FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

大人本セレクト(71)…ミステリーブックフェア厳選3冊!(生存者ゼロ/夜行観覧車/ハング)

kage

2015/11/30 (Mon)

■大人だから楽しんで読める、大人だから読んでほしい様々なジャンルの『大人本セレクト』をレビュー!
Arikaおとな本1
VOL・071

ほん運び大人だからこそ読んでほしい、「ミステリーブックフェア」厳選3冊!



 生存者ゼロ/安生 正(著)


生存者ゼロ (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)/宝島社

¥810
Amazon.co.jp

Arika報告書v1アイコン第11回『このミステリーがすごい! 』大賞・大賞受賞作!北海道の石油堀削基地で発生した大量死事故。前半の謎解きミステリーから、後半は怒涛のパニック展開に。この大量死の発想そのものがスゴイ! 映像化を期待したい一冊です。未曾有の危機に立ち向かう! 壮大なスケールで「未知の恐怖」との闘いを描くパニック・スリラーです。事故の原因がなかなか解明されず、そしてまた、どんどん広がる被害。ハラハラドキドキでした。



 夜行観覧車/湊 かなえ(著)

夜行観覧車 (双葉文庫)/双葉社

¥700
Amazon.co.jp

Arika報告書v1アイコン高級住宅地に住み、主人はエリート医師で、子供たちはみな優秀な高橋家。主人は普通のサラリーマンなのに分不相応な高級住宅地に住み、近隣住民に蔑視され、1人娘の問題行動にも悩まされる遠藤家。TVドラマでは高橋夫人と遠藤夫人が友達になるが、小説では高橋夫人は遠藤夫人と遠藤家を見下している。そんな、遠藤家との対比で一層引き立つ、人も羨む高橋家で起ったまさかの惨事。人間誰しも「ゆずれないもの」を持っていて、家族との生活においてもこだわりの衝突は避けられません。様々な事件が起きる中、みんな悩み苦しみながら生きている。そんなひとつひとつの家庭の灯りも、夜の観覧車から見下ろせば綺麗に見えるのでしょうか。




 ハング/誉田 哲也(著)

ハング (中公文庫)/中央公論新社

¥741
Amazon.co.jp

Arika報告書v1アイコン警察小説の域を超えた凄まじい作品。かつて赤坂で宝石店経営者が殺された事件は一度は迷宮入りしたものの、その後警視庁に新チームが再捜査に投入され、彼らは犯人を割り出した。が、直後に新チームのメンバー全員が異動命令。公判で犯人は、新チームの一人に自供を強要されたと全面否認・・・。ここまで救いのない展開にできるのが、誉田哲也さんの凄いところです。復讐のために暗黒面に落ちていく主人公。読むと決めた方は、一緒に奈落の底へ向かう覚悟とともにこの本を手に取っていただきたいです。





関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック