FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

(時代小説・歴史小説)人生の一椀 小料理のどか屋 人情帖1/倉阪 鬼一郎 (著)

kage

2015/11/16 (Mon)

2015年11月のテーマ特集本
Arika時代小説

時代小説といえば「江戸時代」。

鎖国された社会でありながら文化に富み、循環社会でもあったことから環境面でも注目されています。

漢字や侍にあこがれを抱くのは欧米の若者というイメージでしたが、日本人も江戸にさまざまな思いを馳せているのです。

凛としながら温かい江戸人情・・・・・・・作家にもご注目ください。



アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


心の深奥にしみわたる人生の一杯。人の数だけ思い溢れる味がある
 人生の一椀 小料理のどか屋 人情帖1/倉阪 鬼一郎 (著)

人生の一椀 小料理のどか屋 人情帖 (二見時代小説文庫)/二見書房

¥700
Amazon.co.jp


Arikaアイコン(小)1を包丁に持ち替えた市井の料理人の心意気。感動の新シリーズ !もう武士に未練はない。一介の料理人として生きる。心の深奥にしみわたる一椀、一膳が、人のさだめを変えることもある。「まるい味で、心がほっこりする料理をつくる」。師匠・長吉の教えを胸に包丁をにぎる時吉が営む「のどか屋」を訪れる市井の人々。小さいことに食べた蛤汁をもう一度食べたいと願う老人。わけあって離れ離れになる兄妹が口にする菜の花飯。料理にまつわる俳句も隠し味のシリーズ第1弾。




F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?


関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック