FC2ブログ
2019 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 12

2015年秋、火曜ドラマ『わたしをみつけて』

kage

2015/12/15 (Tue)

Arikaシネマ2014b4

★11月24日スタート 

NHK総合 毎週火曜 午後10:00~午後10:50

 わたしをみつけて

----------------------------------------------------------------------------------------
■スタッフ・音楽
----------------------------------------------------------------------------------------
原作:中脇初枝「わたしをみつけて」(ポプラ社)/脚本:森脇京子/脚本:坂口理子/演出:野田雄介/制作統括:三鬼一希/プロデューサー:山本晃久

主題歌:androp「Kokoro」

----------------------------------------------------------------------------------------
■キャラクター紹介(キャスト)
----------------------------------------------------------------------------------------
•山本弥生(瀧本美織)
星美ヶ丘病院の准看護師。生まれてすぐ親に捨てられ養護施設で育ったことから、居場所を失いたくないという思いが強い。数字の記憶力に優れている。

•藤堂優子(鈴木保奈美)
星美ヶ丘病院の看護師長。患者のために正しいと思ったことを貫くベテラン。弥生の持つ記憶力に着目する。

•後藤雅之(溝端淳平)
星美ヶ丘病院の事務長。院長・啓一郎の息子。医大に入学したが、血を見るのが苦手で医師の道をあきらめた。父の変調を見抜き、病院の売却合併も視野に入れる。

•後藤啓一郎(本田博太郎)
星美ヶ丘病院の院長。親の代から続く病院を受け継ぎ、地域密着の医療を行ってきたが、老いから手術ミスが多くなる。診断を誤って患者を死なせたことを弥生に口止めする。

•菊地勇(古谷一行)
星美ヶ丘病院の近所に住む老人。仕事一筋だったが、定年後は地域のために活動し、地元の住民に慕われている。ひょんなことから弥生と知り合う。

----------------------------------------------------------------------------------------
■概要
----------------------------------------------------------------------------------------
孤独を抱えて生きる准看護師を瀧本美織が熱演! 医療問題にも切り込む人間ドラマ! 
中脇初枝の同名小説を原作に、生まれてすぐに親に捨てられ孤独を抱えながら生きる准看護師が、病院での出会いを通じて自分の殻を破り、本当の“わたし”を見つけていく姿を描く。病院の准看護師としての居場所を失うことを恐れて、葛藤がありながらも“いい子”であり続けようとする主人公・山本弥生を瀧本美織が、弥生の心に影響を与え、その生き方に大きな変化をもたらす看護師長・藤堂優子を鈴木保奈美が演じる。病院の内外で起こる家族間の問題に加え、誤診やその事実の隠ぺいという医療問題にも切り込んだストーリー。溝端淳平、本田博太郎、古谷一行らが共演する。



----------------------------------------------------------------------------------------
【10月21日更新】
■ あらすじ
----------------------------------------------------------------------------------------
星美ヶ丘病院の准看護師・弥生(瀧本美織)は手際のいい仕事ぶりで高評価を得ているが、どこか影のある存在だ。ある日、新しい看護師長として藤堂(鈴木保奈美)が赴任する。藤堂は弥生が入院患者の数値データを完璧に記憶していることに驚き、それをきっかけに弥生に注目するように。そんな中、手術後の患者が亡くなる事件が起こる。執刀医は病院長の後藤(本田博太郎)で、後藤による誤診の可能性を感じた藤堂は、弥生を詰問する。

----------------------------------------------------------------------------------------
【11月25日更新】
■ あらすじ(第2話 12/1放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
入院患者のシメ(佐々木すみ江)が亡くなる。藤堂(鈴木保奈美)は、シメにののしられても看病を続けた娘(根岸季衣)を案じ、「シメさんはあなたに感謝していた」とうそをつく。だが、弥生(瀧本美織)はそれでシメの娘が救われたと思えず、藤堂に反論する。ある日、弥生は初老の菊地(古谷一行)と出会う。アパートから子どもの泣き声と怒声が聞こえたと、見知らぬ住人を心配する菊地が弥生は理解できない。その菊地が入院してくる。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月2日更新】
■ あらすじ(第3話 12/8放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
弥生(瀧本美織)と藤堂(鈴木保奈美)は星美ヶ丘病院に救急搬送された患者に対する後藤(本田博太郎)の診断結果に疑問を抱く。そして2人は、院長に無断で患者を別の病院に転院させる。転院先で患者は助かり、弥生は自分の行動によって人の命が救われたことに喜びを感じる。転院を知った後藤は弥生と藤堂を院長室に呼び、厳しく叱る。藤堂は「院長は誤診をした」と反論するが、そのことで彼女の病院での立場が危うくなってしまう。

----------------------------------------------------------------------------------------
【12月9日更新】
■ あらすじ(第4話 12/15放送)
----------------------------------------------------------------------------------------
【最終回】
菊地(古谷一行)が児童虐待を懸念していたアパートの住人・神田(初音映莉子)に、弥生(瀧本美織)は親から捨てられた過去を打ち明け、母親として息子を守るよう訴える。数日後、菊地にそれを報告した弥生は、彼に心から感謝される。一方、後藤(本田博太郎)に無断で患者を転院させたのが原因で星美ヶ丘病院を去ることになった藤堂(鈴木保奈美)は、部下たちへ看護師としてあるべき姿を説く。そして、後藤が執刀する菊地の手術日がやって来る。
関連記事
スポンサーサイト



コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック