FC2ブログ
2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

(時代小説・歴史小説) 花競べ 向嶋なずな屋繁盛記/朝井まかて(著)

kage

2015/11/18 (Wed)

2015年11月のテーマ特集本
Arika時代小説

時代小説といえば「江戸時代」。

鎖国された社会でありながら文化に富み、循環社会でもあったことから環境面でも注目されています。

漢字や侍にあこがれを抱くのは欧米の若者というイメージでしたが、日本人も江戸にさまざまな思いを馳せているのです。

凛としながら温かい江戸人情・・・・・・・作家にもご注目ください。


アイコンりす今回の書籍案内人・・・・Arika


花を慈しむ心で人と関わる日々を生きる。実直な花師夫婦の姿に、心現れる。
 花競べ 向嶋なずな屋繁盛記/朝井まかて(著)

花競べ 向嶋なずな屋繁盛記 (講談社文庫)/講談社

¥700
Amazon.co.jp





Arikaアイコン(小)1競べ―― 最も優れた名花名木に与えられる称号・玄妙を目指し、江戸中の花師が育種の技を競い合う三年に一度の“祭”。恩ある人に懇願されて出品した「なずな屋」の新次は、そこでかつて共に修業した理世と再会する。美男だが無愛想な花師の新次。からりと明るい気性の妻のおりん。苗木屋を営む花木の栽培に情熱を注ぐ夫婦と彼らを取り巻く魅力的な登場人物が織り成す人間模様と春夏秋冬、冬の美しい樹木や草花の数々。「実さえ花さえ、その葉さえ、今生を限りと生きてこそ美しい」という言葉が心に響く。江戸市井の春夏秋冬をいきいきと描く傑作「職人小説」。小説現代長編新人賞奨励賞受賞作。


F03-b104.gif 
■当ブログを「厳選!書籍全般レビューブログ」の1つとして紹介させて頂いております。


■新書・文庫本に関する人気のおすすめ感想ブログ・書評レビューまとめランキングサイト
新書・文庫本マニア

あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?

新書・文庫本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。

様々な切り口から、あなたの大好きな新書・文庫本の情報を探してみませんか?




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック