の網をかいくぐってでも会社の繁栄と存続を優先する企業人、巨大企業の利益のために犠牲となった被害者たちなど、さまざまな人々の思惑が交錯する中で、隠蔽工作を指示された若手社員の苦悩を描く。主人公である槙田高弘を演じる玉山鉄二は、NHK連続テレビ小説「マッサン」以来初の連続ドラマ単独主演となり、「マッサン」の脚本家でもある羽原大介と再びタッグを組む。婚約者の森田真弓役に蓮佛美沙子、顧問弁護士・高藤辰美役に柳葉敏郎、隠蔽を指示する副社長・安城隆雄役に小林薫と、実力派が脇を固める。





----------------------------------------------------------------------------------------
【11月18日更新】
■ あらすじ(第1話 11/22放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
大手製薬会社の広報部員・槙田(玉山鉄二)は、駅で飛び込み自殺に遭遇。後日、副社長・安城(小林薫)から、その自殺を含む3件に自社の薬が関係している可能性を告げられる。関与が証明されれば、業績不振に陥っている会社にとって致命傷となりかねない。警察に探りを入れるよう特命を受けた槙田は、安城の秘書を務める婚約者の真弓(蓮佛美沙子)にも任務を明かせず…。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月25日更新】
■ あらすじ(第2話 11/29放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
薬害事件の被害者遺族の訴えを金で解決するよう安城(小林薫)から命じられた槙田(玉山鉄二)は、葛藤しつつも従ってしまう。罪の意識にさいなまれる槙田は、顧問弁護士の高藤(柳葉敏郎)にその件を打ち明ける。そんな中、長原製薬の創業の地である畑井市の医師・真島(小市慢太郎)が安城に面会を求めてくる。そして、代理として会った槙田に、40年前のカルテの返却を迫る。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月2日更新】
■ あらすじ(第3話 12/6放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
長原製薬が40年前、隠蔽(いんぺい)した公害事件が発覚。槙田(玉山鉄二)は現在も発症者が増え続けている事実に衝撃を受ける。安城(小林薫)から再び金で解決するよう特命を受けた槙田は重荷に耐えきれず、信頼を寄せる高藤(柳葉敏郎)に全てを打ち明ける。一方、槙田を探っていた女性(大空祐飛)と真島(小市慢太郎)は訴訟準備を進め、ついに原告団のリーダーが姿を現す。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月9日更新】
■ あらすじ(第4話 12/13放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
長原製薬への訴訟を進める原告団のリーダーは高藤(柳葉敏郎)だった。がくぜんとする槙田(玉山鉄二)は‘長原病’の残酷な実態を安城(小林薫)に伝えるが、安城は高藤に手の内を明かしたことが「誤断」だったと言い放ち、槙田を切り捨て、次の手を打ち始める。一方、真弓(蓮佛美沙子)は槙田から真相を打ち明けられて戸惑う。そんな中、40年前の真実を調べ始めた槙田は、安城の過去を知り、先代社長・幸喜(中村敦夫)の元を訪ねる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月16日更新】
■ あらすじ(第5話 12/20放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
事実を認めて新薬開発を目指すことこそ、製薬会社の社員として果たすべき責任と考えた槙田(玉山鉄二)。しかし、その提案は原告団側、会社側、双方から批難される。槙田は孤立するが、真弓(蓮佛美沙子)に背中を押され、高藤(柳葉敏郎)ら長原病患者を説得するために動きだし、長原家三男・紀博(甲本雅裕)のもとを訪れる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月23日更新】
■ あらすじ(第6話 12/27放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
高藤(柳葉敏郎)の容体が悪化していく中、槙田(玉山鉄二)は原告団を説得するために奔走するが、訴訟に必要な資料は安城(小林薫)によって燃やされてしまい、槙田は唯一の手掛かりを失う。そんな中、父・高志(泉谷しげる)が倒れ、病院に駆け付ける。そして、高志の言葉に槙田は父親として、男として生きる意義を考え始める。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック