FC2ブログ
2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

大人本セレクト(68)…「伝える」ためのスリーステップの3冊(伝わる! 文章力が身につく本/伝わる! 図表のつくり方が身につく本/一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック)

kage

2015/11/22 (Sun)

■大人だから楽しんで読める、大人だから読んでほしい様々なジャンルの『大人本セレクト』をレビュー!
Arikaおとな本1
VOL・068

ほん運び大人だからこそ読んでほしい、「伝える」ためのスリーステップの3冊


 伝わる! 文章力が身につく本/小笠原信之(著)

伝わる! 文章力が身につく本 (基礎からわかる“伝わる!”シリーズ)/高橋書店

¥1,296
Amazon.co.jp

Arika報告書v1アイコン毎日ブログで文字との格闘に明け暮れていると、文章が正しいのか、と不安にかられることがあります。たとえばこの動詞を受け身にするとき「~れる」をつけるのか、それとも「~られる」か。出だしと結びの言葉のつながりがどうもしっくりこない…なんてことが意外と多いのです。そんなとき、頼りになるのが1冊目『伝わる! 文章力が身につく本』です。

国文法のイロハから一歩進んだ文章術まで、文章に携わる人なら知っておきたいノウハウが一冊にまとまっています。ふだんジャーナリストとして活動する著者だけあって、正しいだけじゃない、生きた文章への一工夫まで学べます。特に後半は論文・報告書・資料それぞれにふさわしいパラグラフの組み立て方まで載っているので、学生や営業の方にもおすすめです。



 伝わる! 図表のつくり方が身につく本 /永山嘉昭 (著)

伝わる! 図表のつくり方が身につく本 (基礎からわかる“伝わる!”シリーズ)/高橋書店

¥1,404
Amazon.co.jp

Arika報告書v1アイコン資料といえば、グラフや図表も欠かせません。本来なら読み手の理解をうながすためのものですが、かえってわかりづらくしてしまったり、誤解を与えてしまったりしていませんか…。実は図表づくりにもしっかりしたコツがあったのです。それを教えてくれるのが2冊目『伝わる! 図表のつくり方が身につく本』です。

どんなとき、どんなグラフが有効か? 目立たせたいところを自然と強調するには? 図表の用途にかなった色遣いは? など、読むと納得することばかりです。これまで作ってきた図表がなんて身勝手なシロモノだったか・・・・・思わず反省してしまいます。





 一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック/高橋フミアキ (著)

一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック/高橋書店

¥1,404
Amazon.co.jp

Arika報告書v1アイコン伝わる文章や図表のコツが分かったら、今度はより読者を惹きつける文やコピーのつくり方を覚えたいですね。「文法的に正しい文」ではなく「読み手の心をつかむ文」を目指すテクニック!? それがわかるのが3冊目『 一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック』です。

もう少し読まれるスキルを磨いていきたいなというだけでなく、コピー様式に対して実際の考え方のフローが載っているので役立ち読み手の「心」がグッと近くなる、万能の一冊です。相手の立場に立って考え書く文章。伝わらないといけない、と言い切っていてそのとおりだなと納得、「心」をつかめるかわかりませんが、言いたいことが伝わっていないのは困るので実践したいです。




関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック